ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンタクトレンズ」最新記事一覧

丹下桜さんや能登麻美子さんらが初登場! 参天製薬の目薬擬人化アニメ「アイドロップス」、一挙3話分を新たに公開
初登場キャラも4人と盛り盛りで目にお届け!(2016/11/28)

山本浩司の「アレを聴くならぜひコレで!」:
ハイレゾをもっと気持ち良く――2016年、心に残ったホームオーディオ機器4選
ヘッドフォンもいいけれど、スピーカーで聴く音はもっと味わい深い。今回は、今年出会って心に残ったスピーカーリスニングのホームオーディオにおけるデジタル・ギアを紹介しよう。ラインアップはChord「DAVE」、DELLA「N1A/2」、PS Audio「NuWave DSD」、OPPO Digital「Sonica DAC」だ。(2016/11/25)

コンタクトレンズの「ニチコン」が民事再生申し立て
コンタクトレンズメーカーの日本コンタクトレンズ(ニチコン)が民事再生を申し立てた。(2016/11/16)

浜崎あゆみっていくつだっけ? 公開された自撮りが20代のそれ
“逆年齢詐称”なのでは!?(2016/10/23)

知らない間に進化してた! いびき解消グッズ3選
いびきがうるさいと人から非難されるという人、いませんか。今のいびき解消グッズのラインアップには注目です。きっとその進化に驚き、思わず使ってみたくなるでしょう。(2016/9/23)

EE Times Monthly Access Top10:
BluetoothをWi-Fiとして再利用、何に使うの?
EE Times Japanでは、2016年8月中に多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/9/10)

埋め込み型医療機器への応用に期待:
BluetoothをWi-Fiとして“再利用”、米大学が開発
米大学が、ある無線信号を別の無線信号に変換する技術を開発した。埋め込み型医療機器など、使用できる電力に制限のある機器において、消費電力を気にせず、スマートフォンなどとの無線通信ができるようになるかもしれない。(2016/8/23)

Verily(旧Google Life Sciences)、グラクソと“バイオ電子薬”製造の新企業設立
英製薬大手のGlaxoSmithKlineがAlphabet傘下のVerily(旧Google Life Sciences)と提携し、バイオ電子薬企業を設立する。新企業は、体内に埋め込んで神経細胞の電気信号を整える極小端末を開発する。(2016/8/2)

俺の知ってるラジオ体操どこいった! 超チャラいNHK公式「NHKムズムズ体操 第18」がウェイウェイすぎる
撮影現場に潜入してきました。(2016/7/30)

レーシック手術が激減! ピーク時の9分の1 なぜ?
視力を矯正できると人気のレーシック手術の件数が、6年で9分の1に激減している。その真相は――。(2016/6/27)

手術件数はピーク時の9分の1:
視力を矯正するレーシック手術が激減 その真相を探ってみた 
近視などで悩む人にとって、メガネなしの生活が送れるようになると人気のレーシック手術。平成20年に約45万件だった手術件数は、26年には約5万件と激減している。その真相とは――。(2016/6/27)

Future Connected Cars USAレポート:
近くて遠い、自動運転車実現までの道のり
シリコンバレーでコネクテッドカー関連のカンファンレンス「Future Connected Cars USA」が開催された。テーマはコネクテッドカーではあるものの、話題の中心はやはり自動運転になった。自動運転車の実現は間近なものとして語られているが、果たして本当にそうなのか。同カンファンレンスのレポートをお送りする。(2016/6/3)

アップルPickUp!:
Appleのアクセシビリティは視覚障がい者の目にどう映ったか
使いやすいということ、誰にでも使えるということ。(2016/5/25)

矢野経済研究所 ウェアラブルデバイス市場:
2020年、スマートウォッチは「ポスト・スマホ」の地位を確立
これから先、ウェアラブルデバイス市場はどのように成長していくのだろうか? 矢野経済研究所が発表したウェアラブルデバイス市場に関する調査結果の内容を基に、2015年の実績、2016年の見通し、そして2020年の将来予測について見ていこう。(2016/5/20)

医療機器ニュース:
トリブロックコポリマーを用いた新たな高強度ハイドロゲル
北海道大学は、トリブロックコポリマーをベースとした超高強度ハイドロゲルを開発した。水を大量に含みながらも、ゴムに匹敵する強さとタフネス、こんにゃくの100倍もの硬さなどの優れた物性を示す。将来的には医療用途への応用も期待される。(2016/5/17)

スマホ・PCのドライアイ、放置するとこんなリスクも!
スマホとPCの長時間利用によるドライアイには、目の不快感だけでないリスクもあります。(2016/4/21)

R25スマホ情報局:
安くなるなら?「ケータイ税」に疑問の声
ジャストシステムが調査を行ったところ、「ケータイ税」の導入には約6割のユーザーが前向きな反応をした。一方で、ただの増税になるのではという声も。(2016/4/14)

R25スマホ情報局:
目に直接表示?スマートコンタクトレンズ登場?
ニュースサイト「SamMobile」によると、サムスンがスマートコンタクトレンズの特許を韓国で申請した。このスマートコンタクトレンズは、カメラなど複数のセンサーが搭載されたもので、ユーザーの目に直接画像を映し出すものだという。(2016/4/13)

水曜インタビュー劇場(小さい穴公演):
眼鏡がいらなくなる? 世界初の「ピンホールコンタクトレンズ」にびっくり
近視や老眼をコンタクトレンズ1枚でカバーできる「ピンホールコンタクトレンズ」をご存じだろうか。現在、臨床研究を進めていて、2017年度中の商品化を目指しているという。どのような原理でできているかというと……。(2016/2/17)

歯科矯正、レーシック、禁煙治療――これって医療費控除の対象? Q&A25選
サラリーマンでもしっかり確定申告し、活用したい医療費控除。対象になるもの、ならないものをQ&A形式で解説します。(2016/2/9)

「冬に太った」と言われないために:
どんなグータラでも続けられる「Apple Watch」で健康管理〜フィットネス編〜
鬼軍曹のかけ声でエクササイズがはかどるぞ。(2015/12/28)

HIVを抹殺する最新素材のコンドームを米テキサスA&M大が開発中
性的興奮を高める作用も。(2015/12/20)

限定クリーナークロス、ソフトケースも! 「ソードアート・オンライン」コラボのPC用めがね第2弾登場
ブルーライトカットレンズでアニメ視聴が捗る!(2015/11/27)

IFA 2015:
3種類の技術に対応――ZTE「Axon Elite」を生体認証でロック解除してみた
ZTEの新しいグローバルフラッグシップスマホ「Axon Elite」は、指紋・目・音声の3種類の生体認証に対応している。この記事は、普段からPCやスマホで生体認証を使っている筆者が、IFA 2015会場でAxon Eliteの生体認証を試した記録である。(2015/9/8)

まぶたが重くて目が開かない、いったいなぜ?
日常生活の中で「まぶたが重くて目が開かない」という経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。「まぶたが重い」という症状についてその原因を見ていきましょう。(2015/9/7)

シリコンバレー初の“財閥”に?:
広がり続ける“Google帝国”、Alphabet設立で
Googleを傘下にする新会社Alphabetを設立すると発表したGoogle。“Google帝国”はさらに広がる見込みだが、一方で今回の発表には透明性には欠けている。(2015/8/13)

女性向け「おうち専用眼鏡」JINSが発売 部屋着をイメージ
女性向けの“おうち専用眼鏡”をJINSが発売。外ではコンタクトレンズ、自宅では眼鏡を使用する女性がターゲットだ。(2015/8/10)

gooのスマホ「g03」にソフトウェアアップデート――「眼セキュリティ認証」を追加
gooのスマホ「g03」がソフトウェアアップデート。眼の生体認証によるロック解除機能を追加した。(2015/7/30)

目が悪い:
乱視ってどんな見え方? なぜ起こるの?
目が悪いというと「近視」を想像する人が多いと思いますが、「近視」だけではなく「遠視」や「乱視」も近視と同じ屈折異常として視力の低下や目の疲れを引き起こします。この中の「乱視」は一体どういった見え方なのでしょうか?(2015/7/29)

医療レベルの情報とするには、精度が問題:
既存のウェアラブル、医療への応用はまだ難しく
米国の新興企業のCOOが、既存のウェアラブル機器は、医療レベルの情報を提供するまでには至っていないと主張した。生体情報を検知するウェアラブル機器は増えているが、その精度は、単に“目安”として使うのならば問題はないが、“医療データ”として使うのは、まだ難しいようだ。(2015/7/24)

「デュラララ!!×2」限定グッズが当たる! コンタクトレンズ・メガネのハートアップでコラボキャンペーン実施【PR】
「限定録り下ろしボイス入り目覚まし時計」など非売品グッズも!(2015/7/23)

視力が落ちた気がする。原因は?
「最近視力が落ちたなあ」と感じている人もいるのでは。視力が落ちてしまう原因には一体どういったことがあるのでしょうか。あまり知らていない視力のメカニズムとは……。(2015/7/17)

イノバビジョン製カラーコンタクトレンズ自主回収へ 承認書に記載していない材料を使用していた事が判明
コスプレイヤーさんはご確認を。(2015/7/16)

「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」リポート
台湾発の医療IT、日本の医療・介護を支援
2015年6月に開催された「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」では、医療用タブレットや在宅医療や介護関連の製品などが出展されていた。本稿では展示内容の一部を紹介する。(2015/7/1)

グワッと見開かなくても大丈夫:
“一瞬”のマジックに酔いしれる――「ARROWS NX F-04G」の虹彩認証「Iris Passport」徹底レビュー
「ARROWS NX F-04G」といえば、スマホ世界初搭載となる虹彩認証「Iris Passport」が話題だ。便利なのか、それとも不便なのか。他称「ARROWSジャーナリスト」が検証する。(2015/6/29)

Google、医療専用リストバンドを開発中──Bloomberg報道
Googleの“ムーンショット工場”「Google X」の生体研究プロジェクトチームが、患者の詳細な生体情報や環境情報を監視できる医療機関向けの専用リストバンドを開発中であると、チームを統括するアンドリュー・コンラッド博士がBloombergに語った。(2015/6/24)

医療機器ニュース:
「医療器材」の成長を目指す台湾、2027年の生産高は1兆円超を見込む
台湾経済部 国際貿易局と台湾貿易センターは、台湾の優れた医療機器や歯科機器、介護機器するイベントを開催。台湾の医療機器産業の成長戦略についても説明があり、高度医療機器の開発やサービスの付加価値化などによって、2027年の生産高を2013年比で2.5倍の3000億台湾ドル(約1兆2000億円)以上に成長させることを見込んでいる。(2015/6/12)

リアル課金が捗るな…… 来店・購入するとイケメンとの恋が進展する恋愛ボイスアプリ「コンタクトMen's」登場
イケメンが「コンタクト外した?」「つけた?」と聞いてくれるコンタクトつけはずしタイマーを実装。(2015/5/19)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第45回:
メガネ好きのメガネ好きによるメガネ好きのための漫画 松本救助「メガネ画報」がメガネホイホイすぎる
まぁまぁメガネどうぞ。(2015/5/11)

出陣も内番もこれでお手の物! ACOSより「刀剣乱舞-ONLINE-」公式コスプレ衣装が続々登場
主命とあらばジャージも発売しますよ。(2015/5/3)

三日月宗近の瞳を再現だと!? 刀剣乱舞からまさかのコンタクトレンズが登場
一部店舗で予約スタート。(2015/4/17)

藤井太洋×長谷敏司 対談:
科学技術とSF――2人のSF作家は語る、その過去・現在・未来を
第35回「日本SF大賞」を受賞した藤井太洋さんと長谷敏司さん。古典と言われるSF作品が生まれた時代、多くの人が夢見た技術がだんだんと実現し始めている現代において、SF作家に求められるものとは何なのか。二人の会話を中心にお届けする。(2015/4/7)

マウスコンピューター、“視線で操る”リズムアクション「Beat Shot」の体験コーナーを設置――秋葉原、名古屋の2店舗
マウスコンピューターは、視線追跡型インタフェース「Tobii EyeX」対応ゲームの体験コーナーを秋葉原/名古屋の2店舗に設置した。(2015/4/3)

今年もみんなよくやるな! 2015年エイプリルフールまとめ
今年もネットがウソだらけに。もうおなかいっぱいだよぉぉぉ!(2015/4/1)

Computer Weekly:
実用化が進む仮想現実(バーチャルリアリティ)最前線
ハードウェアコストの低下で現実的になってきた仮想現実。既に各種の産業界で実用化が進んでいる。どのような分野でどう利用されているのか? そして未来の仮想現実や拡張現実はどうなるのか?(2015/4/1)

暗闇で50メートル先が見える 「暗視目薬」が開発される
暗闇でものを見ることができるようになるという“暗視目薬”を作成したことを米国の団体が明らかにした。(2015/3/30)

メガネの上にメガネなんてことはもうない! 「SmartEyeglass」に対応した度付きレンズ、JINSから発売
メガネ型デバイスを試したいメガネ君もこれでいけるぜ!(2015/3/29)

Google、医療用ロボットでJohnson & Johnsonと提携
スマートコンタクトレンズなどで医療分野に取り組むGoogleが、米医薬品大手のJohnson & Johnsonと共同で低侵襲手術を支援するロボットを開発する。(2015/3/29)

本田雅一のウェアラブルスタイル:
PR:試さないともったいない! 「Twonky Beam」アプリを獲得したエプソン“MOVERIO”(モベリオ)のツカイカタ
エプソンが“スマートグラス”「MOVERIO」(モベリオ)向けに、「Twonky Beam for MOVERIO」の無償配布を開始した。デジタル放送番組の視聴を含め、用途がさらに広がった「MOVERIO」をAV評論家・本田雅一氏がじっくり試聴した。(2015/3/13)

医療技術ニュース:
デジタル技術の発展が実現する“予防”医療社会
IEEEが開催したプレスセミナーで、アクセンチュア Data Science Center of Excellenceを務める工藤卓哉氏が、近年の医療分野におけるデータ活用について語った。医療分野のデジタル化が進みデータ活用の可能性が広がることで、病気の発症を未然に防ぐ予防医療の分野の発展が期待されているという。(2015/3/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。