ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バグフィックス」最新記事一覧

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(90):
Windows 10、サポートが終了した古いバージョンのその後の“運命”
2017年5月9日(日本では10日)、2015年7月末にリリースされた「Windows 10の初期リリース(ビルド10240)」のサポートが終了しました。同一ビルドがベースのWindows 10 Enterprise 2015 LTSBのサポートは継続され、2025年10月14日(日本では15日)まで提供されます。サポート終了から3カ月以上が経過したWindows 10初期リリースの”いま”を追ってみました。(2017/8/14)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第46回 Dockerのプライベートレジストリを活用する(準備編)
インターネットを経由せずに、プライベートLAN内で、Dockerイメージをユーザーに配布したいといったニーズに対応するには、「プライベートレジストリ」を活用するのがおすすめです。実際にプライベートレジストリを立ち上げる方法をご紹介します。(2017/8/10)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(4):
Windows as a Serviceを制御する――機能更新と品質更新のリリースサイクル(その1)
ひとたびWindows 10に移行すると「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」に基づいて継続的な更新が行われることになります。企業のシステム管理者は、管理対象のWindows 10クライアントをうまくWaaSの流れに乗せてあげる必要があります。Windows 10の既定の設定のままで、ただWaaSの流れに身を任せてしまうと、Windows Updateが業務をたびたびストップさせてしまい、社員の生産性を損なうことになるでしょう。(2017/8/9)

特集:Visual Studioで始めるリファクタリング:
前編 リファクタリングとVisual Studio
リファクタリングとは何か、リファクタリングを効率的かつ安全に行うためにVisual Studio 2017が提供している支援機能の概要を見ていこう。(2017/8/9)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン、バージョン1.5.1に ActivityPubの進捗も
絵文字URLの問題が修正された。(2017/8/7)

Linux、Dockerコンテナ向け開発も“ほぼ完了”:
Microsoft、次期SQL Serverのリリース候補版「SQL Server 2017 Release Candidate 2」を公開
Microsoftは、同社のデータプラットフォームの次期バージョン「SQL Server 2017」のRelease Candidate 2(RC2)を公開。主要な開発は、Windows、Linux、Dockerコンテナ向けのいずれもほぼ完了したという。(2017/8/4)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(3):
Windows 10にアップグレードする前の事前評価
本連載では、これからWindows 10への移行を本格的に進めようとしている企業/IT管理者向けに、移行計画、展開、管理、企業向けの注目の機能について解説していきます。今回は、Windows 10へのアップグレード前の事前評価に利用できる「Windows Analyticsサービス」を紹介します。(2017/8/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の「Fall Creators Update」が完成間近 サポートに関する変更も
2017年秋に配信が始まるWindows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」の開発もいよいよ大詰め。ここへ来てサポートポリシーに関する変更も出てきた。【更新】(2017/8/2)

こっそり始めるGit/GitHub超入門(終):
【図解】git-flow、GitHub Flowを開発現場で使い始めるためにこれだけは覚えておこう
本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説しています。最終回は、幾つか存在するバージョン管理のワークフローのうち「git-flow」「GitHub Flow」の概要を解説します。(2017/8/1)

マルウェア対策“一部”内製化大解剖(終):
Cuckoo Sandbox、Selenium WebDriver、bson解析――独自マルウェア解析環境を自動化した際に施した2つの工夫
本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピュータインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする。最終回は、独自マルウェア解析環境を自動化した際の技術的な工夫を紹介する。(2017/7/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の年2回アップデートで脱落していく旧世代PCたち
最新版にアップデートすることでサポートも継続できるというWindows 10のWaaS(Windows as a Service)モデルだが、古いハードウェアは徐々に対応ができなくなっていく。(2017/7/21)

Pokemon GOにアップデート どのボールでモンスターを捕まえたか確認可能に
Pokemon GOのアプリが順次アップデートする。ポケモンを捕まえたモンスターボールの種類をアイコンで確認するようになるほか、レイドバトルやジムに関する機能改善や不具合修正が行われる。(2017/7/19)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン1.4.4は回らない
1.4.2、1.4.3が矢継ぎ早に出て、さらに1.4.4が今朝リリースされた。バグフィックスのみのようなのだが……。(2017/6/21)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンのアカウント削除ってどうやるの?
バージョン1.4.2で導入された「アカウント削除」を試してみた。(2017/6/16)

そこにポエムを書くな! Tumblrアプリのアップデート説明が中二病ぽくて好き
「生まれたバグはすべて壊滅した」って。(2017/5/25)

産業社会におけるデジタル化の価値(3):
デジタル社会の進展に伴い重要性が増すセキュリティ対策
「デジタル化」とは何か――。デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第3回では、デジタル化の流れの“受け皿”となる産業用ネットワーク/インダストリアルIoT(IIoT)と、それに関連したセキュリティの話題を取り上げます。(2017/5/23)

Tech Basics/Keyword:
Mastodon(マストドン)
いまネット上で話題の「Mastodon」について解説する。次世代Twitterとも称されるMastodonとはどのようなものなのか、特徴や問題点などを見ていこう。(2017/4/26)

【最終回】失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「外資系パッケージソフト」の導入で失敗しないために
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回は最終回ということで、初回からの記事を振り返ります。(2017/4/26)

アイティメディアの「Windows 10」導入物語(前編):
PR:従業員約300人、中小企業のアイティメディアが「Windows 10」を導入した理由
リリースから約1年半がたったマイクロソフトのOS「Windows 10」。最近ではその有用性が認知され、導入する企業が増えてきています。実はアイティメディアも2016年4月からWindows 10を導入しました。その理由と苦労した点について、情シス担当に聞いてみました。(2017/4/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデート「Redstone 3」のユーザーテストが早くも始まる
Microsoftは「Windows 10 Creators Update」の公開直前に次期大型アップデートとなる「Redstone 3」のユーザーテストを開始。ビジネス向けのWindows Insider Programも新設した。(2017/4/13)

大規模ブログサイト表示速度改善 大解剖(3):
開発、リリース、運用のサイクルを回す――アメブロのフロントエンドにおけるモダンなDevOps環境作り
2004年から続くブログサービス「アメブロ」が2016年9月にシステムをリニューアル。本連載では、そこで取り入れた主要な技術や、その効果を紹介していく。今回は、アメブロのフロントエンド開発におけるDevOpsの取り組みについて。(2017/4/14)

Azure Stack TP3も公開:
マイクロソフト、「Azure PaaS for Azure Stack」のプレビュー版をリリース
マイクロソフトは、「Microsoft Azure」と同じ環境をオンプレミスに構築する「Microsoft Azure Stack」のTechnical Preview 3を公開。併せてPaaS機能を実現する「Azure PaaS for Azure Stack」のプレビュー版をリリースした。(2017/4/11)

GitHub対応、ビルド通知などの新機能:
マイクロソフト、Visual Studio 2017向け「Continuous Delivery Tools」最新版を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」の最新版を公開。GitHub対応、ビルド通知などの新機能を追加した。(2017/4/5)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「これバグでしょ?」 vs. 「それは仕様です!」(後編)
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。前回に引き続き、いわゆる仕様とバグの問題を取り上げます。この争い、実は製品を購入してしまったあとでは、ユーザー企業が不利になるケースが多いのです。その理由とは?(2017/4/5)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
Visual Studio Previewとは?
Visual Studio 2017の製品版のリリースと同時に始まった「Visual Studio Preview」と呼ばれる早期アクセスプログラムとはどういうものなのだろう。(2017/3/17)

MATLAB/Simulink Release 2017a:
自動運転と5Gを視野に入れたモデルベース開発環境最新版
The MathWorksが「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2017a」を提供開始した。新たに自動運転と5Gに関する機能を搭載、Live Editorも強化されさまざまなモデルベース開発を支援する。(2017/3/17)

Androidの謎の「Carrier Services」アップデートでレビュー欄が大喜利状態に
多くのAndroid端末に初めて「Carrier Services」というアプリのアップデートが表示され、戸惑うユーザーがGoogle Playストアに多数のレビューを投稿した。Googleの説明によると、通信キャリアが最新ネットワーク技術を採用するモバイルサービスを提供することを支援するアプリという。(2017/3/14)

変わるWindows、変わる情シス:
第18回 ココが知りたい! 5分で分かる「Windows 10」導入のポイント
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の導入検討にあたって押さえるべきポイントをまとめてみた。(2017/2/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」は仕上げ段階に
プレビュー版の新機能ラッシュはほぼ収束し、「Creators Update」の開発は最終段階に入ったと言える。(2017/2/15)

「Advanced Save」の復活、「.NET Core」の改善など:
マイクロソフト、「Visual Studio 2017 RC版」の最新アップデートを公開
マイクロソフトが、「Visual Studio 2017 RC版」の最新アップデート版を公開。「.NET Core」「ASP.NET Core Tooling」のバグフィックス、「Team Explorer」の機能改良、インストール関連の問題などを改善した。(2017/2/1)

「iOS 10.2.1」配信開始、セキュリティの問題を解消
Appleが「iOS 10.2.1」の配信を開始。アップデートの内容はバグ修正とセキュリティ問題の解消。watchOSもアップデートする。(2017/1/24)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「イミュータブルインフラストラクチャとインフラストラクチャアズコード」
クラウドや仮想環境で利便性の高いシステム運用法といえる「イミュータブルインフラストラクチャ(Immutable Infrastructure)」と「インフラストラクチャアズコード(Infrastructure as Code)」の特徴を解説します。(2017/1/23)

「MacBook Pro」、バッテリー関連のバグ修正でConsumer Reportsの“お勧め”獲得
Appleが昨年10月に発売した「MacBook Pro」のバッテリー持続時間が不安定だとして“お勧めできない”と判定したConsumer Reportsが、Appleがリリースしたバグ修正を適用して再テストし、評価を“お勧め”に変更した。(2017/1/13)

Apple、“お勧めできない”とされた「MacBook Pro」のバッテリーバグを数週間中に修正へ
「MacBook Pro」はバッテリー持続時間が不安定だとして“お勧めできない”としたConsumer Reportsに対し、Appleが原因は「Safari」ブラウザのキャッシュを無効にすると発生するバグのせいであり、バグを修正したと報告した。Consumer Reportsは再テストするとしている。(2017/1/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
映像は誰のもの?――麻倉怜士の「デジタルトップ10」(後編)
2016年のデジタル業界を総括する「デジタルトップ10」。後編はトップ3と番外編2の発表だ。驚くべきことに、今回のトピックは全てビジュアルで占められた。……え、番外編は「ガッカリ賞」ですか?(2016/12/31)

運用管理から踏み出すクラウドへの第一歩:
PR:“初めてのクラウド”は運用管理から始めてみよう――Microsoft Operations Management Suiteによる最先端の運用管理実践をJBSがトータルサポート
どのようにクラウドを自社に導入すべきか、悩んでいるIT担当者や経営者は少なくないだろう。複雑なことばかり検討して、二の足を踏んではいないだろうか。Microsoft Azureで提供されている「Microsoft Operations Management Suite(OMS)」は、オンプレミスシステムや他のクラウドサービスも統合的に管理することのできるクラウド型運用管理ツールである。既存の管理ツールでは実現できない迅速性と柔軟性、マイクロソフトの持つ膨大な情報とノウハウを活用できる利便性を、ぜひ体験してほしい。(2016/12/22)

Dev Basics/Keyword:
SemVer(セマンティックバージョニング)
SemVerとはソフトウェアのバージョン番号の付け方に一貫した意味付けを与えることで、その後方互換性情報が一目で分かるようにしたものだ。(2016/12/6)

トーンモバイル、IP電話かけ放題やフィルタリングサービスを発表――新機種はどうなる?
トーンモバイルは11月30日、スマートフォン「TONE」向けの新サービスを発表。石田社長が直近の戦略を語った。格安SIMのレッドオーシャンの中で、同社はどのように生き残りを図っていくのか。(2016/11/30)

実際に検証済み!OSS徹底比較(7)Dockerコンテナ環境管理編:
OSSのDockerコンテナ環境管理ソフト 注目の5製品紹介 2016年版
Dockerコンテナ環境をGUIを利用して管理を行いたいニーズは大きく、各社よりDockerコンテナの起動制御やスケジューリングをGUIから行える管理ソフトが提供されている。今回は、GUIに対応したDocker環境の管理ツールの内の5つのOSSをピックアップ。特徴やメリット、デメリットなどを解説する。(2016/11/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10アップデートの「サイズが大きい問題」に改善策
3D機能の強化が目を引くWindows 10の次期大型アップデート「Creators Update」。更新プログラムの適用をよりスムーズに行える機能も搭載する。(2016/11/12)

「ポケGO」 アップデートでついに“ログインボーナス”が追加される
ジムバトルの調整も。(2016/11/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10 Anniversary Updateの累積的アップデートでトラブル発生
公開直後の不具合が話題となったAnniversary Updateだが、今度は累積的アップデートの配信で新たなトラブルを巻き起こしている。(2016/10/3)

OLEDタッチバー付き「MacBook Pro」、10月後半に発表か?
Appleが開発中とうわさのOLEDタッチバー付き「MacBook Pro」は、早ければ10月後半に発表されるとMacRumorsが予測した。(2016/9/29)

“最新ビルド”のWindows 10 IoTでUWPアプリを実行する
Windows 10最新アップデート「Anniversary Update」にあわせ、Windows 10 IoT Coreも新UIの導入も含めたブラッシュアップが行われている。最新ビルドを確認しつつ、UWPアプリの作成手順を紹介する。(2016/8/8)

Pokemon GOアップデートで「データ消えた」「初期化された」とレビュー低評価に バッテリーセーブモード削除問題も
App Storeでのレビューが軒並み低評価となっている「データ消えた」問題だが、復帰方法がNianticのFAQで説明されている。(2016/8/1)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の1周年記念アップデートを8月2日に入手できる人とできない人
Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update(1607)」は、2016年8月2日に一般公開されるが、全てのユーザーが同時に入手できるわけではない。(2016/7/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ギリギリまで粘って仕上げにかかる「Windows 10 Anniversary Update」
Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」が2016年8月2日に公開される。開発プレビュー版は細かい更新をギリギリまで重ね、不具合をつぶしている状態だ。(2016/7/21)

「Windows 10 IoT Core」の現状とラズパイ3へのインストール
「Windows Embedded」から「Windows 10 IoT」へと刷新されたマイクロソフトの組み込みOS。プレビュー版の提供開始から1年近くが経過し、ようやくその全貌が見えてきた。連載ではWindows 10 IoTの「今」をエンドデバイスとともに確認していく。(2016/7/14)

デジタル時代、「OSSをいかに使いこなせるか」が勝負を分かつ:
PR:PostgreSQLを企業システムで安心・手軽に導入、活用する秘訣
市場変化が速い近年、ICTシステムにはイノベーティブな機能と変化対応力が強く求められている。これを実現する上では、ベンダーの事情に縛られず「本当にやりたいこと」ができるオープンソースソフトウェア(以下、OSS)の活用が欠かせない。だがとりわけ高度な信頼性・安定性が求められる企業システムのデータベースの場合、導入のハードルはひときわ高くなる。無理なく導入・活用するアプローチをPostgreSQLコミュニティの理事企業である富士通に聞いた。(2016/5/30)

App Town ユーティリティ:
iPhone版「Simeji」がアップデート 友達招待の回数に応じて特典を付与
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji for iOS」がver5.3にアップデート。友達招待の回数に応じて特典が貰えるようになり、スタンプ機能が強化された。(2016/5/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。