オールホワイトで高性能な冷却ファンが注目される理由古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

» 2021年08月30日 13時30分 公開
[古田雄介ITmedia]

前面に2基の18cmファンを置くFractal Designのフルタワーケース

 風量を重視するモデルといえば、Fractal Designから登場したE-ATX対応のフルタワーケース「Torrent」シリーズも話題となっている。

 前面に18cmファンを2基、底面に14cmファンを3基標準装備したエアフロー重視の仕様で、ボディーサイズは約242(幅)×544(奥行き)×530(高さ)mmとなる。

 ARGBファンと強化ガラスサイドパネルを採用した「Torrent RGB TG」と、光らないファンと強化ガラスサイドパネルを採用した「Torrent TG」、防音性の高いソリッドパネルを採用した「Torrent Solid」があり、価格は順に3万7000円強と3万1000円前後、2万9000円弱となる。

 なお、Torrent TGのみ、グレーとホワイトのボディーカラーがあり、ブラックボディーは強化ガラス(ダーク/ライト)の組み合わせで2モデルを用意している。

Torrent RGB TG Fractal Design「Torrent RGB TG」
Torrent White TG Clear Tint Fractal Design「Torrent White TG Clear Tint」
Torrent Solid Fractal Design「Torrent Solid」

 ドスパラ秋葉原本店は「前と底から背後に風を送る分かりやすいエアフローが作れます。CPUクーラーも188mm高まで対応できたり、461mm長のグラフィックスカードが挿せたりと拡張性が高い上に、左右両側面パネルがラッチ構造になっていてドライバーいらずで着脱できるのがいいですね」と評価していた。

 フロントの18cmファンは単独でも売り出しており、ARGBタイプの「Prisma AL-18 ARGB PWM」と、光らない「Dynamic X2 GP-18 PWM Black」が売り場に並んでいる。価格は順に6000円弱と4400円前後だ。

Prisma AL-18 ARGB PWM Prisma AL-18 ARGB PWM TSUKUMO eX.に並ぶ「Prisma AL-18 ARGB PWM」と「Dynamic X2 GP-18 PWM Black」

 続いて、冷却関連のパーツを見ていこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー