ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「肥満」最新記事一覧

タニタ、ジョジョとコラボした奇妙な体組成計の予約受付を再開ッッ
君がッ 表示を変えるまで測るのをやめないッ!(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
“かむ”を見直して肥満予防、シャープの「バイトスキャン」 小顔効果も
イヤフォンのように耳にかけるだけで食事中のかむ回数や速度を計測できる「bitescan」(バイトスキャン)が登場。シャープブースで体験できる。(2017/10/3)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

誰でもぽっこりお腹になれるウェストポーチ「DADBAG」登場 たるみ具合やムダ毛まで再現する凝りよう
着ければ誰でもビール腹。(2017/9/20)

「牛乳は超危険!」って本当? Google検索最上位に出てくる記事を検証してみた
「牛乳」と検索してびっくり。(2017/9/13)

肥満に影響する遺伝的変異193カ所を特定 理化学研究所など
理化学研究所などが、大規模なヒトゲノムの解析で、肥満に関わる遺伝子変異を193カ所特定したと発表。特定の病気と太りやすさの関係も判明したという。(2017/9/12)

犬の味覚は人間の5分の1? 犬が好きな味と「手作り食」で注意したいこと
犬が喜ぶ食事とは。(2017/9/4)

こんなものまでIoT化!? 警告を発して早食いを防止する「フォーク」
IoT化の波は「フォーク」にまで来た。フォークにセンサーを埋め込み、ネットワークにつなげることで早食いを防止するという。(2017/8/26)

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資
楽天が、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケアに出資。遺伝子検査はDeNAやヤフーなども参入している。(2017/8/21)

タニタ、ボイス満載のジョジョコラボ体組成計を発売 軽肥満だと「故障ではない、誰か敵スタンドの仕業だッ!」
個人データ消去時は「この虹村億泰のスタンド ザ・ハンドが削り取ってやる!」。(2017/8/9)

医療技術ニュース:
寒い地域には産熱効率の高い痩せ型遺伝子が多いことを初めて実証
九州大学は、現代人において、遺伝子による体の産熱反応の違いを実証した。世界で初めて、生理学的な産熱反応とUCP1遺伝子タイプとの明確な関連を示し、「産熱能力が高い遺伝子を持つことが寒冷地で生き残るのに有利だった」との推論を導いた。(2017/8/7)

トマトに砂糖 あり? なし?
生のトマトに砂糖をかけて食べたことはあるだろうか? 「あり派」と「なし派」に分かれるようだが、とりわけ「なし派」派の違和感は強烈のよう。真っ赤なトマトに「砂糖」はありか? なしか?(2017/7/12)

ノキア、日本市場に9年ぶり再進出 1万円を切る「Wi-Fi対応体重計」など ヘルスケア注力
ノキアが9年ぶりに日本の一般消費者向け市場に再進出する。(2017/6/21)

糖尿病と闘う高校生を支える介護犬、 おそろいのガウンで卒業式に出席
介護犬と共に過ごした楽しい高校生活が無事に終了。(2017/5/14)

一時休業する漁師も:
琵琶湖からアユが消えた “異変”の正体は?
琵琶湖のアユがかつてない不漁に陥っている。昨秋にはアユの産卵量が平年値の倍以上観測され豊漁が期待されたが、漁獲量は28年の10分の1程度。果たして、琵琶湖のアユはどこへ消えたのか。(2017/4/25)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

「有給消化8割」など指標に:
“肥満社員率”も目標設定 ロート製薬の「健康経営」
ロート製薬が、2020年に向けて健康経営の目標値を設定する取り組みを発表。さまざまな指標を目標として盛り込み、健康経営の取り組み成果を多角的な視点で評価していく。(2017/4/3)

外食チェーン初:
すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー
「すき家」は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売する。糖質を看板商品「牛丼 並盛」の約5分の1に抑えたという。(2017/3/28)

あなたの脂肪が地球を救う 消費カロリーの分だけ寄付できるチャリティーアプリがテストユーザー募集中
世界のためにやせよう。(2017/3/9)

Oracle Cloudが可能にした短期間でのシステム提供:
PR:クラウドとIoT、機械学習を活用したモニタリング/フィードバックの仕組みで糖尿病患者の自己管理を支援
クラウドやIoT、機械学習などの先進技術をヘルスケア分野に応用する動きが活発化している。その1つが、あいち健康の森健康科学総合センターが中心となって進める、患者の自己管理の支援を通して生活習慣病の改善を目指す取り組みだ。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/3/6)

主力ブランドで成長へ:
体脂肪減らすカルピス投入 アサヒが健康イメージ強化
アサヒ飲料は、2017年の清涼飲料の販売量を前年比0.5%増の2億5500万ケースとする計画を発表。「カルピス」ブランドには、体脂肪を減らす乳酸菌を配合した機能性表示食品を投入する。(2017/3/1)

花粉症対策に! 花粉に詳しくなれる企画展「花粉と花粉症の科学」に行ってきた
花粉を知り、花粉症を知れば、100戦あやうからず。(2017/2/20)

ワシントン・ポスト紙、渡辺直美を絶賛 「ぽっちゃりを誇っている」
ぽっちゃりの女性だけじゃなく、すべての女性にエール。(2017/2/11)

反トランプデモ「女性たちの行進」への問題発言で公職者のソーシャル炎上相次ぐ
トランプ「暴言の時代」到来。抗議デモはトランプ支持者の多い州でも起きている。(2017/1/26)

「カロリー制限はサルの寿命を延ばす」 米2機関が双方の研究を照合し結論
人間でも同様の可能性が高いとのこと。(2017/1/21)

「砂糖税」導入でチョコは甘くなくなるの? マニアに意見を聞いてみた
世界で“甘くない”チョコレートの開発が進んでいます。チョコレートは本来どうあるべきかを考えるために、チョコレートマニアに聞いてみました。(2017/1/8)

イグアナにカメレオンにヘビ! は虫類カフェでとってもキュートな“はちゅ”たちと触れ合ってきた
イグアナを抱っこしたり、ヘビを肩にのせたり……は虫類と触れ合えるカフェ「はちゅカフェ」では虫類の魅力を味わってきました。(2017/1/4)

住めば都? コンビニ暮らし!:
セブンイレブンで1週間ダイエット生活をするといくら掛かって何キロやせるのか検証してみた
コンビニ飯を約700食レビューしてきた筆者がヘルシーコンビニ飯1週間生活にチャレンジしてみました。(2016/12/18)

世界を「数字」で回してみよう(37) 人身事故:
物理シミュレーションで知る「飛び込みコスト」の異常な高さ
以前私は、「電車への飛び込みの(当事者の)コストは安い」と申し上げました。ですが、実は安いどころか相当に高いということが分かってきました。今回からは、非常にツラい作業ではありますが、「飛び込み」について物理シミュレーションを行い、飛び込みがどれだけ酷なものであるかを皆さんに知っていただきたいと思います。(2016/12/12)

医療技術ニュース:
内臓脂肪型肥満による免疫老化が多様な疾患の原因に
慶應義塾大学は、内臓脂肪型肥満が免疫老化を加速させ、さまざまな疾患の要因となるメカニズムを初めて明らかにした。(2016/11/28)

便秘、肌荒れ、むくみ――「腸の汚れ」が引き起こす症状とチェック方法
自分の腸は汚れているかもしれません。ぜひチェックリストで自分の腸のきれいさを確認してみましょう。(2016/11/19)

「ダイエットのための間食」をより効果的にとる方法
間食は食べる時間や内容も考えて賢く行いたいものです。ヘルシーさをより追求する方法をみていきましょう。(2016/11/12)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

「太ったクマさん選挙」、米国立公園で開催 推定体重453キロのヒグマが貫禄の優勝
(    ̄(エ) ̄   )(2016/10/24)

「スプーンとフォークでくるくる?」「乾燥麺のほうが太りにくい?」 日本パスタ協会、日本人にありがちな誤解を発表
生麺、乾燥麺って原料から違うんですね。(2016/10/24)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(3):
シンギュラリティ(技術的特異点)――人間の脳を超える「強いAI」はいつ生まれるのか
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、シンギュラリティ、2045年問題、トランジスタと人間の脳、ムーアの法則について。(2016/12/5)

大きな猫でも入れるニャ! おデブな猫や大型猫に対応した「デカぽっけにゃんガルーパーカー」が誕生!
2リットルペットが6本入ります。(2016/9/28)

秋には基礎代謝が上がるのに、なぜ太るのか
秋は気候として、本来痩せやすい時期ですが、なぜか太りやすいと感じる人は多いのではないでしょうか。なぜそうなるのか、その理由に迫ります。(2016/9/7)

体のコゲといわれる“糖化”も老化の原因! そのリスクとは?
糖質が多く、血糖値が上昇しやすいものを食べると、肥満や糖尿病を引き起こすだけでなく、老化のリスクもあります。動脈硬化やアルツハイマーとの関連も……。その“糖化”のリスクと対策を見ていきます。(2016/9/6)

肥満による大腸の炎症が糖尿病につながる 慶應大がメカニズム解明 治療薬開発へ
脂肪分が高い物を食べ過ぎると、免疫細胞が大腸に集まり過ぎて炎症に。炎症由来の物質がインスリンを効きにくくし、糖尿病につながるという。(2016/8/17)

NTTドコモ:
世界初、足裏から放出される皮膚ガスを計測して健康管理に役立てる装置
NTTドコモは、皮膚から放出される複数種類のガスのうち、脂肪代謝・飲酒・脱水の指標となる3種類のガスを足裏から同時計測できる健康管理装置を、「世界で初めて開発した」と発表した。(2016/8/12)

週刊「調査のチカラ」:
オリンピックに「関心ある」は半数以下、「夏は太る」は4割――調査が明かす“うすうす気付いていた”真実
サッカーを皮切りにリオデジャネイロオリンピックが幕を開け、この夏は世界中が熱くなりそうです。今週も「調査のチカラ」のストックから、オリンピックから夏太りまで旬の話題の調査データをご紹介します。(2016/8/6)

日本シグマックス miruco:
タブレットを用いた小型超音波画像診断装置
日本シグマックスは、超音波画像診断装置「ポケットエコー miruco(ミルコ)」の販売を開始した。(2016/8/4)

「お好み焼きとごはん」などの“主食の重ね食べ”控えて 大阪府、独自の食べ物調査の結果発表
週に1食以上「重ね食べ」をする割合が、肥満者では70%以上という結果に。(2016/8/3)

「お好み焼き+ごはん」は肥満につながる? 大阪府「主食の重ね食べ」注意喚起
太っている人はやせ型の人よりも、「お好み焼き+ごはん」など主食の重ね食べをしている――大阪府が、府民の食習慣を調査した「大阪版健康・栄養調査」の結果を発表。(2016/8/3)

「お好み焼きとご飯」主食の重ね食べは控えめに 大阪府、肥満防止で提言
「お好み焼きとご飯」など、主食を同時に食べる「重ね食べ」は控えめにしたほうがいいようだ。(2016/8/3)

知っておきたい医療のこと:
認知症を予防するには
増え続ける認知症のコントロールは現代社会においては喫緊の課題であり、治療薬も開発されているが、一旦発症すると根治が難しい。確実とはいわないが期待できる予防法はある。(2016/8/3)

山歩きの健康効果が意外とすごかった!
今シニア世代の間でブームになっている山歩き。実は、ウォーキングやジョギングよりも優れた運動でもあったのです。(2016/8/2)

医療機器ニュース:
足裏から放出される皮膚ガスを計測できる健康管理装置
NTTドコモは、皮膚から放出される複数種類のガスのうち、脂肪代謝・飲酒・脱水の指標となる3種類のガスを足裏から同時に計測できる健康管理装置を開発した。体重計に乗る感覚で手軽に計測ができ、効果的なダイエットや健康管理に役立つ。(2016/8/1)

知っておきたい医療のこと:
血管病の治療と予防のポイント
定期的な検査を行い、生活習慣病を予防するような心がけをしていたとしても、それだけで克服できるとは限らない。もし、「急変」に至った場合には、どうしたらよいのか。(2016/7/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。