ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ad:tech」最新記事一覧

特選プレミアムコンテンツガイド
IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め
インターネットとモバイル端末の普及で顧客との接点がかつてないほど拡大する中、デジタルマーケティングへの取り組みはあらゆる企業にとって急務となりつつある。成功のため、どうすればいいのだろうか。(2016/2/19)

ad:tech tokyo 2015 リポート:
アドテク業界のエコシステムは健全化できるか――第一人者が語る
マーケティングの「自動化」「最適化」は、主に広告主視点でしか語られず、供給者であるパブリッシャーは十分に恩恵を受けていない。第一人者が業界のエコシステムの健全化の必要性を語った。(2015/12/5)

ad:tech tokyo 2015 リポート:
ad:techに新しい“風” T.M.R. 西川貴教氏らが語るマルチチャネル時代のクリエイティブ論
テレビにラジオ、新聞、そしてインターネット。さらにその中でもSNSに動画というようにさまざまなチャネルが存在する。マルチチャネルで消費者へアプローチするのが当たり前になった時代、どのような戦略が求められるのか。(2015/12/3)

ad:tech tokyo 2015 リポート:
「コンテンツ」「テクノロジー」「データ」 WWP幹部が語る、生き残るための差別化戦略
デジタルを活用したコンテンツ配信が当たり前になった今、企業は何を重視して消費者にメッセージを届ければよいのか。どんなコミュニケーションを取れば他社と差をつけられるのか。(2015/12/2)

人とくるまのテクノロジー展2015:
「ISO26262に完全対応」した電動パワステ、フォルクスワーゲンが採用
日本精工は、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に対応したコラムアシスト式電動パワーステアリングを展示した。(2015/5/28)

ホワイトペーパー:
IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め
インターネットとモバイル端末の普及で顧客との接点がかつてないほど拡大する中、デジタルマーケティングへの取り組みはあらゆる企業にとって急務となりつつある。成功のため、IT部門はマーケティング部門といかに連携していくべきか。(2015/4/24)

広告ネットワークの悪用相次ぐ、マルウェア感染サイトなどへユーザーを誘導
広告ネットワークが悪用され、ユーザーをマルウェア感染サイトに誘導する不正広告が大手サイトなどに掲載される問題が相次いでいる。(2015/2/5)

ad:tech tokyo 2014 レポート:
米国企業の平均寿命は61年から18年へ……、生き残る企業の条件とは
存続する企業と倒産する企業に明暗が分かれるのはなぜか? モバイルデバイスにおけるマーケティングの限界に立ち向かうにはどうするべきか? ad:tech tokyo 2014で行われた2名の起業家によるキーノートをレポートする。(2014/9/24)

ad:tech tokyo 2014 レポート:
「プログラマティック」とは何なのか――日本と米国の論点の違い
プログラマティックの分野で欧米と比べて出遅れている日本。なぜ日本ではなかなか進まないのか? 海外ではどのような動きが起こっているのか? ad:tech tokyo 2014で行われた4人の識者による討論をレポートする。(2014/9/22)

摩擦は避けられないが無視もできない
IT部門は「マーケティング」とどう付き合っていくべきか?
2014年9月16〜18日に行われたデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2014」。数あるセッションの中からIT部門に関係の深いところをリポートする。(2014/9/22)

Oculus Riftでジェットコースター体験! VRを超えたド迫力アトラクション「ヤフー トレンドコースター」爆誕
ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」+ドライブシミュレーター「Motion-sim」という夢の組み合わせ!(2014/9/12)

SNS上のトレンドの波がジェットコースターに Oculus Riftで楽しむ「トレンドコースター」、ヤフーが開発
気になるワードのSNSへの投稿件数の推移がコースに――世界初SNS連動型バーチャルジェットコースターをヤフーが開発した。(2014/9/11)

【連載】インターネットはブランド広告を変えるのか?:
第2回 DSPデータとインバナーサーベイの回答結果を掛け合わせて見えたもの――ネットブランディング計測の可能性
「第1回 ネット広告でブランドコミュニケーションは無理!!(なのだろうか?)」では、ブランディングにおけるインターネット広告の可能性を考えました。今回はさらに一歩踏み込んで、インターネット広告がブランディングに及ぼす影響を測定するための実験的な取り組みをご紹介します。(2013/10/9)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第4回 「とりあえず」を卒業したいマーケターためのビッグデータ入門
とりあえずデータ化し、とりあえず蓄積し、とりあえず分析すれば、とりあえず何かすごいことができるかも……。こういう経験ありませんか? 「とりあえず」を卒業したいマーケターのためのビッグデータ活用入門。(2013/9/24)

アドテック東京に3×3メートルの極小お化け屋敷が登場 その中の様子は……?
世界最大級のデジタルマーケティングイベントに、なぜか世界最小級のお化け屋敷が。(2013/9/19)

ad:tech tokyo 2013 レポート:
「モバイル対応」「“正しい”効果測定指標の確立」、Facebookのいまとこれから
「ad:tech tokyo 2013」2日目のキーノートをレポートする。プレゼンターは日米Facebookのトップマネジメント。「MOVE FAST――“Facebookの急激な進化、特にモバイル化”」「MEASURE THINGS――“デジタル広告に対するmeasurementの重要性”」という2つのテーマでFacebookの現状と今後をプレゼンした。(2013/9/20)

ad:tech tokyo 2013 レポート:
CMOの7つの役割、コカ・コーラは「1」と「7」を実践中
CMOの平均勤続期間が2年から4年へと倍に伸びたことが2012年に話題となった。これをもとにマーケティング・ストラテジスト/アドバイザーのベッキー・セイガー氏は、新時代のCMOに求められる7つの役割について語った。(2013/9/19)

ad:tech tokyo 2013 レポート:
Twitterはテレビの脅威ではなく、可能性を拓くデジタルツールだ
いまや「テレビを見ながらツイートする」のは一般的な行動になった。このTwitterとテレビの「融合」がもたらす未来について、デブ・ロイ氏はテレビの番組編成や広告は、その根底から変貌していくだろうと語る。(2013/9/19)

【連載】インターネットはブランド広告を変えるのか?:
第1回 ネット広告でブランドコミュニケーションは無理!!(なのだろうか?)
「ブランド認知」「イメージ理解」といった消費者の意識変容をインターネット広告はどのように計測するのだろうか。インターネット広告におけるブランディング効果の可能性を探る新連載。(2013/9/17)

デジタルインテリジェンスと協業:
インテグレート、記事閲覧オーディエンスデータのDMPソリューション開発
インテグレートは9月12日、ネット上の記事コンテンツの閲覧をしたオーディエンスデータを活用するDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)のソリューションサービス開発に向け、デジタルインテリジェンスと協業し、共同開発を推進することを明らかにした。(2013/9/13)

【連載】デジタルマーケティングとトラディショナルマーケティングが融合する時:
後編 デジタルマーケターとトラディショナルマーケター、データを巡る「ちょっとした」視点の違い
デジタルマーケターとトラディショナルマーケターでは数字を見る視点が異なります。その違いは些細なものですが、そんな「ちょっとした」視点の違いがそれぞれを“遠い存在”として認識させてしまっているのです。(2013/7/8)

【連載】デジタルマーケティングとトラディショナルマーケティングが融合する時:
前編 結果ありきのデジタルマーケター、抽象化したがりのトラディショナルマーケター
デジタルマーケティングとトラディショナル(アナログ)マーケティング、その根本的な違いは? 両者が分かりあえると何が起こるのか? マーケティングデータ分析のスペシャリストの視点から考えてみたいと思います。(2013/6/4)

ad tech Kyushuのランディングページが怪しすぎる件
こういうのすっごい見覚えある。(2013/5/27)

デジタル時代の紙DM:
“リアル”ならではの特性を生かすことが効果の最大化につながる〜紙のダイレクトメール〜
紙DMにはデジタルメディアにはない良さが数多くある。優位点を生かした紙DMの有効活用は、デジタル時代のコミュニケーションに大きなインパクトを与えるだろう。(2013/1/25)

ヤフーがネット広告について考えていること:
ヤフー友澤大輔氏インタビュー、「Yahoo! JAPANが変わることで、日本のデジタル広告市場は進化できる」(後篇)
ヤフー マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏へのインタビューの後篇。「Yahoo! Japanのすべてを使ってネット広告の効果検証をする」「アドテク先進国の米国を反面教師をすればいい」などの発言の真意とは。(2012/12/27)

D89クリップ(55):
「アドテック東京」で「アホテック東京」を作った話
今年のアドテックで伝説となったセッション「アホテック東京」。AR三兄弟、バーグハンバーグバーグ、吉本、バイバイワールド、PARTYの猛者が作り上げた舞台の裏側を紹介する(2012/11/27)

ヤフー、広告の第三者配信を開始:
ヤフーとMediaMind Technologiesがデジタルキャンペーン管理で提携
ヤフーとMediaMind Technologies(以下、MediaMind)は10月31日、 ディスプレイ広告及びビデオ広告領域での業務提携に合意したと発表した。(2012/10/31)

デジタルマーケティングとアドテクノロジーの展示会、アドテック東京2012
10月30〜31日、デジタルマーケティングやアドテクノロジーのカンファレンス「アドテック東京2012」が、東京国際フォーラムで開かれた。(2012/10/31)

ad:tech tokyo 2012 レポート:
CEOがマーケターを信用しない理由――ad:tech tokyo 2012 オープニングキーノート:米Adobe SystemsのScott Harris氏
ad:tech tokyo 2012 2日目のオープニングキーノートに登壇したのは米Adobe SystemsのScott Harris氏(Director of Demand Generation)。トレードマークのボウタイがおしゃれなHarris氏のプレゼンテーマは「Marketing in the Digital Age: Things that Marketers should Change Now」だった。(2012/10/31)

ad:tech tokyo 2012 レポート:
企業がディナーパーティーに呼んでもらうには――ad:tech tokyo 2012 オープニングキーノート:米Facebook 取締役 Mark D'Arcy氏
東京国際フォーラムで開催中のad:tech tokyo 2012。オープニングのキーノートセッションが行われたB7ホールは立ち見が出るほどの満員で、急遽、B棟5階に同時通訳付きのサテライト会場が設置された。4000人を超える参加者の興味を惹きつけたのは、米Facebook 取締役 Mark D'Arcy氏だった。(2012/10/30)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第2回 デジタルシフトでマーケティングの何が変わったのか?
現在のマーケターが業務上必要とする知識やスキルは数年前とはかなり異なる。マーケティングを取り巻く状況はデジタルにシフトした。いまや、マーケターとはデジタルマーケターにほかならない。(2012/10/29)

アドテック東京に呼ばれなかったアホ企業による「アホテック東京」開催へ
またあいつらか……参加企業は「AR三兄弟」「バーグハンバーグバーグ」「人間」。(2012/10/23)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第1回 金融機関がiPhoneアプリで住宅探しを支援――Commonwealth Bank Australia
金融業界はさまざまな法規制からデジタルとソーシャルの活用が遅れていると思われてきた。しかし、海外では積極的なデジタルイノベーションが起こり、日本でも、モバイルバンクの「じぶん銀行」が口座数140万件を獲得するなど徐々にその広がりを見せている。金融業界におけるデジタルとソーシャルのマーケティングイノベーションを考察する。(2012/10/2)

アディダスのデジタルマーケティングの進化
世界的なスポーツブランドとして知られるアディダス。サッカー、野球、バスケットボール、ランニング、テニスなどを軸に、多くの人々に愛用される商品を提供する同社がどのようなマーケティングに取り組んでいるのか。アディダス ジャパンでブランドマーケティング デジタルマーケティングを担当する津毛氏が語った。(2011/10/20)

「こえ部」は“ポップ”たりえるか――カヤックのプロデューサーが語る
音声投稿サイト「こえ部」はこれからの“ポップ”たりえるか――を、運営元カヤックの鈴木啓央プロデューサーと、広告の企画・販売を手掛けるターゲッティング藤田誠社長が語る。マーケティングに関する国際会議「ad:tech Tokyo 2010」で、日本のベンチャー企業の取り組みを紹介するブース「次世代を担うITベンチャーラボ」からライブ配信する。配信は10月28日10時0分〜10月28日10時30分。(2010/10/26)

花王のWebコミュニティ「ピカママ」運営の裏側
花王のWebサイト「GO GO pika★pika MAMA」は、2007年4月に開設された新米ママさん向けのコミュニティ。開設から2年で登録ユーザー数は1万6000人を超えているが、花王ではWebコミュニティとどのように付き合おうとしているのだろうか。(2009/9/18)

AOL、広告関連組織「Platform-A」を欧州へも展開
Platform-Aは、AOLが傘下の広告関連事業をまとめた組織。この組織を欧州にも拡大し、広告主がより効率的にAOLの広告サービスを利用できるようにする。(2008/6/7)

AOL、SNSのBeboを8億5000万ドルで買収
米国3位のSNSを傘下に置くことで、AOLは広告ベースのソーシャルメディア事業をさらに強化する。(2008/3/14)

「Google+AOL」は「Microsoft+Yahoo!」に対抗できるか
AOLの広告資産とGoogleとの関係を考えればあり得る話だが、専門家からは反対する意見も。(2008/2/8)

AOLの広告企業買収、今度はアフィリエイト系
オンライン広告関連の買収を続けているAOLが、今度はアフィリエイトマーケティングのbuy.at買収を発表した。(2008/2/6)

米上院議員、GoogleのDoubleClick買収の徹底調査を要求
米上院議員はFTCに、この買収がオンライン広告市場やプライバシーに与える影響の精査を求めている。(2007/11/21)

AOL、コンテンツターゲット広告企業Quingoを買収
AOLが今年に入って買収するオンライン広告関連企業はQuingoで4社目になる。(2007/11/8)

AOL、広告プラットフォームを統合――本社をニューヨークに移転
買収した一連の広告企業を「Platform A」に統合することで、インターネット接続業からオンライン広告支援サービスへの移行は最終段階に入る。(2007/9/18)

AOL、連日の広告企業買収――今度はドイツ
AOLが、広告配信プラットフォームを手掛けるADTECHに出資。前日発表のThird Screen Media買収に続く動きで、広告事業の拡充を進める。(2007/5/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。