プロナビ
ニュース
» 2021年11月16日 10時00分 公開

VAIOが一部の過去モデルで「Windows 11」をプリインストール カスタマイズの受注は12月1日10時から

VAIOが、過去の一部モデルにおいてWindows 11をプリインストールする構成を発売する。対象となる個人向けカスタマイズモデルでは、12月1日10時以降はWindows 10とOffice 2019のプリインストールを選択できなくなるので注意しよう。

[井上翔,ITmedia]

 VAIOは12月1日10時から、ソニーストアとVAIOストアで取り扱うカスタマイズ(CTO)モデルの一部において「Windows 11」をプリインストールする構成を追加する。Windows 11プリインストール構成の最短出荷予定日は12月10日だ。VAIO S15(2019年モデル)については、12月10日から量販店(固定構成)モデルがWindows 11プリインストール構成に切り替わる。

Windows 11プリインストール対象のCTOモデル

 12月1日10時からWindows 11プリインストールを選択できるようになるCTOモデルは以下の通り。

 Windows 11をプリインストールする構成でMicrosoft Officeを付属(プリインストール)するオプションを選択する場合は、最新の「Microsoft Office 2021」のみ選択できる。

SXたち Windows 11をプリインストールできるようになるVAIO SX12/VAIO Pro PJ(左)とVAIO SX14/VAIO Pro PK(右)の2020年モデル

個人向けCTOモデルでは「Windows 10」を選択不可能に

 Windows 11をプリインストールする構成を発売することに伴い、VAIOは12月1日9時59分をもって以下のCTOモデルのWindows 10(とMicrosoft Office 2019)をプリインストールする構成の受注を停止する。Windows 10をプリインストールする構成を希望する場合は、11月30日までに注文を完了しよう。

  • VAIO SX12(2020年モデル)(RED EDITIONを除く)
  • VAIO SX14(2020年モデル)(同上)
  • VAIO S15(2019年モデル)

 法人向けCTOモデルはWindows 10 Pro(64bit版)のプリインストール構成を継続販売するが、12月1日10時以降の受注分はWindows 11 Proの「ダウングレード権」を行使してプリインストールされる。

VAIO S15の量販店モデル

 12月10日に発売されるVAIO S15の量販店向けWindows 11プリインストールモデルの主な仕様は以下の通り。税込みの想定販売価格は20万9800円だ。

  • CPU:Core i5-9300H(2.4GHz〜4.1GHz、4コア8スレッド)
  • メインメモリ:16GB(増設不可)
  • ストレージ:512GB SSD(PCI Express接続)
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • ディスプレイ:15.6型フルHD(1920×1080ピクセル)液晶
  • OS:Windows 11 Home
  • オフィススイート:Microsoft Office Home & Business 2021
  • ボディーカラー:ホワイト、ブラック
S15 VAIO S15の量販店モデルも12月10日からWindows 11プリインストール構成が登場する。OS以外の一部仕様も変更されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.