ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医者」最新記事一覧

ボランティア医師による健康相談 「ポケットドクター for 震災支援版」を無償提供
オプティムとMRTが、震災支援のボランティアを希望する医師による健康相談を無償で受けられる「ポケットドクター for 震災支援版」の提供を開始しています。健康上で気になることなどを相談できます。(2016/4/21)

仕事でミスをするのは〇〇が足りていないから? 医師に聞く対処法4選
男性ホルモンの「テストステロン」は加齢と共に減り、それによって気力や筋肉、総合的な「男性力」が下がるといわれています。そこで、男性更年期外来の担当医にテストステロンを増やすテクニックを聞いてみました。(2016/4/19)

【連載コラム】医療ITの現場から
2016年度診療報酬改定、「医師事務作業補助体制加算」で勤務医は楽になるか?
「医師事務作業補助体制加算」の導入が医師の負担軽減に一定の効果が見られるというアンケート結果を受け、2016年度改定で同加算の見直しが行われる。具体的な変更点はどのようなものだろうか?(2016/4/20)

リクルート、ペットの症状を獣医師に相談できるWebサービス「Pet's All Right」
リクルートは、飼っているペットの症状をオンラインで獣医師に相談できる「Pet's All Right」の事前登録を開始した。正式サービスは7月中を予定している。(2016/4/6)

ディルバート(442):
医者の“お世辞”にご用心?
日本では「ばかは風邪をひかない」という言葉がありますが、同じような表現がないアメリカでも、同じような感覚はあるのかもしれませんね。(2016/3/31)

“ニュースの意味”を医師が解説する「イシコメ」 メドピアが開設
日本の医師の3人に1人が加入するという医師向けコミュニティサイト「MedPeer」の所属医師が、ニュースをピックアップして専門知識を生かしたコメントを付ける「イシコメ」というサイトがオープンしました。(2016/3/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
がん・脳梗塞・心筋梗塞‐突然の病から自分を守る、医師が教える予防術と新たな治療法
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2016/3/1)

動物好きで医者でイケメンとかいう完璧超人 イケメン獣医師が「セクシーすぎる獣使い」として話題に アメリカ
イケメン獣医師×モフモフ動物、夢のコラボ。(2016/2/7)

スマホでいつでも医師に相談できる「ポケットドクター」 その可能性と課題
救急車を呼ぶほどではないが、体調が優れない。どうするべきか――。そんなとき、スマートフォンから医師に相談できるサービスが2016年4月からスタートする。(2016/2/6)

女優・田中麗奈、40歳医師との結婚を発表
直筆のサイン入りでコメントしています。(2016/2/5)

「お客様の中にお医者様は……」を事前に把握 JALと日本医師会が協力
日本医師会とJALが、搭乗前に医師に登録してもらう「JAL DOCTOR登録制度」を開始。急病人が出ても、医師の座席情報がすぐに分かり、医療対応がスムーズになるという。(2016/2/4)

木の棒を投げて犬に取ってこさせる遊びに危険性 英国獣医師会が注意
安全なおもちゃで遊ぶよう呼びかけ。(2016/1/22)

医療機器 メルマガ 編集後記:
医療機器開発における“ニーズ=医師”の重要性
製品開発ではシーズとニーズをいかに結び付けるかが重要なのですが。(2015/12/21)

医療機器ニュース:
グローブ型触感センサーを開発、漢方医師の触診をデータ化
富士通は、富士通研究所、北里大学東洋医学総合研究所と共同で、触診時の漢方医師の触感をデータ化するグローブ型触感センサーを開発した。(2015/12/21)

医療機器ニュース:
空気圧手術支援ロボット「EMARO」が早期に製品化できた理由
空気圧アクチュエータを応用した内視鏡ホルダーロボット「EMARO」は、手術支援ロボットとして見ると短期間で開発できた製品といえる。早期に製品化できた背景には、医療機器へのニーズを的確に把握している医師からの提言があった。(2015/12/18)

「Skype for Business」「Office 365」も活用
「iPad」で在宅医療の遠隔会議を実現した武蔵村山市医師会
東京都西部にある武蔵村山市医師会の在宅医療部会は、Web会議システムと「iPad」を活用した遠隔会議の仕組みを構築・運営している。(2015/12/10)

やだ、間くん超セクシー…… ブラック・ジャックの添い寝シーツがC89のTBSブースで販売決定
医者はここだ!(2015/12/7)

ディルバート(426):
「Watson」があれば医者はいらない?
高度な人工知能やドローンなど、技術が発達すればこんな医療になる日も近いかもしれませんね。(2015/12/3)

“肉食系”の勝負下着にどうぞ アメリカの食品メーカーが「ベーコンの香りがするパンツ」を販売してるぞー!
ただし郵便配達員や動物園の飼育員、獣医師、サーカス団員の方にはおすすめしません。(2015/11/28)

出会い系アプリで性病患者が増えている? 英医師協会が警告
イギリスでは出会い系アプリのせいで性感染症患者が増えている可能性があると、同国の性感染症予防協会がBBCのインタビューで語っている。(2015/11/9)

TOKIO長瀬智也さんがイケメンで天才な偏屈医師を演じる 「フラジャイル」が“水10”でドラマ化
「ムコ殿2003」以来、13年ぶりのフジテレビ系主演。(2015/10/19)

医師国家試験を解答する人工知能、慶大など開発 正答率4割超、「数年内に合格可能」
医師国家試験を自動解答する人工知能プログラムを慶大などが開発。データを大量に準備できれば、合格可能なプログラムが数年以内に完成できるという。(2015/9/16)

Yelp、病院の病床数や緊急治療の平均待ち時間を表示
口コミサイトのYelpが、病院などの医療施設のレビューページの一部に公的機関や非営利団体による評価を表示するようになった。病床数や研究治療の待ち時間、医師のコミュニケーションスキル、病室の静かさなどが表示される。(2015/8/6)

医療機器ニュース:
MRIを自動解析し、脳脊髄液の流速を計測・表示する技術を開発
東芝は、造影剤を使わずに撮像した脳脊髄液(CSF)のMRIを自動解析し、CSFの流速を計測・表示する「CSFダイナミクス定量化技術」を開発した。これまで医師が視覚的に評価していたCSFの流速を、定量化できるようになる。(2015/7/13)

現役医師が語る「がんもどき理論」何が問題か?
(2015/7/4)

台湾に見る「オンライン遠隔医療サービス」の現状 日本での普及促進のカギは
人口の高齢化が進み、医師不足が叫ばれる中、遠隔での検診を可能にするのが「テレメディスン」。国内では関連する法律の見直しも行われていますが、人々の生活に取り入れるためには何が必要か――。その手がかりは台湾にありました。(2015/7/3)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
医師にも“やさしい”電子カルテへの改善のススメ
患者に優しい医療サービスを提供する前提として、全てのスタッフに最高の労働環境、電子カルテシステムを用意できているのだろうか?(2015/6/19)

ひうらさとる、子宮頸がんをテーマにした漫画をWebで
子宮頸がん患者に向き合う一人の医師が主人公。全4話を順次公開していく。(2015/6/15)

週刊「調査のチカラ」:
『世界一受けたい授業』で話題の医師7万人アンケート、放映されなかった質問を公開
医師が答える言い病院の選び方から肥満対策に失敗した人の言い分まで。調査の結果を見れば、「人々の本音」が見えてくるかもしれません。(2015/6/13)

【連載コラム】医療ITの現場から
電子カルテ導入で医師が楽になるケース、ならないケース
業務の効率化を期待して進める診療所のIT化。しかし、思ったほど効果がなかったり、かえって負担が増えてしまったりすることもある。医師が楽になるケースとならないケースの実例を紹介する。(2015/6/12)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(2):
現役医師や医療ベンチャーが語る、医師会、IT活用、超高齢者、そして未来へ
医療、ヘルスケアに関連したテクノロジビジネスやスタートアップの動向を、エンジニアやビジネスマンに対して紹介するイベント「Digital Health Meetup Vol.2」のパネルディスカッション「医療革命! 医師のIT活用とその未来について」の模様をお伝えする。(2015/6/11)

プログラミング異種格闘インタビュー(1):
医療×IT 医師はプログラミングで医療の仕組みを変えられるか
プログラミングはプログラマーだけの特権ではない?――ITを活用して自身の専門分野をより良くしていこうとチャレンジしている人たちにお話を伺うインタビューシリーズ、本日始動。(2015/6/1)

情報共有で医療が変わる、“1患者1カルテ”を目指す静岡県の挑戦
医師不足が叫ばれるなか、情報共有を軸とした業務効率化でサービスの質を向上させようとする取り組みが盛んだ。地域の医療機関が連携できるようにシステムを整備した静岡県。しかし、現場にITシステムが浸透するまでの道のりは平たんなものではなかった。(2015/5/22)

インフォグラフィックスで分かる
“医療ビッグデータ”の主役に躍り出た「IBM Watson」に死角はないか
「IBM Watson Health」では医師が健康データや情報にアクセスして治療をパーソナライズできる。最高情報責任者(CIO)にとってはどのようなチャンスがあるのか。(2015/5/8)

医療機器ニュース:
長時間の手術で医師の手を疲れさせない、モーター不使用の手術支援ロボット
デンソーは、手術時に医師の腕を支え、生理的に生じる手のふるえや疲れを軽減する手術支援ロボット「iArmS(アイアームス)」の販売を開始した。(2015/4/27)

タバコ、やめたいですか?:
禁煙外来で受ける4つの治療法とは?
喫煙は、たばこに含まれるニコチンによる「ニコチン依存症」という病気です。一定の条件を満たした人は、医師の指導のもと禁煙外来で治療を受けられます。まずは、病院で相談を。(2015/4/23)

原作者は現役医師 名古屋テレビで今春スタートした戦隊ヒーロー番組が謎の超クオリティ!
「ゆめクリワールド」がすごい。(2015/4/14)

【連載コラム】医療ITの現場から
電子カルテ導入のコツは「セット化」「事前シミュレーション」にあり
電子カルテを導入しても使いこなせない医師もいる。その原因の1つに、入力を簡素化するはずの機能を適切に設定できていないことがあるという。電子カルテを長期間、使いやすい状態にするコツを紹介する。(2015/4/10)

第25回ファインテック ジャパン:
「もう4Kには戻れない」――8Kディスプレイ、医療分野でのニーズ高く
「第25回ファインテック ジャパン」では、98インチ8Kの液晶ディスプレイや、260インチ4KのLEDディスプレイなど、大型ディスプレイの展示が目を引いた。8Kディスプレイは、医療分野でのニーズが高まっていて、医師からは「もう4Kには戻れない」という声も出ているという。(2015/4/9)

医師の処方する睡眠薬と、処方箋なしで買える睡眠改善薬の違いは? 種類や特徴を確認
不眠に悩まされている人にとって、助けとなるかもしれない睡眠薬や睡眠改善薬。種類や特徴について確認してみましょう。(2015/4/2)

外科手術を大きく変える可能性:
手に乗せた“バーチャル心臓”が鼓動する! ホログラムを医療現場へ
近い将来、外科手術が大きく変わるかもしれない。イスラエルRealView Imagingは、医師が手のひらに、臓器のホログラフィ画像を乗せ、自由に動かしたり触ったりできる技術を開発している。2013年には、同技術を利用して16歳の患者の心臓外科手術が行われた。(2015/4/1)

日本は本当に医師不足なのか?:
医学部入試を通して、日本の「医師不足」を考える
国公立大学の医学部入試が行われました。医学部の定員数は未来の医師数を規定します。今回は、医学部入試を通して、昨今叫ばれている日本の「医師不足」について取り上げます。(2015/3/2)

医療スタッフも患者も気軽にネット接続する時代に
聴診器と同じようにタブレットを携帯――増えるIT医師に必要なインフラとは?
ほぼ全ての医師が勤務時間中にモバイルデバイスを使用している。医療機関はワイヤレスインフラを拡充し、このトレンドに対応する必要がある。(2015/3/2)

花粉症に有効な薬は症状や時期によって違う? 医師に聞くアレグラ、ザイザル、アレジオン
くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、やっかいな症状に悩まされている人も多い花粉症。治療に用いられる薬にはどんな種類があるのでしょう。(2015/2/19)

CAE事例:
医療現場の流体解析――日本人の死因第4位 脳血管疾患の病理解明
慈恵医大と東京理科大は流体解析の分野で共同研究し、脳血管疾患の治療や病態解明に取り組んでいる。工学の専門家ではない医師が簡単に利用できる「目的特化型」のCFD(数値流体力学)ツールも開発中だ。(2015/2/2)

PR:どんな意味がある? 何の役に立つ?――医師に聞く、遺伝子検査の本当の活用法とは
遺伝子検査を受けると一体どんなことが分かり、どのようなメリットがあるのか。また、それを活用する方法はあるのか。遺伝子検査にまつわる疑問を、ジェネシスメディカルクリニック六本木の院長、東田俊彦氏に聞いた。(2015/1/30)

アンジーの乳房切除は効果なし? 医師の提言
女性の「がん」に関して、賛否両論ある近藤医師の主張を紹介。(2015/1/29)

「医師たちのブラック・ジャック展」、京都国際マンガミュージアムで開催
ブラック・ジャックの等身大フィギュアと再現された手術室で手術着借りて記念撮影できる。(2014/12/23)

検診のススメ:
医師が健診をすすめるのは「あなたの命を救いたいから」
「どこも悪くないのに健診なんか受ける気がしない」と思う人は多いでしょう。しかし、何の症状もないからといって健康だとは限りません。病気が治るか治らないかは、早期発見が重要なのです。(2014/12/15)

忘年会シーズンに向けて! 医者が教える酒の健康的な飲み方
(2014/12/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。