ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医療」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

ドコモ、富士山頂で「PREMIUM 4G」を提供 外国人登山者の急病時対応も
NTTドコモは、7月10日から富士山頂での「PREMIUM 4G」のエリア化を実施。外国人登山者の急病時対応としてリアルタイム映像サービス「みえる通訳forビジネスプラス(医療通訳プラン)」のトライアルも行う。(2017/6/26)

医療機器ニュース:
遠隔地で医療研修を受講できるソリューションを提供開始
日立産業制御ソリューションズは、「医療研修基盤提供ソリューション」の提供を開始した。クラウドを活用し、医療研修環境がない遠隔地に居ながら、研修に参加できる環境を構築する。(2017/6/26)

0.5歩先の未来を作る医療IT
クリニック経営を「見える化」するツール「PMS(Practice Management System)」とは?
診療所経営の見える化を実現するPMS(Practice Management System:病院向け経営支援システム)。登場の背景には「もっと楽に電子カルテやレセコンのデータ分析をしたい」という、医師の切実なニーズがあります。(2017/6/23)

EIZOが4K映像転送を用いた遠隔血管内治療の実証実験を実施
EIZOは、国内で初となる4K映像転送を用いた血管内治療・遠隔医療指導の実証実験を実施したと発表した。(2017/6/22)

医療技術ニュース:
東北大学病院が個別化医療をスタート、がん治療にゲノム/オミックス解析を活用
東北大学病院は、個々の患者に合わせた最適な治療を提案する「個別化医療」を推進するプロジェクトを開始した。まずは「個別化医療センター」が中心となって、疾患バイオバンクを設立し、がんクリニカルシーケンス検査を始める。(2017/6/22)

組み込み開発ニュース:
UI開発フレームワークの最新版を発表
フィンランドのThe Qt Companyは、クロスプラットフォームのUI開発フレームワーク「Qt(キュート)」の最新版「Qt 5.9」を発表した。医療や車載など、各種分野向けのソフトウェア/デバイスの効率的な開発を支援する。(2017/6/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
ネットを遮断された「英語圏」の地域は、どうなったのか
突然「インターネット」が使えなくなったらどうなるか? SNSやメールが使えなくなるだけでなく、金融や医療機関などでも大きな支障が出るはずだ。考えただけでも恐ろしいのに、実際に使えなくなった国がある。アフリカのカメルーンだ。どのような混乱が起きたかというと……。(2017/6/22)

IoTで成功するために:
PR:IoTでビジネス変革を起こす4つのコツ
IoT(モノのインターネット)でビジネス変革を起こしたい――。製造業や流通業、農業、医療、教育など産業を問わず、IoTを活用したビジネス変革を目指す動きが加速しているが、変革に至るまでの道のりは険しい。IoTでビジネス変革を成し遂げるための“4つのコツ”を紹介する。(2017/6/22)

ノキア、日本市場に9年ぶり再進出 1万円を切る「Wi-Fi対応体重計」など ヘルスケア注力
ノキアが9年ぶりに日本の一般消費者向け市場に再進出する。(2017/6/21)

スマートファクトリー:
古い設備でもリードタイム65%削減、GEヘルスケア日野工場がIoTで実現したこと
「スマートファクトリー Japan 2017」の講演にGEヘルスケア・ジャパン Brilliant Factoryプロジェクト長の田村咲耶氏が登壇。「GEヘルスケア日野工場における次世代工場の取り組み」をテーマに、同社工場のデジタル化への取り組みなどを紹介した。(2017/6/21)

医療機器ニュース:
世界トップクラスのがん専門病院と日立が共同研究、頭頸部がんの放射線治療で
日立ヘルスケアアメリカズと米MDアンダーソンがんセンターは、頭頸部がんの放射線治療の臨床試験に関わる共同研究に合意した。頭頸部がんの患者に対して、X線と陽子線の2種類の放射線を用いた治療を実施し、治療効果や副作用を比較する。(2017/6/20)

802.11ac Wave 2アクセスポイントを導入
狙いはモバイルとIoT 米国医療機関がArubaの無線LAN製品を選んだ理由
Medical Center Health System(MCH)はCisco SystemsのWi-Fiネットワークをリプレースし、Aruba NetworksのWi-Fiネットワークに移行した。その目的と導入効果とは?(2017/6/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
Apple元CEOが挑戦するクラウドシステム 米国の高額医療費問題は解決できるか
かつてAppleとPepsiCoのCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤管理システムベンダーを設立した。米国の医療制度にまつわる高額医療費問題を、スカリー氏はITでどのように解決しようとしているのか。(2017/6/16)

Qt 5.9:
産業機器や車載に適した「Qt」最新版
GUI開発フレームワーク「Qt」の最新版「Qt 5.9」が提供開始された。バージョン5.6以来の長期サポート(LTS)対応版であり、INTEGRITYへの対応も正式に行われるため、産業機器や医療、車載などにも適する。(2017/6/15)

医療機器ニュース:
ハイブリッド手術室を救急災害医療に応用、シーメンスヘルスケアと東京曳舟病院
伯鳳会グループとシーメンスヘルスケアは、救急災害医療を中心とした医療機器の運用およびサービスに関するパートナーシップを締結した。救急災害医療のための「ハイブリッドER」を東京曳舟病院にて展開・運用する。(2017/6/13)

ヘルスケア大学、未確認の参画医師情報を一時非掲載に 一時は参画医師5000人以上とも
今後は参画医師の減少が見込まれる。(2017/6/10)

医療IoTシステムの国内市場は2025年に2倍に成長、AI関連は4倍に――富士経済調べ
富士経済によると、2025年の医療分野におけるIoT関連機器・システムの国内市場は2016年の約2倍に成長し、AI関連市場は4倍になるという。(2017/6/9)

海外医療技術トレンド(25):
米国で具体化する輸血ポンプのサイバーセキュリティ対策
米国で具体的な動きを見せつつある医療機器のサイバーセキュリティ対策。医療機器ユーザーの視点に立ったガイドラインづくりも具体化している。(2017/6/9)

「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2017」開催 子育てや健康がテーマ
福岡県・飯塚市が、スマートフォンアプリの開発コンテスト「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2017」を開催。「子育て・学習・趣味」「生活(仕事)の利便性向上」「健康・医療・介護」という3つのテーマに沿ってアプリを開発する。(2017/6/8)

医療機器ニュース:
ガンマ線を可視化する軽量の医療用コンプトンカメラを開発
早稲田大学は、大阪大学や量子科学技術研究開発機構、浜松ホトニクスと共同で、ガンマ線を可視化する580gの小型カメラを開発した。このカメラを用いて、生体マウスの3D同時分子イメージングにも成功した。(2017/6/6)

飛躍:
転換期を迎えたベトナムのヘルスケア産業と事業機会
今、ベトナムのヘルスケア産業は大きな転換期を迎えようとしている。言うまでもないが、大きく変化するタイミングは、大きな事業機会でもある。(2017/6/6)

サプスクリプションモデルも好調:
App Store、開発デベロッパーの収益が累計700億ドル突破
米Appleが「App Store」を通じた開発デベロッパーの2008年以降の収益が累計700億ドルを突破したと発表。ゲームやエンタメのほかにも、ヘルスケアや写真カテゴリなどが成長中。サプスクリプションモデルも好調だ。(2017/6/2)

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます
厚労省のガイドラインを解説。(2017/6/2)

医療技術ニュース:
高血圧に関する1万人調査、血圧高めの人の半数が医療機関を受診せず
オムロン ヘルスケアが「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」の結果を発表した。健康診断で「血圧が高め」と指摘された人の半数が医療機関を受診しておらず、30代男女の3人に1人は受診も生活改善もしていないことが分かった。(2017/6/1)

「ヘルスケア大学」は信頼できる? 執筆体制は
「ヘルスケア大学」の記事に間違いが多数含まれているとの指摘があり、運営元が改善策を発表。記事は編集部と社内外のライターで執筆し、医師が監修しているという。(2017/5/25)

医療技術ニュース:
脳梗塞領域に血管を誘引する人工細胞足場、脳の修復や再生に寄与
東京医科歯科大学は、脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場を開発した。一度損傷を受けると再生しないとされていた脳の修復/再生に寄与する成果で、再生医療への展開が期待される。(2017/5/25)

AppleとNokia、特許訴訟で和解──複数年のライセンス契約締結
NokiaがAppleを特許侵害で提訴し、AppleはNokiaのヘルスケア製品をオンラインストアから排除していた争いに決着がついた。NokiaはAppleからライセンス料を受けてネットワーク製品を提供し、Appleは排除していたNokia製品の販売を再開する。(2017/5/23)

スピン経済の歩き方:
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
関西国際空港の近くにある病院を目指して、わざわざ海外からやって来る人が増えている。病院名は、IGTクリニック。がん治療専門のクリニックに、なぜ外国人の患者が増えているのか。その理由は……。(2017/5/23)

車載半導体:
ミリ波レーダーのさらなる低コスト化へ、CMOSプロセスの採用が活発に
日本テキサス・インスツルメンツは、76〜81GHz帯に向けたミリ波レーダー用ワンチップCMOS製品の新しいポートフォリオを発表した。車載、ファクトリーオートメーション、医療など幅広い市場に提案する。現在量産されているミリ波レーダー向けソリューションと比較して、最大3倍の精度のセンシング機能を実現するとしている。(2017/5/23)

「ヘルスケア大学」記事に「間違い多数」と指摘 運営元「精査する」
「ヘルスケア大学」の記事に、間違いが多数含まれていると医師などが指摘している。運営元は「指摘を受けた記事は修正する」「指摘受けていない記事についても再度、自社の企業努力として精査する」と改めて発表した。(2017/5/22)

0.5歩先の未来を作る医療IT
診療予約システムに見る、医療とITの良い関係 ポイントは「患者の来院管理」
「集患」と「待ち時間」という、クリニック経営の代表的な課題を、ITはどのように解決するのでしょうか。(2017/5/22)

ランサムウェア「WannaCry」、医療機器メーカーも独自パッチを準備
「WannaCry」の影響は大手医療機器メーカーや産業機器メーカーの製品にも及んでいる。独Siemensはアップデートの公開準備を進めていることを明らかにした。(2017/5/19)

医療技術ニュース:
放射線医療従事者の水晶体被ばくの実態を解明
東北大学は、画像下治療を行う放射線医療従事者の眼の水晶体被ばくの実態を明らかにした。新型の水晶体用線量計「DOSIRIS」を用いて水晶体被ばくを正確に測定評価し、軽量型放射線防護メガネの防護効果も検証した。(2017/5/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
ランサムウェアに身代金を支払ってしまった病院、対策に“正解”はあるのか?
医療機関が身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害を受けた場合、システムの停止は患者の生命に直結する。病院は「ランサムウェアには身代金を支払わない」という理想論が通用しない局面を想定して、対策する必要がある。(2017/5/19)

3200台のiPhoneで医療現場の負担は減るのか 慈恵医大の挑戦
ITを活用した働き方改革は、企業だけでなく、医療の現場にも変化をもたらしている。約3200台ものiPhoneを導入し、医療、そして病院内のIT活用を進める東京慈恵会医科大学の取り組みを取材した。(2017/5/12)

海外医療技術トレンド(24):
米国で厳格化する医療データの外部委託管理
米国と言えば、患者データ漏えいなどの法令違反に関連して高額の制裁金を課すことで知られている。その矛先が、医療機関や医療保険者から外部委託先へと向かってきた。(2017/5/12)

「第2のWELQ」? Yahoo!ニュースの指摘を受け、医療情報サイト「ヘルスケア大学」が釈明
誤りを一部認め、改善の意向を示しています。(2017/5/11)

「この子には効くんです」 「風邪には抗生物質」不要な処方も
多くの風邪に抗菌薬(抗生物質)は効かないが、診療の現場では抗菌薬が処方されることが多いとされる。(2017/5/11)

不要な処方やめ耐性菌防ぐ:
感染危機 薬が効かない:「風邪には抗生物質」思い込み
多くの風邪に抗菌薬(抗生物質)は効かない。原因が細菌ではなくウイルスだからだ。しかし、実際の診療の現場では抗菌薬が処方されることが多いとされる。(2017/5/10)

MEDTEC Japan 2017:
最新の医療機器を使った模擬手術室から新たな種は生まれるか
医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2017」で目玉展示の1つになったが、日本臨床工学技士会が協力した模擬手術室だ。(2017/5/8)

日本マイクロソフト/ユニアデックス/NTTドコモ:
製造業およびヘルスケア事業に向け、セキュアなIoTパッケージサービスを提供
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモの3社は、法人向けIoTビジネスの拡大に向けた協業開始を発表した。Microsoftのパブリッククラウドプラットフォーム「Azure」、ユニアデックスの「IoTビジネスプラットフォーム」、NTTドコモが提供する閉域網サービスを連携させたセキュアなIoTパッケージサービスを2017年9月に共同販売する予定だという。(2017/5/8)

2017国際医用画像総合展:
CT装置の“常識”を打ち破る「SOMATOM go」はタブレット端末で操作する
シーメンスヘルスケアは、「2017国際医用画像総合展」において、タブレット端末で操作する新コンセプトのCT装置「SOMATOM go」を披露した。CT検査のワークフローにおける“常識”を打ち破る「業界初」(同社)の製品だという。(2017/4/26)

医療機器ニュース:
高鮮鋭なX線動画をリアルタイム表示する医療用X線動画技術を開発
富士フイルムは、ノイズを抑えた高鮮鋭なX線動画をリアルタイムで表示できる医療用X線動画技術を開発した。同技術は、デジタルX線画像診断分野で培った画像技術と新開発の画像処理エンジンによって開発された。(2017/4/25)

MEDTEC Japan 2017:
8K映像の内視鏡で遠隔医療、据え置き画質の超音波画像をモバイルで
ソシオネクストは、「MEDTEC Japan 2017」において、内視鏡手術などで用いられる高精細な8K映像をエンコード/デコードする技術を披露。モバイル医療機器ソリューション「viewphii(ビューフィー)」のアップデートも紹介した。(2017/4/24)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療ITが普及する5つの条件とは? 遠隔診療を例に考える
ビデオ通話のシステムを利用し、患者が来院せずに診療を受けられる「遠隔診療」の登場は、医療ITに新しい価値を示しました。遠隔診療をヒントに「医療ITが普及するための条件」を考えます。(2017/4/24)

MEDTEC Japan 2017:
歯ぐきを人肌に暖めるマイクロヒーター、面の温度分布を測れるサーミスター
村田製作所は、「MEDTEC Japan 2017」において、“ムラタのサーマルソリューション”をうたい、同社製サーミスターを用いた医療器具への適用事例を紹介した。(2017/4/20)

MEDTEC Japan 2017開催直前情報:
世界最小サイズの超極小ベアリング、医療機器の超小型精密部品向けに提案
ミネベアミツミは「MEDTEC Japan 2017」の出展概要を発表。従来の最小サイズ品と同等の高い精度、耐久性、高剛性を保ちつつ、さらなる小型化を実現した「世界最小サイズ」(同社)となる外径1.5mmの超極小ベアリングなどを出展する。(2017/4/18)

医療機器ニュース:
タブレット端末で操作できるCT装置の販売を開始
シーメンスヘルスケアは、タブレット端末で操作できるCT装置「SOMATOM go」の国内販売を開始した。タブレット操作でCT検査のワークフローを完結できるようにしている。(2017/4/18)

NEC FC-PMシリーズ:
24時間連続稼働が可能な産業用コンピュータのWindows 10対応モデル
NECは、24時間連続稼働が要求される設備監視や医療機関での利用に適したファクトリコンピュータ「FC-PMシリーズ」のWindows 10対応モデル2機種を発表した。(2017/4/18)

医療におけるIT活用の“一歩先”とは
医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策
医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。(2017/4/19)

PR:医師専門の求人サイト 医師、ドクター専門の転職サイト「e-doctor」



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。