ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医療」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

Bluetooth Classicと、どう違う?:
PR:Bluetooth Low Energy(BLE)入門――なぜBLEは世界で愛用されるのか
スマートフォンなどのモバイル機器から、車載機器や医療機器まで、あらゆる電子機器間の接続手段として今や当たり前のように、世界中で愛用されている無線通信技術「Bluetooth Low Energy」(BLE)。なぜ、さまざまな無線技術を差し置いて、BLEがあらゆる機器に組み込まれるようになったのか。BLEの技術的特長を詳しく見ていきながら、その魅力を探ろう。(2017/2/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
スペインで、柴崎岳に何があったのか
CDテネリフェの医療チームから「不安障害」の可能性を指摘されたMFの柴崎岳が、復帰する見通しとなった。「柴崎はスペインリーグに強い興味をもっていた」と言われていたのに、なぜ体調を崩したのか。(2017/2/24)

44アイデア:
パナが社内公募で「ユニーク家電」開発
米国で3月に開かれる世界的規模のIT展示会に、パナソニックが家電関連の新規事業を出展する。社内初の公募で選ばれた事業アイデアはインテリアやヘルスケアとの融合などユニークなものばかりだ。(2017/2/17)

特選ブックレットガイド:
「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
製品開発は複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。「Zuken Innovation World 2016」での講演を紹介する。(2017/2/14)

ロボット開発ニュース:
ロボティクス世界市場、2020年までに起こる10のこと
2020年に向けて、高速動作が可能な協働ロボットが新規導入されるロボットの30%を占め、物流や医療などの非製造業の主要企業の35%がロボットの活用を検証し始める。一方で、人材不足や雇用維持をにらんだロボットの導入規制も導入されそうだ。(2017/2/13)

レイシスソフトウエアーサービス VoiceCapture:
検査完了で所見入力が完了する、音声認識所見入力システム
レイシスソフトウエアーサービスが、音声認識による医療機関向け所見入力システム「VoiceCapture」を販売開始した。日本消化器内視鏡学会のJEDに準拠、他の電子カルテやファイリングシステムとも連動する。(2017/2/10)

医療機器開発のための薬機法解説(2):
医療機器を市場に流通させるために必要なこと
2014年11月に施行された医薬品医療機器等法、略して「薬機法」について、医療機器開発の観点から解説していく本連載。第2回は、医療機器を市場に流通させる際の規制などについ取り上げる。(2017/2/10)

パイオニア 医療用電子聴診器「U10」シリーズ:
音響技術を生かした医療用電子聴診器、限定生産で
パイオニアは独自の音響技術を用いて聴覚性能を高めた医療用電子聴診器「U10」シリーズの生産・出荷を開始した。臨床現場での実用化検証に主眼を置き、限定生産とする計画だ。(2017/2/9)

クラウドで薬剤給付管理システムを最適化
高額医療費問題をどう解決? Apple元CEOジョン・スカリー氏の挑戦
AppleとPepsiCoでCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウド技術を活用してスペシャリティドラッグ(専門医薬品)の価格を抑え、医薬品の流通とビジネスサイクルを最適化することを目指しているという。(2017/2/8)

多剤大量処方の問題が解決する?
Apple元CEOジョン・スカリー氏が提案する、米国の薬剤給付管理システムとは
Appleの元CEOジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤共同管理システムを携えて医療ITに参入した。これの導入によって、どのようなメリットが生まれるのだろうか。(2017/2/7)

「hitoe」活用:
“着るセンサー”で治療の質向上へ ドコモなど実証実験
東レ、NTT、NTTドコモが、医療型ウェアラブルセンサーの実証実験をリハビリ施設で行う。患者の生体情報を取得し、治療の質の向上につなげる。(2017/2/6)

地域のより高度な医療の実現を目指す:
NECとSCSK、京都岡本記念病院の院内ネットワークをSDNで構築
京都岡本記念病院がSDNを活用した院内ネットワークを構築。ネットワークの経路追加や設定変更へ柔軟に対応でき、さらに信頼される地域医療の提供に向けた安定稼働やセキュリティ性を確保するのが目的。NECとSCSKが構築を担った。(2017/2/3)

SDNで医療機器の移動も自在に、京都岡本記念病院がネットワークを刷新
院内ネットワークにSDNを導入し、エコーなどの医療機器を含む電子カルテ系システムと、インターネット接続用PCなどの情報系システムを統合。院内のレイアウトや、医療機器を移動してのネットワーク接続・利用が容易な環境を構築した。(2017/2/3)

海外医療技術トレンド(21):
米国医師会のエビデンスに基づくモバイルヘルス戦略
前回は、米国の規制当局による医療ソフトウェア評価の仕組みづくりを取り上げたが、同様の動きは医療専門家側でも進んでいる。(2017/2/3)

人工知能ニュース:
がんプレシジョン医療にAIを活用、治療率が6倍に
がん研究会、がん研究所、FRONTEOヘルスケアは、最先端のゲノム解析技術とAI(人工知能)を用いて「がんプレシジョン医療」を実現するシステムの開発に向けた共同研究を開始する。現在、一般的で明確ながん治療法が当てはまらないがん患者の治療率は5%程度だが、共同研究により治療率を6倍の30%まで高められる可能性がある。(2017/2/1)

医療機関のIT導入に関する調査レポート
最も関心があるのは「医療クラウド」、読者調査が示す医療IT最新トレンド
医療機関に従事するTechTargetジャパン会員を対象に「医療機関のIT導入に関する調査」を実施。本レポートではその概要をまとめた。(2017/2/1)

PR:最新技術を取り入れ、新たな挑戦に乗り出す――医療機器商社ムトウがレノボのハイパーコンバージド・システムを選んだ理由
「トラブルがなければシステムインフラの乗り換えは避けたい」――こんな風に考えるIT部門が多い中、新たなテクノロジーであるハイパーコンバージド・システムを積極的に採用し、柔軟性が高く将来的にも安心できる仮想化サーバインフラを手に入れたのが、医療機器商社大手のムトウだ。(2017/2/1)

別府市医師会と富士通、在宅医療でのモバイル業務アプリの制御技術を実証
医師・看護師・介護士・薬剤師などが連携して患者をケアするために、共有する医療情報への安全な自動アクセスを実現する技術を開発。別府市医師会などが、在宅医療現場で実証実験を行った。(2017/1/31)

医療機器ニュース:
医薬品・医療機器メーカー向けの最新シリアライゼーション・ソリューション
米Rockwell Automationは、医薬品・医療機器メーカー向けの「シリアライゼーション・ソリューションv4.1」を発表した。シリアライゼーション・データを管理し、サプライチェーン全体での製品の追跡可能性を高めている。(2017/1/30)

日本HP HP Z2 Mini G3 Workstation:
従来比80%小型化した高性能ワークステーション、CADなどの高負荷作業に最適
日本HPは、ミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表した。建築や製造、金融、メディア/エンターテインメント、ヘルスケアなど、さまざまな業界での導入を想定する。(2017/1/30)

医療機器ニュース:
音響技術を生かした医療用電子聴診器を出荷開始
パイオニアは、独自の音響技術を用いて聴覚性能を高めた医療用電子聴診器「U10」シリーズの生産・出荷を開始した。臨床現場での実用化検証に主眼を置き、限定生産とする計画だ。(2017/1/24)

JIG-SAW モビコム 生物細胞制御ソフトウェア:
視細胞を制御するソフトウェアを視覚再生医療に
JIG-SAWとモビコムは、ソフトウェアで視細胞を制御する「視覚再生医療」に着手した。視覚再生用のプリズムグラスと視細胞制御ソフトウェアを提供する。(2017/1/24)

豊橋技術科学大学が開発:
医療・介護施設の巡回をロボットで 人手不足解消狙い
豊橋技術科学大学は医療・介護支援ロボット「Lucia」(ルチア)を披露した。介護施設や病院での夜間巡回や、歩行訓練(リハビリ)を支援する。(2017/1/20)

手術後の女性の胸なめ「わいせつ」幻覚か真実か 医師の釈放求め署名4万人 捜査当局vs医療界の全面対決に
手術後の女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師の公判。医師側は無罪を主張し、有志の医師が支援団体を結成するなど擁護している一方、警察・検察当局は有罪立証に自信を見せる。(2017/1/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
プチ整形「ボトックス」は医療を変えるのか
「ボトックス」と聞くと、多くの人はアンチエイジングを目的に俳優などが打っている「ボトックス注射」を思い出すだろう。ただ、やりすぎて顔の表情が不自然になることも。そんなネガティブなイメージもあるが、期待されていることもある。例えば……。(2017/1/19)

医療機器ニュース:
アジアでいち早くISO 13485:2016認証を取得
BSIグループジャパンは、日本光電工業に2016年版のISO 13485(医療機器品質マネジメントシステム)の認証を実施。UKAS認定の2016年版ISO 13485としては、アジアにおいてもいち早い認証取得になるという。(2017/1/17)

医療機器ニュース:
視細胞を制御するソフトウェアを視覚再生医療に提供
JIG-SAWとモビコムは、ソフトウェアで視細胞を制御する「視覚再生医療」に着手した。視覚再生用のプリズムグラスと視細胞制御ソフトウェアを提供する。(2017/1/14)

ヒトES細胞から小さな「腸」作成 成育医療研究センターが成功
国立成育医療研究センターは、ヒトのES細胞から小さな腸管「ミニ腸」を作ることに世界で初めて成功したと発表した。(2017/1/13)

日本でも活用が進む:
チャットボットがビジネスインフラになる日
人工知能(AI)と言えば、自動運転や医療への応用で脚光を浴びているが、もちろんECや物販などのビジネスにも応用できる。その領域で今、注目を集めているのがチャットボットだ。米国の動きを見ても、チャットボットが消費者向けビジネスの主要チャンネルの1つになることはまず間違いないだろう。実は日本でも、その動きが加速し始めている。(2017/1/11)

医療機器ニュース:
IoT/AIを活用した未来型医療の共同研究・実証を行う研究所を設立
佐賀大学とオプティムは、IoT/AIなどを活用した研究を行う「メディカル・イノベーション研究所」を設立した。医療現場の課題に対し、効率的で効果的な医療を実施する研究を行う。(2017/1/11)

NECフィールディング:
医療機器市場に向け、機器修理を含めたトータルサポート事業を本格展開
NECフィールディングは、医療機器市場に向けて、医療機器ならびに付帯設備品などの保守サービスを2017年1月から開始すると発表した。(2017/1/11)

医療機器ニュース:
ヘルスケア事業拡大に向け、総合試薬メーカーを買収
富士フイルムは、和光純薬工業を買収すると発表した。武田薬品工業グループが所有する同社の普通株式の全てを公開買い付けで取得する。その技術力と製品を活用し、再生医療分野を含むヘルスケア事業や高機能材料事業の拡大を図る。(2017/1/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。(2017/1/6)

Zuken Innovation World 2016:
「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
製品開発は法令順守や機器の高度化などで複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。(2017/1/5)

医療機器ニュース:
腕時計サイズで高精度のモーションキャプチャーシステムを開発
東京工科大学は、腕時計サイズながら、精度の高いモーションキャプチャーシステムの開発に成功した。また、同システムを医療分野などで活用するための実証実験を開始した。(2017/1/4)

Apple、係争中のNokia傘下のWithings製品をApple Storeから削除
新たな特許裁判でNokiaと係争中のAppleが、Nokia傘下のWithingsのヘルスケア製品のApple Storeでの販売を停止した。(2016/12/26)

キタムラ機械 Mycenter-HX iGシリーズ:
航空機や自動車部品の加工に最適なMTConnect対応の横型マシニングセンタ
キタムラ機械は、医療機器や金型、航空機・自動車部品の加工向けに、横型マシニングセンタ「Mycenter-HX iG」シリーズを発売した。(2016/12/26)

組み込み開発ニュース:
リアルタイムOS製品の開発プロセスが「IEC 62304」認証を取得
イーソルは、リアルタイムOS製品の開発プロセスが医療機器用ソフトウェアの開発と保守に関する安全規格「IEC 62304」の認証を取得したことを発表した。併せて、リアルタイムOS「eT-Kernel」の提供を開始する。(2016/12/23)

ウェアラブルニュース:
セコムの「マイドクターウォッチ」はウェアラブルヘルスケアの本命となるか
セコムは、自社開発のリストバンド型ウェアラブル端末を用いた健康管理と救急対応のサービス「セコム・マイドクターウォッチ」を発表。2017年1〜3月にかけてトライアルを実施した後、同年初夏からセコム・ホームセキュリティのオプションとして正式にサービスを開始する計画である。(2016/12/22)

医療機器ニュース:
高精細映像を得られる医療施設向け4K術野カメラ
ソニーは、手術部位の視野(術野)を高精細に撮影する、医療施設向け4K術野ビデオカメラ「MCC-S40MD」を発表した。術野の細部や暗部まで精緻に撮影できる、高感度1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載している。(2016/12/21)

製造マネジメントニュース:
力技でも欲しかった、キヤノンが医療分野に掛ける夢
キヤノンは、2016年3月に発表した東芝メディカルシステムズの株式取得について、競争法規制当局のクリアランス認証が完了したため、東芝メディカルシステムズの子会社化を行う。(2016/12/20)

イーソル eT-Kernel:
イーソルのRTOS開発プロセスが「IEC 62304」認証を取得
イーソルのRTOS開発プロセスが、医療機器用ソフトウェアの安全規格である「IEC 62304:2006」の認証を得た。あわせてIEC 63304の要求を満たしたRTOSの提供も開始した。(2016/12/20)

リンクス Basler ToF(Time-of-Flight):
FAから医療まで幅広い用途で活用できる産業用3次元デジタルカメラ
リンクスは、独Baslerが開発した産業用3次元デジタルカメラ「Basler ToF(Time-of-Flight)」の販売を開始した。(2016/12/19)

富士フイルム、武田の試薬子会社を買収 再生医療強化へ1500億円
富士は、細胞培養向けの試薬や感染症の診断薬に強みを持つ和光を傘下に収め、再生医療や医薬品事業を強化する。(2016/12/16)

海外医療技術トレンド(20):
海外で進む医療ソフトウェア臨床評価の標準化
日本では、2014年11月の医薬品・医療機器等法施行により、スタンドアロン製品として承認申請や市販後対策の対象となった医療ソフトウェア。海外では、国境を越えた国際標準化への取り組みが着々と進んでいる。(2016/12/16)

「B2Bhack.com」主宰 飯室淳史氏が講演:
「顧客中心」の組織作り、誰もやらないならマーケターがやるしかない
外資系医療機器メーカーのデジタルマーケティング責任者を長く務めた飯室淳史氏が「デジタル時代を勝ち抜くマーケティングと組織」を語った。(2016/12/15)

ソニー MCC-S40MD:
術野を高精細に撮影する、1型センサーの医療施設向け4Kビデオカメラ
ソニーが医療施設向け4Kビデオカメラ「MCC-S40MD」を発売する。1型センサーと12倍ズームレンズを搭載し、高精細かつ低ノイズな映像の撮影を可能とした。(2016/12/15)

北米放射線学会(RSNA 2016)トピックス
「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは
第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。(2016/12/14)

インテリアにマッチするロースタイル、Bluetoothスピーカーも内蔵したマッサージチェアが登場
フジ医療器は、座面や背もたれが低い“ロースタイル”のマッサージチェア「AS-LS1」を発表した。Bluetooth対応の2.1chスピーカーを内蔵し、音楽を聴きながらリラックスできる。(2016/12/13)

Twitterに投稿された「小鳥を飼う前に読んで欲しい漫画」が話題に 不幸な小鳥を増やさないためにあえてデメリットを紹介
「噛む」「声がうるさい」「医療費」など大変な点をまとめています。(2016/12/9)

PR:医師専門の求人サイト 医師、ドクター専門の転職サイト「e-doctor」



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。