ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BlackBerry」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BlackBerry」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スマホアクセサリーを扱うFOXが、なぜ「BlackBerry」の販売を決めたのか
BlackBerryは日本でも新機種が定期的に投入されている。BlackBerryを販売するFOXは、スマートフォンのアクセサリーやIoT関連製品などを販売している。なぜ、スマートフォンのBlackBerryを取り扱うことを決めたのか。(2018/11/8)

車載ソフトウェア:
「次世代自動車の原動力はソフトウェア」、ブラックベリーがQNXの優位性を強調
ブラックベリーは、東京都内で会見を開き、車載分野を中心に組み込みソフトウェアを展開するBlackBerry QNXの事業戦略について説明。自動運転車やコネクテッドカーの市場拡大により「自動車はソフトウェアドリブン(駆動)、ソフトウェアディファインド(定義)なものになっていく」と述べた。(2018/10/24)

「BlackBerry KEY2」が9月7日に発売 SIMロックなしでauも取り扱い
BlackBerryの最新モデル「BlackBerry KEY2」(TCLコミュニケーション製)が9月7日に発売される。今回はKDDIも取り扱い、SIMロックはかけていない。価格(税込)はシルバーが7万9800円、ブラックが8万9800円。(2018/8/31)

車載ソフトウェア:
自動運転車開発のほぼ全てに採用されるブラックベリー、ADAS基盤も展開
ブラックベリーが自動運転技術につながるADAS(先進運転支援システム)への取り組みについて説明。ほぼ全ての自動運転車の開発に、同社のQNX製品が用いているという。(2018/7/18)

車載ソフトウェア:
機能安全認証取得済みの車載ソフトウェアを発表、車載システム構築を支援
BlackBerryは、自動車分野の機能安全規格「ISO 26262」に準拠した車載用ソフトウェア「QNX Hypervisor for Safety」「QNX Platform for ADAS 2.0」「QNX OS for Safety 2.0」を発表した。(2018/7/3)

EMMやセキュリティ機能も充実
iOS 12、Android P、BlackBerryの最新ビジネス向け機能、スマホ選びで注目すべきは?
モバイルデバイスのビジネス利用が進み、エンタープライズ向け機能も充実しつつある。最新モバイルOSやデバイスには、どのような機能が導入されるのか。Apple、Google、BlackBerryの最新動向と選定のポイントを紹介する。(2018/6/30)

今夏発売の「BlackBerry KEY2」、Simejiのプリインストールは誤り
日本で2018年夏に発売する予定の「BlackBerry KEY2」。日本語入力システムに「Simeji」をプリインストールするとのことだったが、これは誤りだった。バイドゥもコメントを発表している。(2018/6/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「BlackBerry KEY2」は何が変わった? 「KEYone」と比較してみた
今や唯一ともいえるQWERTYキーボード搭載スマートフォンを輩出し続けるBlackBerry。最新モデルの「BlackBerry KEY2」がCES Asia 2018のTCLブースに展示されていました。前モデルの「BlackBerry KEYone」とスペックや操作感を比較してみました。(2018/6/25)

「BlackBerry KEY2」、今夏日本でも発売へ
TCL Communicationが「BlackBerry KEY2」を発表した。QWERTYキーボードのスペースキーに指紋センサーを搭載し、ショートカット用の「Speed Key」も追加。価格は税込7万9800円から。(2018/6/8)

タッチ操作にも対応! QWERTYキー搭載スマホ「BlackBerry Bold 9900」(懐かしのケータイ)
BlackBerry伝統のQWERTYキーボードに加え、タッチパネルも搭載した「BlackBerry Bold 9900」。新バージョンのOSを採用したことで描画性能が向上し、様々な動作が高速化されていました。(2018/4/30)

個人向けにも販売! QWERTYキー搭載スマホ「BlackBerry Bold 9000」(懐かしのケータイ)
日本向けのBlackBerryとしては初めて個人向けにも販売された「BlackBerry Bold 9000」。FOMAプラスエリアを含む国内全てのFOMAエリアで使えました。【文章差し替え】(2018/4/22)

実写版「ピーター・ラビット」、ピーターが食物アレルギー患者にショック症状を起こさせる描写で物議
ブラックベリーアレルギーを抱える人物の口へ、ピーターの投げたブラックベリーが入るシーンが問題視されています。(2018/2/13)

オートモーティブワールド2018:
バイナリーへの静的解析で車載ソフトのセキュリティ評価期間を6000分の1に短縮
QNXソフトウェアシステムズは、「オートモーティブワールド2018」において、組み込みソフトウェアのバイナリーコードに対する静的解析が可能なクラウドベースのテストツール「BlackBerry Jarvis」を展示した。先行ユーザーであるJaguar Land Roverは、コードのセキュリティ評価期間を従来の30日から6000分の1以下となる7分に短縮したという。(2018/1/19)

BlackBerry、コネクテッドカーをサイバー攻撃から守る「Jarvis」 まずはJaguar Land Roverが採用
スマートフォンから撤退したBlackBerryが、サイバーセキュリティ技術を生かす車載システム向けセキュリティツール「Jarvis」を発表した。(2018/1/16)

デンソー&ブラックベリー&インテル:
デンソーとBlackBerryとIntelが世界初の「統合HMIプラットフォーム」
デンソーとBlackBerryは、カーナビやメーター表示などを行うデジタルクラスタなどの製品を統合的に管理できる「統合HMIプラットフォーム」を開発した。Intelも開発に協力している。2019年以降、車両に搭載される予定。(2017/12/25)

BlackBerryのアプリストア、2019年12月31日に閉店へ
2016年からAndroidベースの端末を販売しているBlackBerryが、独自OS向けアプリストア「BlackBerry World」を2019年12月31日に閉鎖すると発表した。(2017/12/18)

車載情報機器:
デンソーとBlackBerryとIntelが世界初の「統合HMIプラットフォーム」を開発
デンソーとBlackBerryは、カーナビゲーションシステムやメーター表示などを行うデジタルクラスタ、ヘッドアップディスプレイ(HUD)といったHMI製品を統合的に管理できる「統合HMIプラットフォーム」を共同開発した。Intelも開発に協力している。2019年以降、車両に搭載される予定。(2017/12/15)

車載ソフトウェア:
QNXは車載ソフトの安全とセキュリティを重視「AndroidやLinuxは脆弱性だらけ」
ブラックベリーは、車載分野を中心に組み込みソフトウェアを展開するBlackBerry QNXの事業戦略について説明。QNXが得意としてきた安全に関わる機能に加えて、新生ブラックベリーが重視するセキュリティの機能も車載分野に提案していく方針を示した。(2017/11/22)

QNX SDP:
東京エレクトロン デバイスが「QNX SDP」を販売、製造業向けに展開
東京エレクトロン デバイスは、カナダのBlackBerryと販売代理店契約を締結した。BlackBerryの組み込みプラットフォーム「QNX Software Development Platform(SDP)7.0」を日本の製造業向けに提供する。(2017/10/30)

組み込み開発ニュース:
東京エレクトロン デバイスがQNXを販売、BlackBerryと代理店契約を締結
東京エレクトロン デバイスは、カナダのBlackBerryと販売代理店契約を締結した。BlackBerryの組み込みプラットフォーム「QNX Software Development Platform(SDP)7.0」を日本の製造業向けに提供する。(2017/10/19)

スペックを強化した「BlackBerry KEYone Black Edition」9月下旬に発売
FOXは、9月下旬に「BlackBerry KEYone」のスペックを強化したBlack Editionを発売。通常モデルと比較し、メモリとストレージを向上している。(2017/9/4)

Microsoftなど競合もサービス重視へ
Appleは「iPhone」「Mac」の会社ではない? サービス事業急成長の意味とは
Apple、Microsoft、BlackBerryなど、名だたるIT大手はソフトウェア・サービス事業に注力し、ビジネス戦略を転換しようとしている。Appleの2017年第3四半期業績発表からも、その傾向を読み取ることができる。(2017/8/16)

「BlackBerry KEYone」が6月下旬発売 タッチセンサー付きのQWERTYキーを搭載
Android 7.1を搭載した「BlackBerry KEYone」が6月下旬に発売される。FOXが正規代理店として取り扱う。4.5型のディスプレイに、タッチ操作も可能なQWERTYキーボードを搭載している。(2017/6/15)

FOX、生産終了モデル「BlackBerry Classic」のホワイトカラーを数量限定販売
FOXは、生産終了が発表されたQWERTYキーボード搭載スマートフォン「BlackBerry Classic」のホワイトカラーを数量限定で発売。caseplay限定の購入特典として専用Leatherケース&スクリーンプロテクターをプレゼントする。(2017/5/29)

「BlackBerry KEYone」発表──タッチセンサー付きQWERTYキーボード搭載で4月発売へ
BlackBerryとのライセンス契約に基づいてTCL Communicationが販売する新端末「BlackBerry KEYone」が発表された。Android 7.1 Nougat搭載でQWERTYキーボード付き。4月に549ドルで発売の予定だ。(2017/2/26)

CES 2017:
QWERTYキーボード搭載の新BlackBerryが登場、TCLブースで触ってきた
CES 2017のTCLブースで、同社が開発したBlackBerry新モデルが参考展示されていた。正式発表は2月の予定。関係者が見せてくれた実機を触った。(2017/1/10)

TCL、BlackBerryの長期ライセンス契約で合意
TCLが、BlackBerryの長期ライセンス契約で合意した。TCLがグローバルでBlackBerry端末を扱う。日本での展開は未定。(2016/12/19)

SIM通:
忘れないで!「BlackBerry」という名機があったことを
BlackBerryが端末の自社生産から撤退する、というニュースに驚き、悲しみを覚えた人も多いのではないでしょうか。と、いうことで今回は、BlackBerryの素晴らしさ、日本での生い立ちなどをまとめたいと思います。(2016/11/17)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
製造中止も何のその――BlackBerryマニアはドバイへ行こう!
最近になって、BlackBerryがスマートフォンの自社製造を停止することが決まりました。それでもドバイでは、まだBlackBerry人気が高いことを認識させられます。ドバイモールに行ってみると、巨大なBlackBerryストアが店を構えているのです。(2016/10/30)

BlackBerryが端末の自社開発を終了
BlackBerryが、端末の自社開発を終了することを発表。今後はソフトウェア開発に注力し、端末開発は外部企業へ委託する。(2016/9/30)

BlackBerryがスマートフォンの生産終了を発表 ソフトウェアの開発メインに
独自OSのスマートフォンからAndroid機の開発を行ってきましたが、今後は他社に委託されます。(2016/9/29)

BlackBerry、端末開発を外部委託し、ソフトウェア企業に
かつてビジネス向け端末で一世を風靡したBlackBerryが、ハードウェアの開発を外部パートナーに委託し、企業向けソフトウェア企業にシフトすると発表した。(2016/9/29)

BlackBerry、BB 10の操作性の核「BlackBerry Hub+サービス」をGoogle Playで無償公開
BlackBerryが自社端末の“操作性の核”としている統合サービスアプリ「BlackBerry Hub+サービス」をGoogle Playで無償公開した。30日のトライアル後、広告表示の無償版と月額99セントのアップグレード版を選ぶことになる。(2016/8/4)

BlackBerry、Android端末「DTEK50」発表(スペックは「IDOL 4」そっくり)
BlackBerryがAndroid端末第2弾「DTEK50」を発表した。物理キーボードは搭載せず、米国での販売価格は299ドル(約3万1500円)。スペックはTCLの「IDOL 4」とほぼ同じだ。(2016/7/27)

BlackBerry Classic、製造終了へ OSアップデートは継続
BlackBerryが、2014年12月から販売しているQWERTYキーボード搭載スマートフォン「BlackBerry Classic」の製造を終了すると発表した。後継モデルについては言及していない。(2016/7/6)

注目される統合エンドポイント管理
PCやスマートフォンだけではない、増え続ける端末の管理に悲鳴を上げるIT担当者
企業が利用するデバイスが多様化する中、統合エンドポイント管理(UEM)の必要性が高まっている。現在、BlackBerryやCitrix Systemsなど、さまざまなベンダーがUEMツールを提供している。(2016/6/29)

「2016年に500万台販売」の現実味は
Android化した「BlackBerryスマホ」が“iPhone超え”しそうなたった1つの根拠
「Android」への注力で起死回生を図るBlackBerry。Androidを搭載する同社の新型スマートフォンはセキュリティ機能が充実し、ビジネス用デバイスの有力候補の1つになる可能性がある。(2016/6/8)

BlackBerryのマスターキーが警察に使われていた? 
王立カナダ騎馬警察は2010年から、BlackBerryの復号用マスターキーを使っていたという。(2016/4/25)

QWERTYキーボードもあります:
BlackBerry、セキュリティを強化したAndroidスマホ「BlackBerry PRIV」を日本で発売
強固なセキュリティ・プライバシー機能、QWERTYキーボード――BlackBerryの遺伝子を受け継いだAndroidスマートフォンがいよいよ日本に上陸する。日本国内でより便利に使えるように、LTEの「Band 19」対応も果たした。(2016/3/25)

気になる「BlackBerry OS」の行方
悪手ではないBlackBerryのAndroid端末投入、管理ツールでまさかの巻き返しか
BlackBerryは、2015年11月に初のAndroid端末を発売した。それに対して「BlackBerry OS」はどうなるのだろうか。EMMベンダーとしての同社の最新状況と併せて紹介する。(2016/3/3)

保証期間1年延長&故障時に即時交換――FOX、BlackBerry向け有償サービスを提供開始
FOXは、BlackBerryユーザー向けの有償サービス「FOX SMARTPHONE MEMBERS PLUS」を提供開始。保証期間の1年間延長や、不測の事態に代替機を即納する。(2015/11/13)

BlackBerryのスライドキーボードAndroid端末「PRIV」、699ドルで予約受付開始
BlackBerry初のAndroid搭載端末「PRIV」の予約受付がカナダ、米、英で始まった。縦位置でのスライドQWERTYキーボードが特徴の同端末の米国での販売価格は699ドルで、出荷は11月6日から。(2015/10/25)

Android、Windowsとは何が違う?
「iPhone」「iPad」――iOSデバイスだけがビジネスで使われ続ける単純な理由
Appleは企業向けモバイル市場でBlackBerryからトップの座を奪い、Windowsより優先される存在になった。Androidも進出拡大へ攻勢を強める。(2015/10/11)

「BlackBerry Classic」「BlackBerry Passport」、10月14日からFOXが国内販売
QWERTYキーボードを搭載したBlackBerryのスマートフォン2機種が、10月9日から日本で販売される。スマホアクセサリーを取り扱うFOXが正規代理店となる。(2015/10/7)

BlackBerry、キーボード付きAndroid端末「PRIV」を年内発売へ
BlackBerryが、うわさになっていたスライドキーボード付きAndroid端末を年内に発売すると正式に発表した。BlackBerry 10端末の販売も継続するとしている。(2015/9/27)

SIM通:
格安SIM対応した新生「BlackBerry Classic」レビュー
BlackBerryの新端末が、3年ぶりに日本で販売されることになりました。改めて、BlackBerryとはどんな端末なのか?BalckBerry Classicはどこが進化したのか?レポートしていきたいと思います。(2015/9/11)

BlackBerry初のキーボード付きAndroid端末、11月に米国で発売か
BlackBerryが開発中とのうわさのAndroid端末「Venice」のスライドQWERTYキーボードを引き出した画像がリーク。さらに、米国で11月に発売と、@evleaksことエバン・ブラス氏がツイートした。(2015/8/20)

ハードウェアからソフトウェアにシフト
「BlackBerry」端末が消滅の危機? かつてのビジネス定番端末はどこへ向かうのか
「BlackBerry」端末の販売が大きく落ち込んでいる。このままの状況が続けば、事業の見直しが必要になるかもしれない。実際、同社CEOはその可能性を示唆している。BlackBerryの今後はどうなるのだろうか。(2015/8/7)

BlackBerry、ステンレス製QWERTY端末「Passport Silver Edition」を発売
BlackBerryが、昨年発売した“パスポートサイズ”のQWERTYキーボード搭載スマートフォン「Passport」のステンレスフレームモデルを発売した。(2015/8/5)

BlackBerry、スライドQWERTYキー付きAndroid端末を開発中か──画像がリーク
BlackBerryがAndroid端末を開発中といううわさを裏付けるような画像を、フリージャーナリストのエバン・ブラス氏がツイートした。端末にはスライド式のQWERTYキーボードが搭載されているという。(2015/7/6)

ドコモ、「BlackBerry」向けサービスを2017年3月末に終了
ドコモが「BlackBerry」向けネットサービスの提供を2017年3月末に終了する。またこれに先立ち、2015年11月に新規の申し込み受付も終了する(2015/5/28)

ドコモ、BlackBerryサービスを終了へ
ドコモはBlackBerryサービスを2017年3月末で終了する。(2015/5/28)

NTTドコモ、BlackBerry向けサービスを終了
企業向け・法人向けとも2017年3月でサービスを終了する。(2015/5/28)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :実用化が進むバーチャルリアリティ
Oracleから1000万ポンドも請求されたある企業が20万ポンドに値切れた問題をリポート。また、iPad&BlackBerryからSurface Pro&Windows Phoneに移行した英州議会事例、Raspberry Piで脱Windowsに挑む企業のCIOへのインタビュー、バーチャルリアリティ最前線などをお届けする。(2015/4/13)

高セキュリティだが……
BlackBerry子会社が新タブレットを発売、「その価格は驚くほど高い」
BlackBerry傘下のSecusmartはSamsung、IBMと組み、高セキュリティのタブレットを政府機関などに提供しようとしているが、その価格は驚くほど高い。(2015/4/8)

英地方議会がまたiPadを破棄
iPad&BlackBerryの代わりに選ばれたのはSurface Pro&Windows Phone
ノッティンガムシャー州議会に続き、シュロップシャー州議会が導入済みのiPadとBlackBerryを破棄し、Windowsデバイスに移行した。シュロップシャー州議会が選んだのはSurface ProとLumiaだった。(2015/4/8)

BlackBerry、SamsungのGALAXYベースのタブレット「SecuTABLET」を発表
かつて「PlayBook」というタブレットを販売していたBlackBerryが、SamsungおよびIBMと協力し、「GALAXY Tab S 10.5」ベースのセキュアなタブレット「SecuTABLET」を企業や政府機関向けに発売する。(2015/3/16)

BlackBerryにSamsungが買収提案か BlackBerryは報道を否定
SamsungがBlackBerryに買収を提案したとロイター通信が報じ、BlackBerryはこの報道を否定した。(2015/1/15)

物理キーボード派にお勧め
徹底レビュー:正方形ディスプレーの変わり種スマホ「BlackBerry Passport」への率直な感想
BlackBerryの新しい主力機種「BlackBerry Passport」は、正方形のディスプレーや物理キーボードの搭載など、他に類を見ない特異性を持つスマートフォンの変わり種だ。(2014/12/7)

BlackBerry、往年の名機彷彿のQWERTY端末「Classic」を449ドルで発売へ
BlackBerryが2月に約束した通り、BlackBerryの真髄であるQWERTYキーボード、トラックパッド、ナビゲーションボタンを備える端末「Classic」を発表した。ディスプレイは3.5型タッチ対応で、米国での販売価格は449ドル。(2014/11/17)

BlackBerry、4.5型正方形ディスプレイ+QWERTYキーボードの「Passport」を発表
BlackBerryの新端末「Passport」は、4.5型の正方形ディスプレイと物理キーボードを備えるビジネスプロフェッショナル向けスマートフォンだ。米国とカナダで599ドルで発売される。(2014/9/25)

BlackBerry、ポルシェデザインのQWERTY端末「P'9983」を発表
BlackBerryがPorsche Designとのコラボ端末「P'9983」を10月初旬に発売する。先代で消えたQWERTYキーボードが復活した。(2014/9/18)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
Windows Phone、Symbian、BlackBerry――日本から消えたスマホOSから何が見える?
国内のスマートフォン市場は現在、iPhoneとAndroidの2大勢力が市場を支配している。だが以前は、もっとさまざまな種類のスマートフォン OSが市場に流通していた。それらはなぜ日本から消えたのだろうか。(2014/5/7)

「BlackBerryはハードウェア製造をやめない」とCEOが確約
ジョン・チェンCEOは、前日にReutersがBlackBerryの端末事業撤退の可能性を報じたことを否定し、端末事業の収益化に取り組んでいると語った。(2014/4/11)

Windows Phoneは第三勢力になり得るか?
BlackBerryの没落で浮上したWindows Phone
将来性のないBlackBerryからの移行先として、社内システムとの親和性が高いWindows Phoneが脚光を浴びている。iPhoneとAndroid端末の2強状態の中で、Windows Phoneが一定のシェアを獲得するのか?(2014/3/28)

車載情報機器:
「CarPlay」と車載情報機器の接続互換性、BlackBerry子会社のQNXがサポート
スマートフォンメーカー・BlackBerry子会社のQNX Software Systems(QNX)は、Appleの「CarPlay」とつながる車載情報機器との接続互換性をサポートする方針を明らかにした。(2014/3/6)

Mobile World Congress 2014:
BlackBerry、QWERTY端末の復活を約束 「Q20」を下半期に発売へ
物理キーボード搭載端末を1年以上リリースしていなかったBlackBerryが、ユーザーからの強い要望に応えてQ10の後継モデルを下半期に発売する。(2014/2/26)

Boxで文書管理
クラウド化で67億円のコスト削減、敏腕CIOによるITインフラ改革
ロンドンのガトウィック空港は、クラウドの導入と従業員へのBlackBerry端末の支給廃止、BYODの奨励により、大幅なコスト削減を実現した。(2014/1/16)

2014 International CES:
中国メーカーが8コアCPU搭載の「IDOL X+」「MEIZU MX3」などを展示――「Digital Experience」
2014 International CESの開幕前日の6日に、大小200以上の企業が集まって製品を展示するイベント「Digital Experience」が開催。HTC端末やBlackBerryのほか、日本では見られないメーカーのスマートフォンも展示されていた。(2014/1/8)

Androidでは必要なセキュリティを確保できず
BlackBerryへの不信から始まった英医療機関のモバイル化プロジェクト
University College London HospitalのICT担当ディレクターに、モバイルテクノロジー導入の取り組みについて話を聞いた。(2013/11/22)

セキュリティ重視でSamsung、iPhone、Windows Phone 8を比較
こだわりの元BlackBerryユーザーが選ぶべき次のスマートフォンは?
揺れ動くBlackBerryのユーザーが、乗り換えるスマートフォンを探し始めた。企業で多く使われたBlackBerry端末の特徴の1つはセキュリティの高さ。元ユーザーが選ぶべきスマートフォンとは?(2013/11/6)

BlackBerry、身売りの見送りとソーステン・ハインズCEO退任を発表
社名をRIMからBlackBerryに変更し、建て直しに尽力してきたソーステン・ハインズCEOは退任し、新CEOを探す間、新執行会長のジョン・チェン氏が暫定CEOを務める。(2013/11/5)

BlackBerry、iOSおよびAndroid版メッセンジャーを無料で公開
BlackBerryが、これまでBlackBerryユーザーにのみ提供してきたメッセージングアプリ「BBM」のiOS版とAndroid版を無料で公開した。(2013/10/22)

iOSとAndroidにも対応:
BlackBerry、クラウドベースの企業向けモバイルユーザー管理システムを発表
9月に投資会社による買収合意を発表したBlackBerryが、クラウドベースの企業向けBYOD対応サービスを発表した。(2013/10/9)

4500人リストラのBlackBerry、企業連合による買収案に合意
8月から身売りを検討していたBlackBerryが、金融持株会社Fairfaxが統括する企業連合による買収案に合意した。買収総額は約47億ドルになる見込みだ。(2013/9/24)

BlackBerry、5インチのフラッグシップ端末「Z30」を発表
BlackBerryが、独自OSの新版「BlackBerry 10.2 OS」を搭載するキーボードレスのスマートフォン「Z30」を発表した。(2013/9/19)

BlackBerryを押しのけたApple
ロンドン・ブレント特別区の低コストiPhone導入法
英ロンドンのブレント特別区は職員に3000台のiPadとiPhoneを支給。BlackBerryスマートフォンは段階的に引退させる。端末のセキュリティ対策にはMobileIronのモバイル端末管理ソフトウェアを利用する。(2013/9/5)

BlackBerry、身売りを含む戦略代替案を検討中と発表
BlackBerryが、身売りや合併事業を含む戦略代替案を検討するための特別委員会を設置したと発表した。(2013/8/13)

BlackBerry、第1四半期のスマートフォン出荷台数は680万台
スマートフォン市場で苦戦するBlackBerryの3〜5月期のスマートフォン出荷台数は680万台で、タブレットはわずか10万台だった。(2013/7/1)

OS別世界スマートフォン出荷でWindows Phoneが初のBlackBerry超え──IDC調べ
AndroidとiOSの寡占状態は変わらないが、Windows Phoneの出荷台数が133.3%増加し、シェアでBlackBerryを抜いて3位になった。(2013/5/17)

BlackBerry、QWERTYキーボード搭載の「Q5」を発表
BlackBerryが新OS「BlackBerry 10.1」搭載の新興国市場向けQWERTYキーボード端末「Q5」を7月に発売する。(2013/5/15)

2013年シーズン開幕
先進性でiOSを上回るAndroid、しかし企業採用は?
AppleのiOSは新世代の“BlackBerry”だが、Androidもようやくビジネス顧客の取り込みに動き出した。(2013/5/8)

ゼンハイザー、マイク付きヘッドフォンの新製品「HD 429s」「HD219s」「CX 275s」
ゼンハイザーは、マイク付きヘッドフォン「HD 429s」「HD219s」およびカナル型イヤフォン「CX 275s」を発表した。いずれもiPhone、iPad、Android、Windows Mobile、Blackberryなど幅広いスマートフォンに対応する。(2013/4/19)

ドコモ、「BlackBerry Bold 9900」「SH-03E」のソフト更新を開始
モバイルホットスポットでWi-Fiが自動切断される不具合を改善する。またiモードケータイ「SH-03E」のソフト更新も開始した。(2013/4/15)

4大アプリストアの第1四半期の総売上高は22億ドル──Canalys調べ
Canalysによると、App Store、Google Play、Windows Phone Store、BlackBerry Worldからのアプリダウンロード総数は134億本で、有料アプリの売上高は22億ドルだった。(2013/4/9)

新モデルの「Z10」、2カ月で100万台を出荷――BlackBerry、第4四半期は黒字に
売上高は前年同期比減となったが、1月末に発表した最新機種「BlackBerry Z10」の出荷台数が発売から約2カ月で100万台に達するなど好材料も出ている。(2013/3/29)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
マルチレーン高速バスがもたらす、シグナルインテグリティの新たな課題――統合電子版2013年3月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2013年3月号を発行しました。Cover Storyの「高速シリアルの多レーン化がもたらすシグナルインテグリティの新たな課題」の他、Design Featureの「LED 照明をマイコン制御でもっと賢く、光品質・電力効率・コストを改善」、Tear Downの「BlackBerryの最新スマホを分解、「GALAXY S III」の採用品を数多く搭載」、New Technologyの「スマホでPC画面を映すだけ、富士通研のファイル転送技術」など、幅広い話題を掲載しました。(2013/3/11)

製品解剖:
BlackBerryの最新スマホを分解、「GALAXY S III」の採用品を数多く搭載
2013年2月に、社名を、その主力製品と同じBlackBerryに変更した旧RIM。同社の最新スマートフォン「BlackBerry Z10」を分解したところ、ライバルであるSamsung Electronicsの「GALAXY S III」に採用されている部品が、数多く搭載されていることが分かった。(2013/2/20)

再起を図るBlackBerry、元ソニエリCEOと元VerizonのCTOを取締役に任命
全世界で体制の立て直しを図るBlackBerryが、同社の取締役会に新たなメンバーを迎え入れた。1人は元Sony EricssonのCEO、バート・ノルドベリ氏。そしてもう1人は元Verizon CommunicationsのCTO兼エグゼクティブバイスプレジデントのリチャード・“ディック”・リンチ氏だ。(2013/2/8)

BlackBerryが日本撤退へ
BlackBerryが日本市場から撤退へ。新OS搭載機の日本での発売計画はないという。(2013/2/8)

BlackBerry 10搭載の「BlackBerry Z10」、出足好調とアナリスト
最新OSの「BlackBerry 10」を搭載した「BlackBerry Z10」が好調なスタートを切った模様だ。英国では一部ショップで行列ができ、売り切れる店舗もあったという。(2013/2/6)

BlackBerryとトレンドマイクロ、モバイルアプリの不正対策で提携
「Trend Micro Mobile App Reputation」を利用して、アプリストアへの不正アプリの混入を防ぐという。(2013/2/6)

調査リポート:
Windows PhoneとBlackBerry 10にもチャンスあり――ABI ResearchのモバイルOSシェア予測
ABI Researchが2013年のモバイルOSシェア予測を発表。後発組のWindows PhoneとBlackBerry 10も「比較的成功をおさめる」とみている。(2013/2/4)

BlackBerry、新OS搭載端末2モデル発表
BlackBerry(旧Research In Motion)が、新OS「BlackBerry 10」と、キーボードレスの「BlackBerry Z10」、QWERTYキーボード搭載の「BlackBerry Q10」を発表した。(2013/1/31)

RIM、社名をBlackBerryに変更
BlackBerryのメーカー、Research In Motionが、新OS「BlackBerry 10」のリリースに合わせ、社名をBlackBerryに変更した。(2013/1/31)

「BlackBerry 10」発表間近のRIM、アナリストが高い評価――端末事業はLenovoが関心
RIMのBYOD対応の企業向けソリューションや新OSのユーザー体験を高く評価。一方で、端末事業にはLenovoが関心を寄せているという。(2013/1/25)

RIMのCEO、BlackBerryのOSライセンスとハードウェア事業売却の可能性を認める
「さまざまな選択肢を考えている」――。BlackBerry 10の発表を来週に控えたRIMのCEOが、スマートフォン市場の展望やRIMの将来について語った。(2013/1/22)

Samsung、BlackBerryをやゆするようなテレビCMを公開
Samsungが公開した企業向けBYOD管理機能「SAFE」とGALAXY Note IIを紹介するテレビCMには、BlackBerryとそのユーザーをやゆするような描写がある。(2013/1/22)

RIM、「BlackBerry 10」立ち上げイベントで新端末発表へ アプリストアも新装開店
RIMが次期OS「BlackBerry 10」を1月30日に立ち上げるのに先立ち、アプリストアに定額制の音楽ダウンロードサービス「BBM Music」を追加した。(2013/1/22)

2013年にBlackBerry 10端末6機種を投入――RIM、スマホ第三極に自信
]1月30日に「BlackBerry 10」の発表を控えるRIM。2013年にはBlackBerry 10端末6機種を投入する計画で、AndroidやiOSに次ぐ第三極のスマホOSの座を確立したい考えだ。(2013/1/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。