ニュース
» 2021年09月13日 14時16分 公開

Diver-X、寝ころび姿勢に特化したVRデバイス「HalfDive」 11月にクラウドファンディング開始予定

Diver-Xは、寝ころんだ姿勢での利用に最適化したVRデバイス「HalfDive」を発表した。

[ITmedia]

 Diver-Xは9月13日、寝ころんだ姿勢での利用に最適化したVRデバイス「HalfDive」を発表を行った。2021年11月16日からクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で支援者募集を開始する予定だ。Kickstarter提供価格は“ベーシックモデル”が8万円程度、“フルセット”が12万円程度、最上位の“可変焦点機能対応モデル”が40万円程度の見込みだ。

photo HalfDive

 あおむけに寝転んだ状態での利用に特化したVR用HMD。動き回ることを想定しない据え置き設計を採用することで、性能/機能面と快適性に注力しているのが特徴となる。

 光学系には計10枚の非球面レンズを搭載し、歪みやフレアなどの問題を解決しつつ最大134度の広視野角を実現。シリーズ最上位モデルには可変焦点機能も搭載される。パネル解像度は片目1600×1440ピクセル(両目3200×1440ピクセル)で、リフレッシュレートは90Hz以上だ。

photophoto
photo

 頭部を覆うように4基のスピーカーを搭載。顔前面部に小型ファンを備えており、“風によるフィードバック”機能も利用できる。ワイヤーを用いた手首用の力覚フィードバックモジュールや振動モジュールも備え、触感や摩擦感などの表現も行えるとしている。

photo

 足裏装着用のコントローラーも用意。足首の傾きを検知して身体操作をエミュレーションし、“立っているのと同等以上”の身体表現が行えるという。独自のドライバとエミュレーションにより既存の全てのSteamVRコンテンツに対応可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.