2024年のGalaxy Watchは「Ultra」「7」「FE」の3本立て いずれも7月下旬以降に発売

» 2024年07月10日 22時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 Samsung Electronicsは7月10日(中央ヨーロッパ時間)、新型のスマートウォッチ「Galaxy Watch Ultra」「Galaxy Watch7」を発表した。日本ではサムスン電子ジャパンの直販サイト「Samsungオンラインショップ」や主要なECサイトなどを通して7月下旬から順次発売される予定で、一部販路では7月17日から販売予約を受け付ける。直販サイトでの販売価格は以下の通りとなる。

  • Galaxy Watch Ultra(47mmのみ):12万6940円(LTEモデルのみ)
  • Galaxy Watch7(40mm):5万7200円(Bluetoothモデル)/7万3150円(LTEモデル)
  • Galaxy Watch7(44mm):6万2700円(Bluetoothモデル)/7万9640円(LTEモデル)

 またサムスン電子ジャパンは7月10日(日本時間)、既に海外発表済みの「Galaxy Watch FE」のLTEモデルを日本でも7月下旬に発売することを発表した。こちらも直販サイトや主要なECサイトなどを通して販売される予定で、一部販路では7月17日から販売予約を受け付ける。直販価格は3万4760円だ。

勢ぞろい 左からGalaxy Watch7(40mmモデル)、Galaxy Watch7(44mmモデル)、Galaxy Watch Ultra

Galaxy Watch Ultraの概要

 Galaxy Watch Ultraは、Galaxy Watchシリーズに新たに加わるモデルで、よりアクティブに運動をするユーザーの利用を想定している。直販サイトや主要ECサイト/家電量販店では7月下旬以降に発売される。

 ケース(ボディー)はチタン製で、10気圧防水とIP68等級の防塵(じん)/防水性能を確保し、MIL-STD-810H(MIL規格)に準拠した耐衝撃/耐環境性能、耐海水性能、耐低温/耐高温性能や耐高所性も備えている。モバイル通信機能を備えるLTEモデルのみの展開で、ケースのサイズも47mmのみとなる。

 カラーはTitanium Silver(チタニウムシルバー)、Titanium Gray(チタニウムグレー)、Titanium Whiter(チタニウムホワイト)の3種類だ。

 日本向けモデルでは、NFC/FeliCaを使った決済サービスも利用できる(具体的な対応サービスは別途告知)。

3色展開のGalaxy Watch Ultra Galaxy Watch Ultraは、左からTitanium White、Titanium Gray、Titanium Silverの3色展開となる

 プロセッサ(SoC)は自社製の「Exynos W1000」で、メモリは2GB、内蔵ストレージは32GBを備える。プリインストールOSはWear OS 5で、独自のユーザーインタフェース「One UI 6 Watch」を組み合わせている。

 ディスプレイは480×480ピクセルの1.5型円形Super AMOLED(有機EL)で、常時表示(Always On Display)にも対応する。最大輝度は3000ニトで、屋外でも一定の視認性を確保している。画面部はサファイアクリスタルで保護されている。

ディスプレイ回り Galaxy Watchというと円形デザインのイメージが強いが、よりアクティブなユーザーの利用を想定したGalaxy Watch Ultraでは、ケース四隅にあえて「バンパー」と呼ばれる出っ張りを設けている

 センサー類は、新型Samsung BioActive Sensor(光学式生体センサー+電気式心拍計+生体電気センサー)の他、温度センサー、加速度センサー、バロメーター(気圧センサー)、ジャイロセンサー、地磁気センサー、光センサーを備えている。新型Samsung BioActive Sensorでは、いわゆる「AGEs(終末糖化産物/最終糖化産物)」のチェックも行える。

 ワイヤレス通信はモバイル通信(LTE)の他、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)、Bluetooth 5.3に対応する。測位衛星はGPS(L1+L5)の他、Glonass、Beidou、Galileoを利用可能だ。

 バッテリー容量は590mAh(定格値)で、満充電にすると最長100時間(スポーツモードで最長30時間)連続駆動が可能だ。充電はQi規格に準拠したワイヤレス充電で行う。

 親機となるスマートフォンは、Android 11以降を搭載するものが必要で、iPhone(iOS)には対応しない。

 ケースのサイズは47.1(幅)×47.4(高さ)×12.1(厚さ)mmで、重量は約60.5gとなる。

右側面 右側面には、ホームボタン(上)、戻るボタン(下)に加えて、クイックボタン(中央)も追加された。クイックボタンはGalaxy Watch Ultraにのみ装備される
左側面 左側面には何もない
背面 背面には、3種類の生体センサーを統合した新型「Samsung BioActive Sensor」が目立つ

Galaxy Watch7の概要

 Galaxy Watch7は、2023年に発売された「Galaxy Watch6」の後継モデルだ。直販サイトや主要ECサイト/家電量販店では7月31日に発売される。

 先代と同様に、ケースのサイズは40mmと44mmの2種類で、それぞれにBluetoothモデル(モバイル通信非対応)とLTEモデルが用意される。日本向けモデルでは、NFC/FeliCaを使った決済サービスも利用可能だ(具体的な対応サービスは別途告知)。

 ケースは5気圧防水とIP68等級の防塵(じん)/防水性能を確保し、MIL-STD-810H(MIL規格)に準拠した耐衝撃/耐環境性能も備えている。カラーは、40mmモデルがグリーンとクリームの2種類、44mmモデルがグリーンとシルバーの2種類となる。

Galaxy Watch7 Galaxy Watch7は、40mm(左)と44mm(右)の2サイズから選べる

 ボディーサイズと重量は以下の通りだ。

  • 40mmモデル:約40.4(幅)×40.4(高さ)×9.7(厚さ)mm/約28.8g
  • 40mmモデル:約44.4(幅)×44.4(高さ)×9.7(厚さ)mm/約33.8g

 バッテリー容量(定格値)は40mmモデルが300mAh、44mmモデルが425mAhとなる。

 その他、搭載しているプロセッサ、メモリ/ストレージの容量やセンサー、対応無線通信規格と充電回りの仕様はGalaxy Watch Ultraと同様だ。

右側面 右側面にはホームボタン(上)と戻るボタン(下)が備わる。ここ数年のGalaxy Watchシリーズと同様の構成だ
左側面 左側面
背面 Galaxy Watch Ultraと同様に、背面には新型のSamsung BioActive Sensorが搭載されている

Galaxy Watch FEの概要

 Galaxy Watch FEは、6月13日(米国太平洋時間)に発表されたエントリークラスのスマートウォッチだ。日本向けの特別なカスタマイズはなく、先に紹介した2モデルとは異なりFeliCaを使った決済サービスには対応しない(※1)。

(※1)NFC Type-A/Bを使った決済サービスは利用可能

 プロセッサは自社製の「Exynos W920」で、メモリは1.5GB、内蔵ストレージは16GBを備える。OSはWear OS 4で、独自のユーザーインタフェース「One UI 5 Watch」を組み合わせている。カラーはBlack(ブラック)、Pink Gold(ピンクゴールド)、シルバー(Silver)の3種類を用意する。その他、主な仕様は別記事で確認してほしい。

Galaxy Watch FE Galaxy Watch FEはLTEモデルが日本に投入される

購入者特典(Galaxy Watch Ultra/Galaxy Watch7)

 Galaxy Watch Ultra/Galaxy Watch7の発売を記念して、サムスン電子ジャパンでは購入キャンペーンを実施する。

 キャンペーンは発売日前日までに予約をした上で、両モデルを購入した人を対象に、各機種用の純正交換用バンドを値引き販売する。値引きの適用方法は、販路によって以下の通り異なる。

直販サイト(Samsungオンラインショップ)

 直販サイトでは、Galaxy Watch UltraまたはGalaxy Watch7と交換用バンドを“一緒に”カートに入れて予約すると、交換用バンドに値引きが適用される。値引き額は以下の通りだ。

  • Galaxy Watch Ultra:1万3200円
  • Galaxy Watch7:9000円

他の販路

 直販サイト以外での購入者には、両機種の購入時に直販サイトで利用できる「割引クーポン」がプレゼントされる。直販サイトで両機種の交換用バンドの購入時にクーポンコードを適用すると、以下の金額が割り引かれる。

  • Galaxy Watch Ultra:1万3200円
  • Galaxy Watch7:9000円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー