ニュース
» 2012年06月26日 19時17分 公開

ビジネスアプリナビ:電車で寝過ごすのが心配な人に 「鉄道アラーム」

忙しいビジネスパーソンにとって、電車の移動中は貴重な睡眠時間だが、寝過ごすわけにはいかない。このアプリを使って寝過ごしを防止しよう。

[三浦一紀,ITmedia]
Photo 目的の駅が近づくとバイブで知らせてくれれる
photo 鉄道アラーム

 電車に乗っていると、なぜか気持よくなって眠ってしまう。忙しいビジネスパーソンなら、なおさらだ。しかし、電車で寝るのは「寝過ごし」というリスクと常に背中合わせ。大事な取引先との打ち合わせに遅刻しようものなら大変なことになってしまう。

 そこで「鉄道アラーム」(開発:phytoncide 無料)だ。このアプリは、あらかじめ設定した駅に到着するとバイブレータで知らせてくれるウィジェット。アプリの実行中は、電車がどこを走行しているかを表示してくれるので、途中で目覚めても自分がどの駅付近にいるのかが分かりやすい。

 基本的にはGPSを使って現在地を測定するが、GPSが使えない場合はネットワークによる位置情報を利用するので安心だ。このアプリがあれば、電車の中で心おきなく眠ることができる。いい夢を……。

Photo まずはアプリを起動。中央にある「追加する」をタップする(画面=左)。到着駅は在来線、特急、新幹線から選べる(画面=右)
Photo それぞれのカテゴリは路線ごとに分類されているので、ここから目的の駅を指定しよう(画面=左)。設定をしたらスイッチを「ON」にして「開始」をタップする(画面=右)
Photo 設定画面。Twitterとの連携も行える(画面=左)。その他、ウィジェット画像のデザイン変更やステータスバーへの通知、アラームの設定などが可能だ(画面=右)
Photo ホーム画面を長押ししてウィジェットを追加。サイズは「2×1と「4×1」を選択できる(画面=左)。表示には目的地と通過駅が表示される(画面=右)

photo 鉄道アラーム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう