ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医者」最新記事一覧

「信頼性薄い」批判受け……DeNAの健康情報サイト「welq」、専門家が監修へ
「welq」に掲載された記事の内容が「信頼性が薄い」などと批判されていたことを受け、運営元のDeNAは、医師など専門家による記事内容の確認を始めると発表した。(2016/11/26)

内容に問題ありと指摘されていた医療情報サイト「WELQ」、専門家の監修を行うと発表
医師や薬剤師などにより公開されている記事の監修を行い、問題があれば削除するなどの措置を取るとしています。(2016/11/25)

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない
「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは
医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。(2016/11/9)

女性MRは過去最多の9200人:
製薬会社の営業、受難の時代
新薬に関する専門的な情報や研究成果などを医師らに伝える、製薬会社の医薬情報提供者が減少している。安価なジェネリック医薬品の普及が進み、各社とも経営効率化に迫られていることなどが要因だ。(2016/10/27)

ブンブンサテライツのボーカル・川島道行が脳腫瘍で逝去 19年をともに歩んだ中野雅之が思いを語る
「(川島さんの)上の子は8歳“パパの病気を治したいからお医者さんになる!”“沢山勉強しなきゃいけないんだよ?”と問うと間髪入れずに“する!”と答える」(2016/10/11)

医療機器ニュース:
消費電力を最大55%低減、操作性も向上したマルチスライスCT装置
日立製作所は、従来装置に比べて大幅に消費電力を低減するなどした、マルチスライスCT装置「Supria/Supria Grande V2.21」を販売開始した。医師の読影支援やワークフローも改善し、操作性がさらに向上している。(2016/9/26)

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

ネットチャート Cloud Radiology Service クララ:
医療用画像や医師の所見などをクラウド上で安全に共有できるサービス
ネットチャートは、CT、MRIをはじめとする医療用画像や医師による所見などを安全に共有できるサービス「Cloud Radiology Service クララ」の提供を、2016年9月1日から開始すると発表した。(2016/9/9)

医療機器ニュース:
医療用画像などをクラウド環境で安全に共有できるサービス
ネットチャートは、医療用画像や医師による所見などをクラウド上で安全に共有できるサービス「Cloud Radiology Service クララ」の提供を開始すると発表した。遠隔地の診療所や施設とデータの共有ができるため、地域医療連携を促進する。(2016/9/7)

乳がん闘病中の小林麻央がブログ開設 「陰に隠れているそんな自分とお別れ」するため
医師から「癌の陰に隠れないで」と言われたそう。(2016/9/1)

全身麻酔患者へわいせつ行為で医師逮捕……病院側は不当逮捕主張 医療関係者も反発、有志が翻訳した参考文献もWebで公開
病院側は「手術後せん妄状態での幻覚や錯覚が織り交ざったものと確信する」と断言。(2016/8/31)

ヒロインの「ポッピーピポパポ」とは……? 「仮面ライダーエグゼイド」メインキャストに飯島寛騎、松田るか
主人公はシリーズ初の医師ライダー、10月2日放送開始。(2016/8/30)

真夏の散歩、犬の肉球は大丈夫? 獣医師と一緒にワンコ問題を考えるブランド「docdog」が誕生
お薦めのドッグ・ブーツも紹介。(2016/8/9)

マネーの達人:
歯医者の治療が長引く本当の理由とは
歯科を受診した際、ちょっとした治療のはずが何回も通わなければならない……そんな経験はありませんか? 今回は、歯科医での治療が長引く本当の理由をご紹介します。(2016/8/8)

医療技術ニュース:
脱毛症・薄毛に悩む人を対象に臨床研究を開始
東京医科大学は、東邦大学医療センター大橋病院と資生堂再生医療開発室と共同で、脱毛症や薄毛に悩む人を対象に、医師主導の臨床研究を行うと発表した。自家毛髪培養細胞を用いた細胞治療法の有効性・安全性を検証する。(2016/7/18)

いしゃまち:
医師が解説 ダイエットに効く2種の薬と2種のサプリメント
痩せなきゃと思っていても、ついつい食べてしまう――こんな経験がある人も多いのでは。今回は、ダイエットを助けてくれる薬やサプリメントを紹介します。(2016/7/12)

胃の中身を管で排出! 究極のダイエット機器「AspireAssist」がアメリカで承認
医師による管理のもと使用する必要があります。(2016/6/19)

待合室を攻略するための3か条:
「獣医師マジック」攻略法 動物病院の「待合室」を攻略する
動物病院に行くと緊張しませんか? 今回は、緊張して聞きたいことが聞けない「獣医師マジック」をやわらげるための「4つのこと」と「3カ条」をお伝えします。(2016/6/17)

ヤンマー、国産ブランドにんにく「やぶ医者」を本格的に出荷
農機大手のヤンマーは国産ブランドにんにく「やぶ医者にんにく」を6月から全国のスーパーマーケットなどに出荷開始する。(2016/6/15)

医師が嫌うのはどんな患者?
病院にかかるときにぜひわきまえておきたい、患者としてのマナー。医師から煙たがられる患者とは、どんな人なのでしょうか。(2016/6/13)

いしゃまち:
タバコを吸う人は要注意! 男性型脱毛症の意外な原因
AGAとはAndrogenic alopeciaの略で男性型脱毛症のこと。「お医者さんに相談だ」というテレビCMを覚えている人もいるでしょう。今回は、その症状と原因について説明します。(2016/6/13)

ボランティア医師による健康相談 「ポケットドクター for 震災支援版」を無償提供
オプティムとMRTが、震災支援のボランティアを希望する医師による健康相談を無償で受けられる「ポケットドクター for 震災支援版」の提供を開始しています。健康上で気になることなどを相談できます。(2016/4/21)

仕事でミスをするのは〇〇が足りていないから? 医師に聞く対処法4選
男性ホルモンの「テストステロン」は加齢と共に減り、それによって気力や筋肉、総合的な「男性力」が下がるといわれています。そこで、男性更年期外来の担当医にテストステロンを増やすテクニックを聞いてみました。(2016/4/19)

【連載コラム】医療ITの現場から
2016年度診療報酬改定、「医師事務作業補助体制加算」で勤務医は楽になるか?
「医師事務作業補助体制加算」の導入が医師の負担軽減に一定の効果が見られるというアンケート結果を受け、2016年度改定で同加算の見直しが行われる。具体的な変更点はどのようなものだろうか?(2016/4/20)

リクルート、ペットの症状を獣医師に相談できるWebサービス「Pet's All Right」
リクルートは、飼っているペットの症状をオンラインで獣医師に相談できる「Pet's All Right」の事前登録を開始した。正式サービスは7月中を予定している。(2016/4/6)

ディルバート(442):
医者の“お世辞”にご用心?
日本では「ばかは風邪をひかない」という言葉がありますが、同じような表現がないアメリカでも、同じような感覚はあるのかもしれませんね。(2016/3/31)

“ニュースの意味”を医師が解説する「イシコメ」 メドピアが開設
日本の医師の3人に1人が加入するという医師向けコミュニティサイト「MedPeer」の所属医師が、ニュースをピックアップして専門知識を生かしたコメントを付ける「イシコメ」というサイトがオープンしました。(2016/3/17)

動物好きで医者でイケメンとかいう完璧超人 イケメン獣医師が「セクシーすぎる獣使い」として話題に アメリカ
イケメン獣医師×モフモフ動物、夢のコラボ。(2016/2/7)

スマホでいつでも医師に相談できる「ポケットドクター」 その可能性と課題
救急車を呼ぶほどではないが、体調が優れない。どうするべきか――。そんなとき、スマートフォンから医師に相談できるサービスが2016年4月からスタートする。(2016/2/6)

女優・田中麗奈、40歳医師との結婚を発表
直筆のサイン入りでコメントしています。(2016/2/5)

「お客様の中にお医者様は……」を事前に把握 JALと日本医師会が協力
日本医師会とJALが、搭乗前に医師に登録してもらう「JAL DOCTOR登録制度」を開始。急病人が出ても、医師の座席情報がすぐに分かり、医療対応がスムーズになるという。(2016/2/4)

木の棒を投げて犬に取ってこさせる遊びに危険性 英国獣医師会が注意
安全なおもちゃで遊ぶよう呼びかけ。(2016/1/22)

医療機器 メルマガ 編集後記:
医療機器開発における“ニーズ=医師”の重要性
製品開発ではシーズとニーズをいかに結び付けるかが重要なのですが。(2015/12/21)

医療機器ニュース:
グローブ型触感センサーを開発、漢方医師の触診をデータ化
富士通は、富士通研究所、北里大学東洋医学総合研究所と共同で、触診時の漢方医師の触感をデータ化するグローブ型触感センサーを開発した。(2015/12/21)

医療機器ニュース:
空気圧手術支援ロボット「EMARO」が早期に製品化できた理由
空気圧アクチュエータを応用した内視鏡ホルダーロボット「EMARO」は、手術支援ロボットとして見ると短期間で開発できた製品といえる。早期に製品化できた背景には、医療機器へのニーズを的確に把握している医師からの提言があった。(2015/12/18)

「Skype for Business」「Office 365」も活用
「iPad」で在宅医療の遠隔会議を実現した武蔵村山市医師会
東京都西部にある武蔵村山市医師会の在宅医療部会は、Web会議システムと「iPad」を活用した遠隔会議の仕組みを構築・運営している。(2015/12/10)

やだ、間くん超セクシー…… ブラック・ジャックの添い寝シーツがC89のTBSブースで販売決定
医者はここだ!(2015/12/7)

ディルバート(426):
「Watson」があれば医者はいらない?
高度な人工知能やドローンなど、技術が発達すればこんな医療になる日も近いかもしれませんね。(2015/12/3)

“肉食系”の勝負下着にどうぞ アメリカの食品メーカーが「ベーコンの香りがするパンツ」を販売してるぞー!
ただし郵便配達員や動物園の飼育員、獣医師、サーカス団員の方にはおすすめしません。(2015/11/28)

出会い系アプリで性病患者が増えている? 英医師協会が警告
イギリスでは出会い系アプリのせいで性感染症患者が増えている可能性があると、同国の性感染症予防協会がBBCのインタビューで語っている。(2015/11/9)

TOKIO長瀬智也さんがイケメンで天才な偏屈医師を演じる 「フラジャイル」が“水10”でドラマ化
「ムコ殿2003」以来、13年ぶりのフジテレビ系主演。(2015/10/19)

医師国家試験を解答する人工知能、慶大など開発 正答率4割超、「数年内に合格可能」
医師国家試験を自動解答する人工知能プログラムを慶大などが開発。データを大量に準備できれば、合格可能なプログラムが数年以内に完成できるという。(2015/9/16)

Yelp、病院の病床数や緊急治療の平均待ち時間を表示
口コミサイトのYelpが、病院などの医療施設のレビューページの一部に公的機関や非営利団体による評価を表示するようになった。病床数や研究治療の待ち時間、医師のコミュニケーションスキル、病室の静かさなどが表示される。(2015/8/6)

医療機器ニュース:
MRIを自動解析し、脳脊髄液の流速を計測・表示する技術を開発
東芝は、造影剤を使わずに撮像した脳脊髄液(CSF)のMRIを自動解析し、CSFの流速を計測・表示する「CSFダイナミクス定量化技術」を開発した。これまで医師が視覚的に評価していたCSFの流速を、定量化できるようになる。(2015/7/13)

現役医師が語る「がんもどき理論」何が問題か?
(2015/7/4)

台湾に見る「オンライン遠隔医療サービス」の現状 日本での普及促進のカギは
人口の高齢化が進み、医師不足が叫ばれる中、遠隔での検診を可能にするのが「テレメディスン」。国内では関連する法律の見直しも行われていますが、人々の生活に取り入れるためには何が必要か――。その手がかりは台湾にありました。(2015/7/3)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
医師にも“やさしい”電子カルテへの改善のススメ
患者に優しい医療サービスを提供する前提として、全てのスタッフに最高の労働環境、電子カルテシステムを用意できているのだろうか?(2015/6/19)

ひうらさとる、子宮頸がんをテーマにした漫画をWebで
子宮頸がん患者に向き合う一人の医師が主人公。全4話を順次公開していく。(2015/6/15)

週刊「調査のチカラ」:
『世界一受けたい授業』で話題の医師7万人アンケート、放映されなかった質問を公開
医師が答える言い病院の選び方から肥満対策に失敗した人の言い分まで。調査の結果を見れば、「人々の本音」が見えてくるかもしれません。(2015/6/13)

【連載コラム】医療ITの現場から
電子カルテ導入で医師が楽になるケース、ならないケース
業務の効率化を期待して進める診療所のIT化。しかし、思ったほど効果がなかったり、かえって負担が増えてしまったりすることもある。医師が楽になるケースとならないケースの実例を紹介する。(2015/6/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。