ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドメイン管理」最新記事一覧

インシデントレスポンス担当者の負担を減らそう:
RSA Conference 2016に見る「可視化」「検出」「対応」を支援する製品たち
RSA Conference 2016の会場では、侵害は起こり得るものだという前提に立ち、システム内部に入り込んだ脅威をいち早く見つけ出し、速やかに対処することで、被害を最小限に抑えることを目指した製品が多数紹介された。(2016/3/4)

標的型サイバー攻撃(APT)対策:
PR:今こそ内部対策を強化せよ! 標的型サイバー攻撃に備える際、陥り易い落とし穴とは?
昨今の標的型サイバー攻撃の増加により、企業や組織ではサンドボックス型製品などの「入口対策」に注目が集まっている。入口対策はサイバー攻撃者に対する最初の防壁となるため、確かに重要な対策であることは言うまでもない。しかしながら、昨今のウイルスメールには巧妙な手口のものが多く、サンドボックス型製品では侵入を100%防ぐことは難しい。標的型サイバー攻撃に関する机上トレーニングや演習などを行っていても、一定数の社員は攻撃者からのメールを開封してしまうなどの結果が出ているのも事実だ。ここでは、企業や組織が標的型サイバー攻撃に備える際、どのような落とし穴に陥り易いのか、また対策を講じる上で重要なポイントは何かについて解説する。(2016/1/7)

トラブルシューティングに不可欠
管理者がパスワードを知らないWindows PCにログインする方法と、その注意点
管理者が社内のWindows端末の問題を解決するのに、そのパスワードを知っている必要はないという。それはなぜなのだろうか。(2015/12/3)

「標的型攻撃対策」の現実解【第3回】
丸分かり「標的型攻撃対策」:“社内なら絶対安全”は幻想、「内部対策」基礎の基礎
入口対策と並び、標的型攻撃対策の重要な要素である「内部対策」。社内が安全であるという“幻想”を捨て去り、現実的な対策をどう進めるべきかを解説する。(2015/11/11)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(8):
クラウドでもWindowsドメイン認証とグループポリシー管理が可能になる――Azure ADドメインサービス
マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」では、日々、新たな機能やサービスが提供されています。今回は、2015年10月にプレビュー提供が開始されたAzure Active Directory(Azure AD)の新機能「ドメインサービス」を紹介します。(2015/11/6)

Windows 10 The Latest:
Windows 10で利用できるアカウントの種類と管理方法
Windows 7ユーザーはもちろんWindows 8.1ユーザーでも、Windows 10で戸惑うことといえばユーザーアカウントが挙げられる。増えたアカウントの種類と変わった操作手順に焦点を当てて解説する。(2015/9/17)

Windows標準機能でいますぐできる標的型攻撃対策:
続・設定を見直すだけ、いますぐ簡単にできる「標的型メール攻撃対策」
2014年9月の公開後、その実効性と手軽さが反響を呼んだ前回記事に新たな対策を追加。Windows標準のセキュリティ機能だけで実践可能な最新の標的型メール攻撃対策を紹介します。Windowsユーザーやドメイン管理者の皆さまは、ぜひご一読ください。(2015/9/16)

実録! ネット詐欺(前編):
“ネットワーク研究者”がネット詐欺に遭った日
2015年7月のある暑い日。私は自分がインターネット利用詐欺に遭ったことに気付きました。19歳でPCを譲り受けて以来、ネットワークとともに生き、インターネットの商用発展にできる限り尽くし、自称“ネットワーク研究者”でもある私が、ついにインターネット利用詐欺の餌食となってしまったのです。(2015/9/7)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(25):
注目のDockerサポートは? Nano Serverは?――Windows Server 2016 Technical Preview 3登場! 新機能ピックアップ
2015年8月20日(日本時間)、Windows Server 2016の最新プレビューリリース「Windows Server 2016 Technical Preview 3」が公開されました。本連載でこれまでに取り上げた内容からの変更点や、新たに追加された機能をまとめて紹介します。新機能については次回以降で詳しく解説します。(2015/9/3)

モバイル、クラウド……複雑化する企業ITを安全に活用するために:
高度化するサイバー攻撃から組織を守るには――対抗の“鍵”はクラウド時代の新たなセキュリティ対策にあり
現在では、標的型攻撃に代表されるように攻撃が高度化され、その防御はますます困難になってきている。例えば、機密情報を狙った攻撃では、以前のように、感染していることが一目で分かるような派手に動作するマルウエアは使用されず、一見しても動作しているかどうかも気付かないほど地味だが、企業にとってはよりダメージの大きいマルウエアが使用される。そのため、現在ではこれまで以上にセキュリティが重要視されている。日本マイクロソフトのセキュリティアーキテクトであり、筑波大学で『情報セキュリティ概論』の教鞭をとる蔵本雄一氏に、昨今のセキュリティ事情とマイクロソフトの取り組みについて伺った。(2015/9/15)

DNS Tips:
グルーレコードで付加する情報とは
グルーレコードとはどのような役割を果たし、どのような情報を記載すべきなのかを説明する。(2015/8/27)

Office 365運用管理入門(9):
Active Directoryのオブジェクトを「ディレクトリ同期ツール」でクラウドに同期する
現在、オンプレミスのActive DirectoryからOffice 365(Azure Active Directory)へ、アカウント情報を同期するためのツールがいくつかある。今回は、現在利用可能なディレクトリ同期ツールと今後の展開を確認する。(2015/7/22)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10、企業のアップグレードはどうなる?
多くのユーザーが待ち望んでいるWindows 10のアップグレード提供が7月29日から始まる。しかし、企業ユーザーにとっては少し状況が異なるようだ。(2015/6/16)

AIST包括フレームワークで挑む、脱“単一ベンダー随意契約”:
PR:札幌市は“発注者主体”で基幹情報システム刷新プロジェクトを推進。「調達の透明性」と「地元企業の参入機会拡大」を確保した秘訣
「発注者側が主体性を維持しながらITプロジェクトを推進する」というコンセプトの下、札幌市が基幹系情報システムをメインフレームからオープン系に移行する一大プロジェクトを推進中だ。発注者側の主体性維持はどのように実現したのだろうか?[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System][Oracle Database 12c](2015/5/28)

過去、現在、そして未来へ! AD進化の歴史を振り返る:
カリスマITトレーナーが見てきたActive Directory 15年の変遷
@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。(2015/5/22)

認証局のSSL証明書発行に問題? 不正取得で攻撃の恐れも
メールアドレスでドメイン所有者を確認している一部の認証局について、米機関などが問題視している。SSL証明書が不正入手され、盗聴行為などに悪用される可能性があるという。(2015/4/2)

@IT セキュリティセミナー 東京・福岡・大阪ロードショーリポート(2):
インターポールも動く――「僕らの眠り」を妨げるものを駆逐せよ!
@IT主催のセキュリティセミナーリポート第2弾は、@IT筆者陣が登場したパネルディスカッションやインターポールの取り組み、そしてスポンサーセッションの様子をお送りしよう。(2015/3/27)

データセンター向けの高性能な機能群を紹介
「Windows Server 2012 R2」最強伝説を裏付ける5つの管理機能
米Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」は、データセンター向け機能を多く搭載する。これらの高性能な機能によって複数のドメインの管理を容易にしている。(2015/3/9)

DNS Tips:
サブドメインを委任するにはどうしたら良いですか?
DNSの運用に際して、サブドメインを委任する場合にはどのような設定が必要になるだろうか。記述例とともに解説する。(2015/1/19)

DNS Tips:
「委任」という仕組みが必要な理由を教えてください
DNSの世界には、インターネットの他のサービスにはあまり見られない「委任」という仕組みが存在する。それは一体どうしてだろうか?(2015/1/19)

ドメイン登録サービス「Google Domains」一般提供開始
Googleが昨年6月に招待制でスタートしたドメイン登録サービス「Google Domains」が米国で一般に公開された。新たに「.company」「.coffee」など60以上のドメインが追加されている。(2015/1/14)

DNS Tips:
委任された管理者が持つ「オーソリティ」とは何ですか?
DNSにおける「オーソリティ(Authority)」とは何かを解説する。(2014/12/25)

Active Directoryの管理者アカウントに注意、不正使用で攻撃も
標的型攻撃でActive Directoryのドメイン管理者アカウントの認証情報が盗まれ、不正に使われているという。(2014/12/19)

Kerberosの脆弱性にあらためて注意、悪用で権限昇格の恐れも:
Active Directoryのドメイン管理者アカウントが不正利用、組織内攻撃に悪用
JPCERT/CCによると、Active Directoryのドメイン管理者アカウントを悪用し、組織内ネットワークで横断的に攻撃活動を行う例が確認されており、注意が必要だ。11月にリリースされた緊急パッチの適用も確認しておきたい。(2014/12/19)

ICANNに不正アクセス、ユーザー情報が流出
スピアフィッシング攻撃で職員数人のメールのパスワードなどが流出し、そのパスワードを使ってICANNの他のシステムにも不正アクセスされた。(2014/12/18)

ネットワーク管理の基本Tips:
DNSサーバーが正常に動作しているかどうか確認するには? digコマンド
本連載ではネットワーク管理の基本コマンドを解説していきます。普段使うもの以外のオプションの確認やおさらいをしていきましょう。(2014/10/15)

そのドメインで本当に大丈夫?:
PR:トップレベルドメインの大幅増加で見直される企業ドメインのあり方
「.com」や「.jp」にあたる部分であるトップレベルドメインに「.xyz」「.club」「.company」など新しいトップレベルドメインが大幅に追加されつつある。しかし、個人と異なり、企業には気をつけなければならない点もある。詳しく解説しよう。(2014/9/8)

Microsoftが不正利用のドメイン制御、正規のユーザーにも影響か
米Microsoftはマルウェアに不正利用されていたドメインを制御したと発表。DNS事業者側は、Microsoftの措置のために何百万という罪のないユーザーが障害に見舞われたと反論している。(2014/7/2)

Windows OS入門:
第1回 ユーザーとグループアカウント
GUI を採用しているWindows OSは、その「中身」をあまり知らなくてもそれなりに使うことができる。だが、より進んだ使い方をしたり、効率よく管理するためには、その内部に対する理解も必要である。本連載ではWindows OSを構成するさまざまな技術について、その内部的な仕組みや構成などを踏まえながら解説していく。今回はユーザーとグループアカウントについて解説する。(2014/6/5)

今から始めるWindows Server 2003移行のススメ(3):
Active Directoryドメインの再編とオブジェクトの移行
前回はActive Directoryドメインの移行方法として、「ドメインをアップグレードする」場合の手順を解説した。今回は「ドメインを再編して、オブジェクトを移行する」場合の手順を解説する。(2014/5/27)

今から始めるWindows Server 2003移行のススメ(2):
Active Directoryドメインをアップグレードする
Active Directoryドメインの移行には、「ドメインをアップグレードする」と「ドメインを再編して、オブジェクトを移行する」の2パターンがある。今回は「ドメインをアップグレードする」場合の手順を解説する。(2014/5/9)

Windowsネットワークの基礎:
第1回 Windowsネットワークとは
本連載では、これからWindowsネットワークの管理を学びたい初心者管理者を対象に、「Windowsネットワーク」について、その基本的な概念や使い方、運用方法、内部アーキテクチャ、トラブルシューティングなどについて解説する。第1回は、ワークグループネットワークとドメインネットワークの違いについて解説する。(2014/5/8)

「.tokyo」「.みんな」――激増するドメイン、インターネットはどこに向かうのか 管理団体ICANNのCEOに聞く
2013年末ごろから世界中で続々と新たなドメイン(gTLD)が誕生している。インターネット環境はどのように変わり、人々にどんな影響をもたらすのか――ドメイン管理団体ICANNのCEOに聞いた。(2014/4/25)

その価値5万ドル たった“1文字”のTwitterアカウント強奪事件、無事本人に返還される
1文字のTwitterアカウント「@N」が、第三者に奪われた後、返還されるという出来事がありました。(2014/2/26)

1ミリ秒でも早く〜次世代Web技術が支えるこれからのEコマース(2):
もはや当たり前? CDNとクラウドを活用した構成
Eコマースビジネスの性質によっては、突発的に大量のアクセスが押し寄せることがあります。そんな時に備えたこれからのシステム設計とはどうあるべきでしょうか。(2013/12/12)

Windowsシステム管理者のためのGoogle Apps入門:
第3回 Google Apps for Businessの導入方法を知る
「自前のドメインでGoogle Appsを試用し始めたら、もう移行するより他ない」 それって本当? Google Apps for Business導入にまつわる誤解や不安、疑問を解消するべく、無料トライアルによる具体的な導入手順や注意点を詳しく解説する。(2013/12/11)

Windowsシステム管理者のためのGoogle Apps入門:
第2回 無償版GmailとGoogle Apps for Businessの違いを知る
無償版Gmailをビジネスに活用しているユーザーは珍しくない。では有償のGoogle Apps for Businessの価値はどこにあるのか? 両者の違いを企業のシステム管理者の視点で解説する。(2013/11/13)

Windowsシステム管理者のためのGoogle Apps入門:
第1回 ビジネス向けクラウド・サービスの良いところ・悪いところを知る
「ビジネスの定番といえばOfficeアプリ」この常識に新潮流は起こせるか? グーグルが提供するビジネス向けクラウド・サービスの1つ「Google Apps for Business」の実力と可能性を知る。(2013/10/9)

LinkedInで一時アクセス障害、DNSに問題か
LinkedInのWebサイトが一時的にアクセスできなくなったり、ユーザーが別のWebサイトに誘導されたりするトラブルが発生した。(2013/6/21)

Windows Server 2012 ×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に(5):
DNSを使ってネットワークデバイスにホスト名で管理接続しよう
今回は、ネットワークデバイスに管理接続を行うときや、pingやtracerouteコマンドの実行時などさまざまな場面で、IPアドレスではなくホスト名を指定できるように環境を整えます。(2013/5/22)

Windows 8レボリューション:
第18回 Windowsストア・アプリをグループ・ポリシーで管理する
Windowsストア・アプリは誰でも簡単にインストールして利用できるのが大きな利点であるが、企業用途には向かないアプリやゲームなども少なくない。それらを禁止したり、許可したものだけを実行させる方法を紹介。(2013/5/9)

クラウド・サービスと社内システムとのID連携 最新トレンド:
第2回 Office 365とのアイデンティティ基盤連携を実現する(前)
クラウド・サービスであるOffice 365でも、社内のActive Directoryアカウントを利用してシングル・サインオンできると便利だ。でも、その方法は? 社内ADをID管理基盤として利用する場合の環境構築手順を詳しく解説する。(2012/11/14)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第3回 強化されたActive Directory
Windows Server 2012のActive Directoryはドメイン・コントローラの仮想化や複製による展開にも対応。ごみ箱ツールがGUI化され、PowerShellやパスワード・ポリシー対応も強化されたActive Directory管理センターにも注目だ。(2012/10/25)

Windows 8レボリューション:
第5回 ユーザー・アカウントとパーソナル設定
Windows 8のユーザー・アカウントの管理方法やユーザーごとの個人的なプロファイル設定(パーソナル設定)の変更方法、Microsoftアカウントによるサインインの方法などについて解説。(2012/10/18)

ムームードメインのDNSに障害、サイトアクセス不能に 外部からDDoS攻撃
paperboy&co.のドメイン管理サービス「ムームードメイン」で障害が起き、同サービスを利用しているWebサイトにアクセスできないなどの不具合が起きた。(2012/10/5)

System Center 2012を試そう(3):
SCVMM 2012における仮想マシンの作成とテンプレートの利用
米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す(2012/8/13)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第12回 Windows Server 2012のActive Directory
次期ADはドメインコントローラの仮想化に対応。ADのごみ箱ツールがGUI化され、PowerShell対応も強化されたAD管理センターにも注目。(2012/8/2)

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 6.0」を提供
レッドハットがアプリケーションサーバの最新版をリリース。Java EE6に完全準拠したほか、仮想環境やクラウド環境での用途に合わせて動作を高速化したという。(2012/8/1)

「忍者ツールズ」全サービスが表示不可に ドメイン情報の初期化が原因
「忍者ツールズ」全サービスで表示ができなくなるなどの障害が発生。ドメインレジストラ会社がドメイン情報を初期化したのが原因という。(2012/7/13)

Google、トップレベルドメイン「.youtube」や「.lol」を申請
2013年にはYouTubeのURLの末尾は「.youtube」に、Google Docsの文書は「.docs」になるかもしれない。(2012/6/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。