コンパクトな約8型タブレット「HUAWEI MatePad T8」に2022年モデル登場 約2万円からLTEモデルもあり

» 2022年09月15日 11時00分 公開

 ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)は9月15日から順次、タブレット端末「HUAWEI MatePad T8」の2022年モデルを発売する。税込みの想定価格は1万9800円からとなる。

HUAWEI HUAWEI MatePad T8

 本製品は約8型ディスプレイを搭載し、4.9mmのベゼルで80%の画面占有率を実現。金属ボディにはサンドブラスト加工を施し、耐摩耗性や耐腐食性を高めている。ブルーライトを低減するアイケアモード、明るさやグレースケールを調整して画面が新聞のようになる「HUAWEI eBookモード」も利用できる。

 子供向けのボイスレコーダー、カメラ、マルチメディアライブラリー、お絵かき機能を搭載し、利用頻度やアクセスを管理できるペアレンタルコントロールも備える。サイズは121.10(幅)×199.70(高さ)×8.55(奥行き)mm、重量は310gでカラーはディープシーブルー。

 OSはEMUI 10.1.0、プロセッサは「Kirin 710A」、メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBまたは32GB。約12時間の動画再生やWeb閲覧が可能な容量5100mAhのバッテリーを備え、Bluetooth 5.1をサポートする。価格はWi-Fi/16GBモデルが1万9800円、Wi-Fi/32GBモデルが2万2800円で、9月22日発売のLTE/32GBモデルが2万4800円となる。

HUAWEI ディープシーブルー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー