レビュー
» 2021年11月10日 12時00分 公開

「Wacom Cintiq Pro 16(2021)」は実際どうなの? プロ絵師がワコムの新型4K液タブをガチレビュー(2/5 ページ)

[refeia,ITmedia]

外観をチェック

 よし!

 いきなり前置きが長くなって先が思いやられますが、新型を見ていきましょう。パッと見はだいたい旧型と同じですが、布製のペンホルダーが追加され、旧型では表面で光っていたタッチキーは全てなくなっています。

Cintiq Pro 16 2021 ペンホルダーは左右どちらにも装着できます

 ペンホルダーはスタンダード「Intuos」の前身となる「Bamboo」の時代から気に入っていて、ついにProラインに来てくれてうれしいです。

 普段は引っかかったりぶつかったりせず、必要な際にはペンを強固に装着でき、差す癖をつけておけば収納/運搬時にペンを失くさない、と数多くのメリットがあります。

※ただしボクは細いPro Pen slimを使っていて、対応するペンホルダーは出ていないので使えません

 ボディーの裏側は旧型とかなり違っていて、エクスプレスキーが左右に4個ずつ、75mmピッチのVESAマウント、上側にHDMIポート、USB Type-Cポート、電源ポート、タッチのオン/オフスイッチが追加されています。旧型で上部にあった吸気口も下端に移動しました。

Cintiq Pro 16 2021 旧型でコネクターがあった部分には、エクスプレスキーが配置されました。

 また、SDメモリーカードスロット、ヘッドフォンジャックと、「モバイルスタンド」を取り付ける機構はなくなりました。内蔵の脚はベタ置きと20度の二択で、運搬しても必ず使えるので非常に便利です。VESAマウントに別売のスタンドをつけると、19度〜68度の範囲で柔軟に角度を調節できるようになります。

Cintiq Pro 16 2021 別売の「Wacom Adjustable Stand」(ACK620K)。ネジ止めで装着するため、手軽に取り外すことはできません

 ただし、このタイプのスタンドは旧式の「Cintiq 22HD」などと違って、下端が机についたまま角度が変わります。この形式は立てていくとだんだん描きづらくなり、中/小型機はそれが顕著です。画面を立てる形での設置は肩や首の負担が激減するのでお勧めですが、そうしたい人は机より若干高い面に設置する工夫をしてみるとよいでしょう。

Cintiq Pro 16 2021 「Cintiq 22HD touch」です。画面を立てるほど、高さがつけられるスタンドが付属していました

接続仕様はかなりのコンサバに

 次に接続についてです。本機では、先代で何でもかんでもUSB Type-Cにしようとして起こった混乱の反省から、映像/USB Type-C/電源の3ポート接続を基本とする方式に変更されました。対応するPCを持っていれば、USB Type-C(映像+USB)と電源の2ポート接続でも使用できます。

Cintiq Pro 16 2021 本体を上からのぞき込んだ様子です

 USB Type-CポートからUSB Power Delivery(USB PD)で電力を受け取る機能はなくなったようで、1ポート接続はできなくなりました。全体的には、容易かつ確実に接続できるようになったと思います。そして自分の制作環境に設置して、HDMIベースで接続してみたのが下記の写真です。

Cintiq Pro 16 2021 常用するなら、ディスプレイの配置を考え直す必要があります

 Cintiq Proは、本体がシンプルかつソリッドなボディーでかっこよくて、視覚的ノイズの少なさも気に入っていた人が多いと思います。ですが、新型では多くて3本、少なくとも2本のケーブルが上からニョロニョロとはい出してきます。旧型は横から出るなりの邪魔さや不安感もあったため悪いことばかりではないのですが、購入を検討するならば、こことどう折り合うかは考えておくと良いでしょう。

 これならば、Cintiq下位機のような3つまたケーブルの方がマシだったのではというのが正直な思いです。4Kの信号がデリケートで3つまたケーブルを作りづらかったとか、USB Type-C接続とHDMIの二兎を追う必要があったとか、何らかの事情があったのでしょうが、この接続仕様は気持ちよく納得できるとは言いづらいです。

 ポートの向きや位置を工夫するとか、せめてUSB Type-Cから電源を受け取れるようにして1ポート接続の可能性を残すとか、上品な本体デザインに見合った接続ができると良かったのにな、と思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.