AppleはAIのOS統合をどのようにデザインしたのか? 林信行の「Apple Intelligence」考WWDC24(4/5 ページ)

» 2024年06月12日 00時00分 公開
[林信行ITmedia]

使いやすさのための機能の可視化

 多くのAI統合型OSで問題となるのが、結局のところAIでどんなことができるか分からないので、せっかくAI統合をしていてもユーザーがそれを活用しきれないという点がある。一部の他社製OSでは、AIと対話をするウィンドウに、例えばどんなことができるかの例文などを表示して状況を改善しようとしているが、Appleはこうした課題にもデザインのアプローチで対処している。

 例えば、画像生成のAIを活用して自分が欲しい絵文字を生成する「Genmoji」(ジェン文字)という機能が新たに追加されるが、これは既に多くの人が日々使っている絵文字の入力パレットから作成する。

photo 絵文字の選択画面に、Genmojiを作成するための説明入力エリアが用意された

 絵文字の検索機能で入力したキーワードに合った絵文字が見つからないと「Genmojiを作成しますか?」と表示されるので、そこで生成を行うことになる。ちなみにGenmojiは正確には文字ではないが、他の絵文字とほぼ同等に扱うことができるようだ。

 Apple Intelligence対応の新OSでは、文章の整形や構成、要約ができる「Writing Tools」という機能も提供するが、こちらもワープロやメールアプリで文章を編集中にメニューを表示すると、カット/コピー/ペーストといった項目と一緒にWriting Toolsという項目として表示されるので、選んで呼び出す。

photo 文章入力時に表示されるWriting Toolsでは、よく行う文章加工の方法をメニューという形であらかじめ用意している

 Writing Toolsのパレットには、多くの人が文章に対して行う最も典型的な操作があらかじめメニューとして用意している。例えば文章の整形に関しても「親密な感じにする」「プロっぽい文章にする」「端的に書く」といったよく使うであろう整形オプションがメニューとして用意されているので、ほとんどはそれらの項目の選択だけで済んでしまう。

 何かのルールに従って整形したいなど特定のニーズがあるときだけ、そのニーズを声や文章で説明して要求をカスタマイズする設計になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー