ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アンチエイジング」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
ご長寿の秘訣はメディア接触? 100歳以上の男女100人に生活実態調査
人生の大先輩に聞く元気の秘訣にミドル世代の自己投資、老犬の介護事情まで、「加齢」にまつわる調査データを紹介してみます。(2016/9/11)

いしゃまち:
医師が解説 ダイエットに効く2種の薬と2種のサプリメント
痩せなきゃと思っていても、ついつい食べてしまう――こんな経験がある人も多いのでは。今回は、ダイエットを助けてくれる薬やサプリメントを紹介します。(2016/7/12)

来週話題になるハナシ:
デカ尻にしたり、脚の骨を折ったり……。世界の美容整形にびっくり
美容整形が世界中で広がりつつある。「美容整形」と聞くと、目を二重にしたり、脂肪を吸引したり、鼻を高くしたり――多くの日本人はそのような施術を想像するだろうが、世界はちょっと事情が違う。例えば、インドでは脚の骨をわざと折って……。(2016/6/29)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「100万歳のババア」
「100万歳のババア」は、いかついお婆さんを運動させたりして若返らせるという内容のゲームです。最近若作りをしまくってる僕にぴったりのゲームだったので、迷わずダウンロードしました。筋トレ、美容、肩たたきなどができます。(2016/5/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

保健同人社、iPhoneアプリ「家庭の医学」を期間限定で無料化
保健同人社が、熊本地震被災者などへの支援を目的に、家庭医学辞書のエッセンスをアプリ化したiPhoneアプリ「家庭の医学」を、期間限定で無償提供しています。(2016/4/21)

コンビニでも人気! グリーンスムージーの3つの効能
コンビニなどで手軽に手に入るようになったグリーンスムージー。その効果をあらためてチェックしておきましょう。(2016/4/14)

30代後半から:
中年太りを解消しよう! 30代後半からの食生活のポイント3つ
中年太りの主な原因は、筋肉量の低下とともに起こる基礎代謝量の低下です。今回は、中年太りを解消するために、30代後半から気を付けるべき食生活のポイントを紹介します。(2016/2/16)

寝るだけダイエット:
10キロ減の元ミス日本「睡眠変えたら人生変わった」
睡眠ダイエットの時代がやってきた?(2015/10/5)

南インドカレーブームに乗り遅れないためのトリビア4つ
(2015/9/19)

“ゴッドハンド”の指の動きを再現! 自宅で「ヘッドスパ」が楽しめるヘッドケアマシン「セレブリフト」、ツインバードから
ツインバード工業の“CELEBLIFT”(セレブリフト)は、ヘッドスパ美容研究家&美容施術家の山本幸恵氏が監修した防水ヘッドケアマシン。親指代わりに引き寄せ運動をする2本と、回転揉みを行う4本の計6本で“指の動き”を再現する。(2015/7/2)

パクチーが好きかどうかは遺伝子で決まっていた!
人によって好き嫌いがはっきりと分かれるパクチー。おいしいと感じるかどうかは遺伝子によって左右されているようです。(2015/6/30)

「普通に食べていたらいつの間にか健康になっていた」そんな世界を作りたい――クックパッド 唐澤弥子さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場していただいたのはクックパッドの管理栄養士・唐澤弥子さんです。(2015/6/18)

玄米茶の効果とおいしく飲むコツは?
玄米とお茶をブレンドした玄米茶。緑茶よりもカフェインが少なく、子どもでも飲めると人気です。また、その健康効果にも着目されています。(2015/6/12)

ブランジスタ、自社発行の電子雑誌約100冊を無料読み放題アプリで提供
山手線、東急線など7路線の各1編成では中吊り広告をジャックするプロモーションも実施。(2015/6/2)

医療IT最新トピック
「スマホ世代の子育て支援策」 母子手帳を電子化した千葉県柏市で始まる
電子母子手帳サービスを試験導入した千葉県柏市の取り組み、ソニーの電子お薬手帳の試験エリア拡大、従業員の健康管理業務を代行するクラウドサービスなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/4/8)

ビジネスパーソンに聞く、今年と来年の目標
2014年、あなたはどんなことを目標にしていましたか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「預貯金」が最も多く、次いで「年収UP」だった。GABA調べ。(2014/12/16)

INSIGHT NOW!:
「高齢=幸福」ではなくなる――高齢化社会における“本当の”問題とは?
老いをネガティブに捉えている人にとっては意外かもしれないが、人は高齢になるにつれて幸福度が上がっていくという研究結果が出ている。「幸福感のパラドックス」と呼ばれるこの現象は、今後崩れていく可能性が高い。それはなぜなのか。(2014/9/11)

ナレッジワーキング!!:
もしも「松田聖子のディナーショー」をプロデュースするなら?
「マーケティング」というと、とっつきにくいイメージがあるかもしれません。でも、馴染みのある分野の戦略を考えてみると、とたんに分かりやすくなるものです。(2014/8/20)

健康食材の代名詞「トマト」や「ひじき」で体調不良になる人がいる?
一般的に体に良いとされる食品が、冷え性や疲れやすい人には悪影響を及ぼすことも。自分の体質と食材との相性を評価し、適切な調理法も教えてくれる書籍を紹介します。(2014/8/5)

LEON元編集長が手がけるシニア富裕層向け雑誌『MADURO』、9月創刊
MADURO(マデュロ)は「熟した」を意味するスペイン語。(2014/7/23)

毎朝のヨーグルト、便秘の原因になることも?
ダイエットや便秘に良いといわれている食品が、実は症状を悪化させているかもしれないという管理栄養士の伊達友美さん。彼女のコミックエッセイから、気をつけたい“摂り過ぎ”のケースを紹介します。(2014/7/22)

○○な食べ物はNG 恋を遠ざける悪習慣
姓名鑑定士でスピリチュアルセラピストの花凜さんが教える、「恋愛運」を下げる悪習感とは? 花凜さんの著書『恋を引き寄せるキセキの習慣101』から紹介します。(2014/7/10)

伊吹太歩の時事日想:
米国から20年遅れた“サプリ後進国”ニッポン、規制緩和は行うべきか
安倍政権の成長戦略で掲げられた、サプリメント類の表示規制緩和。機能や効能を記載できるようにするものだが、サプリを売りたい企業と、治療費を維持したい医療側で対立が起きている。ここで、20年前に規制緩和を行った米国がどうなったのか見てみよう。(2014/6/26)

体内リズムを香りで調整 高齢社会をアロマで健康に、近大が商品化
高齢者の生活リズムや体内物質を香りで整えるアロマキットを近畿大学が開発・商品化した。(2014/5/12)

便利さを少し手放して生きることの大切さ
さまざまな技術によって便利になっている現代の生活。しかし、その技術に頼りすぎることによって起こるさまざまな弊害もあります。今回は、そんな現代社会の弊害を乗り越えるために日々気をつけるべきポイントを紹介します。(2014/4/10)

かんで歩くとやせる? トウガラシ入りガム&タブレットがローソン限定で登場
ローソンがロッテと共同開発したガム&タブレット「ウォーキングプラス」は、噛みながら歩くと脂肪が燃えやすくなるという。価格は130円(税抜)。(2014/4/2)

一回2粒、20分かんでください:
ガムでむし歯が治るってホント?――江崎グリコ 健康科学研究所訪問記
「おいしさと健康」が企業スローガンの江崎グリコ。大阪にある本社には、健康に良い新素材を開発する研究所があり、最近は「むし歯が治るガム」を作ったと聞いて取材に行ってきた筆者。むし歯が治るガムとは? そしてその効果的なかみ方とは?(2014/3/26)

30代から老けないためには“筋トレ”が重要
「歳をとっても若々しくいたいと」いう多くの人の願いを叶えるには“筋トレ”が重要だという。今回は、その理由を書籍『20歳若く見える人の食べ方』から紹介します。(2014/2/20)

ドコモ、リストバンド型活動量計「ムーヴバンド」発売 歩数や睡眠時間、自動計測
ドコモ・ヘルスケアが開発したリストバンド型活動量計「ムーヴバンド」が発売。スマホアプリと連動し、歩数や睡眠時間などを自動計測・記録する。(2013/12/17)

ビジネスパーソンに聞く、2013年に立てた目標は達成できましたか
2013年、ビジネスパーソンは何を目標にしていたのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いた。Gaba調べ。(2013/12/12)

いつでも書店、「人には言えない恥悩み特集」開催
ベストクリエイトが運営する電子書店「いつでも書店」が、人前での購入がためらわれる書籍を集めた「人には言えない恥悩み特集」を開催している。(2013/8/23)

腸の冷えは万病の元? 腸内環境を整えるには
“第二の脳”といわれ注目を集めている「腸」。人間の免疫システムの多くが集まる重要な臓器ですが、いったいどうすれば腸内環境を整えることができるのか。医学博士の松生恒夫さんの著書より紹介します。(2013/8/1)

肌が若返る? ゼラチンの驚くべき効能
美容・美肌に効果が期待される「コラーゲン」。市販の粉ゼラチンを使って作る「ふりかけ」でコラーゲンを普段の食事にプラスして摂ることのできるレシピを紹介します。(2013/8/1)

紙書籍・電子書籍・アプリも同時に:
幻冬舎、『老けない、太らない、病気にならない24時間の過ごし方』発売
幻冬舎が、新刊『老けない、太らない、病気にならない24時間の過ごし方』(著・根来秀行)の紙書籍と電子書籍、関連アプリ「長生きするアプリ」を同時にリリースした。(2013/6/28)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜメジャーリーガーは「クスリ」がやめられないのか?
メジャーリーグに再びドーピング疑惑が起きている。Aロッドら主力級の選手が禁止薬物の提供を受けていたというのだ。彼らはなぜ「クスリ」に手を出してしまうのか?(2013/6/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「会社の老化は止められない」――組織の宿命をどう乗り越えるか?
人間が成長期に必要だった栄養がある年齢を超えると、余計な体脂肪となって蓄積されていく。会社も成長期を超えるとそれまで資産だったものが負債になっていく。成功体験を捨てることができずに、組織の老化は着々と進んでいくのだ。(2013/6/20)

顔・身体の老化を早めるNG食生活
老化を促進してしまう食べ物を避けるには? 普段の食生活で覚えておきたいポイントを紹介します。(2013/6/13)

レディ・ガガがダイエットで使った日本の食材
健康や美容に気をつけながら痩せたい、そんな人におすすめしたい、ダイエットに最適な食材を使ったレシピを集めた書籍を紹介します。(2013/6/6)

今の50歳代が、不幸な高齢者になるかもしれない理由
「老いの工学研究所」の研究員も務める筆者。5人の高齢者を招いた座談会で最も印象に残ったのは、ある80歳代前半の女性が語った内容だった。(2013/6/4)

夕方の老けこんだ顔が若返る、化粧直しの裏ワザ
“骨気メソッド”で気になる夕方のくすんだ顔をスッキリ。メイク直しと一緒にできるくすみ撃退法を紹介します。(2012/12/19)

いまどきエンジニアの育て方(16):
エンジニアこそ、マーケティングを学べ!
マーケティングの観点を持って、あらためて技術を見ると、設計思想、アーキテクチャ、設計手法、所用機能、基盤技術がガラッと変わることがあります。結果的に開発期間、開発費用に多大な影響を与えることが少なくありません。今回は、「技術マーケティング」と「コンセプトメイキング」について、お話します。(2012/12/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

ソーシャルインフルエンス:
自閉症をもっと世の中に知らせたい! で、どうしたのか?
「自閉症」について知っている人は少ない。よく「ひきこもり」などと混同されるが、自閉症は一種の発達障害。子どもたちを支援するNPOは、自閉症を啓発するためにどのような手を打ったのか。(2012/7/25)

【図解】人生の大問題:
加藤茶さんは長生き確実? 若い人と一緒に生活すると老化を防ぐ理由
芸能界には2回りくらい違う年の差カップルが大勢います。若い人といるとどのような効果があるのか? 今回は米アイオワ大学の研究チームが発表した興味深い実験結果などを基に、若い世代と常に一緒にいることと若さを保てることの結び付きについて考えてみます。(2012/3/22)

【図解】人生の大問題:
一生、リタイヤしない主義
企業年金や国の社会保障制度もアテにならないこの時代。60歳で退職して第2の人生を楽しむことが難しくなっています。私たちは企業や国に頼るのではなく、自分の力で一生稼いでいく手段を考えねばなりません。(2012/3/15)

薄毛の対策方法、かつらや植毛から、発毛・育毛剤やヘアケア剤に
矢野経済研究所は、2011年度のヘアケア市場規模は前年度比0.1%増の4288億円と見込んだ。分野別にみると、毛髪業市場や植毛市場が縮小する一方、発毛・育毛剤市場やヘアケア剤市場が伸びているようだ。(2012/3/6)

「甘酒点滴」って何!? 池袋の「点滴BAR」へ潜入してみた
池袋のとある病院には「点滴BAR」がある。メニューはアンチエイジングから薄毛対策セットまでよりどりみどり。記者は今秋登場した「甘酒点滴」を体験してみた。(2011/12/28)

タイムアウト東京つぶ子のオススメ:
手軽に気軽に! ホテルのヘルシーメニュー
お仕事ばかりではいけません。エグゼクティブならば、若者の最新スポットも知っておきたいものです。(2011/2/15)

タイムアウト東京つぶ子のオススメ:
バレンタイン間近! チョコにまつわるエトセトラ
お仕事ばかりではいけません。エグゼクティブならば、若者の最新スポットも知っておきたいものです。(2011/2/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。