ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Fedora」最新記事一覧

管理方法やオフィススイートの代替策も紹介
「Windows 10」を諦めた人に贈る「Mac」「デスクトップLinux」活用ガイド
Windowsは確かに頼りになるが、Appleの「OS X」やLinuxにも捨て難い魅力がある。複数OSの管理に消極的な管理者もいるだろうが、OS XとLinuxを取り巻く現状を知れば、その考え方が変わるかもしれない。(2016/5/18)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第22回 Dockerで3Dゲームを動かす――稼働編
ここまでDocker環境で3Dゲームを稼働させるための準備や方法などをみてきました。それでは実際に自動車や飛行機、鉄道のシミュレータを稼働させてみます。(2016/5/18)

Microsoft、「Visual Studio Code」のバージョン1.0安定版を公開
Microsoftが、オープンソースのコードエディタ「Visual Studio Code」のWindows、Mac、Linux版バージョン1.0を公開した。プレビュー版は累計200万本インストールされ、1000以上の拡張機能が構築された。(2016/4/15)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第20回 Dockerで3Dゲームを動かす――準備編
非常に深い関係にあるゲームとコンピュータ。今回からDockerの環境で3Dゲームを稼働させる方法についてご紹介していきます。まずはその目的や方法、必要な環境などについてみていきましょう。(2016/4/13)

「Raspberry Pi 3」の実力をベンチマークで検証する
ボードコンピュータ「Raspberry Pi」に新製品、CPU強化と無線機能を搭載した「Raspberry Pi 3」が登場した。ベンチマークによるパフォーマンス検証と、ターミナルでのBluetooth有効化を行う。(2016/4/5)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(5):
管理負荷を低減する「OpenLMI」を理解する──Linuxシステム管理の標準化とはどういうことか
CentOS 7では、Linuxシステム管理インタフェースを標準化する「OpenLMI」が実装されました。インタフェースが統一されることで、ユーザーにはどんなメリットがあるのでしょう。OpenLMIで、管理負荷を低減させる運用方法を解説します。(2016/3/23)

DRBDの仕組みを学ぶ(8):
クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(前編)
万一の時にも、業務に影響を与えない/自動的に復旧することを目指す「災害対策システム」。今回はオープンソースのVPNソフトウェア「OpenVPN」を使い、遠隔地のサーバとのVPN環境を構築する具体的な方法を説明します。(2016/3/16)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(1):
いまさら聞けないLinuxの基礎知識
Linuxを勉強してみたいけど、どこから手を付けてよいか分からない、何だかよく分からないまま使っている……そんな方々のための連載です。まずは、Linuxとはどんなものなのか確認しましょう。(2016/2/16)

無償3D CADレビュー:
オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみた
ユーザー登録不要の無償CAD「FreeCAD」はモデリング以外の機能も盛りだくさん。一度覚えたら、今後のモノづくりの世界がぐっと広がること請け合いだ。今回はモデリング機能の一部を紹介する。(2015/8/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10」無料アップグレードと最低システム要件の注意点
海賊版でもアップグレード可能? Linuxのインストールが難しくなる? 7型デバイスでもPC版を使える? そんなWindows 10のアップグレードと最低システム要件における注意点をまとめた。(2015/4/2)

ラズパイ2で遊ぼうぜ:
「Raspberry Pi 2」をイジリ倒す(基礎編1)、まずはOSを入れるのだ
手のひらサイズマシン「Raspberry Pi」のバージョンアップ版、「Raspberry Pi 2」が登場した。Raspberry Piではどのようなことができるのか、今回はまずOSインストールするまでを紹介する。(2015/3/17)

サーバー管理者のためのChef超入門(1):
エンタープライズでもInfrastructure as Code――Chef 12/Chef-Zero/Knife-Zeroの基礎知識とインストール
エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。初回は、Chef 12、Chef Solo、Chef Server、Chef-Zero、Knife-Solo、Knife-Zeroの概要と、Chef-ZeroをKnife-Zero経由で利用するCookbook開発環境の構築について解説します。(2015/2/10)

Ceph/RADOS入門(3):
Ceph/RADOSのインストール、環境構築と接続テストまで
OpenStack環境で使える分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は実際に5台のサーバーを使って分散ストレージ環境を構築、各インターフェースの動作確認までの手順を紹介します。(2014/11/17)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(7):
AndroidがWindowsタブレットで目覚める!〜LinuxLive USB Creatorって何者?
今では仮想化が一般的になり、さまざまなOSをPC上で試せるようになりました。しかし、仮想化環境では使えない機能を、物理PCで試してみたいこともあるでしょう。そんなときに便利なツールがあります。(2014/9/5)

コンテナ型仮想化ソフト「Docker」の正式版リリース 企業向け有料サポートも
米Dockerがオープンソースのコンテナ型仮想化ソフトのDockerの正式版としてバージョン1.0をリリースし、既に1万4000本以上開発されている“Dockerized”アプリを共有するための「Docker Hub」を立ち上げた。(2014/6/10)

いまさら聞けないDocker入門(1):
アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいDockerの基礎知識
オープンソースのコンテナー管理ソフトウェアDockerについて主な機能と特徴、使用技術、動作環境などを紹介。ハイパーバイザー型とコンテナー型の仮想化の違いも解説します。(2014/5/16)

Red Hat Summit 2014:
レッドハット、クラウド時代の新たな抽象化レイヤとしてDockerコンテナを推進
米レッドハットは、4月15日より開催しているRed Hat Summit 2014で、Linux OSのパワーを改めて強調した。具体的には、物理サーバからクラウドまでの多様なインフラ環境をカバーする、アプリケーションのための統合プラットフォームとして、コンテナ型仮想化技術を推進していく取り組みを説明した。(2014/4/17)

ストーム、Linux搭載デスクトップ「Storm Linux Box」にFedora 20導入モデルを追加
ストームシステムテクノロジーは、Linuxを標準搭載したミニタワー型PC「Storm Linux Box Mini Tower Fedora SP」の販売を開始する。(2014/2/12)

ストーム、Linux/Xeon E3搭載のミドルタワー型WS
ストームシステムテクノロジーは、ミドルタワー型筐体を採用したXeon搭載デスクトップWS「Storm Atlantis LT XUP-1150 Linux SP」を発表した。(2014/1/8)

Gitブランチを使いこなすgit-flow/GitHub Flow入門(2):
git-flowのインストールとブランチ運用前のリポジトリ準備
数回にわたってgit-flowとGitHub Flowを使ったGitの活用テクニックを紹介します。今回は、git-flowのWindows、Mac、Linux別でのインストール手順、利用の仕方の流れ、ブランチ運用前のリポジトリ準備の流れを紹介。(2013/11/28)

スケールアウトでリニアに性能向上:
オープンソースでストレージ市場も変革、レッドハットが意気込む
PCサーバにインストールすることで、スケールアウト型のストレージ装置を構築する「Red Hat Storage」。レッドハットは、オープンソースとオープンアーキテクチャの組み合わせで、ストレージ装置のコスト低下をもくろむ。(2013/11/6)

共同プロジェクトも展開:
Red Hat、Linuxコンテナ技術で米新興企業と提携
米Red Hatは、Linuxの次世代コンテナ技術に関して、米新興企業と提携を結んだと発表した。Red Hat Enterprise Linuxに「Docker」を組み合わせて、Red HatのPaaS製品の強化を目指す。(2013/9/20)

ストーム、Linux搭載デスクトップ「Storm Linux Box」に3万円台のAMD A4搭載モデルを追加
ストームシステムテクノロジーは、OSとしてCentOS 6.4を導入したミドルタワー型デスクトップPC「Storm Linux Box Middle Tower FM2」の販売を開始した。(2013/8/16)

いまのうちに検証を進めたい人へ:
レッドハット、OpenStack製品を国内提供開始
レッドハットが7月23日、同社のOpenStack製品を国内で販売開始したと発表した。当面は直販のみ。将来に向けて検証を進めたい事業者やユーザー組織に対し、レッドハットが直接、全面的にサポートできる範囲で提供していくという。(2013/7/23)

開発動向:
PaaS構築、アプリ開発支援環境を強化した「Fedora 19」がリリース
Fedora 19がリリースに。プライベート環境でのPaaS構築を支援するOpenShift Originや、Ruby 2.0などの開発環境が盛り込まれる。開発ビギナー向けのテンプレート類の生成ツールも盛り込まれる。(2013/7/5)

ストーム、約4万円からのFedora 19導入ミニタワーPC
ストームシステムテクノロジーは、Linux搭載デスクトップPC「Storm Linux Box」シリーズのラインアップにFedora 19導入モデルを追加した。(2013/7/3)

Google、Chrome 27のセキュリティアップデートを公開
Chrome 27の更新版ではFlash関連の脆弱性を修正。一方、Linux向けの安定版はChrome 28に更新された。(2013/6/19)

DevOps時代のJavaプログラマのためのオープンクラウド入門(1):
“使用”より“構築”で学ぶオープンPaaS「OpenShift」
オープンなクラウドで重要性を増すJava。DevOps時代のJavaプログラマはアプリケーション開発者(Dev)もデプロイや運用(Ops)面におけるクラウド/インフラ技術への幅広い理解が必要となる。本連載では、さまざまなオープンクラウド技術を紹介していく。初回は、オープンソースのPaaSであるOpenShiftを紹介。どんな技術を使ってPaaSが実装されているのかを理解しよう(2013/4/25)

エンタープライズ向け「Red Hat OpenStack」のパートナー支援プログラムも:
米Red Hat、コミュニティ版OpenStack「RDO」を発表
米Red Hatは4月15日、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」のコミュニティ版となる「RDO」を発表した。(2013/4/16)

デスクトップからスーパーコンピュータまで:
ZFS on Linux最新版リリース、「重要なマイルストーン」に到達
高性能ファイルシステムZFSをLinuxに移植した「ZFS on Linux」の最新版となる0.6.1が公開された。幅広い環境に対応できる「重要なマイルストーン」に到達したという。(2013/4/2)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(30):
DevOps時代の開発者のためのOSSクラウド運用管理ツール5選まとめ
DevOpsという観点で、クラウドに使えるオープンソースの運用管理ツールとして、Zabbix、Hinemos、Hyperic HQ、Scalr、Aeolusの特徴をまとめて紹介します。(2013/2/27)

ストーム、約3万円からのLinux導入ミドルタワーPC
ストームシステムテクノロジーは、AMD製APU搭載ミドルタワー型デスクトップPC「Storm Linux Box-A Middle Tower LS」を発売。OSとしてCentOS 6.3を導入した。(2012/12/6)

貢献すればその分見返りも:
Twitterは意外なほどオープンソースでできている
米Twitterのオープンソースマネージャー、Chris Aniszczyk氏が、Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェアが同社のインフラをどのように支えているか、そして同社がどのようにコミュニティと関わっているかについて講演した。(2012/10/29)

大阪と北海道のデータセンターを選択可能に:
さくら、「さくらのVPS」でマルチリージョン対応を開始
大阪・堂島のデータセンターと北海道・石狩のデータセンターの2つが選択可能に。料金は同一で、いったん利用を開始したインスタンスのリージョンを変えることはできない(2012/10/11)

ストーム、3万円台からのLiux導入BTOデスクトップ
ストームシステムテクノロジーは、高さ約295ミリのコンパクトタワー筐体を採用したLinux採用デスクトップPC「Storm Linux Box Cube LS」を発売した。(2012/9/24)

ヴイエムウェア vs. レッドハット
【徹底比較】2大Open Paas、Cloud FoundryとOpenShiftの強み/弱み
Cloud FoundryとOpenShiftはプロダクト展開がかなり似通っている。両者の強みと弱みを考えるには、ヴイエムウェアとレッドハット両社の強みと弱みを第一に考えなくてはならない。(2012/6/18)

ストーム、Linux搭載で3万円を切るキューブ型デスクトップ「Linux Box Cube LS」
ストームシステムテクノロジーは、OSとしてLinuxを標準搭載したBTO対応のキューブ型デスクトップPC「Storm Linux Box Cube LS」の販売を開始した。(2012/6/7)

オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】
機能を徹底比較! 〜Eucalyptus、CloudStack、OpenStack
IaaSを構築するための「クラウド基盤ソフトウェア」は、Amazon Web Services登場以来、数多くの製品が開発されている。今回はその中でもオープンソースで知名度の高い3つのプロジェクトを比較する。(2012/4/19)

超小型コンピュータ「Raspberry Pi」出荷が始まる 日本でも4000件超の購入希望
名刺サイズコンピュータ「Raspberry Pi」の初回出荷がスタート。日本では4000件以上の購入希望があったという。(2012/4/17)

きたか:
RSコンポーネンツ、超小型PC「Raspberry Pi」を出荷開始
名刺サイズの超小型PC「Raspberry Pi PCBA Type B」が世界に向けて飛び立ち始めた。日本にくるのはいつ?(2012/4/17)

全世界25万件、日本で4000件を突破:
予約イッパイ、名刺サイズPC「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」の初回出荷開始
アールエスコンポーネンツは、2月下旬より予約を受け付けていた名刺サイズ小型Linux PC「Raspberry Pi PCBA Type B」の初回出荷を開始した。全世界25万件以上、日本では4000件以上の購入希望登録があったという。(2012/4/17)

超小型コンピュータ「Raspberry Pi」、日本では3400円
超小型コンピュータ「Raspberry Pi」(ラズベリーパイ)の国内価格は3400円。(2012/3/14)

未来のIT開発者を育成:
RSコンポーネンツ、3400円の名刺サイズPC「Raspberry Pi」を国内販売
アールエスコンポーネンツは、Linuxベースの超小型PC「Raspberry Pi PCBA Type B」を近日中に国内販売する。価格は3400円。(2012/3/6)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(1):
AWSとAzure、まずはプロフィールを比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/2/6)

コーレル、RAW対応の写真管理ソフト「Corel AfterShot Pro」
コーレルは、RAW形式をサポートした多機能写真管理ソフト「Corel AfterShot Pro」の販売を開始した。(2012/1/30)

スマートな紳士のためのシェルスクリプト(2):
同名コマンドのファイルがなぜ多数存在するのか?
今回のテーマはごく短いシェルスクリプトだ。「このスクリプトにどんな意味があるのだろう」とか、「役に立つのだろうか」と思う方もいるかもしれない。あなたが作成するシェルスクリプトに直接役立つことはないが、今回のテーマは、今後シェルスクリプトのスキルを上げていきたいと願う人なら、絶対に押さえておきたいものだ。(編集部)(2011/12/26)

企業が取るべきIaaSセキュリティ【前編】
IaaSセキュリティはどこが危ない? テスト結果を公開
クラウドサービスの中で、企業が負うセキュリティ維持の責任が最も重いモデルがIaaSだ。RackspaceのIaaSを使った標準的な仮想サーバでセキュリティテストを実施。企業が取るべきセキュリティ対策が明らかになった。(2011/12/20)

スマートな紳士のためのシェルスクリプト(1):
シェルスクリプトはエレガントでなければならない
UNIX系OSのユーザーなら、何らかの形で「シェルスクリプト」を使ったことがあるはずだ。人からもらったスクリプトを意味も分からずに使っているとか、コマンドを並べただけのスクリプトを使っているという人は多いだろう。この連載では、そのようなシェルスクリプト初心者を脱出して、すべてを知り尽くしたシェルスクリプトマスターとなるための手助けをしたい。(編集部)(2011/11/25)

いまさら聞けないVim(8):
Vimをプログラム開発環境にしてしまおう
今回から、Vimをプログラム開発環境にしてしまう方法を解説します。これができれば、Vimでプログラムを編集した後に、コンソールに戻ってコンパイルの指示を出すという面倒を避けられます。(編集部)(2011/11/15)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【最終回】
OpenStackの大容量ストレージサービス、Swiftの使い方
OpenStackの大容量ストレージサービス、Swiftの利用方法について解説する。インストールや環境設定の仕方、サービスの起動/停止、Swiftコマンドの使い方などを詳しく紹介する。(2011/9/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。