キーワードを探す
検索

「アクティブユーザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

新たにTwitterのCEOに就任したパラグ・アグラワル氏は、プロダクトに注力する姿勢を鮮明にしている。TwitterをZ世代や彼らをターゲットとする広告主にとって魅力的なプラットフォームにするためには、イノベーションが不可欠だ。

()

広く企業に普及し始めているビジネスチャット。中でも「LINE WORKS」は、プライベートでも身近なコミュニケーションアプリ「LINE」の使い勝手を踏襲しているだけあり、ITリテラシー問わず活用できると多くの企業から支持されている。第2回では、機能を拡張できる「連携ソリューション」の魅力に迫る。

()

中国ByteDance傘下の米TikTokの月間アクティブユーザー数(MAU)が10億人を超えた。昨年夏時点では7000万人だった。ちなみにFacebookの第2四半期のMAUは27億人以上だった。

()

auのオンライン専用ブランド「povo」が、その内容を大幅に変え、「povo2.0」に生まれ変わる。使いたいときだけ必要なデータ容量をトッピングする仕組みは定着するのか。povo2.0の料金の仕組みを解説しながら、KDDIの狙いや業界に与えたインパクトを読み解いていきたい。

()

8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。

()

ファミリーマートは9月3日、コード決済サービス「FamiPay」の後払いサービス「ファミペイ翌月払い」を9月7日に開始すると発表した。残高がなくても最大10万円まで支払いに使える後払いサービスで、利用額は利用の翌月末に指定した銀行口座から引き落とされる。手数料はかからない。公共料金や税金の支払いにも使えることがFamiPayの特徴であり、翌月払いでもFamiPayボーナスが貯まる。

()

これまで3.24%の決済手数料を堅持してきた楽天ペイが、10月から1年間決済手数料ゼロのキャンペーンに踏み切る。新規登録の年商10億円以下の中小店舗に限り、2022年9月までの1年間、手数料とともに決済金の振り込みも手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンだ。

()

楽天グループはスマートニュースのニュースアプリ「SmartNews」に向けて、「楽天リワード」の提供を7月16日より開始した。同サービスは、各アプリを使ってミッションを達成することにより「楽天ポイント」を獲得できるアプリ向けのサービス。

()

「perrot(ペロット)」という、「消費期限1日」という足の早い生鮮品までが並ぶネットスーパーをご存じだろうか。2020年8月にサービスをローンチし、新鮮な魚介類が届くことを武器に人気を集めているのだ。生きたままのカニや魚の刺身が届く仕組みを取材したところ……。

()

コロナ禍による巣ごもり消費の追い風を受け、急速に対応エリアと店舗を拡大している出前館。しかし、25日に発表された出前館の決算は惨憺(さんたん)たる結果として市場に受け入れられた。コロナ禍を経て赤字が7倍以上も膨らんだことになる。

()

スマホ決済サービスは、キャンペーンを駆使して「あの手この手」でアクティブユーザー数を増やそうと工夫しています。日用品で還元率をアップすると、結構効果がありそうですよね。でも「もっと高いところが……」と手をこまねいているとキャンペーンが終わってたとか、よくありますよね……。

()

りそなホールディングスがDXを積極的に導入して銀行改革を大胆に進めている。南昌宏りそなHD社長のインタビューをもとに、りそながデジタル時代を先導してどこに向かおうとしているのかをお届けする。前編は、リテール(中堅・中小企業+個人向け金融)ナンバー1の実現に向けた銀行改革の流れを振り返る。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る