ニュース
» 2021年09月21日 12時00分 公開

約30cmのグラフィックスカードを組み込める最新ゲーミングNUCが登場!古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

第11世代に属する単体未発売のCPU「Core i9-11900KB」を搭載するゲーミングNUC「Intel NUC 11 Extreme Kit」が売り出された。30cm超のグラフィックスカードを組み込める高い拡張性を備えているのが特徴だ。

[古田雄介,ITmedia]

 先週の新製品で目立っていたのは、Intelの小型ベアボーン「Intel NUC 11 Extreme Kit」だ。価格は15万円前後となる。

Intel NUC 11 Extreme Kit オリオスペックに入荷したIntel「Intel NUC 11 Extreme Kit」

「ゲーム以外のハイスペック構成でも注目されています」

 Intel NUC 11 Extreme Kitは、第11世代Core iシリーズに属する単体未発売の8コア16スレッドのCPU「Core i9-11900KB」を内蔵するゲーミングNUCだ。2021年4月には同じゲーミングNUCとしてCore i7-1165G7とGeForce RTX 2060を組み込んだ「Intel NUC 11 Enthusiast Kit」が売り出されているが、今回のモデルは外付けグラフィックスカードを自ら選べる仕様となっている。

 拡張カードは、PCIe 4.0接続で最長30.48cm(12インチ)の2スロット厚まで対応する。M.2はPCIe 4.0接続が1基とPCIe 3.0接続が2基あり、メモリはDDR4 SO-DIMMスロットを2スロット用意する。ボディーサイズは約120(幅)×357(奥行き)×216(高さ)mmだ。

Intel NUC 11 Extreme Kit Intel NUC 11 Extreme Kitのボディー
Intel NUC 11 Extreme Kit 電源を入れると、前面にあるゲーミングNUCのトレードマークとなっているドクロが浮かび上がる

 週末を待たずに売り切れとなるショップが多く、反響は上々な様子だ。パソコンSHOPアークは「できるだけコンパクトでグラフィックスカードの性能に妥協しない構成を求めるなら、ぜいたくでなかなかいい仕様ですからね」と評価していた。

 なお、オリオスペックはIntel NUC 11 Extreme Kitを使ったオリジナルのワークステーションモデル「CreateON WS 11 COMPACT」を売り出している。グラフィックスカードに「NVIDIA T400」、ストレージにSamsungの250GB SSD「980 Pro」、16GBメモリを組み込んだ基本構成の価格は19万6900円(OSなし)となる。

CreateON WS 11 COMPAC オリオスペックの「CreateON WS 11 COMPACT」ページ

 同店は「ゲーミング用途以外でも活躍できる仕様ですからね。ワークステーションやお仕事に使うために、ドクロはカバーで隠せるようにもしているので、安心してお選びください」と笑顔でアピールしていた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.