ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」最新記事一覧

Amyotrophic Lateral Sclerosis

水原希子&長谷川潤、魅惑のキス顔2ショットに「最高の2ショット」「もはや敵なし」の声
ハーフ美女の共演は目の保養。(2016/9/27)

賛否両論あった「アイスバケツチャレンジ」のその後が明らかに 寄付120億円、遺伝子についての発見など大きな成果
難病ALSの周知・治療という本来の目的にもつながったようです。(2016/7/28)

「コンドームチャレンジ」が海外のSNSで流行 水の入ったコンドームを頭に落とす
事故が起きなければいいのですが……。(2015/11/26)

分身ロボット「OriHime」って何だ? ヒトとロボットが“そこにいる”ことの意味
ロボットと人間の距離がどんどん縮まりつつある現代。人間の代わりになるロボットが既に活動を始めています。「OriHime」と名付けられた分身ロボットとは、一体どんなものなのでしょう。(2015/9/24)

胸の谷間にボトルを挟む 乳がんのチャリティーキャンペーンが物議醸す
患者への配慮に欠けるといった批判の声が多く上がっています。(2015/6/10)

Microsoftが創業40周年 「人々をつなげよう」とビル・ゲイツ氏
Microsoftが4月4日で創業40周年を迎え、現在サティア・ナデラCEOのテクニカルアドバイザーを務める共同創業者のビル・ゲイツ氏が全従業員宛にレターを送った。(2015/4/5)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第23回 2015年のソーシャルメディアは「動画」で覇権争いが勃発
Social@Ogilvy EMEA社長 Marshall Manson氏とO&M LondonのソーシャルメディアディレクターJames Whatley氏が、ソーシャルメディアの2014年まとめと2015年の予測に関するレポートを紹介している。今回はここから2015年にマーケターが備えるべき点を考察してみたい。(2015/2/2)

世界的なイベントが後押し:
Facebookのデイリーアクティブ利用者8億9000万人へ
Facebookの2014年通期決算は124億7000万ドルで、前年同期比58%の増加。うち広告収入の売上高は35億9000万ドルとなり、前年同期比で53%増加したという。(2015/1/30)

【連載】インターネット時代の企業PR 第28回:
2015年PR――4つの重要キーワード
データ活用、ワントゥワンマーケティング、コンテンツマーケティングの深化……。2015年がはじまり、さまざまなところで2015年のマーケティングトレンドや広告業界のキーワードが語られています。今回はこれらにならって、筆者が独断で選ぶ2015年のPR重要キーワードをご紹介したいと思います。(2015/1/14)

社内と社外をどうつなぐか
「アイスバケツチャレンジ」に学ぶ次世代ビジネスコラボツールの在り方
ビジネスコラボレーションソフトウェアは企業内の課題を重視することが多い。だが、企業はグローバルでモバイルにも対応した社外とのコラボレーションを実現する方法を受け入れ、プロセスを統一する必要がある。(2015/1/8)

2014 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 やっぱり強い「iPhone」 2ちゃんねる「転載禁止」やSTAP論文問題など
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。iPhone新機種や2ちゃんねるに関する話題のほか、STAP論文問題や遠隔操作ウイルス事件も注目を集めました。(2015/1/5)

今年はどんな1年だったのかな? YouTubeが2014年を振り返るチャンネル「YouTube Rewind」を公開
世界各国の人気YouTubeクリエイターが登場する、1年をまとめた動画「Turn Down for 2014」や、今年人気の動画を紹介する「トップトレンド動画」を掲載。(2014/12/12)

今年話題の出来事は?:
Facebookで2014年を振り返る
米Facebookは現地時間12月9日、「2014年をFacebookで振り返る〜今年のまとめ(year in review)」を発表した。またこれに合わせ、日本国内でも、2014年Facebookで話題になった出来事をまとめた「2014年をFacebookで振り返る〜今年のまとめ」を発表した。(2014/12/10)

EE Times Japan Weekly Top10:
2014年も再編が進んだ半導体業界
EE Times Japanで先週(2014年11月29日〜12月5日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/12/8)

「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」「JKビジネス」──流行語大賞候補50語発表
「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」など50語が、今年の流行語大賞候補に選ばれた。(2014/11/19)

「壁ドン」「レリゴー」「号泣会見」 新語・流行語大賞の候補発表
ほかにも「妖怪ウォッチ」「ダメよ〜ダメダメ」などなど。(2014/11/19)

ジョブズ流vs.サントリー流、理想のマネジメントはどっち? (IT経営者対談 後編):
スタートレックのカーク船長は、良いリーダーか?
マイクロマネジメントと「好きにしなはれ」マネジメント。どちらが良いのか悪いのか、SDEの福田さんとクレイジーワークスの村上総裁が話し合った。(2014/11/18)

氷水をかぶるより先にできることって何だろう(前編):
総裁×福田淳 IT企業経営者たちが考える「本当」の支援活動とは
アイスバケツチャレンジブームで終わらせるのはもったいない!――自らが運営するフィールドで支援活動をコツコツと続けてきた2人のIT企業経営者が、支援や寄付についての考えを話し合った。(2014/11/10)

人はどうして「健康にいい!」に振り回されるのか?
書籍『「健康第一」は間違っている』というタイトルに込めた思いとは。著者の名郷直樹氏にインタビューを行いました。(2014/10/23)

誠 Weekly Access Top10(2014年9月1日〜9月7日):
「オンライン学習」×「朝活」の可能性
先週のBusiness Media 誠は、コンビニにおける犯罪の話、そして人種差別問題や無線LANのセキュリティ問題などに注目が集まりました。(2014/9/12)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第43回 ALS「#IceBucketChallenge」に参加した企業たち、しかし明暗は分かれる結果に
世界的に大変な盛り上がりを見せたALSの「氷水」キャンペーン。芸能界やスポーツ界、ビジネス界にいたるまで、大勢のセレブリティーを巻き込み、多くの寄付金を集めたが、実は企業やブランドもこれに参加していたことはあまり知られていない。(2014/9/12)

「アイスバケツチャレンジ」に日本ALS協会が感謝のコメント 募金額は2週間で2747万円に
「支援や寄付は強制であってはならない」との念押しも。(2014/9/2)

「頭から氷水」で寄付2700万円 日本ALS協会、支援に「心から感謝」 「売名では」などの批判には「困惑」
日本ALS協会は「アイスバケツチャレンジ」が国内で広がった8月18日〜31日に、合計2747万円の寄付が集まったと発表した。「売名のためでは」などの批判には「困惑している」とし、「支援や寄付は強制であってはならない」などとしている。(2014/9/2)

医療機器 メルマガ 編集後記:
脳波で機器を操作、進化するUIに期待
念じれば通ず? スマホの操作も、家電の操作も。(2014/9/2)

窪田順生の時事日想:
「アイスバケツチャレンジ」にある種の「いかがわしさ」を感じてしまう理由
先日放送された『24時間テレビ』の平均視聴率は、歴代6位の17.3%――。「アイスバケツチャレンジ」に挑戦した人の姿が、次々にネット上にアップ――。こうした“善意”に違和感を覚える人も少なくないのでは。その理由は……。(2014/9/2)

「アイスバケツチャレンジ」、9割以上が認知するも実行者は0.7%という結果に
多い? 少ない?(2014/8/30)

Weekly Access Top10:
タイムラインを流れる氷水
冷たい水かぶりたくなるくらい暑い日々でしたもんね。(2014/8/25)

【2次元が来た】ゲームやテレビのキャラもアイスバケツチャレンジに挑む
漫画家が氷水を浴びているイラストをオークションに出品する試みも。(2014/8/25)

センシング技術:
脳波で家電を操作、ALS患者向けのソフトウェア
フィリップスとアクセンチュアが、脳波で家電を操作するソフトウェアを開発した。脳波測定機器とタブレット端末、ウェアラブルディスプレイを接続し、照明やテレビの操作や、メールの送信などを行う。筋肉の萎縮などが起きるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者など、身体にまひを持つ患者が暮らしやすい環境の実現を目指す。(2014/8/25)

Samsung、「頭から氷水」を宣伝に利用──GALAXY S5がiPhone 5sにチャレンジ
IT業界でも広まっている難病支援チャリティー運動をSamsung Mobileの英国法人が宣伝に利用し、防水端末「GALAXY S5」が氷水を浴びて、iPhone 5sなど非防水の他社端末を指名する動画を公開した。(2014/8/25)

「きのこの山」星人と「たけのこの里」星人、氷水に強いのはどっち?
実験してみました。(2014/8/22)

「頭から氷水」は「強制ではない」 日本ALS協会、4日で200万円の寄付に感謝も「これから涼しくなるので心配」
「頭から氷水」動画をシェアする「アイスバケツチャレンジ」ブームを背景に、日本ALS協会に4日間で250人から200万円の寄付があったという。ただ、「冷たい氷水をかぶることは強制ではない」と無理しないよう呼び掛けている。(2014/8/22)

“氷水”ついに出版界にも――幻冬舎社長もチャレンジ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援するためのチャリティー企画として始まったアイスバケツチャレンジ。見城氏からは、次のチャレンジャーとして、小山薫堂氏や歌手の郷ひろみの名前が挙がった。(2014/8/21)

急上昇ワード:
「アイスバケツチャレンジ」日本でも流行? 著名人ぞくぞく挑戦
ソフトバンク孫社長も挑戦し話題になりました。(2014/8/20)

「頭から氷水」どう広がった? Facebookが分析 シェアされた動画は240万本
頭から氷水をかぶる動画を公開し、ALS患者支援を呼び掛ける「Ice Bucket Challenge」について、Facebook上での口コミの広がりを分析した結果が公開された。(2014/8/20)

「頭から氷水」は「飽きちゃったので」 「100ドル寄附」を選んだサイバーエージェント藤田社長
「氷水かぶるのはTL見てるだけでもう飽きちゃったので、私は100ドル寄附させていただきます」――サイバーエージェントの藤田晋社長が「Ice Bucket Challenge」に参加し、日本ALS協会に寄附したことを明らかにした。(2014/8/20)

「頭から氷水」動画、日本にも広がり 孫社長や山中教授も 難病患者支援のソーシャル運動
頭から氷水をかぶる動画を公開するALSチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」の波が日本でも急速に拡大。孫正義ソフトバンク社長や京大の山中伸弥教授などが挑戦している。(2014/8/20)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第42回 寄付金は昨年の約4倍! 海外のセレブリティーが氷水を頭からかぶる「Ice Bucket Challenge」仕掛けたのはALS Association
海外のセレブリティーたちが氷水を頭からかぶる動画がソーシャルメディアを賑わせている。マイクロソフトのビル・ゲイツ氏や歌手のジャスティン・ティンバーレイク氏などが続々と参加し、メディアでも大きく報じられたので読者の皆さんもご存知かもしれない。彼らはなぜこのようなことをしているのか。(2014/8/18)

一体何が起きているの…… 頭から氷水をかぶる「アイスバケットチャレンジ」が大流行! Facebook、Twitter、MicrosoftのCEOも次々と
「Ice Bucket Challenge」って何?(2014/8/15)

クックCEO、ナデラCEO、コストロCEOも“氷バケツ”動画を公開 ビル・ゲイツ氏は?
草の根的に始まったSNSでの筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者サポート運動「Ice Bucket Challenge」がIT企業幹部に広まっており、Facebook、Apple、Microsoft、Twitter、T-MobileなどのCEOが氷水を頭からかぶる動画を公開している。【UPDATE】ビル・ゲイツ氏と米Amazonのジェフ・べゾフCEOも動画を公開した。【UPDATE2】Googleの共同創業者らも動画を公開した。(2014/8/15)

ザッカーバーグCEO、氷水でびしょぬれに──ALSチャリティーで
米国のSNSで広まっている「氷水を頭から浴びるか100ドルをALS Associationに寄付するか」チャレンジにFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが参加して動画を公開した。(2014/8/14)

Microsoft、スーパーボウルCMでALS患者のSurface活用を紹介
「技術には人を結び付ける力があり、ITは絶望した人々に希望を与える」──Microsoftの2014 Super BowlのCMには、ALSと闘う元NFLのスティーブ・グリーソン氏による“ナレーション”が流れる。(2014/2/3)

人が死ぬときに後悔する34のリスト:
やりたかったことができなかった
56歳で他界した米国アップル社の創業者の1人だったスティーブ・ジョブズ氏は、生前こう言っていました。「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やる予定を本当にやりたいだろうか」 人間いつ死ぬか分かりません。だから、人生の無駄遣いはできないのです。(2013/9/18)

科学なニュースとニュースの科学:
2008年の科学10大ニュースって?
科学誌「Science」が発表した08年の科学的成果ベスト10をご存じでしょうか。生命科学・医学系の研究成果が多く、極小レベルの分野で大きな成果が相次いでいます。今年はどんな大発見や発明が現れるのでしょうか。(2009/1/23)

体を動かせない患者のYes/Noを判定する装置
(2005/9/26)

横浜で「ユビキタスな日立発見」
(2004/4/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。