ニュース
» 2021年09月24日 14時14分 公開

ONYX、13.3型E Inkパネルを採用したType-C接続対応モバイルディスプレイ「BOOX Mira」

SKTは、ONYX Internatinal製のType-C接続対応モバイルE Inkディスプレイ「Boox Mira」を取り扱う。

[ITmedia]

 SKTは9月24日、ONYX Internatinal製のType-C接続対応モバイルE Inkディスプレイ「Boox Mira」の取り扱いを発表、9月28日から販売を開始する(Amazon.co.jpでは10月取り扱い開始予定)。価格はオープン、予想実売価格は9万6800円前後だ(税込み)。

photo
photo Boox Mira

 miniHDMIおよびUSB Type-C接続に対応した13.3型モバイルディスプレイで、2200×1650ピクセル表示/タッチ操作対応のE Inkパネルを採用しているのが特徴だ。

 本体右下側には、E Inkで発生するゴースト(残像)の消去ボタンを装備。側面のホイールでコントラストの調整やフロントライト(暖色/寒色)の切り替えを行える。

photo

 本体サイズは308.4(幅)×8.0(奥行き)× x 231(高さ)mm、重量は約590グラムで、簡易スタンドとしても利用できる保護カバーも付属する。対応OSはWindows 10/macOS、Android、iOS、Linux。なおAMD製GPUでの利用は現時点では非サポートがうたわれている。

関連キーワード

E Ink | ディスプレイ | USB Type-C


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.