IoT

新着記事

icon

トヨタ自動車の元町工場は、IoTで無人搬送車の無人搬送車の運行状況を可視化する「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入。復旧作業にかかる工数を50%削減した。

(9月21日 13時45分)
icon

日本郵船、MTI、NTT、NTTデータの4社は、船舶におけるIoT活用基盤の構築を目指す共同実験を開始。日本郵船グループが開発する船舶情報の管理システムとNTTのエッジコンピューティング技術などを活用する。

(9月20日 12時00分)
icon

NECソリューションイノベータが、カメラの前に3秒静止するだけで身体の前面と側面を測定し、体のゆがみを可視化する「NEC 立ち姿勢判別システム」を発表した。

(9月19日 12時50分)
icon
Weekly Memo:

ビジネスの課題をITで解決する時代になった今、CEOにはこれまでとは異なる考え方や発想を求められることも増えてくる。そこですべきこと、やってはいけないことは何なのか。

(9月19日 11時00分)
icon

介護付き老人ホームを運営するわたぼうしの家が、富士通の「居住者の見守りソリューション」を導入。富士通によれば、夜間の施設運営コストの大幅削減が見込めるという。

(9月15日 14時00分)
icon

奈良県立医科大学と富士通が、AIやIoTを使って妊産婦の生活状況や健康状態を見守るサービスの実証実験を開始する。

(9月14日 16時00分)
icon

「セルフサービスBI」ツールの登場により、企業におけるデータ分析の主役は現場に移りつつあります。しかし、使える人が増えない、専任スタッフが置けない、といった課題もあります。成功企業はどのようにセルフサービスBIを導入しているのでしょうか。

(9月13日 18時45分)
icon

富士通が、業務システムにアクセスする際に、スマホを生体認証デバイスとして利用し、FIDO認証を実現する機能を発表。「オンライン生体認証サービス」に新機能として提供する。

(9月12日 12時00分)
icon

KDDIと沖縄セルラーは、沖縄県那覇市で、IoTセンサーを取り付けたごみ箱でごみ集積量を把握し、IoT向け通信規格LTE-Mを活用して遠隔監視する実証実験を行った。

(9月12日 11時50分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

仮想化アーキテクチャに欠かせない「シンクライアント」について、ネットワーク資源の有効活用と、端末やデータの運用管理の効率化を実現する「デスクトップの仮想化」と「アプリケーションの仮想化」と合わせて解説します。

(9月12日 11時00分)
icon

東電HDらが、IoT見守りサービス「tepcotta」に、タクシーを「動く基地局」として利用するシステムを開発。日本交通のタクシーに搭載し、本格運用を開始した。

(9月8日 12時30分)
icon
製造業を中心に着実な伸び:

IDCの調査結果によると、国内企業のIoT利用率は、組立製造、運輸、公共といった産業分野の大手企業を中心に、継続的に向上しているという。

(9月7日 12時00分)
icon
Mostly Harmless:

IT巨人3社は、HTML5とどう関わってきたのか。

(9月7日 07時00分)
icon

土工現場の建設機械、人、測量に関する情報をクラウドに集約し、全工程を可視化する工程管理システムをフジタが開発。進捗や工事完了部分の確認を、リアルタイムで現場に共有できる。

(9月6日 12時30分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

事業所の拠点間接続などに柔軟に対応する技術として注目を集めている「SD-WAN(Software-Defined WAN:ソフトウェア定義WAN)」について、その特徴とメリットを解説します。

(9月5日 15時30分)
icon

日立は、大量データを高速に分散処理するイベント駆動型フレームワーク「HAF/EDC」をIoT向けに強化。IoTに適したフレームワークを活用し、短期間でのシステム構築や仮説検証を支援する。

(8月31日 13時30分)
icon

富士通と富士通研究所は、AI「Zinrai」を活用し、橋の振動データから内部の損傷度合いや劣化状態を推定できる分析技術を開発。損傷の初期段階での推定も可能になるという。

(8月30日 14時30分)
icon
Weekly Memo:

日本HPがおしゃれな店舗にフィットするPOSの新製品を発表した。確かにおしゃれなPOSは今までなかった。実はそこに小売業の構造変化が映し出されているのではないだろうか。

(8月28日 12時00分)
icon
Mostly Harmless:

最新技術が浸透するまでの過程を分析した「ハイプ・サイクル」の2017年版が発表された。2017年版の注目ポイントとは。

(8月25日 14時00分)
icon

ブロックチェーン技術を生かした、耐障害性の高い安否確認サービス「getherd」がスタート。キャリア回線やメールサーバに依存せず、緊急時の連絡手段として、安定的なサービス稼働が可能だいう。

(8月24日 15時20分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ