ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クラウド セキュリティ」最新記事一覧

PR:パブリッククラウドは危険? セキュリティのプロ、ラックのCTOに聞いてみた
クラウドを導入したい、でもセキュリティ面で不安を感じ、なかなか決断できない――。こうしたパブリッククラウドサービスにまつわる不安は本当に悩むべきポイントなのか。セキュリティのプロ集団、ラックでCTOを務める西本逸郎氏に聞いた。(2016/4/22)

ホワイトペーパー:
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
クラウドセキュリティに関するガイドラインを公開した米国防総省。その内容は政府機関だけでなく、一般企業にとっても大いに役立つ。その中身を見ていこう。(2016/4/20)

クラウド時代の「認証」再考論【第1回】
“パスワードがない世界”が目前でも「パスワード使い回し」が大問題になる理由
パスワード認証の代替技術が成熟し“パスワードがない世界”が現実のものになりつつある一方、パスワードの問題は重大さを増している。その裏にはオンラインサービスの普及と、急激には変わらない認証の現状がある。(2016/4/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
クラウドセキュリティに関するガイドラインを公開した米国防総省。その内容は政府機関だけでなく、一般企業にとっても大いに役立つ。中身を見ていこう。(2016/4/1)

クラウドベンダーは監視してくれない
DropboxやGoogle、AWSを悪用する“クラウドマルウェア”、いつの間にか加害者に?
クラウドマルウェア攻撃が脚光を浴びる事例が増えてきた。企業は、その脅威について理解し、対策をする必要がある。(2016/3/24)

四つの戦略と“老舗の価値”で、新たなビジネスに対応する:
PR:新生HPEは何を目指そうとしているのか?
米Hewlett-Packardの分社化に伴い、エンタープライズ事業を担うことになった「Hewlett Packard Enterprise」(HPE)では、四つの戦略領域を掲げ、顧客企業の新しいビジネススタイル、「新たな価値創出」すなわち「攻めのIT」を実現しようとしている。その中でも、あらゆる領域に関わるのが「デジタル・エンタープライズの保護」という柱だ。この戦略の目指すところを、二人のエバンジェリストが語ってくれた。(2016/3/1)

クラウド基盤のセキュリティを大幅に強化
AWSになくてAzureにはある、コンテナとセキュリティに関する2つの新機能
「Microsoft Azure」に2つの新しい機能が導入された。これらの機能によって企業のクラウドセキュリティはどのように強化されるのだろうか。Webアプリケーションセキュリティの専門家がその全容を解説する。(2016/2/22)

MSが日本で取得したセキュリティ監査認定、事業者にメリットは?
日本マイクロソフトは日本セキュリティ監査協会の「クラウドセキュリティ ゴールドマーク」を国内で初めて取得した。関係者はこの監査がクラウド事業者にメリットのあるものと説明するが、その特徴とは。(2016/2/16)

セキュリティ文化の醸成が重要
セキュリティ担当者が注意する“ぬるぬる系UIクラウドアプリ”の安全意識
最新の報告書によれば、クラウドへのデータ移行が進む昨今、企業にとってはクラウドセキュリティの文化を醸成し、最高情報セキュリティ責任者(CISO)を採用することが重要だという。(2016/2/12)

AWS、Azureの使える機能
AWS、AzureがDDoS攻撃を受けたら? ユーザーができる対策はこれ
DDoS攻撃はクラウドセキュリティにおける最大の脅威だ。この攻撃を完全に防ぐことはできないものの、安全を強化するために幾つかの対策を講じることは可能だ。(2016/2/1)

ホワイトペーパー:
エン・ジャパンのタブレット×Micorosoft Office 365によるワークスタイル変革を支えるクラウドセキュリティ
タブレットとMicrosoft Office 365をベースにしたワークスタイル変革を目指すエン・ジャパンが、情報漏えい対策として選択したのはMicrosoft Office 365と連動可能なクラウドセキュリティサービスだった。(2016/1/14)

ID管理の精度をクラウドで高める
“パスワード使い回し”を放置してモバイル/クラウドセキュリティを語るべからず
セキュリティ対策が企業の重要課題となる中、最も基本的な対策の1つである「ID管理」の視点が抜け落ちている企業は少なくないのではないだろうか。モバイル/クラウド時代のID管理の在り方を再考する。(2015/12/16)

評価基準は我流ではなく信頼できるものを
クラウド選定で頼りにしたいセキュリティ認証の“お墨付き”
セキュリティの標準規格や認証方法には数多くの種類が存在する。それだけに、クラウド事業者を選ぶときには注意が必要だ。規格や認証方法の選択ではどのような項目に注意すればいいのだろうか。(2015/12/18)

企業でも大いに役立つ
米国防総省が公開した“ミルスペック”な「クラウドセキュリティガイド」に書かれていること
サイバー攻撃の主要な標的としても知られる米国防総省が、クラウドセキュリティのガイドラインを公開した。その内容の中から、企業が参考にできそうなポイントを紹介する。(2015/12/4)

ファイルレベルのセキュリティ対策を実現
WindowsでもiPhoneでも安全にデータ保護、Microsoft買収技術は本当にすごい?
ユーザーの要求はIT関連技術の進化を超えるスピードで拡大する。今や、その進化に1つの企業だけで対応することは至難の業となった。その問題を解決するのが高度な技術をもつ企業の買収だ。(2015/11/17)

家庭内ネットワーク、自動車、クラウドサービスのセキュリティを共同で:
トレンドマイクロとユビキタス、IoT向けセキュリティソリューションを共同開発
トレンドマイクロとユビキタスは、IoTに向けたセキュリティソリューションを共同開発する。自動車向けセキュリティも共同研究する。(2015/11/16)

Ciscoの「Cloud Web Security」、ドメイン乗っ取りの被害に
「Cloud Web Security」の提供に使われている「scansafe.net」のDNS情報が一時的に乗っ取られ、マルウェアサイトのIPアドレスに書き換えられていたという。(2015/11/13)

新会社名は「Virtustream」:
ヴイエムウェアとEMCがクラウドサービスで合弁会社設立へ
米EMCと米ヴイエムウェアは2015年10月20日(米国時間)、クラウドサービスを提供する合弁会社を設立すると発表した。新会社はVirtustreamの名を冠するが、これがvCloud Airのフェードアウトを意味するとは考えにくい。(2015/10/21)

テクノロジー業界最大の買収:
デルがEMCを買収で株式を非公開化へ、その背景と今後の展開は
米デルは2015年10月12日(米国時間)、同社の米EMC買収について最終的な合意に達したことを発表した。デルは従業員7万人の企業を飲み込むことになる。この、テクノロジー業界最大の買収の背景は何か。今後の展開における注目ポイントは何か。(2015/10/13)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)
コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/9/18)

セキュリティ強化に向けた選択
「パスワードのない世界」でクラウドを守る――注目されるオープン規格
パスワードによるユーザー認証は、多くの問題に見舞われた長い歴史がある。本稿ではセキュリティの専門家が、クラウドでのユーザー認証にまつわる悩みが各種のオープン規格によってどう解決できるのかを解説する。(2015/9/16)

過半数は戦略を持たずとの米調査
実は危うい金融機関のクラウドセキュリティ、その原因は?
金融機関にとってクラウドセキュリティ戦略は重要である。だが金融業界の多くの企業は、クラウドセキュリティ戦略に対して消極的だ。本稿では、セキュリティの専門家がその理由を解説する。(2015/9/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(23):
クラウド時代のセキュリティ担保にはActive Directoryフェデレーションサービスが必須となる?
Windows Server 2003 R2で初めて登場した「Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)」。Windows Server 2012 R2以降は、スマートフォンやタブレット、クラウドアプリのビジネス利用を促進する重要な役割を担うようになりました。(2015/8/19)

クラウドとオンプレミスでセキュリティレベルを統一
3大パブリッククラウドに対応、セキュリティ対策の「新常識」を先取りする
ERPなどの基幹系システムをパブリッククラウドで稼働させるケースが増えてきた。その中で企業の担当者が気にしているのがクラウドのセキュリティ対策だ。今も、将来も安心のベストな対策を探る。(2015/8/10)

「OpenStack Summitの歩き方」リポート(2):
OpenStackの波に乗る企業、それぞれの市場創出へのアプローチ
OpenStackのエコシステムに参加する企業が増えている。日本国内でも、OpenStackの技術を軸に多様なアプローチで市場をもり立てようと試みる企業が増えてきた。(2015/8/6)

ソフト無償で見落としがちな隠れコスト
OSSクラウド「OpenStack」は本当に安い? 商用“ビッグ3”との比較は意外な結果に
オープンソースクラウドはプロプライエタリなクラウドよりも安価だと考える企業が多いが、それは常に事実というわけではない。多くの場合、さまざまなコストが見落とされている。(2015/7/14)

@ITセキュリティセミナー東京・大阪ロードショーリポート(前編):
内部犯行の「出来心」をなくすには――富士フイルムの場合
2015年6月2、4日、@IT編集部は「@ITセキュリティセミナー 東京・大阪ロードショー」を開催した。前編、後編に分け、その様子をリポートしよう。(2015/6/30)

第12回 情報セキュリティEXPO【春】リポート:
マイナンバー対応だけじゃない、セキュリティ基礎体力向上を助けるソリューション群
2015年5月13日から15日にかけて東京ビッグサイトにて開催された「第12回 情報セキュリティEXPO【春】」のブースで最も目立った言葉は「マイナンバー対応」だろう。だがそれ以外にも、情報セキュリティ対策の基礎を強化するためのソリューションが多数展示されていた。その一部を紹介しよう。(2015/5/25)

マイクロソフトとトレンドマイクロが徹底対談
オンプレミスと同じでいいの? クラウドにはクラウドのセキュリティ対策を
セキュリティがネックとなりクラウド導入に踏み切れない企業はいまだ多い。だが、オンプレミスとは異なるIaaSならではの特性を知り、適切なセキュリティ対策を講じることで、問題の多くは解決する。(2015/5/13)

疑問にも答えます!:
PR:企業が気になる基幹系システムのクラウド化、ハイブリッドモデルをこう使え!
クラウドの利用機運が高まる中、安定性やセキュリティなどを理由にクラウド化が困難なシステムは少なくない。その解決策として注目されるのがハイブリッドクラウドだ。ITmedia エンタープライズ主催の勉強会ではSDNを生かしたクラウドサービスを提供するNTTコミュニケーションズと、仮想化からクラウドへの移行を推進するVMwareが、ハイブリッドクラウドの導入・構築を成功につなげるための秘訣を紹介した。(2015/4/13)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ITを駆使する金融業界とセキュリティの課題
保守的なイメージのある金融業界ではビジネスへのIT活用が急速に進み、大きな変革期を迎えている。こうした中では注すべきセキュリティの課題も伴うが、それは何だろうか。(2015/4/7)

ホワイトペーパー:
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
セキュリティやトータルコストの面では、いまだ多くの企業が懸念を持っているクラウドサービスだが、利便性や初期コストなどさまざまなメリットを考えれば、企業がクラウドサービスを利用しない手はない。だが、クラウドサービスの利用にあえて慎重になる企業もいるようだ。(2015/3/13)

7割以上の企業は“勝手に使われているクラウド”の数を把握できず
IT部門に黙ってでも導入したいクラウドサービスは? シャドークラウド実態調査
多くの企業は、企業が承認していないクラウドサービスの特定や管理に苦戦――。米業界団体Cloud Security Allianceの調査で分かった、「シャドークラウド」を取り巻く企業の現状を示す。(2015/2/17)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
スマートシティ大国オランダに学ぶビッグデータの利活用戦略
EU諸国の中でオランダは、地域主導型スマートシティから築き上げた付加価値サービスの上に、クラウドやビッグデータの新技術を組み合わせながらグローバル展開を図っている。同国の事例を紹介しよう。(2015/2/5)

セキュリティに注力:
AWSのメールサービス、注目はディレクトリ連携
米AWSは2015年1月28日、メールおよびカレンダーのサービス、「Amazon WorkMail」のプレビュー版を提供開始したと発表した。同サービスでは「AWS Directory Service」との連携が注目される。AWSは、ユーザー組織が、セキュリティのために同社サービスを採用する世界を目指している可能性が高い。(2015/2/2)

閉域上で複数のクラウドが使える:
NTTPC、企業のマルチクラウドニーズをカバーするクラウド新サービス
NTTPCが閉域上で複数のクラウドを組み合わせて利用できる新サービス「Master'sONE インタークラウドネットワーク」を開始。企業のハイブリッド/マルチクラウドニーズをカバーする(2015/1/22)

F5 AGILITY Tokyo 2015:
PR:ハイブリッドクラウドを誤解していないか、重要なのはアプリケーションだ
「クラウドファースト」「ハイブリッドクラウド」のキーワードの陰で、忘れ去られてしまっていることがあるのではないか。F5ネットワークスジャパンの帆士敏博氏と、アイティメディアの三木 泉が語り合った。(2015/1/19)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
社会課題の解決にビッグデータを活用するデンマークの取り組み
EU諸国は、スケールメリットを生かした低コスト戦略が主流のクラウド上で、ビッグデータならではの付加価値サービスを開発し、独自性を発揮しようとしている。今回は北欧の社会課題の解決先進国であるデンマークの事例を紹介する。(2015/1/14)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
健康医療のビッグデータ活用とリスク対応における欧米の足並みとは?
ビッグデータ活用の有力分野の1つとなる健康・医療では欧米が大西洋を越えた連携を進める。高まるプライバシーやセキュリティのリスクへの対応を含めた動向を紹介しよう。(2015/1/7)

「サイバー攻撃は当社の対策を超えた」 苦戦する企業実態が浮き彫りに
米IBMによる調査ではサイバー攻撃の高度化によって、セキュリティ責任者の60%近くが課題を抱えていると答えた。(2014/12/11)

パブリッククラウドはココに注意
Microsoft Azure CTOが挙げる、10項目のパブリッククラウドリスク
米MicrosoftのAzureクラウドCTO、マーク・ルシノビッチ氏は、パブリッククラウドセキュリティの主なリスクとして、悪意のある内部関係者、共有テクノロジー、データ侵害、人工知能、データ喪失など、10項目を挙げた。(2014/12/4)

クラウド環境のセキュリティ対策はダイナミックに 日本IBMが新施策
アクセス管理やデータ保護、可視化、運用の4領域に関する製品やサービスを体系化した「ダイナミック・クラウド・セキュリティー」を提供する。(2014/12/3)

クラウドセキュリティに新たな視点
クラウドは“危険物”ではなく、セキュリティを変えるチャンスだった
クラウド移行の課題に「セキュリティ」を挙げる企業は多い。こうした中、クラウドの特性を生かし、新しい時代のセキュリティ対策を模索する動きが始まりつつある。その具体像を追う。(2014/12/4)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
欧州にみるIoT活用とリスク管理への挑戦
IoT(モノのインターネット)から生まれるビッグデータを活用したイノベーションが進む一方、プライバシー/個人情報管理、サイバーセキュリティなど、リスク管理上の課題も広がりつつある。厳格なプライバシー保護政策で知られる欧州諸国はどのように対応しているのだろうか。(2014/11/26)

ET2014特別企画ブースリポート(NTTPCコミュニケーションズ):
PR:先進M2Mソリューションをワンストップで手軽に提供、NTTPCコミュニケーションズ
先進ネットワークやクラウドサービスを提供するNTTPCコミュニケーションズ。「Embedded Technology 2014」の同社ブースには、ネットワーク・クラウドを熟知した同社ならではのM2Mソリューションが数多く、具体例と共に展示されている。(2014/11/20)

ホワイトペーパー:
今からでも間に合う 5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
利便性や可用性の高さから注目を集めるクラウドサービスであるが、それらを強固に支える基礎としてセキュリティ対策の重要性にも目を向ける必要がある。(2014/11/5)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
アイルランドにみるビッグデータとセキュリティの世界動向
多数のインターネット企業が欧州の拠点を構えるのがアイルランドだ。北海道とほぼ同じ面積の小国ながら、ビッグデータの利活用とセキュリティやプライバシーなどにおける取り組みが注目されている。(2014/11/5)

SoftBank Technology Forum 2014を開催:
PR:求められるIT部門と業務部門の新たなパートナーシップ 「ビジネスとITの融合」に向けた道筋とは?
ビジネスの成長において強く期待されているのが、テクノロジーの貢献だ。しかし、クラウドやビッグデータ、アナリティクス、セキュリティといったITキーワードが、業務の現場に深く浸透しているとは残念ながら言い難い。ビジネスとITの“真の融合”は可能なのか。ソフトバンク・テクノロジーは「Mixture make innovation」をテーマに、SoftBank Technology Forum 2014を開催する。技術統括 データソリューション本部 副本部長の興梠陽介氏に“真の融合”に向けた方策とフォーラムの見どころを聞く。(2014/10/29)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ボストンに学ぶ市民参加型コミュニティの管理と人材の役割
市民主体の「シビックテック(Civic Tech)」を活用する自治体にとって悩みの種は、コミュニティの活性化と安定的な運用管理の両立だろう。米国の古都であると同時に新しい起業家を輩出し続けるボストンの取り組みとはどのようなものだろうか。(2014/10/14)

クラウドのアカウント登録の不備を悪用
“偽メアド”でゾンビPCを調達 「ボットネット」構築の新たな手口
ボットネットの構築には端末のマルウェア感染が必要だという“常識”は、既に過去のものかもしれない。ボットネットはもっと簡単な手口で構築できると、専門家は注意を促す。(2014/10/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。