ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カフェスタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カフェスタ」に関する情報が集まったページです。

「本気で考える自民党ガンダム開発計画」て何だ!? 自民党がニコ生で12時間ぶっ続け配信
自民党とニコ生がコラボ。谷垣総裁の会見から「本気で考える自民党ガンダム開発計画」まで濃すぎる(?)12時間をお届け。(2012/6/25)

安藤幸央のランダウン(46):
そのWebサービスで“対価”をもらえますか?
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2009/5/28)

オルタナブログ通信:
Twitter、宇宙へ行く
200組を越えるブロガーが日々、ITにまつわる時事ネタなどを発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」から、今週は「忌野清志郎」「iPhone」「Twitter」「クラウド」をテーマ紹介する。(2009/5/22)

なぜか“読めてしまう”文章を自分でも作ってみた
先週のアクセス1位は、なぜか“読めてしまう”コピペの話。記者も“読めてしまう”文章を作ってみた。(2009/5/11)

「お金払って」と呼び掛けたカフェスタ、終了へ 7年の歴史に幕
「サービス存続のためにお金を払って」と呼び掛けていたカフェスタの終了が決まり、約7年の歴史に幕が下りることになった。広告収入に頼るネットコミュニティーサービスの難しさが改めて浮き彫りになった形だ。(2009/5/8)

ネットの逆流(8):
背に腹はかえられぬ? 増加する値上げ、課金
不況が広告の減少に繋がり、これまで無料で提供されてきたサービスの存続問題にもなっている。また、セキュリティ名目で急きょ行われた予告無しの課金引き落とし問題も発覚した。いったい、2009年のネットサービスはどうなっていくのだろうか。(2009/1/25)

オルタナブログ通信:
大人はiPhone、子供は禁止? 日本の携帯電話事情
180組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週は、「企業ブログ」「Google Chrome」「クラウド」「ネットサービス」「動画」「携帯電話」「不況」などを紹介しよう。(2008/12/26)

今年はなんだか地味でした 08年ITmediaNews記事ランキング
ITmedia Newsのアクセスランキングトップ100とともに、なんとも地味だったこの1年を振り返ります。(2008/12/26)

さよならShockwave
ゲームなどを配信してきた老舗サイト「Shockwave」が終了する。記者は学生時代、Shockwave形式の無料ゲームに驚き、感激したものだった。(2008/12/22)

同人誌のデータ入稿は難しい
冬コミが迫っている。記者も冬コミに参加しようとPCで漫画を描き、データ入稿したのだが、とにかく大変だった。(2008/12/15)

「タダが当たり前」の時代は終わる? カフェスタが「お金払って」と呼び掛けた理由
「サービス維持のためにお金払って」となりふり構わずユーザーに呼びかけたカフェスタ。「広告収入で成り立たせる無料モデルはバブルの産物でもう限界」と社長は言う。(2008/12/15)

「サイト存続のため、アバター買って」 カフェスタが異例の呼び掛け
「このままではサイトの運営を停止せざるを得ない」――SNS「カフェスタ」が、「サービス存続のために有料会員になるか、アバターなどアイテムを購入してほしい」とユーザーに異例の呼び掛けをしている。(2008/12/9)

カフェスタが会員向けISP アッカのADSL回線活用
SNS「Cafesta」を運営するカフェスタがISPサービスに参入。アッカのADSL回線を活用し、SNS会員向けに提供する。(2008/5/9)

「iiyama」をマウスコンピューターが吸収合併
MCJがグループを再編。PC子会社のマウスコンピューターが、iiyama(旧イーヤマ販売)を10月1日付けで吸収合併する。(2008/4/1)

アバターコミュニティー「Cafesta」がMCJ傘下に
ライコスが運営するアバターコミュニティー「Cafesta」がMCJ傘下に入る。(2008/3/28)

あの「ライコス」が動画共有サイトで復活
犬のマークでおなじみのライコスが、動画共有サイト「ライコスクリップ」で復活した。運営するのは「ライコスジャパン」。「Cafesta」の運営企業が社名変更した。(2007/3/20)

5分でネットがわかるシリーズ(7):
2006年のネット界を席巻したSNS
 三井住友銀行グループのSMBCコンサルティングが12月4日に発表した、「2006年のヒット商品番付」に、日本最大のSNS「mixi」が西の大関にランクインし、話題を呼びました。今年は「Web2.0」という言葉を筆頭に、新しいWebサービスが登場し、ネット界を席巻(せっけん)しました。が、一番話題になったサービスはmixiを代表とする「SNS」でしょう。そこで今回は「SNS」について取り上げてみます。(2006/12/13)

「Cafesta」に容量無制限のフォトアルバム機能
(2004/12/9)

「コミュニティサイトはこれから伸びる」とCafesta
オープンから2年足らずで100万ユーザーを集めたアバターサイト「Cafesta」。ブログやソーシャルネットワーキングなど個人向けWebサービス普及の波に乗り、ユーザーをさらに増やす狙いだ。(2004/7/29)

パワードコムと韓ダウム、コミュニケーションポータルサイトを運営する新会社を設立
(2004/7/5)

パワードコム、Cafesta事業を分社化
(2004/7/5)

バンダイ、「Hangame」などにガンダムのアバターアイテムを提供
(2004/4/1)

カフェスタ、アバターを使ったオンラインゲームを開始
(2004/1/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。