ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FileMaker」最新記事一覧

関連キーワード

PR:プログラミング不要、業務システムを“セルフサービス”開発――「FileMaker」の魅力とは
営業部門がモバイルデバイスを使ってデータ活用をしたくても、自社のITシステムは融通がきかない――そんな企業で試してほしいのが「FileMaker」だ。(2016/6/22)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
電子カルテの3原則を、「機密性」「完全性」「見読性」「検索性」の4原則に変えよう
医療情報の電子保存の3原則としては「見読性」「真正性」「保存性」が長らく意識されてきた。だが情報セキュリティやe-文書法の要件と比べると重要な視点が欠けているのではないか、と筆者は説く。(2016/6/15)

「iTeachers TV」最新番組紹介
「箱に眠ったままのiPad」を目覚めさせる2つのキーワード――桜丘中高 西岡氏
タブレットの導入当初は思うように活用が進まなかったという桜丘中学・高等学校。その理由と、解決のための工夫とは? 同校職員の西岡朱里氏が明かします。(2016/3/2)

「iTeachers TV」最新番組紹介
“左利き用画面”も気軽に実現 桜丘中高が実感した「iPadアプリ自前開発」の利点とは
教育機関の教職員自ら校務支援アプリケーションを開発する桜丘中学・高等学校。利用者が開発者を兼ねることのメリットとは何か? 同校職員の西岡朱里氏が説明します。(2016/2/29)

開発者は1人の職員:
教員にも“1人1台タブレット”、「iPad用業務アプリ」を内製する中学校
学校での“1人1台iPad”と聞くと、生徒への配布をイメージする方が多いだろう。しかしタブレット活用が進んでいるのは、生徒だけではない。教職員全員がiPadを使う桜丘中学・高等学校では、職員自ら開発したiPadアプリを業務の課題解決に使っている。(2015/12/7)

授業だけじゃない、「教職員1人1台iPad」の使い道
「iPad用校務アプリ」を自前で作る桜丘中学・高校 開発者はたった1人の職員
教職員全員に1人1台のiPadを配備した桜丘中学・高等学校では、職員自ら開発したアプリケーションを現場の課題解決に生かしている。その実態とは?(2015/9/9)

アジャイル開発によるモジュール構成で柔軟に
「iPad」で検体管理 国立長寿医療研究センターのバイオバンク事業を支えるシステム
国立長寿医療研究センターが2012年4月に発足させた「長寿バイオバンク」。その運用効率を高めるために同センターが採用したシステムを紹介する。(2015/8/21)

医療IT最新トピック
マヒした手のリハビリができる「Apple Watch」用アプリが登場
手のリハビリを支援するiOS/Apple Watch対応アプリ、処方薬のオンライン対面販売サービス、パナソニックと富士通による高齢者見守りサービスの実証実験など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/7/3)

膨大な人工透析データ、iPadで“手間なし入力・管理”へ 病院自らシステム開発
膨大な人工透析の情報、入力と管理の手間を軽減して患者と向き合う時間を増やしたい――。そんな思いから、自力で透析業務支援システムを開発したクリニックがある。(2015/6/30)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
医師にも“やさしい”電子カルテへの改善のススメ
患者に優しい医療サービスを提供する前提として、全てのスタッフに最高の労働環境、電子カルテシステムを用意できているのだろうか?(2015/6/19)

“園児がタッチ”で親に登園通知 幼稚園がタブレットでIT化
園児が登降園時にiPadで時間を登録。園のスタッフはPCで記録を確認したらすぐ保護者にメールを送信――。小平市のなおび幼稚園併設の英会話スクールがタブレットを導入した。(2015/6/4)

ファイルメーカー、マルチ環境対応の開発プラットフォーム「FileMaker 14」
ファイルメーカーは、同社製の開発プラットフォーム「FileMaker」シリーズの最新版を発表した。(2015/5/13)

成績管理のムダをなくして“生徒と向き合う時間”を増やす――長峡中学の脱エクセル効果
日々の作業に追われて、生徒と向き合う時間が減っていく――。こんな課題に直面した福岡県の教師が独力で成績管理システムを立ち上げた。多忙な教師の仕事を効率化し、市内6校の中学校も使い始めたというこのシステムは、どのようなものなのか。(2015/4/8)

サンリオの「キティちゃん」を支えるデータベースのチカラ
ハローキティをはじめ、多数のキャラクターを生み出し続けているサンリオ。新商品の数は年間30〜40万点にのぼるという。多数の商品開発を遅延なくスムーズに進めるために、サンリオが打った施策とは。(2014/12/3)

入試採点の効率化とペーパーレス化を実現
iPadで入試採点をより早く、正確に――洗足学園のタブレット活用術
米Appleのタブレット「iPad」を入学試験の効率化に生かすのが、洗足学園音楽大学などを運営する洗足学園だ。iPad活用の実態や導入効果について、同学園の担当者に聞いた。(2014/11/20)

NEWS
日本皮膚科学会西部支部、学術集会でiPad/iPhone用電子版抄録集を無償提供
ファイルメーカーの「FileMaker Go 13」を活用。iPadやiPhone、クライアントPCから、抄録集に収録された学会プログラム情報の閲覧や検索を可能にした。(2014/10/15)

データ連携を「工数」というハードルで諦めた全ての人へ:
PR:企業に眠る膨大な資産を自前で連携する方法を提案――ファインデックスが電子カルテ連携のノウハウを一般企業にも展開
データ連携ツールは多々あれど、開発工数がかかり、高額な見積もりになることも。過去に誰かが作った小さなプログラムが事業のコアで単独に動いている、けれども改修予算は少ない……、そんな止められない、変えられないアプリケーションを動かしながら、データを移行する/他のアプリケーションとデータ連携する、をクライアント端末でリーズナブルに実現する方法とは?(2014/10/8)

有名CGアニメの舞台裏:
「スター・ウォーズ」「トロン」を手掛けた日本のCGスタジオが“システム大刷新”に踏み切った理由
「トランスフォーマー プライム」「シドニアの騎士」など多くのCGアニメ制作を手掛けるポリゴン・ピクチュアズは、さらなる大規模・ハイクオリティーな作品づくりに向けてシステムを大きく刷新したという。その全貌とは――。(2014/9/29)

「存在を意識しないで済むこと」が最大のメリット
老舗の宝飾業向けアプリが20年、同じデータベースを使い続ける理由
宝飾業界向けの業務パッケージ「GEM SYSTEM」。1994年の発売以来、機能強化を重ねてきたが、中身のデータベースは一度も変えていないという。その理由とは何か。開発元のユーテックに聞く。(2014/9/29)

対抗馬のAndroidにも弱点あり
企業のiPad導入をめぐる賛否両論
iPadの企業導入が進んでいるが、Androidタブレットに比べてiPadは高価だ。一方でAndroidにも弱点はあり、タブレット市場は混沌としている。今、iPadを取り巻く市場トレンドとは?(2014/9/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/22)

導入事例:
「iPadでゲームするのも自由」――大阪の物流企業を変えたタブレット活用術とは?
iPadにゲームアプリを入れてもいいし、自宅に持って帰ってもいい――そんな自由な運用ポリシーでタブレット導入の成果を上げている企業が大阪にある。その取り組みを取材した。(2014/4/4)

いつもの仕事が、ここまでに身軽に――住所録、営業カタログ、見積書で“脱Excel”に挑戦
売上管理表からタスク管理表、組織図、日報、損益計算書まで、なんにでも使えるExcelは本当に便利なソフトだ。でも、ちょっと待って! あなたのその業務、ホントにExcelを使うのがベストなのだろうか?(2014/3/25)

導入事例:
リコーの営業スタイルを変えた“現場流”iPad活用術とは?
新任の営業部員が複雑な顧客ニーズを的確にくみ取るのは難しい。リコージャパン栃木支社はiPadと販促ツールの組み合わせで営業スタイルを変え、この問題を解消したという。(2014/2/28)

教育ITニュースフラッシュ
早稲田大学の「全講義公開プロジェクト」に新たな展開
全講義の公開を目指す早稲田大学の新たな取り組みから、教育機関向けにソフトウェアを無償提供するプロジェクトまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/2/28)

FileMakerで“脱Excel”:
営業の進捗、iPadで管理したい――Biz.ID営業部が“脱Excel”に挑戦
ビジネスの現場で“書類を作ろう”と思うと、とかくMicrosoft Excelに頼りがち。しかし、データの集計や抽出までやろうとするならもっと適したソフトがある。そこで今回、Biz.ID営業部が、売上管理シートの“脱Excel”に挑戦した。(2013/12/27)

「ポストPC時代」をにらんで多様性に対応する――ファイルメーカー・エプリング社長
「FileMaker 13」では、Webブラウザ上でカスタムデータベースを利用できる「WebDirect」機能を新たに搭載。その狙いをファイルメーカーのエプリング社長に聞いた。(2013/12/4)

NEWS
日本クリニカルパス学会、学術集会にiPad/iPhone用電子版抄録集を無償提供
ファイルメーカーの「FileMaker Go 12」を活用し、iPadやiPhoneで300ページを超える抄録集に収録された学会プログラムの情報を閲覧可能にした。(2013/10/29)

NEWS
FileMaker Proベースの電子カルテ「ANNYYS_Developer版」を発表、ANNYYS
日医標準レセプトソフトウェア「ORCA」との連携機能を搭載。公式Webサイトから無償ダウンロードできる。(2013/10/16)

ホワイトペーパー:
カスタムiPad & iPhoneビジネスアプリを作成、展開、管理するための、包括的なプラットフォーム
FileMaker(Apple完全子会社)が提供するFileMakerプラットフォームは、iOSアプリのライフサイクル(設計、構築、展開、統合、管理、保護、発展)に必要な機能をすべて提供しており、iPad & iPhoneの企業導入において費用対効果の高い選択肢となっている。(2013/10/8)

導入事例:
業務品質の向上と100%ペーパーレスへの挑戦、名物企業が挑むiPad活用の舞台裏
中小企業の経営支援やダスキン事業を中核とする武蔵野は、iPadとFileMakerを活用した業務品質の向上とペーパーレス化に挑戦中だ。同社の小山昇社長の熱意と、この取り組みをサポートするU-NEXUSとの二人三脚による活動がこれを支えている。(2013/9/26)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
電子カルテの家系図は「単なるお絵かき」では済まされない
電子カルテの家系図は、紙カルテと異なり技術的に可能なことが増えた半面、倫理的に考慮すべき事柄も増えている。真に有用な家系図システムの構築には、まだまだ検討すべき課題が多い。(2013/9/20)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
運用管理? セキュリティ? サーバ仮想化運用フェーズの課題
TechTargetジャパン読者の多くがサーバ仮想化を導入している今、その関心は運用フェーズに移っている。セキュリティや監視、バックアップなど、運用フェーズの課題を解決する各種ソリューションを紹介する。(2013/8/29)

ビジネスにiPadを:
「iPad」+「FileMaker」で仕事がはかどる――アップルがライブオンセミナーを実施
今回のテーマは「FileMakder 12」と連携したビジネス活用法。8月27日と29日に実施する。(2013/8/20)

FileMaker、パーソナルデータベース「Bento」の提供を終了へ
FileMakerが2008年に発売した“弁当のように手軽な”個人向けデータベースアプリ「Bento」の販売を9月30日に終了する。(2013/8/1)

物理/仮想環境からFileMaker Server 12にも対応
医療システムの障害対策のあるべき姿とは?
現在、多くの医療機関が積極的にIT化に取り組んでいる。システムが大規模で複雑になったことで、ある課題が浮き彫りになってきた。システム管理者なら、必ず悩んだ経験がある“システム障害対策”だ。(2013/8/1)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネス活用を実現するためのスマートデバイス導入のポイントは?
企業でのスマートデバイス導入事例が増えつつあるものの、活用という視点ではまだまだという企業も少なくない。活用を実現する上ではそれを支えるセキュリティ対策なども不可欠だ。ITmediaエンタ―プライズ編集部主催セミナーではiPadを大量導入した野村證券や活用を支える最新ソリューションが紹介された。(2013/7/8)

NEWS
「効率よく、簡単に」――スマートデバイス業務アプリ開発の共通点
スマートデバイスの業務アプリ開発のトレンドは「効率よく、簡単に」。スマートフォン&モバイルEXPOのアプリ開発支援ゾーンで共通するテーマだ。本稿では注目の展示3点を紹介する。(2013/5/13)

スマートフォン&モバイル EXPO春 2013:
FileMakerとiPadでここまでできる――中小企業向けの安価なソリューション、あれこれ
ゲーム感覚の在庫管理システム、これまで使っていた紙の伝票を反映させる経費精算システム、リアルタイムで経営分析できる電子カタログ、年配の営業スタッフでも使える受発注システム――。こんなiPad向け業務ソリューションが展示されていた。(2013/5/10)

レガシーシステムとモバイル端末を橋渡し
モバイルアプリ専用クラウド「MBaaS」が注目される理由
APIを通じてモバイルアプリケーションを既存のデータリポジトリと結び付ける「Mobile Backend as a Service(MBaaS)」(サービスとしてのモバイルバックエンド)が注目されている。(2013/5/7)

“本業に専念できる環境作り”をiPadで――FileMakerが変える、中小企業の現場
iPadを導入するなら、自社の業務に最適化した業務システムと合わせて導入したい、でも、高額な開発コストも手間もかけたくない――。中小企業のこんな希望を叶えるのがFileMaker Proだ。なぜ、低コストでカスタムメイドのソリューションを実現できるのか。マーケティング担当に聞いた。(2013/5/3)

地域密着型の事例を紹介:
アップル、オンラインセミナー「ビジネスにiPadを」第7回を実施――4月9日/11日
アップルは、ビジネスシーンでのiPad活用術を学べるインタラクティブセミナー「ビジネスにiPadを」の開催を発表した。(2013/4/3)

iPad向け業務ソリューションを無料で試せる――ファイルメーカー、無料ダウンロードサイト「fmgo.jp」を公開
iPadに無料アプリの「FileMaker Go」をインストールし、無料のサンプルファイルをダウンロードすることで、POSレジや電子カタログなど、さまざまな業務ソリューションを試せる。(2013/2/26)

医療IT最前線:
北海道の医療機関で広がる共用DB、“つながる医療”の懸け橋に
広大な面積を誇る北海道。遠く離れた医療機関や介護施設をつなぐため、医療関係者自らが作成した“共用データベース”の利用が広がりつつあるようだ。医療関係者向けセミナーで最新事例を取材してきた。(2013/2/26)

中小企業も導入しやすい:
5つのポイントから紹介――だからFileMaker×iPadは業務に強い
会社の業務をiPadで効率化したいけれど、いざ導入するとなると対応する業務システムの開発が大変そうな上、コストもかさみそう――。そんな中小企業やSOHOワーカーを支援するのが「FileMaker」シリーズだ。(2013/1/31)

FileMakerの使いやすさ、どのタブレットにも――上級副社長に聞く、ファイルメーカーのマルチデバイス戦略
FileMakerシリーズの特徴は、プログラミング歴のない人でも直感的な操作で業務に最適なシステムを開発し、iPadで展開できるところ。2013年はマルチデバイス時代を見据えた展開を図っていくという。(2012/12/17)

FileMaker Proベースの情報共有サービスを利用
【事例】ITで在宅医療のコミュニケーションを促進する「おひさまネットワーク」
今後ニーズが高まると予想される「在宅医療」。在宅医療診療所向け支援サービス「おひさまネットワーク」では、さまざまな職種のスタッフ間におけるコミュニケーションの促進にITを利用している。(2012/12/7)

優れたモバイルソリューションを提供できるベンダーが比較優位に――ファイルメーカー エプリング社長
ファイルメーカーではiOS向けモバイルDB「FileMaker Go」を無償提供したことでユーザー層が拡大しているという。同社エプリング社長は「競争にはモバイルソリューションが重要」と話す。(2012/12/6)

Excel感覚で扱えるデータベースソフト:
FileMaker+iPadでここまでできる――業務ソリューションいろいろ
マラソン大会の傷病者トリアージシステム、保育園児の活動管理システム、セミナー来場者管理システム、修理履歴が画像で分かるメンテナンスシステム――。これらは全てFileMakerで開発したiPad対応の業務ソリューションだ。(2012/12/3)

1本分の価格で2本のFileMaker Proを使える――FileMakerが期間限定キャンペーン
1本買うと、もう1本が無料に――。ファイルメーカーが期間限定でFileMaker Proの「ひとつ買って、ふたりで使おう!」キャンペーンを実施する。(2012/11/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。