オールホワイトで高性能な冷却ファンが注目される理由古田雄介のアキバPick UP!(3/4 ページ)

» 2021年08月30日 13時30分 公開
[古田雄介ITmedia]

TDP 200W対応で4000円切りのCPUクーラー「OWL-SC200」が登場

 CPUクーラーでは、オウルテックのサイドフローモデル「OWL-SC200」が登場している。価格は3900円前後だ。

 6mm径の銅製ヒートパイプ4本と56枚のフィン、そして13cmファンにより、TDP 200WのCPUまで冷やせるとうたう。本体サイズは約130(幅)×75(奥行き)×159(高さ)mmで、重量は約700gだ。対応ソケットはLGA115x/LGA1200/AM4となっている。

OWL-SC200 オウルテック「OWL-SC200」
OWL-SC200 本体の外観

 買いやすい価格帯のCPUクーラーながら、TDP 200Wまで対応する仕様に注目しているショップは多い。パソコンSHOPアークは「ハイスペックなCPUでも安心して冷やせるという評判が広がれば、サイズの『虎徹 マークII』の対抗馬になりうるでしょう。このド定番に匹敵する人気が出たらすごいですよ。期待したいです」と話していた。

虎徹 マークII 定番人気となっているサイズの「虎徹 マークII」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー