IoT

新着記事

icon
成迫剛志の『ICT幸福論』:

そろそろ皆さんの職場にも、期待と不安で胸いっぱいの新入社員たちが配属され始めたのではないでしょうか。そんな彼らに先輩として伝えたい10のアドバイスを紹介します。

(5月28日 07時00分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

人工知能が著しい変化を遂げる中、私たち人間は人工知能とどうつきあっていけばいいのでしょうか。

(5月23日 07時00分)
『ビジネス2.0』の視点:

総務省が4月26日に公表した、「総務省における人工知能に関する取組と『人工知能戦略会議』の設置」について、要点をまとめて紹介します。

(5月20日 07時00分)
icon

最近のレゴブロックはプログラミングを学べる教材に進化しているのをご存じだろうか。センサーを組み込んだモデルをプログラムで制御し、課題を解決する過程を遊びながら体験できる。小学生向けの教材ながら、ちょっとしたIoTを学ぶことができそうだ。

(5月19日 08時00分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

今、ユーザーと自動対話する技術「bot(ボット)」が注目を集めています。その仕組みと、botを活用したサービス展開を解説します。

(5月18日 08時00分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

IoTによって私たちの生活やビジネスがどのように姿を変えていくのか、社会基盤と「モノの価値」の2面から見ていきましょう。

(5月16日 07時00分)
icon

バスやローカル路線といった観光用の交通インフラが整備されていない地方の観光地は多い。最近は、自転車とIoTを使って観光客の課題を解決しようとする動きがある。

(5月13日 08時00分)
icon

安全なIoTの仕組みを開発する上でのポイントを分かりやすく示したガイドをIPAが作成した。

(5月12日 16時19分)
icon

工場や現場作業者が抱えがちな課題である技能の継承。グローバル化や熟練作業員の高齢化といった問題もあり、ニーズが高まっているそうだ。これをアイトラッキングの応用で解決するソリューションが「IoT/M2M展」で紹介されていた。

(5月12日 14時00分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

現実社会の行動や出来事をデータ化する仕組みとして注目が集まっているIoT(Internet of Things)。さまざまな機器から得られたデータは、どのような価値を生み出そうとしているのでしょうか。

(5月9日 07時00分)
icon

ITで野球の楽しさをもっと多くの人に伝えられるか――。サムライインキュベートとIBM、そして読売ジャイアンツが協力し、ファン増につながるアプリ開発を競う「ジャイアンツハッカソン」が開催された。最新のITトレンドを駆使した、そのアイデアとは?

(5月6日 08時00分)
icon
即席!3分で分かるITトレンド:

IoT(Internet of Things)でモノとモノがつながると、どんな未来が実現するのだろう? そしてそこには、どんなビジネスチャンスがあるのだろう? 身近な自動車を例に考えてみましょう。

(5月2日 07時00分)
icon
16年3月期通期決算:

NECが2016年3月期通期の連結決算を発表。官公庁や公共向けおよび、通信事業者向け事業が不調で減収減益となった。同日発表した新たな中期経営計画では、3つの事業領域に注力し、ビジネスの成長エンジンを海外に求める姿勢を示している。

(4月28日 22時00分)
icon

岩手銀行、福井銀行、京都銀行の3行が、受付にコミュニケーションロボットを設置する実験を開始する。住宅ローンや教育ローンといった商品を紹介する会話を顧客と行い、対話精度の向上や活用シーンの具体化を目指す。

(4月26日 19時45分)
icon

楽天がドローンによる荷物配送サービス「そら楽」を開始。物流の姿を一変させる可能性を秘める一方で、安全性の検証が普及のカギになるのは明白だ。ドローンの仕様やビジネス展開の計画からも、日本における安全性を重視する同社の姿勢が見て取れる。

(4月26日 08時00分)
icon

IoTと言われても「自社のビジネスにどう生かせるのか」と悩む企業も多いのでは。GEデジタルでは、クライアントと4日間のセッションを行うなかで、IoT導入の方針を決めていくのだという。その方法とは?

(4月22日 08時00分)
icon

温浴施設内の人の動きをリアルタイムで可視化し、混み具合をチェック――。ニフティがIoTを活用した実証実験に乗り出した。

(4月20日 13時08分)
icon

2012年に「インダストリアル・インターネット」というビジョンを掲げ、IoTへの取り組みをいち早く始めたGE。IoTという大きなトレンドに対し、同社は“企業や産業の垣根を超えたビジネスチャンス”を感じているという。その理由とは……。

(4月20日 08時00分)
icon

体温計を使うような手軽さで生活習慣病の早期発見が可能になる――。富士通研究所は、息に含まれる成分を素早く測定できる呼気センサーデバイスの開発に成功した。

(4月19日 13時55分)
icon

日立はデジタルソリューション事業の拡大に向け、IoTプラットフォームの開発・構築機能を強化する。

(4月14日 17時20分)
Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -