ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイナリ」最新記事一覧

省エネ機器:
下水汚泥の焼却を廃熱発電で全面カバー、エネルギー自立型焼却炉
三菱重工環境・化学エンジニアリングはエネルギー自立型汚泥焼却炉を開発し、初号設備を技術認定先の東京都下水道局から受注したと発表した。バイナリー発電装置を活用することで、焼却設備の消費電力を廃熱発電で全面的にカバーでき、省エネに貢献する。(2016/10/4)

自然エネルギー:
地熱発電でも高効率に、蒸気と熱水を組み合わせて16万kWの電力
トルコで建設中の大規模な地熱発電所に、蒸気と熱水を併用できるコンバインドサイクル型の発電設備を導入する計画が進んでいる。発電能力は蒸気で12万kW、蒸気と熱水を利用したバイナリー方式で4万kWになる。東芝と米国メーカーが製造を担当して2017年内に運転を開始する予定だ。(2016/9/15)

立ちどまるよふりむくよ:
「セカイの終わり」とPokemon GO コノ、オオゾラニ、エアタグヲ
セカイカメラがいろいろなところで思い出されているいま、振り返る。山田胡瓜「バイナリ畑でつかまえて」紙書籍化記念。(2016/7/28)

電子ブックレット/自然エネルギー:
地熱発電プロジェクト最前線 −Part 5−
北海道・東北・九州の火山地帯で地熱資源の開発が活発だ。北海道の壮瞥町では発電事業に向けた資源量の調査を開始した。大分県では低温の蒸気と熱水を利用した地熱バイナリー発電所を建設中だ。岩手県や福島県で稼働中の地熱発電所では排出する熱水をピーマンの栽培やエビの養殖にも生かす。(2016/7/4)

「iOS 10」のプリインストールアプリは削除できるのではなく非表示になる──Apple幹部が説明
Appleは「iOS 10」の開発者β版でビルトインアプリをホーム画面から削除できるとしているが、端末からバイナリを削除するのではなく、関連データは削除するが、アプリは非表示にするだけであることを、同社のクレイグ・フェデリギ上級副社長が説明した。(2016/6/20)

祝・単行本発売!:
「AIの遺電子」の山田胡瓜が選ぶ「バイナリ畑でつかまえて」5作品(コメント付き!)
山田胡瓜先生の連載作品「AIの遺電子」の単行本第1巻発売を記念して、過去作である「バイナリ畑でつかまえて」の中から特に思い入れの強いエピソードを選んでいただきました。(2016/4/8)

Google、バイナリ比較ツール「BinDiff」を無償提供
BinDiffでは異なるコードを比較して相違点や類似点を見つけ出せる。(2016/3/22)

自然エネルギー:
低温の蒸気と熱水を使える地熱発電所、大分県の山中で建設開始
地熱発電所が数多く集まる大分県の九重町で新しい発電所の建設工事が始まった。従来の地熱発電所では利用できかった低温の蒸気と熱水を使えるバイナリー方式の設備を導入する。発電能力は5MWになり、国内の地熱バイナリー発電所では最大級だ。1年後の2017年3月に運転を開始する。(2016/3/3)

エネルギー列島2015年版(44)大分:
地熱発電でトップを独走、太陽光やバイオマスを加えて自給率5割へ
大分県の地熱発電が活発に続いている。大規模な発電所の周辺では低温の地熱を利用したバイナリー発電所が拡大中だ。地熱を使って温度や湿度を制御できる農業ハウスの実証事業も始まった。工業地帯ではメガソーラーやバイオマス発電所が動き出し、県内のエネルギー自給率を上昇させる。(2016/2/23)

Steamで「ジェットセットラジオ」「ゴールデンアックス」などセガ作品3タイトルが無料配信中!
第2弾では「ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌」「バイナリー ドメイン」などを配信予定。(2016/2/18)

エネルギー列島2015年版(42)長崎:
島の海洋エネルギーで燃料電池船も走る、温泉地には地熱バイナリー発電
長崎県の五島列島で海洋エネルギーの開発が活発だ。浮体式による日本初の洋上風力発電設備が運転中で、余った電力から水素を製造して燃料電池を搭載した船に供給する。県内のテーマパークでも太陽光発電と組み合わせた水素エネルギーの導入が始まり、温泉地では地熱発電の実用化が進む。(2016/2/9)

自然エネルギー:
福島県の温泉で地熱発電を開始、139度の温泉水から500世帯分の電力
東日本大震災の被害を受けた福島県の温泉が再生可能エネルギーによる町づくりを進めている。豊富に湧き出る温泉水を利用して地熱発電を開始した。国の支援を受けて導入したバイナリー発電設備で500世帯分の電力を供給することができる。近くの川では小水力発電所も動き始めている。(2015/11/25)

自然エネルギー:
湖畔の温泉で地熱発電を開始、発電後の温泉水は保養施設や農園へ
地熱資源が豊富な鳥取県の日本海沿岸部で、温泉水を利用した発電事業が始まった。100度以下の地熱でも発電できるバイナリー方式の装置を導入して、最大20kWの電力を作ることができる。さらに発電後の温泉水を近隣の保養施設や農園に供給して地熱を無駄なく利用する予定だ。(2015/10/28)

「描く×作る」対談:
指先から生まれる、陳腐化しない未来――漫画家・山田胡瓜×コンピュータ将棋開発者・山本一成(前編)
「バイナリ畑でつかまえて」が好評連載中の漫画家・山田胡瓜さんと、最強と言われるコンピュータ将棋プログラム・Ponanza開発者の山本一成さん。同世代のお二人による対談が実現しました。(2015/10/25)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第55回:
ITmediaの人気連載が電子書籍に 山田胡瓜「バイナリ畑でつかまえて」は上質なSFショートショートの味わい
ずっと書籍化を待っていた「バイナリ畑」がついに電子書籍に!(2015/10/2)

「mbed」で始めるARMマイコン開発入門(12):
ベアメタルで高速I/Oに挑戦、LPC1114の実力に迫る
mbedでベアメタルプログラミングを行うメリットは、バイナリサイズの縮小だけではなく、直接制御によって高速なI/Oを実現可能です。Lチカを例に、ベアメタルプログラミングによる高速I/O制御を試します。(2015/9/11)

これまでの作品を一気に読みたい:
「バイナリ畑でつかまえて」が電子コミックに
秋の夜にぴったりな掌編21話と読切版を収録。(2015/9/9)

自然エネルギー:
温泉発電で町おこし、「湯の花」を抑えて年間3000万円の収入に
長崎県の雲仙岳のふもとにある小浜温泉は地熱バイナリー発電の導入で知られる。3年間にわたる実証実験で明らかになった課題をもとに、発電設備を改造して商用化にこぎつけた。温泉から発生する「湯の花」の付着対策などを実施して9月2日に売電を開始することができた。(2015/9/4)

「mbed」で始めるARMマイコン開発入門(11):
ARMマイコンの“ベアメタルLチカ”に挑戦
ARM「mbed」の開発環境にはクラスライブラリが用意されており、ターゲットマイコンの種類を問わない開発が可能ですが、ハードウェアを直接たたくベアメタルの手法でも開発が可能です。バイナリ軽量化を図れるベアメタル開発について勉強します。(2015/8/14)

OSS:
ブラック・ダック・ソフトウェア、「Protex」にバイナリ解析機能を追加
ブラック・ダック・ソフトウェアが同社オープンソースコンプライアンス管理ソリューション「Protex」にバイナリ解析機能を追加した。(2015/7/24)

自然エネルギー:
低温の地熱でも発電できる、大分県の火山地帯から8300世帯分の電力
日本で地熱発電が最も活発な大分県の九重町に、九州電力グループが新しい地熱発電所を運転開始した。100度前後の低温の地熱でも発電できるバイナリー方式を採用して、一般家庭で8300世帯分の電力を供給することができる。地元の九重町が蒸気と熱を提供して使用料を得るスキームだ。(2015/6/30)

人とくるまのテクノロジー展2015:
木材や竹を材料に使える3Dプリンタ、ナイロン樹脂や金属にも対応
日本バイナリーは、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、樹脂や金属だけでなく、木材や竹を材料として使用できる3Dプリンタ「AW3D HD2x」を展示した。(2015/6/3)

PR:地域が伸びる「自給自足」、エコスタイルの技術が電力と資金を循環
小水力や小規模バイナリー発電といった再生可能エネルギーを利用して地域の電力を賄う。電力自由化を生かして電気の自給自足を進める。同時に事業が生み出す利益を地域の中で循環させる。エコスタイルが進める新電力事業の狙いを聞いた。(2015/5/11)

自然エネルギー:
地熱発電所で利用できない熱水から、8600世帯分の電力を作る
出光グループは大分県にある九州電力の地熱発電所に、地下からくみ上げた高温の蒸気を供給している。同時に湧き出る低温の熱水は発電に使えなかったが、新たにバイナリー方式の設備を導入して地熱発電を開始する。発電能力は5MWで、一般家庭の8600世帯分に相当する電力を供給できる。(2015/3/4)

自然エネルギー:
買取制度で初めて1MW超の地熱発電、鹿児島の指宿温泉で運転開始
鹿児島県の指宿市にある温泉施設で発電能力1.5MWの地熱発電所が運転を開始した。固定価格買取制度の開始から1年半が経過して、1MWを超える地熱発電は初めてのケースになる。低温の地熱で発電可能なバイナリー方式の設備を使って2500世帯分の電力を供給できる。(2015/2/20)

「mbed」で始めるARMマイコン開発入門(3):
クラウド開発環境「mbed」の使い方とターゲットマイコンへの書き込み
この連載では、組み込みの世界では最も成功したプロセッサの1つ「ARM」を用いたマイコン開発にチャレンジします。今回は開発環境準備第2弾として、クラウド側の開発環境設定と、バイナリの書き込みまでを進めます。(2014/12/18)

自然エネルギー:
地熱資源が洞爺湖温泉の「宝の山」に、99.8度の高温水でバイナリー発電
2013年度から地熱資源の開発を進めてきた北海道の洞爺湖町がバイナリー発電の導入プロジェクトを開始する。国の助成金を使って掘削した調査井から99.8度の高温水が大量に湧き出ることを確認した。発電能力が50kWの設備を導入して自家消費と電気自動車の充電源に利用する。(2014/12/11)

エネルギー列島2014年版(28)兵庫:
太陽光や風力から潮流発電まで、エネルギーが持続する「環境未来島」へ
瀬戸内海に浮かぶ兵庫県の淡路島では、エネルギーや食料を自給自足する「あわじ環境未来島構想」を推進中だ。豊富な日射量を生かしたメガソーラーに加えて、陸上と洋上の風力発電、太陽熱とバイオマスを組み合わせたバイナリー発電、さらには近海で潮流発電の実証プロジェクトも始まる。(2014/10/28)

組み込み開発ニュース:
ウインドリバーが「Wind River Linux」最新版発表、バイナリコードも提供
Wind River(ウインドリバー)は2014年10月13日(現地時間)、組み込み機器向けLinux「Wind River Linux」の最新版を発表した。「Yocto Project 1.7」をコアとした他、バイナリコードの提供も行われる。(2014/10/20)

蓄電・発電機器:
ごみ焼却熱や地熱を利用できる、100kW級のバイナリー発電装置
低温の熱を利用するバイナリー発電装置の用途が広がってきた。これまで100度未満の温水に適用できる小型の発電装置を販売してきたIHIが、新たに100度超の熱に対応できる米国製のバイナリー発電装置を日本で発売する。ごみ焼却熱や地熱などを利用して最大出力は100kW以上になる。(2014/9/12)

PCUSER 20周年特別企画:
バイナリ畑でつかまえて−5−(完結)
こんなメガネなくても、きみに会えればいいのにな。(2014/9/9)

PostgreSQLガイダンス(1):
PostgreSQL 9.4 GINインデックスの評価、JSONBデータ型の使い方
PostgreSQL 9.4で注目が集まるGINインデックスの性能を検証、バイナリJSONデータ型の使い方も紹介する。(2014/9/4)

スマートファクトリ:
工場の廃液からバイナリー発電、1日に200kWhの電力を作る
廃棄物のリサイクル処理などを手がける長野県のミヤマが、工場の廃液を再利用できる発電プラントを完成させた。廃液を化学反応させて生じる熱で温水を作り、その温水を使ってバイナリー発電方式で電力を生み出す。1日あたり30立方メートルの廃液で200kWhの発電量になる。(2014/8/27)

PCUSER 20周年特別企画:
バイナリ畑でつかまえて−4−
何考えてるの大野くん!!(2014/8/26)

自然エネルギー:
風の揺らぎを熱でカバー、作った蒸気でバイナリー発電
東芝と神戸製鋼は、2014年8月、複数の再生可能エネルギーを組み合わせた発電システムの実証試験を淡路島で開始した。風力発電の出力変動によって生まれた余剰電力と太陽熱を組み合わせて蒸気を生み出し、バイナリー発電機を動かすという国内初の取り組みだ。(2014/8/25)

PCUSER 20周年特別企画:
バイナリ畑でつかまえて−3−
山田胡瓜氏の人気連載「バイナリ畑でつかまえて」特別企画、第3回。キモチ切り替えてこ!!(2014/8/14)

PCUSER 20周年特別企画:
バイナリ畑でつかまえて−2−
それよりAKIちゃんはいつオレのところにくるんだよ(担当)(2014/8/7)

PCUSER 20周年特別企画:
バイナリ畑でつかまえて−1−
山田胡瓜氏の人気連載「バイナリ畑でつかまえて」特別企画、第1回。長いの読みたいよねーと話していたら実現しました。タイトルはずばり「バイナリ畑でつかまえて」です(担当)(2014/7/30)

自然エネルギー:
330MWと世界最大級の地熱発電所、主要部品は日本製
東芝は2014年7月、インドネシアに立ち上がる世界最大級の地熱発電所にタービンと発電機を納入すると発表した。東芝の蒸気タービンが排出した低温蒸気は他社のバイナリー発電機で再利用する仕組みだ。(2014/7/17)

自然エネルギー:
温泉バイナリー発電が実証実験から継続事業へ、長崎県の小浜温泉プロジェクト
温泉水を利用した地域の再生可能エネルギー導入プロジェクトとして先導的な役割を担ってきた長崎県の「小浜温泉バイナリー発電所」が実証実験を終了、新たな体制で事業化を図ることになった。同様の発電所を兵庫県で建設した実績のある洸陽電機が設備を買い取って事業化を進めていく。(2014/6/27)

小寺信良のEnergy Future:
実はメガソーラーよりも強力? 小規模バイナリー発電
再生可能エネルギーを中心に次世代エネルギーを探る小寺信良氏の連載。今回は「バイナリー発電」の強みと弱みを取り上げた。あるバイナリー発電機の実例を取り上げ、どのようなコストが掛かるのか、適した用途は何かを解説する。(2014/6/25)

自然エネルギー:
温泉発電が兵庫県で始まる、70度以上の温泉水を入浴前に利用
兵庫県で初めての温泉水を使ったバイナリー発電設備が運転を開始した。地元の自治体が日帰り温泉施設に導入したもので、入浴に利用する前の70度以上の温泉水で発電する。蓄電池を併設して災害時にも施設内に電力を供給することができ、避難所としての機能向上に役立てる。(2014/4/14)

自然エネルギー:
船舶の排熱から電力、燃料費を2%以上改善可能
神戸製鋼と旭海運は、船舶用のバイナリー発電システムの開発に乗り出す。燃料費と二酸化炭素排出量を改善することが目的だ。2016年度にも実船搭載を目指す。(2014/4/10)

自然エネルギー:
温泉発電の「落とし穴」、別府の事例
温泉の源泉に市販のバイナリー発電機を据え付けると、24時間安定した電力を取り出すことができる。井戸を掘る必要もなく、固定価格買取制度(FIT)の対象であり、理想的な再生可能エネルギーに見える。しかし、幾つかの落とし穴がある。大分県別府市内の事業を担当した西日本地熱発電の事例を紹介する。(2014/3/12)

スマートシティ:
下水でバイナリー発電、汚泥処理の電力を70%削減
全国各地の下水処理場が新たなバイオマスエネルギーとして汚泥の活用に取り組むなか、大阪府の池田市で最先端のシステムが運転を開始した。汚泥の処理で発生する2種類の廃熱を利用して、温度差で発電する。このシステムを使うと電力会社から購入する電力を70%削減できる見込みだ。(2014/2/25)

自然エネルギー:
90度の温泉水で20kWの電力を作る、長野県のホテルがバイナリー発電へ
地熱発電を短期間に開始できる方法がバイナリー発電である。長野県北部の高山地帯にある温泉ホテルが、小型のバイナリー発電装置を導入して温泉発電に挑む。90度前後の温泉を使って最大20kWの電力を供給できるほか、発電後の温水をハウス栽培にも利用する計画だ。(2014/1/30)

自然エネルギー:
「湯」と「電力」が欲しいホテル、2つの技術を組み合わせて燃料代を半減
木質バイオマスを利用して大規模な発電を進める企業は少なくない。だが、用途によっては温水などの熱を主に確保し、少量の電力が必要な場合もある。福島ミドリ安全はIHIのバイナリー発電機を採用することで、このようなニーズに応えるシステムを作り上げる。(2014/1/17)

キーワード解説:
温泉水でも工場廃熱でも「バイナリー発電」
通常の火力発電では1000度以上の燃焼熱を使う。地熱発電でも200度以上の高温の蒸気でタービンを回して発電する。もっと低温の熱や蒸気を使った簡便な方法が「バイナリー発電」だ。100度前後の温泉や工場の廃熱から電力を作ることができ、発電設備が小さくて運用の手間も少ない。(2013/9/27)

SECCON 2013 横浜大会レポート:
来年は「U-50」大会も? シニアの血も沸く夏の戦い
2013年8月23日、「CEDEC 2013」に併せてパシフィコ横浜で開催されていた「SECCON 2013」第1回地方大会が閉幕した。本戦の「CTF」に加え、その予選としてSQLインジェクションチャレンジやバイナリかるた/アセンブラかるたなど、趣向を凝らした競技が開催された。(2013/9/6)

自然エネルギー:
「地獄」を借り受けて温泉力発電、別府で100kW
温泉の源泉をそのまま使いながら発電を可能にする仕組みがある。バイナリー発電だ。24時間365日発電でき、設備利用率が高い。しかし、導入に当たっては高額な発電機を温泉側が購入する必要があった。大分県別府市での取り組みは、「源泉貸し」によって、初期費用を0にしようとするものだ。(2013/9/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。