ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医者」に関する情報が集まったページです。

Amazon.com、新ヘルスケア企業のCEOに著名医師のガワンデ博士を指名
Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseが7月に立ち上げる従業員のためのヘルスケア企業のCEOに、医師で医療関連のベストセラー作家でもあるアトゥール・ガワンデ博士が就任する。(2018/6/21)

最短30分で医師が家に来てくれる「ファストドクター」に助けられた漫画が話題に 運営会社に話を聞いた
高齢者の対応から始まったという「ファストドクター」。一体どのように運営されているのでしょうか。(2018/6/19)

扱いにくい医師が恋と猫への愛を知る 恋愛漫画『猫で人魚を釣る話』に応援したい恋がある
医師×患者×猫が繰り広げる、持ちつ持たれつのラブストーリー。(2018/6/12)

世界初“安楽死マシン”と、「長生き悔やみ」安楽死した104歳学者が突きつける現実
オーストラリアの医師が開発した「安楽死幇助マシン」が話題に。死にたい人は、この機械に入ってボタンを押すと、約5分後に死亡する。痛みや窒息による苦しみはほとんどないという。(2018/6/4)

年収2200万円、家賃光熱費タダでも集まらず! 医師公募断念した青森・深浦町「最後の一手」
青森県深浦町が医師不足の深刻さに改めて直面した。町営の診療所に勤務する医師を破格の条件で公募したものの、1人も採用することができないまま公募を断念。最低限の1人を確保するため町が打った窮余の「一手」とは!?(2018/5/30)

過疎地の医師不足:
年収2200万円、家賃光熱費タダでも集まらず!! 医師公募断念した青森・深浦町「最後の一手」
過疎地の医師不足が叫ばれる中、青森県深浦町が医師不足の深刻さに改めて直面した。(2018/5/30)

もしものときのために知っておきたい 獣医師が伝授する緊急時にネコを抱き上げる方法
愛猫ちゃんを大切に扱ってあげたい。(2018/5/20)

衝撃事件の核心:
ポルシェであおり運転→バイク転倒……命を救うはずの医師だったのになぜ
排気音を響かせ、300馬力のスポーツカーは1台のバイクを執拗(しつよう)に追い回した−。神奈川県伊勢原市の路上でバイクに幅寄せして転倒させ、運転していた男性を負傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで25歳の無職の男が神奈川県警に逮捕、起訴された。(2018/5/17)

医師が処方する「治療用アプリ」開発へ スマホで患者支援、保険も適用
田辺三菱製薬が、国内製薬大手で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出す。治療用アプリは医薬品でも医療機器でもない“第3の治療法”になる可能性があり、世界各国で開発競争が始まろうとしている。(2018/5/7)

「若手に手弁当の考え押しつけないで」 国内初、クラウドファンディングで裁判費用調達 亀石弁護士に聞く
医師免許なしに客にタトゥーを入れたとして、地裁で有罪を判決を受けた彫師の控訴審の裁判費用をクラウドファンディング(CF)で調達。企画したのは主任弁護人の亀石倫子弁護士だ。CFは将来の弁護活動の切り札になり得るか?(2018/5/2)

医療機器ニュース:
医師の「暗黙知」を見える化、医療機器の開発に応用
ブロードリーフは、国立がん研究センターと「暗黙知」の「見える化」に向けた研究開発を開始した。医師の手術手技や判断といった「暗黙知」を可視化して、医療機器の開発を支援する。(2018/4/9)

正しい心臓マッサージのやり方、覚えてます? 医師で漫画家の永田礼路さんによる解説イラストが分かりやすい
「アンパンマンのマーチ」を頭の中で歌いながら行うと良いそうです。(2018/4/7)

中学でのいじめの経験を大人になるまで引きずり…… 医師の力で立ち直った体験を描いたエッセイ漫画に共感の声
自分のために、あるいは子どものために知っておきたい。(2018/3/29)

0.5歩先の未来を作る医療IT
2018年度診療報酬改定における医療現場の「働き方変革」、医師の勤務体制が柔軟に
2018年度診療報酬改定では、医師の勤務体制を改善する取り組みが強化されます。「対面」を算定要件にしていた一部の診療報酬も要件が緩和され、IT活用の範囲が広がります。(2018/3/20)

国内外の医師を巻き込み事業化:
TENGAの新規事業 「性の悩み」を真面目に解決
性生活を楽しむグッズを製造するTENGAが新規事業を立ち上げた。医師とともに男性の“妊活”アイテムを真面目に開発。新会社を設立して事業を軌道に乗せるまでの経緯とは?(2018/3/20)

「あいつらうるさいから」 クロちゃん、体調気遣う医師団へ暴言 森田医師「モンスター患者です」
「水曜日のダウンタウン」で発言。(2018/3/1)

医療機器ニュース:
AIが眼底写真による眼の病気診断を支援、眼科医の負担軽減
オウケイウェイヴと診エテック、慶應義塾大学は、眼科疾患の診断を支援するAIスクリーニングプログラムの開発を進めている。同プログラムを、眼科医師の業務負担軽減や、眼科のない自治体での診断に活用する。(2018/3/1)

VR導入事例
HoloLensで遠隔地の医師も参加した外科手術成功
Microsoftの「HoloLens」による仮想現実を使って海外の医師がサポートする手術が行われた。(2018/2/20)

Nintendo Switchが腫瘍発見のきっかけに 決め手は「マリオカート8 デラックス」のHD振動
コインを取ったときの振動に痛みを感じ、医者に診てもらったところ……。(2018/2/17)

赤ちゃんの“謎の夜泣き”の原因は……? 育児マンガで描かれた対処方法が話題に
※お医者さんにも取材しました。(2018/2/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
自己成長するAIは「医療機器」として安全なのか
多くの業界でAIによる従来業務の置き換えが検討されているが、医療はこうした動きが激しい業界の1つである。特に診断の領域では、AIが医師に圧勝するケースが続出しており、業務のAI化が一気に進みそうな状況となっている。業務のどの範囲までAI化を行い、人の責任の範囲をどこまで設定すべきなのか。医療分野における取り組みはあらゆる業界にとって参考となるだろう。(2018/2/15)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療現場の「働き方変革」を加速する2018年度診療報酬改定 鍵は「医療クラーク」か
2018年度の診療報酬改定の基本方針に「働き方改革」のテーマが盛り込まれています。これを機に医師事務作業補助者(医療クラーク)の配置、活用が期待されています。(2018/2/14)

「ウソと診断します」 クロちゃんの食生活をチェックし続ける森田医師、分析スキルがもはや刑事並
完全にクロだしん!(2018/2/7)

ちょっぴり怖いイケメン医師が活躍する漫画「小児外科のゆうか先生」が面白い! ふとしたギャップにハマる人続出
子ども嫌いの小児科医が主人公という「最高かよ!」な異色の漫画。(2018/2/6)

インフルエンザ予防に一番効果的なのは「手洗い」 コミュニティーサイトが医師1000人によるアンケート結果を発表
「人ごみに行かない」なども有効との回答が多かった。(2018/1/30)

医師の9割が「一般人がネットで正しい情報を得るのは、容易ではない」
医師の9割が「一般人がネット検索で自分に合った正しい医療・健康情報を得るのは、容易ではない」と回答。雑誌やテレビと比べると、ネットの情報は「信頼できる」という医師も多いが、情報を取捨選択する能力が問われるという。(2018/1/23)

Googleがアルゴリズム改善も:
医療情報を「検索せず、専門家に聞くべき」と考える医師は8割 その理由は?
医師は、Web上の医療情報の信頼性についてどう考えているのだろうか。調査によると、「検索よりも、直接聞いてほしい」と考える人は約8割を占めた。「変な先入観が入ると修正不能になる」などが理由として挙がった。(2018/1/23)

医師の9割「ネット検索で正しい医療情報にたどり着くのは容易ではない」
医師向けコミュニティサイトに登録する医師530人を対象に行ったアンケート調査結果を発表。(2018/1/23)

第4回 ウェアラブルEXPO:
テクノロジーで「命」守りたい “医療用ウェアラブル”続々登場
東京ビッグサイトで開催中の展示会「第4回 ウェアラブルEXPO」では、医師・消防士のサポートや、深刻な容体にある患者の救命が目的のものが多数出展されていた。健康管理や業務サポートが主流だったウェアラブル市場で、「医療用」がトレンドになりつつあるようだ。(2018/1/19)

テレビ電話など使った「遠隔診療」、報酬増へ 「対面」と同等近くも 今春から
テレビ電話などを介して医師が診断を行う「遠隔診療」の診療報酬を増やすため、厚生労働省が年度内に具体案を作成し今春から適用する方針を決めた。(2018/1/12)

「私、失敗しないので」女性医師のレベルの高さ証明 日本人の論文が世界3位に
全米の急性期病院で働く女性医師の診察・治療の質の高さを、患者の死亡率や再入院率の低さから証明した論文が、2017年に世界で最も反響の大きかった学術論文ランキングの第3位に入った。日本人医師による研究だ。(2018/1/11)

日本腎臓学会のテキストマイニング事例
医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化
医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。(2018/1/11)

「虫歯になってから歯医者に行く」は間違い 富士通らが提案する新しい歯科の使い方
「削って詰めて、削って詰めて……」という治療をなくすために、すべきこととは?(2017/12/25)

ディープラーニングでテキストマイニング:
TensorFlowを使った機械学習を論文抽出に適用、ヒントは大学入試問題対策の裏ワザ
医師が、ディープラーニングフレームワークのTensorFlowを自ら用い、診療ガイドラインの作成における「心の折れる作業」である論文スクリーニング作業を自動化。効果を実証した。ヒントは共通一次試験の対策本にあった。(2017/12/21)

AIで心疾患患者の再入院リスクを予測 従来比2倍以上の再入院を防止――日立の新AI技術
日立製作所が、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクを予測するAI技術を開発。リスク根拠の説明も提示するため、医師が退院患者向けケアプログラムの検討に活用できる。(2017/12/13)

ドラマみたい! 宇多田ヒカル、飛行機内で「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか」に遭遇する
ぜひ曲にしてほしい。(2017/12/6)

都道府県はどこへ向かう:
地域医療構想を3つのキーワードで読み解く
「地域医療構想」に基づいた議論が進んでいる。各都道府県は地域の医師会や医療関係者などと連携しつつ、急性期の病床削減や在宅医療の整備に取り組もうとしているが……。(2017/12/6)

診断医の画像診断をサポート:
LPixel、人工知能を活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を発表
LPixelは、医療現場の画像診断を支援する技術「EIRL」を発表した。医師によって品質が確保された学習データを人工知能に学習させ、胸部X線、乳腺MRI、大腸内視鏡、病理などの医療画像診断を支援するという。(2017/11/27)

「デジタル錠剤」が米国で初承認 課題はプライバシー保護
患者の服薬状況を医師に通知できる機能が抗精神病薬に組み込まれる。(2017/11/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
人工知能が医療現場で活躍、事例から見えてくる“理想と現実”
多忙な医療現場で働く医師の業務を、人工知能(AI)がサポートする――という状況は既に現実にある。AIを医療ミス回避や高度な診断に役立てている、米国の事例を紹介する。(2017/11/9)

赤ちゃんの黄昏泣きにカテーテル? 海外での用法紹介に賛否
自己判断で使わず、医師に相談を。(2017/11/6)

舌が頭くらいの大きさにはれ上がったクマ、国境を越えた医師たちの協力で救われる
舌を引きずるほどになっていました。(2017/11/3)

国境なき医師団と「プリキュア」が異色コラボ、アニメ界で初 主人公の母親とSNSの話題がきっかけ
団体の設立25周年に、キュアホイップがお祝いのコメントを寄せています。(2017/11/1)

CEATEC 2017:
医師が解説する「運転中のヒューマンエラー」、脳では何が起きている?
「CEATEC JAPAN 2017」で行われた自動運転技術に関するカンファレンスに、滋賀医科大学 精神医学講座 講師の松尾雅博氏が登壇。「生理機能障害としてのヒューマンエラー:睡眠障害・認知症との関連から」というテーマで講演し、医学的な立場から睡眠や疲労、認知症が自動車事故に及ぼす影響などを紹介した。(2017/10/25)

「お兄ちゃん、今日は医者だった」 ブルゾンちえみ、綾野剛との“兄妹ショット”がやっぱりノリノリ
この兄妹、いつもノリノリである。(2017/10/13)

IKEAに犬と猫のための新ペット用品シリーズが登場 獣医師のサポートを得て商品開発
ペット視点に立ったデザイン。(2017/10/13)

メキシコ警察、地震でけがをしたワンちゃんを救助 バイクでさっそうと獣医師の元へ
心温まります。(2017/10/4)

子どもは静かに溺れるので常に目を配るべき―― 長野県佐久市の医師会が注意喚起
「本能的溺水反応」といって、乳幼児は溺れた状況を理解できず静かに沈むのだそうです……。(2017/9/28)

医療機器ニュース:
下肢装着型補助ロボットによる治療実用化で再委託研究開発契約を締結
サイバーダインは、希少難治性脊髄疾患への適応拡大承認を目的とした多施設共同医師主導治験に関して、国立病院機構新潟病院と再委託研究開発契約を締結することを決定した。(2017/8/29)

製造業がサービス業となる日:
医師や看護師の改善に向けた熱意を生み出す、GEの医療データ分析サービス
GEヘルスケア・ジャパンは「Applied Intelligence医療データ分析サービス」を発表した。病院内の医療ITシステムから得られるさまざまなデータを可視化、分析した結果を用いて、病院経営や部門運営の最適化に生かすためのサービスである。(2017/8/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。