ASUSがポータブルゲーミングPCの新モデル「ROG Ally X」を発表 バッテリー容量が2倍など基本スペックを強化

» 2024年06月02日 19時30分 公開
[田中宏昌ITmedia]

 6月2日、ASUS JAPANがポータブルゲーミングPC「ROG Ally」(エイライ)の最新モデルとなる「ROG Ally X」を発表した。現時点で製品価格は未定で、国内では夏以降の発売を予定している。

ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC 同社の発表会に展示されていた「ROG Ally X」
ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC 内部スペックを強化し、新たにリファインリファインされたポータブルゲーミングPC「ROG Ally」
ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC ROG Ally Xのポイント

 ROG Ally Xは、2023年9月に発売された「Ryzen Z1 Extremeプロセッサ」を搭載したポータブルゲーミングPCだ。7型で1920×1080ピクセル表示(フルHD)/120Hz対応の液晶ディスプレイをそのままに、初代モデルに寄せられた声を反映させた新モデルだ。

 ROG Ally Xのボディーサイズは約280.2(幅)×114(奥行き)×36.9(最厚部)mmで、重量は約678gと従来モデルに近いサイズを維持しつつ、メモリを16GB(LPDDR5-6400)→24GB(LPDDR5-7500)に、ストレージのSSDを512GB→1TB(同時にM.2 Type 2230からType 2280に変更)に強化し、さらにバッテリー容量も40Whから80Whに倍増させているのが特徴だ。

ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC 本体左右にスティックボタンを用意し、コマンドセンターボタンやA/B/X/Yボタン、Armoury Crateボタンなどを用意する。背面の左右にマクロボタンを配置するのも同様だ。
ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC 本体上部にあったROG XG Mobile端子がなくなり、Thunderbolt 4端子に変更された
ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC 排気口は本体上部にある。ちなみに、ROG Ally Xのボディーサイズは約280(幅)×111.38(奥行き)×21.22〜32.43(厚さ)mmで、重量は公称で約608gと、ROG Ally Xより一回り小柄だ

 加えて、マザーボードやファンの内部構造を見直して排熱効率を向上させ、インタフェースもこれまでのROG XG Mobileポート(外付けGPUボックス「ROG XG Mobile」の接続専用ポート)を廃止し、Thunderbolt 4ポートを追加した。

ASUS JAPAN エイライ ROG Ally X 7型 液晶ディスプレイ ポータブルゲーミングPC 両側面から見たところ。スティックの入力耐久性が500万回以上に向上させたり、スティックやボタンの配置も見直されたりしている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー