ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビートルズ」最新記事一覧

ジョン・レノンさんの「イマジン」、オノ・ヨーコさんとの共作曲に 米音楽出版協会が公式に認定
ジョン・レノンは生前「『レノン-オノ』とクレジットすべき」と語っていました。(2017/6/16)

Googleさん:
「Google Assistant」を待ちながら
Googleの音声AIアシスタント、「Google Assistant」さんが5月末から日本のユーザーに向けて“ローリングアウト”中です。うちにはまだ来ていませんが、どんな声なのかなどを確認しました。(2017/6/5)

ザ・ビートルズファン注目、「サージェント・ペパーズ〜」仕様のアナログレコードプレーヤーが登場
(2017/6/1)

ポール・マッカートニー、想像以上に海賊してる「パイレーツ・オブ・カリビアン」での劇中姿を公開 ファン「レジェンドが!」「ウソじゃないよね?」
天井知らずの豪華キャスト。(2017/5/14)

立ちどまるよふりむくよ:
梯郁太郎氏はなぜAppleから距離を置いたのか
DTMステーションに掲載された2011年の梯郁太郎氏インタビュー「亡くなったローランド創業者・梯郁太郎さん、スティーブ・ジョブズを語る」が超絶面白かったので、Apple側の動きを中心に補完的な情報をまとめてみた。(2017/4/4)

アメコミ界の巨匠スタン・リーが製作総指揮 アニメ「THE REFLECTION WAVE ONE」7月放送開始
「蟲師」「惡の華」などを手がけた長濱博史さんが監督を、イギリスの音楽プロデューサー、トレヴァー・ホーンさんが音楽プロデュースを担当。(2017/3/25)

鹿「どうもビートルズです」 横断歩道を渡る3匹の鹿が完全にアビイ・ロード
もう1匹は後からやってきました。(2017/2/21)

パックマン+ビートルズな曲がなぜ今?
年度末にぴったりなビートルズの名曲+パックマン。30年以上表に出てこなかった理由とは?(2017/2/18)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2016年はDACの当たり年! 麻倉怜士の「デジタルトップ10」(前編)
年に1度の総決算、「デジタルトップ10」の季節が今年もやってきた。オーディオもビジュアルもさまざまな展開を見せた2016年だが、麻倉怜士氏にとって今年はDACが豊作だったようだ。前編では第10位から第6位までをお届けしよう。(2016/12/29)

自己責任論は本当に「想像力が欠如」しているのか?
ジョン・レノンにごめんなさい。連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/3)

ボーカロイドの未来はどうなる? 「つま恋」最後のボーカロイド大会リポート
今年いっぱいで営業終了となる「つま恋」リゾートでボカロファンイベント「ボーカロイド大会」が行われた。「ボカロ未来予想」が語られるなどの企画が。(2016/11/2)

立ちどまるよふりむくよ:
Macintoshの起動音を作った人たち
新しいMacBook Proにはスタートアップサウンドが用意されていないそうだ。これから出てくるMacはすべてそうなりそう。これから先、この音に関するドラマはもう生まれないのか。(2016/10/31)

「X japanとMr.BIGが好き」 超絶ドラムテクで話題のゆるキャラ界の新星「にゃんごすた〜」にいろいろ聞いた
Linkin ParkとかSlipknotとかゆるキャラっぽくない選曲に注目。(2016/10/18)

立ちどまるよふりむくよ:
ボブ・ディランからスティーブ・ジョブズは何を学んだのか(プレイリストつき)
ジョブズのロールモデルはディラン。Appleはディランのようにやっている。How does it feel?(2016/10/15)

“キング・オブ・ポップ”は亡くなってもキング! マイケル・ジャクソンは死んでも年収約850億円
米Forbes誌の「故人セレブ年収ランキング」で史上最高額。(2016/10/13)

絶好調のライブイベント産業と、進むコンテンツの「ライブ・シフト」
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、この数年の勢いが止まらないライブイベント市場の課題を考えます。(2016/10/4)

Spotifyがやっとやってきたのでカラオケ機能を試してみた
ようやく日本でローンチしたSpotify。発表会に参加し、現在Premiumプランをお試し中の筆者が気づいたことがある。(2016/9/30)

ソニーの研究所、人工知能で作曲したポップソング公開 音楽データから「Beatles風」のメロディーなど生成
確かにBeatlesっぽい。(2016/9/27)

AI作曲の“ビートルズ風”新曲、Sony CSLが公開(けっこうそれなり)
ソニーコンピュータサイエンス研究所のResearch Laboratoryが、人工知能による作曲プロジェクト「FLOW MACHINES」で作曲したビートルズ風の新曲をYouTubeで公開した。(2016/9/23)

高坂穂乃果の誕生日に驚異的なパンケーキアートが登場 イタリア料理店に制作理由を聞いてみた
食べるのがもったいない。(2016/8/6)

立ちどまるよふりむくよ:
DTMの夜明けを告げた「ミュージくん」とPC-9801がいたあの頃
カセットテープとビデオテープからなつかしい音と映像が出てきた。DTMという言葉を定義付けた「ミュージくん」という製品を使ったものだ。(2016/7/4)

どちらが高い? デヴィッド・ボウイの毛髪とプリンスのエレキギターがオークションに
故・プリンスのエレキギター「Yellow Cloud」は13万7500ドルで落札。(2016/6/27)

狙いはYouTube? デジタルミレニアム著作権法の改正を求め、テイラー・スウィフトやポール・マッカートニーらが署名
「AppleやSpotify、Pandoraはセーフ・ハーバー条項の後ろに隠れたりしていない」。(2016/6/23)

太陽光:
岩手県に出力30MWのメガソーラー、大和ハウスがNSSとEPC契約
震災からの復興に向け、再生可能エネルギーによる電力の地産地消を推進する岩手県の宮古市で、新しく出力30MWのメガソーラーの建設が始まる。日本ソーラーサービシズが手掛けるもので、EPCは大和ハウスが担当する。(2016/6/14)

Facebook、「360写真」でニュースフィードへの360度画像の投稿を可能に
Facebookが360度動画に続けて360度画像もニュースフィードでサポートした。リコーThetaなどのカメラやスマートフォンのカメラアプリで撮影したパノラマ/360度写真をFacebookに投稿すると自動的に加工され、視点を変えながら見られる写真になる。(2016/6/10)

新連載:立ちどまるよふりむくよ:
Omoidoriで想い出のフォトグラフが帰ってきたら
過去を振り返りまくる新連載第1回は、話題のフォトアルバムスキャナー、PFU「Omoidori」。さっそく過去への旅に出た。(2016/6/6)

ロボットキーマンを訪ねて:
ispaceの目指す、群ロボットが月面探査に向かう未来
民間月面レース参加の次は、1000台の群ロボットで月面資源探査。ispaceの描く構想は壮大であり、実現するための知見も多く蓄えられている。「群ロボットで宇宙資源探査」の意図を尋ねた。(2016/6/6)

Oculus Riftはじめました:
GWはみんなどこに行った? ぼくは月に連れてってもらったよ、アポロ11号で
Oculus Riftがあれば、人類の偉大な一歩を踏めるのだ。(2016/5/5)

REST IN PURPLE――プリンス死去にマドンナやボノなどがSNSに追悼の投稿
日本では「殿下」の愛称で親しまれた彼の急な訃報に、世界中が悲しんでいます。(2016/4/22)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉’s eyeで視る“ブルーレイのアカデミー賞”、第8回ブルーレイ大賞レビュー(前編)
“Blu-ray Disc界のアカデミー賞”こと「ブルーレイ大賞」が今年も行われ、昨年発売された中でも特に上質なBlu-ray Discソフトが選出された。今年も審査委員長を務める麻倉怜士氏に審アワードの意義や裏側を、大いに語り尽くしてもらおう。(2016/3/29)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

魅せる黒、限定100台:
eイヤホン、Astell&Kern「AK380」の限定ブラックモデルを国内独占販売
eイヤホンがAstell&Kernブランドのハイエンドプレーヤー「AK380 Black」を独占販売。シックなブラックで仕上げた限定版だ。国内では100台のみ。(2016/3/18)

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンが死去
ビートルズサウンドを生み出した稀代の名プロデューサーが亡くなった。(2016/3/9)

「5人目のビートルズ」ジョージ・マーティンさん死去
リンゴ・スターやショーン・レノンさんが追悼。(2016/3/9)

ポケモンスナップ状態 ニューヨークにピカチュウ大量発生、SNSに目撃情報あふれる
ゲットしたい。(2016/2/28)

オノ・ヨーコさんが一時病院搬送 息子ショーンさん「彼女は元気です」と“重症”報道否定
脳卒中の可能性もあると報道されましたが、元気のようです。(2016/2/27)

ジョン・レノンの毛髪、約400万円で落札 毛髪としては最高額
美容師が50年間保管していた。(2016/2/21)

「マレーシア航空370便のパイロットが台湾で発見」はデマ ソースは海外の虚構ニュースサイト
まとめサイトやTwitterなどを通じて拡散されていました。(2016/2/18)

焦げてる……!? やっちゃった感ある真っ黒なトーストが名物のカフェは、こだわりがこんがり焼き付いていた
真っ黒だけど、ちゃんと食べられます。(2016/2/6)

アヴネット 代表取締役社長 茂木康元氏:
PR:“ONE TEAM体制”で日本により深く根ざしたエレクトロニクス商社へ進化する
世界的なディストリビュータであるAvnetの日本法人「アヴネット株式会社」の社長に茂木康元氏が就任した(2015年7月付)。「これまで以上に日本に根ざしたエレクトロニクス商社に発展させ、事業成長を持続させたい」と抱負を語る茂木氏に、2016年の事業戦略などについて聞いた。(2016/1/12)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(後編)
年末恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」も、いよいよベスト3を残すのみ。果たして何がランクインしたのか? 麻倉氏が「こんなにも音楽性が豊かなものは初めて」というオーディオボードの紹介とともに2015年を振り返ってみよう。(2015/12/31)

今年もたくさん買いました:
華やかな話題が多かった2015年のAppleを振り返る
今年注目のトピックは? 2016年のウワサも紹介。(2015/12/28)

ストリーミング!これがビートルズ:
ビートルズ、クリスマスイブからApple Musicなどでストリーミング配信開始
ザ・ビートルズのストリーミング配信が発表された。Apple Music、Google Play、Amazon Prime Musicを含む9つのサービスで聴くことができる。(2015/12/23)

ジョン・レノンの命日に寄せて レノンを偲び、ニューヨークの聖地を巡る
12月8日はジョン・レノンの命日なんです。(2015/12/7)

ジョン・レノンのギターがオークションにて約3億円で落札 50年以上行方が分からなくなっていた幻の一品
ロック分野の競売では史上最高の落札額! 規模が桁違いだぜ……。(2015/11/9)

ジョン・レノンやカート・コバーンの髪の毛も 有名人のアイテムが多数オークションに
マイケル・ジャクソンがミュージックビデオで着たパジャマも。(2015/11/5)

「Netflixは追い風」:
「放送の強み生かす」 生中継と4Kで攻めるスカパー!
スカパーJSATが、7月30日の決算説明会で4K配信や生中継など同社の強みを伸ばして他社と差別化する戦略を発表。110度CS左旋偏波による4K放送についても改めて公表した。(2015/7/31)

「VICTOR STUDIO HD-Music.」がユニバーサルミュージックのハイレゾ音源1600タイトルの配信を開始
ハイレゾ音源配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music.」でユニバーサルミュージックの音源配信が開始された。(2015/6/26)

「少しずつ“良いチャンネル”になってきた」――スカパー!が4K専門チャンネルをアピール
スカパーJSATが3月1日にスタートした「スカパー!4K」の現状を説明した。同社は7月までに114の新作4K番組を提供する計画で、ハリウッド映画など注目コンテンツもそろえる。(2015/5/28)

教えて! 絵師さん:
かっこよくと可愛くのおいしいとこどり 「主役じゃない人を描きたい」チヤキさん
人物を描くテーマは「主役じゃない人」――チヤキさんのイラスト、どことなくレトロな色味や立ち姿が印象的です。(2015/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。