ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「Backup Exec」最新記事一覧

ホワイトペーパー:
第三者機関が徹底検証 バックアップ課題の解決策としてアプライアンスは有効か?
中堅・中小企業のバックアップにおける課題「運用負荷・バックアップ時間の肥大化」「複雑な導入前準備作業」に対して統合アプライアンス導入は解決策となるのか? データとインタビューから詳しく検証していく。(2016/3/25)

シマンテック、バックアップソフト最新版を発売 Veritasが継承
Backup Exec 15ではVMware vSphere 6をサポート。シマンテックの会社分割後は、Veritas Technologies(情報管理の継承新会社)が提供する。(2015/4/10)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化時代のバックアップと災害復旧
仮想化を利用するメリットの1つに、バックアップ対応の充実が挙げられる。新旧のサプライヤーが提供する製品を紹介する。(2015/2/17)

プロバイダーと関係が破綻!
ワケありサーバ移行を成功させたVeeamの仮想マシンバックアップソフト
契約解除を機にプロバイダーとの関係が破綻し、支援が受けられない。この状況下で国をまたいだサーバ環境の移行は成功するのか? 教訓に満ちた事例を紹介する。(2015/2/2)

ホワイトペーパー:
これならできる! 中小規模環境向けバックアップソリューション
“およそ3分の1の企業がバックアップツールを導入していない”という調査報告がある。中堅・中小企業であれば、その割合はさらに高くなるであろう。バックアップツールを導入したいが、“ノウハウがない”“管理者がいない”“費用はかけられない”企業がまず行うことのできる、簡単・お手軽なバックアップとは?(2014/12/10)

PR:複雑・遅い! システムの問題を克服したバックアップ/リカバリの最新手法とは?
サーバの仮想化やデータの増大化といった潮流が企業システムの安全かつ確実な保護を難しくさせている。従来型のバックアップ/リカバリ製品では克服できなかった優れたパフォーマンスや効率性、使い勝手を実現した最新の「Symantec Backup Exec 2014」が提供するメリットを紹介しよう。(2014/11/17)

移行前準備と仮想環境に適したバックアップ製品:
PR:移行を安心・安全に進められ、移行後の環境を統合的に守るバックアップソリューション
信頼の高いセキュリティやバックアップソリューションを長年提供してきているシマンテックでは、Windows Server 2003からの移行の際にはシステム基盤を見直し、バックアップ手法を統一して、横串でシステムを保護することを推奨。安全に移行を進め、移行後の環境も統合的に守る製品を提供する。(2014/9/29)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware対応HAクラスタ製品の機能を「比較表」で大解剖
連載を通して解説してきたVMware環境におけるHAクラスタ製品の選定ポイントを基に、「仮想マシン間HAクラスタ」と「vSphere HA+アプリ監視」を実現する主要製品の機能比較を行う。比較表は無料でダウンロードできる。(2014/6/23)

ホワイトペーパー:
重複排除バックアップアプライアンス(エントリーモデル)比較表
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。9製品の重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/6/18)

ひろゆきが検証するバックアップの最適解:
PR:現役情シスマンが試す! 仮想マシンとデータのお手軽バックアップ
中堅・中小企業でも広がりつつあるサーバの仮想化。万一に備えて仮想化されたシステムやデータをバックアップしておきたいが、「自前では大変!」という企業は多い。シマンテックの提供するオールインワンアプライアンス「Backup Exec 3600」では仮想化環境のバックアップがどれほど簡単になるのか。アイティメディアの現役情シスマン・ひろゆきが検証する。(2014/5/7)

ひろゆきが検証するバックアップの最適解:
PR:導入はお手軽? 重複排除はどれだけ効くの? バックアップアプライアンスを現役情シスマンが試してみた
バックアップ環境の導入や運用は大変だが、シマンテックではこうした課題を解決すべくオールインワンアプライアンスの「Backup Exec 3600」を提供する。アイティメディアの現役情シスマン・ひろゆきが、アプライアンスでの導入・構築の手軽さと、データ重複排除機能の効果を実際に検証した。(2014/4/8)

SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供
【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/4/2)

現役の情シスマンが突撃取材:
PR:導入・運用は簡単に? バックアップの最新事情と気になるポイント
IT部門にとってシステムやデータのバックアップは、重要度が極めて高いながらも、非常に手間のかかる業務だろう。バックアップソフト大手のシマンテックは、アプライアンスを活用した新製品をはじめとして、課題解決に向けた注目のソリューションを提供している。これは企業の情シスマンたちにとって、どれほど朗報なのか? アイティメディアのIT環境を支える現役の情シスマン・ひろゆきがシマンテックに聞いた。(2014/3/5)

ホワイトペーパー:
バックアップソフトリプレース事例 製品選定の決め手は使い勝手とプロの推奨
管理工数軽減のためバックアップソフトウェアを入れ替えた中堅製造業の事例。こだわったのは使いやすさと信頼性。SQL Serverも同じ管理画面で操作できるため、サービス再起動時の手間も大幅に軽減できた。(2014/1/17)

バックアップアプライアンス紹介
物理/仮想環境が混在するなど複雑化しているシステム環境。データ保護の重要性が高まる中、多くのバックアップ環境の運用・管理に頭を抱えている。こうした課題の解決策でとして注目されている「アプライアンス」を一挙紹介する。(2013/11/29)

バックアップアプライアンス紹介:シマンテック
中堅・中小企業のバックアップ環境の最適化を支援する「Symantec Backup Exec 3600」
「Symantec Backup Exec 3600」は、中堅・中小規模向けバックアップアプライアンス。仮想環境を意識し、ストレージ容量を削減する重複排除機能の他、導入の手軽さや管理性の容易さ、コストパフォーマンスなどを兼ね備える。(2013/11/28)

設置すればすぐに使える:
PR:アプライアンスで手間なし導入、仮想と物理に最適なバックアップ
最近、管理者の頭痛の種がまた一つ増えた。中堅・中小企業にも浸透してきた仮想化技術が原因だ。システムが複雑化して運用・管理の負荷が大きくなっているところへ、仮想環境上にも業務データが蓄えられるようになり、仮想環境のバックアップが避けて通れない問題になってきているからだ。こうした課題を解決する特効薬が、面倒な手間をかけることなく導入でき、設置後すぐに運用できるアプライアンスである。(2013/11/11)

国内シェア10%を目指す:
仮想化環境対応バックアップアプライアンス、シマンテックが発売
シマンテックは、仮想化環境を導入する中小企業に向けたバックアップのアプライアンス製品「Symantec Backup Exec 3600」を発売すると発表した。物理サーバが3〜5台、仮想マシンが30〜50台程度の規模を想定する。(2013/9/4)

シマンテック、中堅・中小向けバックアップアプライアンスを発表
最新版ソフトの「Backup Exec 2012」を搭載した新アプライアンス「Symantec Backup Exec 3600」を発売する。(2013/9/4)

コスト効率の高い選択肢を豊富に用意:
PR:富士通のIT-BCP/DRは、具体的に何ができるか
富士通は業務システムおよびデータの要求する保護レベルに応じ、IT事業継続/災害対策の選択肢を豊富に提供している。それぞれのレベルで、コスト効率を高めているのが大きな特徴だ。では、どのようにコスト効率と実効性を両立しているのか。これを具体的に説明する。(2013/3/26)

SMB向けバックアップソフト紹介
企業規模を問わず、保有する情報資産を保護できるバックアップ環境の重要性が増している。本連載では、特に中堅・中小企業のバックアップ環境の構築を支援するソフトウェアを紹介する。(2013/3/4)

ホワイトペーパー:
仮想環境におけるバックアップの3大課題と解決手法
仮想環境であっても物理と変わらず基礎的なバックアップを行う必要がある。しかし仮想化環境におけるバックアップには、解決すべき3つの課題が存在する。(2013/2/1)

ホワイトペーパー:
【事例】ミニ四駆のタミヤ、VMware仮想マシンの効率的な統合バックアップ
プラモデルメーカー「タミヤ」では、20台のサーバーをVMware上に集約。バックアップ運用も効率化に成功。ツール選定の理由と導入効果をインタビューした導入事例。(2013/1/25)

ホワイトペーパーランキング
2012年、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
仮想環境の保護、デスクトップ仮想化――。仮想化関連のホワイトペーパーの中から、2012年に多く読まれた上位10本を紹介する。(2013/1/17)

“熟練”の新興NASメーカー来襲:
シン・最強NASとなるか? 新規参入の実力派、ASUSTOR「AS-604T」
台湾から新たなNASメーカー「ASUSTOR」が日本市場に参入してきた。ん? あそこのメーカーの製品に似てるって? でもそれは当然なのです……(2013/1/16)

ITコスト削減とIT運用改善を両立させよう:
PR:とうとう来た、「中小企業にこそサーバ仮想化」の時代
中小企業では普通に見られるIT環境が、実は大きな危険をはらんでいることをご存じだろうか。中小企業の大部分は、業務システムやデータを安心して利用し続けられるような状況ではないのだ。そうはいっても、コスト削減が急務なのに、対策などできない ――。このジレンマを解消できる、おそらく唯一の解決策が、サーバ仮想化だ。(2012/12/26)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(2):
バックアッププロセスの最適解は運用から考えろ!
仮想化環境のバックアップにはいろいろな方法が用意されているが、システムの運用状況や権限付与状況次第で、選択すべき手法が異なる。本稿では運用プロセスを幾つかに分類してそれぞれの最適解を考察する。(2012/12/5)

これまでもこれからもWindows Serverを確実に保護:
PR:長年の経験に裏打ちされたシマンテックのデータ保護とセキュリティ
長年、マイクロソフトの認定グローバルゴールドパートナーとしてソリューションを展開してきたシマンテック。引き続きバックアップソフト「Symantec Backup Exec 2012」やエンドポイントセキュリティソフト「Symantec Endpoint Protection 12」によって、仮想環境も含めたWindowsシステムを強力に保護していく。(2012/11/5)

Symantec Back Up Execを搭載:
富士通が150万円のオールインワン・バックアップ装置を発表
(2012/10/16)

富士通、中堅・中小向けのバックアップアプライアンスを発売
ソフトとハードをオールインパッケージにしたバックアップ製品「ETERNUS BE50」を富士通が発売した。(2012/10/16)

重複排除バックアップソリューションを販売開始 日本HP
バックアップ製品群「HP StoreOnceBackup Systemファミリ」の1ソリューションとして連携重複排除バックアップ製品を日本HPが発表した。(2012/7/19)

SMB向けバックアップソフト紹介:シマンテック
3クリックでバックアップジョブを作成できる「Symantec Backup Exec 2012」
シマンテックの中堅・中小企業向けデータ保護ソフトウェア「Symantec Backup Exec 2012」は、直感的なUIや3種類の重複排除方式、仮想環境での細かいリカバリ設定でバックアップの効率化を支援する。(2012/7/12)

ホワイトペーパーレビュー ベスト10
2012年上半期、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーは?
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2012年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。全体の傾向と上位3コンテンツを紹介する。(2012/7/6)

ホワイトペーパーレビュー
重複排除の仕組みや導入効果が分かる3つのホワイトペーパー
データ量の増加に伴い、バックアップの処理遅延やストレージ容量、ネットワークへの負荷などが問題視されている。その解決策として注目されている重複排除技術に関する3つのコンテンツを紹介する。(2012/7/5)

ホワイトペーパー:
Backup Exec 2010 : VMware vSphereとMicrosoft Hyper-V仮想環境におけるきめ細かいデータリカバリ
最新のサーバー仮想化プラットフォームであるVMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vのバックアップ方法やバックアップソフトの構成などを、Backup Exec の操作画面を交えながら分かりやすく解説する。(2012/3/21)

中小企業を取り巻くバックアップの現状、未来
システムや業務データのバックアップの重要性を意識しつつも、十分に取り組めていないという企業は多い。市場の現状やバックアップ技術の今後について、米Symantecの担当者に話を聞いた。(2012/3/16)

NEWS
3クリックでバックアップジョブの作成が可能 SMB向けデータ保護ソフト
シマンテックがSMB向けデータ保護ソフトウェアの新版を発表。設定手順の簡素化や物理・仮想化環境の統合管理など、SMB企業のストレージ要件に合わせた機能を搭載している。(2012/3/15)

シマンテックが中堅・中小企業向けバックアップソフトの最新版をリリース
バックアップ初心者が使いやすいというユーザーインタフェースを新たに取り入れる一方、バックアップに慣れたユーザーが求める新機能も多数実装している。(2012/3/14)

ホワイトペーパーレビュー
物理環境とは違う! 仮想環境のバックアップに役立つ3つのホワイトペーパー
仮想環境のバックアップは物理環境とは異なる。仮想環境を効率的にバックアップ/リストアするために役立つホワイトペーパーを紹介する。(2011/12/7)

パブリッククラウドとプライベートクラウドの違い【前編】
導入しても管理が難しい、プライベートクラウドの利点と制約
既存のIT資産を生かしてオンデマンドや自動化といったクラウドの利点を享受できるプライベートクラウド。前編では、プライベートクラウドの具体的な利点や制約を検証する。(2011/11/22)

ホワイトペーパーレビュー
中堅・中小企業のバックアップ対策に役立つ3つのホワイトペーパー
事業継続や災害復旧対策として欠かせないバックアップ環境。大規模企業と比べ、コストや人的リソースが限られている中堅・中小企業が最適なバックアップ環境を構築する上で参考となるホワイトペーパーを紹介する。(2011/10/13)

NEWS
最初から完璧を求めない災害対策を  シマンテックが提案
シマンテックが中小規模の企業システムを対象とする災害対策を提案。同社のバックアップツール群による遠隔地へのデータバックアップ手法を活用する。(2011/8/11)

仮想マシンの災害復旧計画を策定する(後編)
失敗しないVMware災害復旧対策の見極め方
仮想マシン(VM)の災害復旧として広く利用されているジオクラスタリング。その効果は選択したソフトウェアやソリューションに大きく依存する。(2011/6/3)

Symantec Vision 2011 Report:
“見える化”技術で情報と人をつなぐ” 新たな方向性を示すSymantec
米Symantecの年次カンファレンスが開催された。エンリケ・セーラムCEOが初日の講演で掲げたビジョンは「人と情報」で信頼される会社というもの。セキュリティとストレージのビジネスをこの先どのように展開するのかについて、その一端を明らかにした。(2011/5/6)

USBデバイス対応でリカバリ作業を身近に――シマンテックが新製品
シマンテックは、バックアップ/リカバリの新製品「Symantec System Recovery 2011」を発表した。少ない手順で短時間にシステム復旧ができることを目指した製品となった。(2011/4/27)

NEWS
シマンテック、イメージバックアップソフトウェアの新版を発表
シマンテックがイメージバックアップソフトウェアの最新版を発表した。製品名を変更し、バックアップ対策が十分ではない小規模企業へのデータ保護対策として提案する。(2011/4/27)

共有する人がいなくても:
一人暮らしにぴったりな低価格NASキット――QNAPで始めるデジタル新生活
この春から親元を離れて一人暮らしを始めた大学1年生、社会人1年生も多いだろう。初めて自分用のPCを購入する人は一緒にNASもそろえてみたい。PCやスマートフォンをもっと便利に活用できる!(2011/4/22)

シマンテック、企業IT市場での生き残りをかけた戦略展開を説明
シマンテックの河村浩明社長は、企業IT市場での戦略説明を行った。セキュリティとストレージ分野を主体とした“水平分業型ベンダー”のスタイルを貫くとしている。(2011/3/8)

NEWS
パートナーとの水平展開を軸としたシマンテックの2011年戦略
セキュリティとストレージ技術のソフトウェア提供を基本方針に、中堅・中小企業向けパートナー戦略や大規模向けビジネスを強化。2014年にセキュリティ、ストレージ、バックアップの各市場でシェアNo.1を目指す。(2011/3/8)

データバックアップソフト注目のトレンド(後)
発展途上の仮想マシンバックアップ、拡張性が課題か
前編に続き、2010年にデータバックアップソフト市場で最も注目されたトレンドを紹介する。今回は、仮想マシンバックアップの機能強化を取り上げる。(2011/2/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。