多様性のある街で多様性のあるPCをアピール――レノボが東京・新宿に“展示のみ”店舗を期間限定で開設(1/2 ページ)

» 2021年12月02日 00時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 レノボ・ジャパンは12月31日まで、b8ta(ベータ) Tokyo - Shinjuku Marui(東京都新宿区)の一角に臨時店舗「Yogaポップアップストア」を設置する。「Yoga Slim 750i Carbon」を始めとする同社のコンシューマー向けノートPCを展示することに特化しており、製品の購入を希望する人には近隣の家電量販店を案内する。家電量販店との連動キャンペーンも実施するという。

b8ta Tokyo - Shinjuku Marui b8ta Tokyo - Shinjuku Marui内に設置された「Yogaポップアップストア」の全景

展示内容

 Yogaポップアップストアには、レノボのコンシューマー向けノートPCの主要モデルが展示されている。いずれも実際に触って試せる他、b8ta Tokyo - Shinjuku Maruiのスタッフに製品や使い方に関する質問も行える。

 このストアは「パソコンってどんなもの?」「パソコンでどんなことができる?」ということを知りたい若年層をメインターゲットとしている。ただ、レノボ製品がここまで“一堂”に会する機会はあまりないので、レノボのコンシューマー向けノートPCに興味のある人も足を運んで損はない。

Yoga Slim 750i Carbon

 Yoga Slimシリーズの軽量モデルという位置づけで、このストアにおけるメインの展示を担う。

 メインの製品ということもあり、展示コーナーは壁面に沿って広めに展開されている。壁面は角度によって色味が変わり、3Dボックスによる「だまし絵」もある。ある意味で「インスタ映え」を狙っているようだ。

 展示されている実機は「Lenovo Smart Assist」を使った画面の自動ロック/視線警告やWindows Helloを使った顔認証も体験できる。

Yoga Slim 750i Carbon 今回のポップアップストアのメイン展示であるYoga Slim 750i Carbon
だまし絵 3Dボックスを使ったYoga Slim 750i Carbonの「だまし絵」もある

Yoga Slim 950i

 Yoga Slimシリーズのフラグシップモデルで、Yoga Slim 750i Carbonと並んでこのストアにおけるメイン展示の一翼を担っている。

 フラグシップモデルだけあって、タッチ操作に対応した4K表示(3840×2160ピクセル)の液晶ディスプレイや本革カバーの天板など、高い所有感を得られることが魅力だ。

Yoga Slim 950i Yoga Slimシリーズのフラグシップモデルである「Yoga Slim 950i」

Yoga Slim 750i Pro/Legion Slim 750i

 「Yoga Slim 750i Pro」はYoga Slimシリーズのクリエイター向けモデルという位置付けで、第11世代Coreプロセッサに加えて独立GPUとして「GeForce MX450」も搭載している。展示されている機材には「Adobe Premiere Pro」がインストールされているため、動画編集の体験も可能だ。

 「Legion Slim 750i」はスリムデザインのゲーミングノートPCで、第10世代Coreプロセッサ(開発コード名:Comet Lake)と独立GPU(GeForce GTX 1660 TiまたはGeForce RTX 2060)を搭載している。ノートPCでも快適にゲームを楽しめることをアピールするために展示されているという。

Yoga Slim 750i Pro クリエイター向けモデルという位置づけの「Yoga Slim 750i Pro」では、Adobe Premiere Proを使った動画編集の体験もできる
Legion Slim 750i ゲーミングノートPC「Legion Slim 750i」は、Legionブランドの周辺機器と共に展示されている

Yoga 660

 「Yoga 660」は、天板にファブリック素材をあしらったコンバーチブル式の2in1 PCだ。スタイラスペンも付属しており、タッチ操作とペン入力の両方を利用できる。

 Ryzenプロセッサを採用することでコストパフォーマンスを高めたモデルもあり、「そこそこの価格でいろいろなことができて、しかもおしゃれ」という所を狙っている。

Yoga 660 「Yoga 660」は手頃な価格の2in1 PC。スタイラスペンも付属するので、さまざまなことに活用しやすい

Yoga Tab 13

 Androidを搭載するプレミアムタブレット「Yoga Tab」のフラグシップモデルで、HDMI入力端子を使うとPCやゲーム機などのディスプレイとしても利用できることが特徴だ。

Yoga Tab 13 HDMI入力端子を備え、PCやゲーム機などのディスプレイとしても利用できる「Yoga Tab 13」

IdeaPad Duet Chromebook/IdeaPad Duet 560 Chromebook

 公立小中学校の学習用端末としてのシェアが高く、最近では低価格を武器に個人ユーザーにも浸透している「Chromebook」も2機種展示されている。

 ChromebookはAndroidアプリの大部分が稼働する上、タッチ操作に対応するモデルも多い。「スマホとPCの橋渡し」という意味合いで展示しているようだ。

IdeaPad Duet Chromebook 「IdeaPad Duet Chromebook」は手頃な価格のエントリーモデルだ
IdeaPad Duet 560 Chromebook 11月に発表されたばかりの「IdeaPad Duet 560 Chromebook」は、IdeaPad Duet Chromebookの上位モデルという位置付けで、有機ELディスプレイを搭載している。スタイラスペンも付属するので、クリエイティブな作業にも向く

IdeaPad Slim 360

 「IdeaPad Slim 360」は、レノボのWebカメラを活用した集中力向上ソフトウェア「Lenovo Aware」の体験のために展示されている。

 Lenovo Awareは、子どもや学生が「健康かつ集中力をもってPCを使う」ことに主眼を置いたソリューションだ。Webカメラが写す利用者の映像から顔や体の“傾き”や“近さ”を高精度に検知して、必要に応じてアラートを発してくれる。例えば、顔や体が大きく傾いたままになっていると「まっすぐ座ってください」と警告する。画面に顔を近づけると「(顔が)近すぎます」と顔を離すようにアドバイスしてくれる。

 モニタリングの履歴はレポートとして可視化できるようになっており、いい姿勢で使い続けると褒めてくれる。

Lenovo Aware 「Lenovo Aware」はWebカメラを使った集中力向上ソフトウェアだ。顔や体の傾きや近さを検知して、必要に応じて警告を発してくれたり褒めてくれたりする

量販店との連動キャンペーン

 Yogaポップアップストアと家電量販店の連動企画として、以下の対象店舗でYogaブランドのノートPCを購入した上でYogaポップアップストアに来店すると、もれなくJOURNAL STANDARD SQUAREのカタログギフトがもらえるキャンペーンが実施される。対象となる購入期間は12月1日から31日までとなり、購入したモデルの型番が分かるレシートまたは領収書製品に添付されている「購入証明書」の2点を持参する必要がある(購入物そのものを持参する必要はない)。

 なお、カタログギフトとの交換の受付時間はb8ta Tokyo - Shinjuku Maruiの営業時間に準ずる(11時〜20時30分、12月31日のみ営業時間が変わる可能性あり)。

  • ビックカメラグループ
    • ビックカメラ新宿西口店
    • ビックカメラ新宿東口駅前店
    • ビックロ ビックカメラ新宿東口店
    • ビックカメラ渋谷ハチ公口店
    • ビックカメラ渋谷東口店
    • ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館
    • ビックカメラAKIBA
    • ビックカメラ有楽町店
    • ビックカメラ赤坂見附店
    • ビックカメラ 池袋カメラ・パソコン館
    • ビックカメラ池袋西口店
  • ヤマダデンキ
    • LABI新宿西口館
    • LABI渋谷
    • LABI品川大井町
    • LABI東京八重洲
    • LABI1日本総本店 池袋
  • ヨドバシカメラ
    • マルチメディア新宿東口
    • 新宿西口本店
    • マルチメディアAkiba
    • マルチメディア上野
  • ノジマ
    • 池袋東武店

動画広告とSNSキャンペーン

 Yogaポップアップストアの出店期間中、同店の近くにある該当サイネージ「クロス新宿ビジョン」において毎日7時〜25時(翌日1時)までバーチャルヒューマン「imma」が出演する動画広告「Yoga 3Dビジョン」が放映される。Yoga 3Dビジョンは1時間に12回放映される予定で、7時〜17時は「看板編」と「自撮り編」が交互に、17時〜25時は「画面から登場編」が放映される。

 これを記念して、抽選で50人に「PLASTICITY キルティングクラッチバッグ」がもらえるキャンペーンも実施される。12月1日から31日までの期間中、レノボ・ジャパンのTwitter公式アカウントまたはInstagram公式アカウントをフォローした上で、YogaポップアップストアのフォトスポットまたはYoga 3Dビジョンで撮影した写真にハッシュタグ「#レノボYoga」「#新宿で3Dヨガ」を付けて投稿すれば応募完了だ。

昼間 7時〜17時の時間帯は、看板編(上)と自撮り編(下)が交互に放映される(ニュースリリースより)
夜間 17時〜25時(翌日1時)の時間帯は、画面から登場編が放映される(ニュースリリースより)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー