ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炭酸」最新記事一覧

自然エネルギー:
トヨタが挑むバイオマス活用、廃棄物を水素と再エネに
トヨタは北米で、家畜の排せつ物や汚泥を利用した発電および水素供給事業に取り組むと発表した。発電した電力は北米拠点の電力に、水素は実証中の商用燃料電池トラックなどに供給し、エネルギーの地産地消を図る。(2017/12/4)

自然エネルギー:
海の酸性化は予想より早く進行、気象庁が情報提供へ
気象庁は、地球全体の海洋酸性化情報を毎年定期的に提供すると発表した。また、海洋酸性化が地球全体で、従来予想よりも早く進行していることを確認した。(2017/12/1)

「タクシーで横見たらミティバタ」 小藪千豊、道端アンジェリカとばったり遭遇でモデルスイッチオン
早く玄米パクチーカレー食べるんだ。(2017/11/29)

レッドブルすごいな! 佐倉綾音が炭酸の刺激で“心も体もぴょんぴょん”してしまう姿が話題に
ぴょんぴょんココア尊い。(2017/11/29)

絶対に発火しない長寿命電池へ:
「火を消す」有機電解液を開発――東大など
東京大学と物質・材料研究機構(NIMS)らの研究グループは、消火機能を備えた高性能有機電解液を開発した。安全かつ高エネルギー密度を両立した新型二次電池の開発に弾みをつける。(2017/11/29)

水の味を自由に変えるSFチックなグラスが開発中 光・香り・電気で味覚を刺激
どんな味にしても飲むのは水なので、ヘルシーではある。(2017/11/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“鳥居酒屋”で業績回復! ワタミは生まれ変われるのか
ワタミが「総合居酒屋チェーン」から「鳥居酒屋チェーン」へと急転換を進め、業績を回復させてきている。「ミライザカ」「鳥メロ」がワタミの負のイメージを変えられる日は近いのだろうか。(2017/11/21)

日本ワイン 140年の真価:
造り手は増えるも……日本ワインの課題にどう立ち向かう?
活況を呈している日本ワイン。その一方で、これまでなかったような課題も出てきている。シャトー・メルシャンのチーフ・ワインメーカーを務める安蔵光弘氏に、日本のワイナリーが直面する課題や、これからの日本ワインのことなどをインタビューした。(2017/11/16)

風呂釜の掃除ってどうやるの?
追いだきなどで汚れた配管の洗浄方法を解説します。(2017/11/16)

ねとめし:
マヨネーズと炭酸水を入れるだけ! 絵本並みの分厚いホットケーキが焼けるスゴイ裏技が発見される
34万9000“いいね”を集めた最強レシピ。(2017/11/10)

11月21日に全国発売:
クリスマスケーキ味の白い「ペプシクリスマスコーラ」登場
季節限定商品「ペプシクリスマスコーラ」が11月21日に発売。クリスマスケーキをイメージさせるような白いコーラ。(2017/11/8)

焦げつき、油汚れが気になる魚焼きグリル 効果的な掃除のやり方は?
魚焼きグリルは「掃除が面倒」と思われがち。でも、上手にきれいにする方法があります。(2017/11/9)

ペプシコーラから「クリスマスケーキ味」が限定発売 クリームの味わいとイチゴの香り広がる白いコーラ
さすがペプシコーラ。(2017/11/7)

ピカピカを保つ毎日のお風呂掃除のコツ、教えて!
お風呂場を汚れにくい環境にするためのポイントから、毎日の正しい掃除方法まで。(2017/10/19)

トイレ掃除には重曹、クエン酸が使える! 床から便器まできれいにする方法
重曹、クエン酸で上手にトイレ掃除。(2017/10/12)

銭湯を盛り上げたい:
バスクリン若手社員が立ち上げた「銭湯部」の効能
入浴剤の老舗メーカーのバスクリンで若手社員が立ち上げた部活動「銭湯部」。廃業によって減っている銭湯を「盛り上げたい!」という思いから始めた活動だが、社内の世代間交流促進にもつながっている。その取り組みについて、仕掛け人に聞いた。(2017/9/29)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)

「爪バッテン」はやっちゃダメ! 蚊に刺されたときの「かゆみ」対策を専門家に聞いてみた
秋口になってもまだまだ蚊の季節です。(2017/9/6)

スピン経済の歩き方:
「ウィルキンソン」がバカ売れしている本当の理由
「ウィルキンソン」が売れている。躍進のきっかけはハイボールブーム。割り材としての需要が増えたことでブランド認知が上がったそうだが、大事な要素が欠けているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/9/5)

マクドナルドの「月見バーガー」が初のリニューアル 月見ソースがより濃厚に 朝マックにも進出
一日中「月見」が食べられる。(2017/8/31)

お風呂のカビの取り方、教えて!
カビの弱点と正しいカビの取り方を解説します。(2017/8/23)

炭酸入りなのに振って飲む 「ファンタふるふるシェイカー」復活
あの、口の中でゼリーがシュワっと溶ける感覚が再び。(2017/8/22)

完全に見た目がジョッキビール! ビールすぎて頭がヘンになるラーメン「ビール麺」誕生の理由は
味もビールというこだわりよう。(2017/8/12)

蓄電・発電機器:
大型二次電池の市場、2025年に3.4倍に成長
エコカー市場の成長が大きく後押し。当面の主流は、やはりリチウムイオン電池に。(2017/7/31)

えんやの銭湯イラストめぐり:
露天スペースが超充実! サウナ好きなら絶対に行くべき穴場銭湯「ゆ家 和ごころ 吉の湯」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第4回は銭湯界屈指のサウナコースが楽しめる「ゆ家 和ごころ 吉の湯」を紹介します。実は第1回で紹介した「小杉湯」とはちょっとしたつながりも……。(2017/7/29)

「控室に刃牙を呼びに来た人」って覚えてる人いるのかよ! モブキャラだらけの刃牙×佐賀県のコラボサイト公開
「グラップラー刃牙」「バキ」「範馬刃牙」を丸暗記してるファンなら分かるはず。(2017/7/27)

東大ラノベ作家の悲劇――ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

ラムネ瓶のビー玉はどうやってはめるのか?
カップラーメンと同じ発想だった。(2017/7/22)

「炭酸はキャップの隙間から抜けるからペットボトルを逆さまにすると抜けにくい」Twitterで拡散 本当なの? メーカーに聞いた
聞いてみました。(2017/7/21)

ITはみ出しコラム:
Amazonプライムデーの売れ筋にみるお国柄(日本は例外?)
過去最高の売り上げを記録した2017年のAmazonプライムデー。日本ではプロテインが最も売れたそうで、海外からはなぜ? という声が聞こえてきそう。(2017/7/16)

東大ラノベ作家の悲劇――ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<前編>
ひと夏のアルバイトから始まる非日常。(2017/7/16)

「い・ろ・は・す」に初の機能性表示食品 食物繊維入りの「無糖スパークリング」8月発売
脂肪の吸収や血糖値上昇の抑制といった効果に期待。(2017/7/11)

後発メーカーの戦略:
市場低迷なのに……お豆のフジッコのゼリーはなぜ売れる?
豆や昆布でおなじみの食品メーカー、フジッコが新たな事業領域の開拓に力を入れている。同社が15年前に発売したゼリー商品「フルーツセラピー」は後発ながらも売り上げを伸ばし、ゼリーブランド別では競合を追い抜いたという。同社の商品はなぜ売れているのだろうか……?(2017/7/11)

ハワイ州観光局が公認:
マクドナルドなど3社「ロコモコ」で異例コラボのわけ
日本マクドナルド、すかいらーく、ローソンは7月11日にハワイの地元料理「ロコモコ」をテーマにした商品を一斉発売する。この3社が合同で販促キャンペーンを実施するのは異例。その背後にはハワイ州観光局の狙いもあった。(2017/7/5)

あの会社のこの商品:
サッポロビールの「愛のスコールホワイトサワー」、予想以上に売れている
サッポロビールの新ブランド「愛のスコールホワイトサワー」が、予想以上に売れている。多くのRTDブランドは全国販売しているのに、新ブランド「愛の〜」は西日本限定で投入。なぜ同社は、このような取り組みをしたのか。担当者に聞いてみると……。(2017/7/3)

製造マネジメントニュース:
日本とチェコがインダストリー4.0推進で協調へ、チェコ首相「連携深めたい」
日本とチェコがIoTとインダストリー4.0の推進で協調する。チェコ首相のボフスラフ・ソボトカ氏の来日に合わせて、ロボット革命イニシアティブ協議会とチェコ産業連盟の間で覚書を締結した。ソボトカ氏は「日本と、インダストリー4.0、ロボティクス、サイバネティクスを中心に連携を深めていきたい」と語った。(2017/6/29)

ベビースターがまさかのファンタとコラボ 麺スナックに「グレープ味」「オレンジ味」が誕生してしまう
一緒に食べるのは好きだけど。(2017/6/28)

「キリン メッツ ザ・ビター」が7月18日に新発売 苦み×柑きつ×強炭酸で大人のおいしさ
大人が本当においしいと思える炭酸に挑戦。(2017/6/25)

「ファンタ」のロゴデザインが7年ぶりに一新! パッケージも1年ぶり7回目のリニューアル
ロゴとパッケージを同時リニューアル。(2017/6/22)

「バベルの塔」がもう1枚!? タブーを超え実現した「クローン文化財」制作秘話
東京芸術大学がオランダとの共同研究で「バベルの塔」のクローンを制作。最先端テクノロジーと伝統技術のコラボで実現した。(2017/6/22)

マクドナルド、トラブル復旧で特別企画実施へ 注文の有無に関わらず「わびドリンク」を1人1杯提供
ポイントと一部の電子マネーが使用できない不具合が続いていました。(2017/6/21)

26日に:
マクドナルド、“おわびドリンク”無料提供 不具合復旧
日本マクドナルドの店舗ネットワークシステムの不具合が5日ぶりに復旧。(2017/6/21)

マクドナルド、店舗端末の不具合解消 電子マネーなど使えるように
全国のマクドナルド店舗の端末の一部がマルウェアに感染し、電子マネーなどが使えなくなっていた不具合が6月21日に解消された。(2017/6/21)

ダイヘン D-Arc:
最大板厚19mm鋼板の1パス溶接が可能な高能率アーク溶接システムを開発
ダイヘンは、高能率アーク溶接システム「D-Arc」を開発。最大溶接電流650Aによる埋もれアークの溶け込み特性により、最大板厚19mm鋼板の1パス溶接が可能となった。(2017/6/19)

PR:やしろあずきの調査―― クジで引いたネット通販の商品だけで3日間生活できるか検証してみる
やしろあずきが「ネット通販があれば死ぬまで生活できる」と言うので本当にやってもらいました。(2017/6/16)

7月11日発売:
「午後の紅茶」に炭酸入り新商品「ティーソーダ」
キリンビバレッジが、ソーダ入りの「午後の紅茶」新フレーバ―を7月11日から全国で発売すると発表。(2017/6/15)

ピンク色がかわいい 岩下の新生姜の漬け液を使用した「ピンクジンジャーエール」発売
カクテルにしたい。(2017/6/14)

FAニュース:
19mm鋼板の1パス溶接が可能なアーク溶接システム
ダイヘンは、高能率アーク溶接システム「D-Arc」を発表した。最大溶接電流650Aによる埋もれアークの溶け込み特性により、最大板厚19mm鋼板の1パス溶接を可能にした。(2017/6/7)

脂肪吸収抑えるカロリーゼロ飲料:
「スプライト」に初のトクホ登場 日本向け「エクストラ」
炭酸飲料「スプライト」ブランドに初のトクホが登場。日本向けに開発された「スプライト エクストラ」が6月5日に発売。(2017/5/22)

どこが違うの? 「サイダーとソーダ」「そうめんとひやむぎ」「アイスクリームとアイスミルク」
知ってるとドヤれる。(2017/5/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。