ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「肥満」最新記事一覧

知っておきたい医療のこと:
血管病の治療と予防のポイント
定期的な検査を行い、生活習慣病を予防するような心がけをしていたとしても、それだけで克服できるとは限らない。もし、「急変」に至った場合には、どうしたらよいのか。(2016/7/22)

医療機器ニュース:
持ち運び可能なタブレット型超音波画像診断装置を発売
日本シグマックスは、持ち運び可能な小型超音波画像診断装置「ポケットエコー miruco」を発売した。往診や訪問介護での使用を想定して開発されたもので、機能や画質を必要十分なレベルにしたため、従来にないリーズナブルな価格となっている。(2016/7/20)

運動不足はもっと簡単に解消できる! その意識のポイントは?
運動不足は思った以上に高リスク。ビジネスパーソンが日々の生活の中で、運動不足を解消する意識のポイントを紹介します。(2016/7/13)

いしゃまち:
医師が解説 ダイエットに効く2種の薬と2種のサプリメント
痩せなきゃと思っていても、ついつい食べてしまう――こんな経験がある人も多いのでは。今回は、ダイエットを助けてくれる薬やサプリメントを紹介します。(2016/7/12)

糖質制限市場「うま味」拡大 スイーツ、麺、パン……食品メーカー・外食注力
肥満や糖尿病の人は主に、カロリー制限による食事療法を行う。(2016/7/6)

意外と知らないコーヒーの豆知識
毎日飲んでいる人も多いコーヒー。普段何気なく付き合っているコーヒーですが、リスクや不思議、意外な取り合わせなどがありました。(2016/7/2)

出演者全員が肥満体形 日本初の“太った男性のためのファッションショー”が開催されるワケ
9月22日に開催される“太った男性のため”のファッションショー「東京ポッチャリコレクション」。開催経緯や狙いを担当者に聞いた。(2016/6/28)

出演モデルが全員ポッチャリ男性の「東京ポッチャリコレクション」が開催 80キロ以上は入場料キャッシュバック
日本初の太った男性のためのファッションショー!(2016/6/28)

知っておきたい医療のこと:
がんと並び死亡の主原因となる血管病について
発病したら重症化する血管病だが、発症メカニズムを知り、注意しなければいけない生活習慣を実行し予防することができる。(2016/6/22)

胃の中身を管で排出! 究極のダイエット機器「AspireAssist」がアメリカで承認
医師による管理のもと使用する必要があります。(2016/6/19)

近未来の健康ガジェット:
ノイズキャンセルでいびきの音を軽減するスマートパッチ「SILENT PARTNER」
本人は寝ているので気が付かないいびきの影響。「SILENT PARTNER」は、そんないびきの音を、ノイズキャンセリングと同じ技術で小さくすることができます。(2016/6/12)

いしゃまち:
「正しい姿勢」とは? 悪い姿勢が引き起こすデメリット
モデルのように美しい姿勢には誰もが憧れますが、そもそも「正しい姿勢」とはどういうものでしょうか。今回は、正しい姿勢の基本と、悪い姿勢が身体にどう影響するのかをお話しします。(2016/6/2)

来週話題になるハナシ:
世界中で“悪者”に! 炭酸飲料の衰退が止まらない
米国で、炭酸飲料の消費量が減少し続けている。米国のカルチャー的アイコンとして君臨してきた「コカコーラ」や「ペプシ」などが、存続の危機に瀕しているという。いったい、どうなっているのか!?(2016/5/27)

ホルモンで痩せる時代? 食や酒の欲求を抑えるFGF21とは
甘いものやお酒がどうしてもやめられない。そんなあなたにとってうれしいニュースです。(2016/5/25)

高音質通話にタップレス発信、スマート領域も充実――ドコモ16年夏モデルは「サービス」で差別化
ドコモが2016夏モデルの発表会を開催。新端末よりも新機能、サービス、グループ会社の商品に多くの時間が割かれ、盛りだくさんかつ、サービス事業の強化を印象づける内容だった。(2016/5/16)

NTTドコモが提供する「おいしくて健康的な食生活」とは
NTTドコモが、傘下のオークローンマーケティングの宅配食「Hill's Epicure」や、らでぃっしゅぼーやの「健康弁当」をdショッピングで取り扱うようになりました。これって一体何なんでしょう。(2016/5/13)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

これがグランプリのお弁当だ 国内最大級の“食べもの”イベント開催
国内最大級の業務用食品、食材、機器、容器の総合イベント「ファベックス2016」が開催された。各ブースで展示されているおいしそうな食べ物を紹介しながら、イベントの様子をお伝えする。(2016/4/15)

個別に効果的な食事と運動を提案 肥満遺伝子検査は実質無料 FiNC「パーソナルカラダサポート」
ヘルスケアベンチャーのFiNCとソフトバンクは、共同開発した「パーソナルカラダサポート」の提供開始を発表した。キャンペーン中に加入すると月額無料、さらに肥満遺伝子検査が実質0円に。(2016/4/7)

医療技術ニュース:
睡眠時無呼吸を治療すると体重が増えるメカニズムを解明
京都大学は、睡眠時無呼吸症候群の患者が持続性陽圧気道によって治療を受けた後に、体重が増加するメカニズムを明らかにしたと発表した。治療後、基礎代謝量が低下することや、体重増減により関わるのは食行動の違いであることも確認した。(2016/3/22)

東大とドコモ、ResearchKitで日常生活と糖尿病の関連性を研究するアプリ「GlucoNote」を開発
東京大学とNTTドコモが、国内で初めて2型糖尿病患者とその予備群を対象とした臨床研究用アプリ「GlucoNote」を開発しました。Appleの「ResearchKit」を用いたアプリで、多数の対象者から長期間にわたってデータを取得し、糖尿病と生活習慣の関連性を検証します。(2016/3/14)

コーヒーチェーンのホット飲料「砂糖25杯」の衝撃!
炭酸飲料は、とかく肥満対策の“目の敵”にされがちだが、コーヒーは何かと効用が注目されることが多い。だが、大手コーヒーチェーン店で提供されるホットドリンク類の中にも……。(2016/3/7)

愛される飼い主になるには、猫ちゃんをダイエットさせるべし コーネル大学が科学的に実証
心を鬼にしなくてもいいんです。(2016/2/25)

危険!健康診断を受けない人に見られる特徴とは?
健康診断、定期的に行っていますか? 健康診断や人間ドックを受けている人と受けていない人を比べてみるとある違いが分かってきました。(2016/2/25)

“熱産生力”を上げて脂肪を燃焼させるポイント
脂肪を燃焼させるには、体内の熱産生力を高めて、効率的にすることが大切です。今回は熱産生の方法を紹介します。(2016/2/24)

福利厚生で遺伝子検査も? 企業のメタボ対策に注目
各企業では、メタボリック対策の福利厚生が実施されています。従業員の肥満解消を促す福利厚生の最新事情とは?(2016/2/22)

1日2食は太る?痩せる? 食事回数と肥満の関係性
1日3食が普通といわれていますが、なかには「1日5食がいい」「1日2食がいい」などさまざまな見解があります。一体、1日何回の食事がダイエットにとって良いのでしょうか?(2016/2/19)

30代後半から:
中年太りを解消しよう! 30代後半からの食生活のポイント3つ
中年太りの主な原因は、筋肉量の低下とともに起こる基礎代謝量の低下です。今回は、中年太りを解消するために、30代後半から気を付けるべき食生活のポイントを紹介します。(2016/2/16)

こってり党は甘党より太らない? 味の好みと体重の関連性とは
ある研究では、味の好みによって肥満の傾向が分かれることが明らかに。こってり党は思っているより肥満につながらない?(2016/2/11)

日本食は19XX年が一番健康的だった? 実験結果で判明
1975年ごろの日本食は、寿命が伸び、エネルギー消費も活発化する、人間にとって理想的なメニューだったといわれています。(2016/2/10)

老化現象の一種:
若いときとは何が違う? 中年太りが起こる理由とは
40代を過ぎると、太りやすい体質になってきたと感じる人が多くなります。今回は、中年太りが起こる仕組みを説明していきます。(2016/2/9)

野菜ジュースは白米を食べる○○分前がベスト!
毎日の生活で栄養を摂取するのに便利な野菜ジュース。ダイエット効果を出すには、白米との関係に気を付けて飲むことがポイントです。(2016/2/1)

朝マックを深夜に提供する米マクドの“奇策”、日本は?
米ファストフード大手マクドナルドの米国内の店舗で10月から“朝マック”の終日提供が始まった。業績回復を目指し、世界中の「マクド」がさまざまな再建策を打ち出しているが、食生活スタイルが違う日本では、本家の試みはビジネスモデルになりそうもない。(2016/1/26)

「水を飲むと痩せる」は本当か ポイントは温度と種類
冬は、あまり水を飲まなくなる傾向がありますが、代謝を高めて痩せたいという人は、水を積極的に取り入れるのが良いことが分かっています。(2016/1/25)

世界を「数字」で回してみよう(25) ダイエット:
ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”
ある晩、風呂に入ろうとしていた私の体を見て、娘が悲痛な叫びをあげました。鏡を見ると、びっくりするほど痩せ細った私が映っていたのです。今回は、ダイエッターにとって決してひとごとではない“ダイエットの負の連鎖”、つまり摂食障害の深刻さについて数字を分析してみましょう。(2016/1/20)

のどの渇きは危険信号! 「糖尿病予備軍」のチェック方法と対処法
恐ろしい糖尿病。寝正月を過ごして「もしかして自分も?」と不安になっている人は「糖尿病予備軍チェック」をする良いタイミングです。(2016/1/13)

役職者がみるみる痩せていく! 吉野家HDが始めた健康経営
健康診断で余裕の「肥満」認定を受けた吉野家ホールディングスの社員たちが次々とダイエットを成功させている。いったい何が起きているのか……?(2016/1/8)

どんだけあるの!「○○ダイエット」の歴史をGoogleトレンドで振り返る
過去に流行ったダイエットを、Googleトレンドでそのピークの時期と理由を網羅してみました。「そういえばそんなダイエットあったな……」と懐かしく思うものもあるかもしれません。(2016/1/4)

医療機器ニュース:
女性の健康増進に有用な遺伝子解析キットの開発と検査サービス
東洋鋼鈑は、山口大学との共同研究をもとに、女性に適した健康情報を提供する遺伝子解析キットを開発した。乳がん、肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病に関連する12種類の一塩基多型を、高精度かつ簡便に測定できる。(2015/12/16)

シーズン到来:
忘年会シーズンに肝臓を守るための3つのポイント
忘年会シーズンを迎え、お酒を飲む機会が増えます。特に連日の飲み会は肝臓に負担がかかります。今回は、忘年会シーズンを健康的に乗り切る方法を考えてみましょう。(2015/12/4)

えっ……ビール腹の原因はビールじゃなかった!?
「ビール腹」と聞くと、まるで「ビールの飲みすぎ」のような印象を受けますが、実は太った原因はビールではないことが海外の研究報告で分かっています。(2015/11/14)

世界を「数字」で回してみよう(21) ダイエット:
ダイエットの目的は…… 結局、ダイエット!?
今回は、基本的な疑問「人はなぜダイエットをするのか」に立ち戻り、ある仮説を立ててみました。しかし、それを数値的に検証すればするほど、出口のない無限ループにはまり込み、まるで禅問答と向き合っている状態に陥ってしまったのです。(2015/10/22)

IFA 2015リポート:
デジタルヘルスケアの新潮流「睡眠トラッカー」の価値
歩数計などの機能を持つリストバンド型ウェアラブル端末「アクティビティトラッカー」は、主に肥満対策などのデジタルヘルスケアの用途で注目され、数多くの製品が販売されるようになった。そのデジタルヘルスケアの新たな潮流となっているのが、「IFA 2015」で数多くの製品が展示された「睡眠トラッカー」だ。(2015/10/15)

人工知能で肥満解消? 社会問題を解決する「シェフ・ワトソン」
シェフ・ワトソンの開発に参画していたイリノイ大学准教授、ラブ・ヴァーシュニー氏がシェフ・ワトソンの持つ可能性について講演を行った。(2015/10/14)

糖質制限ダイエッターは注目!「スローカロリー」って何?
糖尿病や肥満などの食事対策として糖質制限が注目を集める中、「スローカロリー」という食生活のスタイルが登場しています。(2015/10/13)

たばこを吸うと糖尿病になりやすいって本当?
生活習慣病の1つとして有名な糖尿病。食生活や運動不足だけが発症の要因だと思っていませんか? 実は喫煙により更に糖尿病になりやすくなることが研究によって明らかになりました。(2015/10/9)

20分走らないと脂肪は燃えないはウソ!? バスクリンのお風呂博士が教える、脂肪燃焼と疲労の真実(前編)
ガンバらなくてもダイエットできる? お風呂と脂肪燃焼にまつわる気になる話をお風呂博士に伺いました。(2015/10/9)

ローソン、社員の肥満改善へ目標設定
ローソンが社員の健康推進に向け、数値目標を定めた。(2015/10/8)

日本初のポッチャリ系メンズ誌が創刊 その名も「Mr.Babe」 デブじゃないよ、ベイブだよ
意味は「頬ずりしたくなるほど愛おしい紳士」。(2015/10/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。