ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「真ちゅう」最新記事一覧

驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
回転時間は12分間以上、価格は1万7280円(税込)――そんな型破りなハンドスピナーを製造したのは、大手玩具メーカー……ではない。製造業向けの「ベアリング」を手掛ける企業が、ハンドスピナーの開発にアツくなるまでの経緯を聞いた。(2017/9/6)

SN比92dB、回転ムラ率0.015%:
パナソニック、DD方式ターンテーブルの新型を発表
パナソニックがダイレクトドライブ(DD)方式ターンテーブルの試作機「IFA2017」を発表した。Technicsブランドの「SP-10R」として、2018年夏をめどに商品化する予定という。(2017/9/1)

コンクリート仕上げって見たことないな! Kickstarterに登場したエスプレッソマシンのデザインが斬新
見たことありそうでない外見。(2017/8/18)

「ゼルダの伝説」風にデコったNintendo Switch ドックにシーカーストーンの模様入り
執筆時点での入札価格は約8万円。(2017/7/4)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(3):
アルミニウムと銅のいろいろと、めっきやアルマイトのお話
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は、“鉄に非(あら)ざる”、「非鉄金属」の中から、アルミニウムと銅のいろいろについてです。アルマイトとめっきの違いについても説明します。(2017/6/28)

1枚の牛革で仕立てたiPhone 7/7 Plus用手帳型フラップカバーケース 国立商店から
国立商店は、厚めの牛革を1枚革で仕立てたiPhone 7/7 Plus用手帳型フラップカバーケースを発売。固定用ケースにはパワーサポート社製のエアージャケットを組み合わせ、カラーバリエーションは5タイプを用意する。(2017/4/21)

高コスパのハイブリッド型イヤフォン「碧(SORA)antique」に“黄金色”の限定モデル
(2017/4/21)

リングツーター採用で10万Hzまで再生――オンキヨーからホームシアター向けスピーカーの新製品「D-309シリーズ」
(2017/4/13)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(1):
ヒトと同じで個性それぞれ、材料だって適材適所!
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は「試作とは何か」から話を始めつつ、いろいろな機械材料があることを紹介していきます。(2017/3/29)

1字違いでお値段半分!? テクニクスのアナログターンテーブル「SL-1200GR」は何が変わった?
(2017/3/22)

デカァァァァァいッ説明不要!! 普通のボールペンの10倍くらいの自作ボールペンにびっくり
水筒並みにデカい……。(2017/3/5)

プロトラブズ 金属切削加工サービス:
硬質金属の切削加工サービス、ステンレスに加えて鉄鋼材にも対応
プロトラブズは提供している硬質金属切削加工サービスで利用可能な材料に、鋼鉄材(SS400)を追加した。(2017/2/15)

高崎市発:
独自技術を持つ日本企業が開発――5000円を切るハイブリッド型イヤフォン、アンティーム「碧(SORA)」登場
e☆イヤホンは、intime(アンティーム)ブランドのカナル型イヤフォン「碧(SORA)」を2017年1月上旬から独占販売する。独自技術を用いたハイブリッド型イヤフォンながら4830円という低価格を実現した。(2016/12/26)

プロトラブズ:
硬質金属の切削加工サービスを国内でスタート、第1弾としてステンレスに対応
プロトラブズは、同社国内工場においてハードメタル(硬質金属)の切削加工サービスを開始した。ステンレス鋼(SUS304/SUS316)でサービスを開始し、順次対応材料を拡充していく。(2016/12/21)

エレコム、同社製ハイレゾイヤフォンの“原点”をブラッシュアップ
エレコムが2014年に発売したハイレゾ対応イヤフォンの初号機をブラッシュアップ。「ポタフェス2016 in 秋葉原」で披露する。(2016/12/13)

東京メトロ銀座線に開通当時の「旧1000系」イメージした特別車両
東京メトロ銀座線は、開通当時のデザインに近づけた特別車両を来年1月から運行する。各種イベントでも使用する方針。(2016/11/18)

スマホ向けタッチペン「Su-Pen」、片手で操作できるモデルが登場
MetaMoJiは、スマートフォン用タッチペン「Su-Pen」に片手でペン先を出し入れできるグラビティドロップモデル「Su-Pen P201S-GDS」を追加。適度な重みを備えた。(2016/11/17)

超絶格好良いスチームパンク腕時計を製作した猛者が登場 なお重量は10キロ
ロマン>>>>機能性。(2016/11/9)

ローランド ディー.ジー. METAZA MPX-95:
医療器具への固有識別子刻印にも――汎用性と利便性を追求したメタルプリンタの新製品
ローランド ディー.ジー.は、金属系材料の表面に打刻針を打ち付けることで文字や図柄などを表現するメタルプリンタの新製品「METAZA MPX-95」と、デザイン装飾/2次元シンボル表示に最適化した2種類の専用キットの販売を開始した。(2016/11/8)

「AirPods」を買う前に! 1〜2万円で買えるコスパ良好iPhone向けイヤフォン3選
「AirPods」を買う前に検討してみよう。(2016/9/9)

背骨を見せたい人に朗報! 謎の色気を醸し出す商品「背骨ハーネス」がTwitter民をざわつかせる
どういう時に使うんだろう……。(2016/9/3)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(4):
すごく硬い金属でもおまかせ! 火花飛び交う放電加工の現場、見たことある?
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は放電加工を得意とする金型製作所のノムラを紹介する。(2016/8/26)

DMS2016:
装置自身も活用法も、高度に進化してきた3Dプリンタ
「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS 2016)」で見られた、3Dプリンタをはじめとするラピットプロトタイピングおよびその関連技術を紹介する。(2016/8/8)

“ウェアラブル”の今:
新しいApple Watchの楽しみ方を提供するsacaiのバンド
すでに完売してしまったのだが、sacaiがApple Watch向けに作った専用のバンドが非常に興味深かったので紹介したい。(2016/7/31)

KuraDaの新しい挑戦、金属ハウジングのカナル型イヤフォン「E9シリーズ」を発表
ウッドハウジングのヘッドフォンで知られるKuraDaから、金属ハウジングのカナル型イヤフォン「KD-E9シリーズ」が登場した。ヘッドフォン開発で培った素材加工技術を応用し、どこでも使える遮音性の高いイヤフォンを目指したという。(2016/7/15)

バーチャルセッションが楽しめるBluetoothイヤフォン、JVCがクラウドファンディングを実施
JVCケンウッドは7月12日、クラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)を利用して“マルチライブモニターイヤフォン”の開発支援プロジェクトを開始した。支援は早割限定の1万3000円コースから。(2016/7/12)

DMS2016:
プロトラブズが国内での鉄材加工に対応、拠点の拡張移転で能力も増強へ
プロトラブズは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、2016年10月をめどに開始する予定の鉄材加工サービスを紹介した。(2016/7/5)

暑い大阪に“熱い空間”が出現――「第9回ポタフェス2016 in 大阪」に行ってきた
7月3日に「第9回ポータブルオーディオフェスティバル2016 in 大阪」(ポタフェス)が開催された。第1回以来となる“フルサイズ”のポタフェスが帰ってくるということもあり、暑さの中でも会場は多くのオーディオファンで賑わった。(2016/7/4)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(3):
一口に「旋盤」といっても、いろいろあるんです!
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は、旋盤加工工場の安曇野ヤマダテクニカルを訪問する!(2016/6/24)

リアルとイメージの絶妙なバランス:
タイプライター風キーボード「Qwerkywriter」でレトロメカニカルの雰囲気にひたる
デザインは? 使用感は? 細部までねっとりと評価する。(2016/6/17)

エレコム創立30周年記念モデルは見た目も美しいカナル型イヤフォン2モデル
エレコムは、同社の創立30周年を記念してカナル型イヤフォン“Colors”シリーズに、ハイレゾ対応モデル「EHP-R/CC1000」と、左右でカラーが異なるデザインの「EHP-CC100」の2モデルを追加。6月下旬より発売する。(2016/6/14)

「ベルセルク」のガッツが使ってそうな普段使い用「黒鉄のガントレット」、現代によみがえる
ちょうど前のが壊れてて、欲しかったんだよね。(2016/6/8)

真ちゅうハウジングの限定イヤフォン「DITA Brass」、アユートが発売
アユートは、シンガポールに本拠を置くオーディオブランド「DITA」の密閉型カナル型イヤフォン「DITA Brass」を発表した。管楽器などに使われる真ちゅう(ブラス)をハウジングに採用した150台の限定生産品。(2016/5/27)

光城精工から88台限定の復刻版ポタアン「KM01-BRASS.Re」が発売
光城精工は、ポータブルヘッドフォンアンプ「KM01-BRASS.Re」を5月27日に発売する。価格は6万6200円(税別)。(2016/5/16)

待望の通常版:
テクニクス、アナログターンテーブル「SL-1200G」を発売
テクニクスブランドはアナログターンテーブル「SL-1200G」を9月9日に発売する。先に登場した同ブランドの50周年記念モデル「SL-1200GAE」(2016/4/27)

Astell&Kernブースで「AK100 II けいおん!エディション」を参考展示――春のヘッドフォン祭
アユートは、4月29日に開幕する「春のヘッドフォン祭 2016」(主催:フジヤエービック)の展示概要を発表した。会場となる中野サンプラザの13階にAstell&Kernとアユートでそれぞれブースを構える。(2016/4/26)

Design Ideas 計測とテスト:
FETプローブでRFスペアナの測定範囲を拡大
今回は、安価で保護機能も十分な利得1のプローブで、実験室用の手頃なオシロスコープと同じ入力インピーダンスを提供し、スペアナの50Ω入力インピーダンスを駆動できる回路を紹介する。(2016/4/12)

3秒のメッセージが具現化 声紋を3Dプリンターで指輪に成形するサービス「Encode Ring」
声紋の形状がそのまま指輪のデザインに。(2016/4/7)

人気のアナログターンテーブルが高級機になって復活! テクニクス「SL-1200GAE」は国内300台限定販売
Thechnics(テクニクス)ブランドからアナログターンテーブル「SL-1200GAE」が発表された。同ブランドの50周年を記念したアニバーサリーモデルで、世界1200台の限定生産。このうち日本で販売されるのは300台だ。(2016/3/24)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(2):
L18直交表でコマの性能を評価する
前回、TRIZでひねり出したアイデアを基に、実験して評価してみましょう。(2016/3/18)

finalの「イヤフォン組立体験」、人気の真ちゅう製小型BAモデルがついにファイナル
finalの人気企画「自作イヤホンで音のチューニングを楽しもう!〜イヤホン組立体験〜」が3月26日(土)にヨドバシカメラの新宿西口店で開催される。(2016/3/9)

日本初、あのフリーメイスンがまさかの公認グッズを発売
×秘密結社 ○友愛団体(2016/3/2)

ヘッドフォンにも新色追加:
米MASTER & DYNAMICから真ちゅう製のカナル型イヤフォン「ME05」登場
アユートは、米国「MASTER & DYNAMIC」ブランドのカナル型イヤフォン「ME05」およびヘッドフォン最上位モデル「MH40」のカラバリ2種を発表した。(2016/2/26)

Technicsのターンテーブルが復活 「SL-1200G」発売へ
パナソニックが「Technics」ブランドのアナログターンテーブル「SL-1200G」を発表した。(2016/1/6)

ヒジリサワ↓ショウノスケ↑ダー!! ガンプラでおそ松さんの「聖澤庄之助」を作るあまりに革命的な人がニコニコに登場
ニューおそ松兄さんではない。(2015/12/20)

ブラウン管のゆがみも再現したレトロな木製の携帯型ゲーム機「Pixel Vision」 Kickstarterに登場
レトロ感倍増。(2015/11/18)

ゼンハイザー、伝説的なヘッドフォンシステム「オルフェウス」の後継機を正式発表――お値段なんと約665万円
独sennheiser(ゼンハイザー)は、ヘッドフォンとヘッドフォンアンプをセットにした高級ヘッドフォンシステム「HE 1060/HEV 1060」を発表した。伝説的なヘッドフォン・システム「Orpheus」(オルフェウス)の後継機となる。(2015/11/4)

FAニュース:
高反射材の安定加工を可能にした、ファイバーレーザー加工機を発表
ヤマザキマザックは、新型ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER」を発表した。従来のモデルでは切削が難しかった、銅・真ちゅう・アルミなどの高反射材も安定して加工できる。(2015/10/26)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
この秋、注目の2アイテム――ヤマハ「CX-A5100」とソニー「CAS-1」を聴く
今回は、この秋に登場した2つの新製品をご紹介。ヤマハのAVプリアンプ「CX-A5100」と、ソニー入魂のデスクトップオーディオシステム「CAS-1」を取り上げる。(2015/9/29)

ケーブルは4芯:
ソニー、トリプルBAドライバー搭載の新フラグシップイヤフォン「XBA-300」
ソニーは、3基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン「XBA-300」を発表した。「XBA-40」の後継となるBAイヤフォンのフラグシップモデルだ。(2015/9/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。