ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Flash Lite」最新記事一覧

イー・モバイル、Android 2.2採用の「HTC Aria」を17日に発売
Android 2.2を搭載したHTC製スマートフォン「HTC Aria(S31HT)」をイー・モバイルが12月17日に発売。重さ約115グラムのコンパクトボディを採用し、Flash Lite 4に対応する。(2010/12/3)

Motorola、MOTOBLUR搭載Android携帯「QUENCH」発表
CLIQの後継となるMotorola QUENCHは、Androidのバージョンは1.5ながら音声検索やAdobe Flash Liteなどに対応し、ソーシャル機能に重点を置いた多機能スマートフォンだ。(2010/2/16)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(1):
Windows Embedded CE 6.0 R3でUIが大きく変わる!!
SilverlightやFlash Lite、タッチ/ジェスチャなど、UIまわりの大幅な機能強化が行われたCE 6.0 R3について紹介する。(2009/12/15)

Flash Liteで“ここまで”できる:
PR:事例で検証! Flashの導入でケータイサイトはこう変わる
VGA解像度の携帯電話が登場し、LTE時代に向けて通信速度が高速化する中、携帯サイトをリッチ化する動きが加速している。中でも注目を集めているのは、見栄えや操作性を向上さるFlash Liteだ。Flash化で携帯サイトはどこまで変わるのか、どんなユーザーメリットを提供できるのか――。Flash変換ソリューションを手がける、りーふねっとの岡社長に聞いた。(2009/9/16)

Vectorがモバイル事業に参入 恋愛シミュレーションで
ベクターがモバイル事業に参入する。第1弾は恋愛シミュレーションゲーム「恋する私の王子様」。Flash Lite 1.1対応端末ならアプリ不要でプレイできる。(2009/7/15)

「DellがAndroidミニノート提供」の憶測流れる
憶測の発端となったのは、Bsquareという企業の「Dellの新しいAndroid NetbookにFlash Liteを移植する」というプレスリリースだった。(2009/5/7)

一撃デザインの種明かし(2):
ケータイFlashでさくさく動く Illustratorデータの作り方
ケータイ用のFlash Liteで動くゲーム。アイテム作りのルールを伝授したい。Illustratorデータを軽くするためにデザイナが気を配っているポイントは?(2009/4/1)

“モバイルで座席予約”をもっと便利に――ANAの事前座席予約システムがFlash化
小さなケータイの画面でも、飛行機の座席予約を快適に――。全日本空輸が、携帯サイト「ANA SKY MOBILE」の事前座席予約システムをFlash化した。りーふねっとのFlash Liteリアルタイム合成エンジンを採用し、変化する予約状況をリアルタイムに表示できるようにした。(2009/3/27)

Flash LiteからAIRへ――Open Screen Projectでモバイル戦略を加速するAdobe
モバイル市場でのエコシステムの確立を目指してAdobeが設立したOpen Screen Project。Adobeが主導して業界団体を立ち上げ、日本型エコシステムで成功したFlash Liteの導入プロセスを世界に拡大することを目指す。(2009/3/11)

D89クリップ(5):
ケータイ版AIRでFlash Liteの成功パターンを踏襲
アドビによるイベント「Adobe MAX Japan 2009」が開催。着実に地歩を固めるFlashプラットフォームと新たにケータイ市場を切り開くAIRが話題の中心となった(2009/2/23)

Adobe、モバイルFlashアプリ配信ソフトリリース
「Adobe Flash Lite 3.1 Distributable Player」はFlashアプリケーションを携帯機器に直接配信できるようにする。(2009/2/16)

“京ぽん”6代目にして待望の「おサイフケータイ」――「WX340K」
PHS端末として初めておサイフケータイに対応した京セラ製の「WX340K」。2.7インチのワイドQVGA液晶やAF付きの2Mカメラを備え、ウィルコムガジェットやFlash Lite、デコラティブメールに対応する。(2009/1/22)

Flash Liteで電子コミック配信 セルシスが「Starビューア」の取り扱いを開始
(2008/12/19)

クリーク・アンド・リバー、ケータイ向けFlash Liteのセミナー開催
(2008/8/19)

りーふねっと、Flash Liteリアルタイム合成エンジン「モバイルコンプレッサー」を商品化
(2008/7/22)

りーふねっと、「ワイヤレスジャパン2008」に出展――ケータイ向けFlash関連技術を披露
りーふねっとが、ワイヤレスジャパン2008に出展し、インストール型Flash liteリアルタイム生成ソフトウェアエンジンを披露する。ブースでは、同社がケータイ向けにFlash化した氷室京介氏のモバイルサイトを、正式オープンにさきがけて限定公開する。(2008/7/18)

QUALCOMMのBREW Mobile Platform、Adobe Flashに対応
これまでBREW ClientでFlash Liteに対応していたが、BREWの新プラットフォームでFlashに対応。またタッチスクリーンにも対応した。(2008/5/30)

BIGLOBEのモバイルサイトにFlash Liteのリアルタイム合成技術を提供――りーふねっと
(2008/5/23)

Adobe Flash LiteとAdobe Reader LEのライセンスをマイクロソフトに供与
(2008/3/21)

Flash Liteをリアルタイム合成――りーふねっとの技術が携帯版「バイク情報・Goo!!」に採用
(2008/3/19)

Adobe、携帯用FlashとReaderをMSにライセンス
MicrosoftはFlash Lite 3.xブラウザプラグインをWindows Mobileの将来版に搭載する。(2008/3/17)

Nokia、MSの「Silverlight」採用
NokiaはS60、Series 40、ネット接続端末でMicrosoftのSilverlightを採用すると発表。S60はAdobeのFlash Liteにも対応している。(2008/3/5)

来たれ、ケータイFlashの腕自慢――KLabがデザインコンテスト
「既存のケータイサイトをFlash Liteで生まれ変わらせてみませんか」――。KLabがFlashを使った携帯サイトのデザインコンテストを実施する。既存の携帯サイトをFlash化し、ユーザビリティやデザイン性を競うコンテンストで、審査員にはドコモの夏野氏も名を連ねる。(2008/1/17)

2008 International CES
新myloでニコ動に挑んでみた
ソニーの発表した新型「mylo」(COM-2)は液晶画面の大型化が目を引くが、Flash Lite3のサポートにも注目。YouTubeが見られるならば……と“ニコ動”に挑んでみた。(2008/1/10)

10月27日〜11月2日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
NTTドコモが冬モデル23機種を一斉に発表した先週。アドビシステムズはFlash lite 3の説明会を開催した。また、総務省では携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会の第3回会合なども開催されている。(2007/11/5)

Flash Videoの再生をサポート──Flash Lite 3が変えるケータイインターネット
アドビシステムズが10月31日、Flash Lite 3の国内向け説明会を開催した。Flash Lite 3は、Flash Player 8相当の機能を備え、Flash動画の再生などを新たにサポートする。(2007/10/31)

ドコモの新機種に「Flash Lite 3」搭載へ
アドビシステムズは携帯端末向けFlashプレーヤーの新バージョン「Adobe Flash Lite 3」が、今後発売するNTTドコモとノキア製携帯に採用されたと発表した。(2007/10/31)

バンダイネットワークスら4社、Flash Lite搭載支援で提携
(2007/10/3)

Adobe、「Flash Lite 3」リリース
Flash Lite 3では、PCだけでなく携帯機器でもFlash Player対応ビデオを再生できる。(2007/10/1)

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、「ケータイFlash Lite互換性データ」を発売
(2007/8/17)

地図画像をFlashLiteに自動的変換──「モバイルgoo」が実証実験
(2007/7/20)

「ニコニコ動画モバイル」にau版も──プロトタイプで公開実験
“ニコニコ動画”の携帯版に、ドコモ端末に続いてau端末で利用できるプロトタイプが公開された。対象機種はFlashLite 2.0対応のau端末。(2007/7/10)

モバイルクリエーターのための「Flash lite」入門講座を開催
(2007/6/13)

「ケータイFlash Liteコンテンツ開発ハンドブック」の販売を開始
(2007/6/7)

「Adobe Flash Lite」が携帯端末向けビデオに対応
(2007/2/20)

3GSM World Congress 2007:
携帯向けFlashでYouTubeなどの動画再生が可能に
Adobe Systemsが、携帯向けFlashプレーヤーの新バージョン「Flash Lite 3」を発表。動画再生機能を追加しており、YouTubeやMySpaceなどの動画が、携帯からも楽しめるようになる。(2007/2/14)

電子コミックコンテンツをFlash Liteに変換──セルシスが勝手サイト向け新サービス
電子書籍ビューワの開発や配信ソリューションを手がけるセルシスが、電子コミックコンテンツをFlash Liteに変換するツール「FConverter」をリリース。無償サイトや勝手サイトでもコミックを配信できるようにする。(2007/2/1)

国内約170端末の「Flash Lite」互換性情報を発売
(2006/12/22)

携帯のFlashにもたらされる大きな変化──米Adobe Systemsムラーカ氏に聞く
auの秋冬モデル11機種、ソフトバンクの秋モデル7機種が「Flash Lite 2.0」に対応し、ドコモのiチャネルは「FlashCast」により実現されている。今、携帯のFlashに何が起きているのか、米Adobe Systemsのムラーカ氏に聞いた。(2006/12/6)

モバイル環境にもっとリッチな体験を――Adobeのモバイル戦略
Flashプレーヤー「Flash Lite 2.0」の携帯電話への採用が広がっている。アドビは、モバイルデバイス向けのリッチコンテンツ制作環境を切り口に、情報家電機器分野への進出拡大を目指す。(2006/12/1)

「Flash Lite」コンテンツで海外に進出――CELLの海外戦略
海外市場でもFlash Liteアプリやコンテンツの普及が始まっている。Flash Liteゲームの開発を行うCELLに、同社の海外戦略を聞いた。(2006/11/7)

Adobe、仏Actimagineからベクター画像技術を取得
取得した技術はFlash Liteに組み込み、モバイル端末で利用する計画。(2006/10/12)

アドビ、携帯向けFlashの最新版「Flash Lite 2」を発表
最新の携帯向けFlashは、Flash Player 7ベースに変わった。(2006/1/10)

Adobe、携帯・家電向けFlash Player新版発表
携帯電話・家電向けの「Macromedia Flash Lite 2」と、家電向けに最適化された「Flash Player SDK 7」が発表された。(2006/1/5)

Macromedia MAX 2005 Report:
MacromediaとQualcommが合意、BREW向けのFlash Lite提供へ
Macromediaが、BREW向けのFlash Liteを開発することを明らかにした。北米のFlash開発者にとっては、リッチコンテントに課金できる待望のチャネルが登場することになる。(2005/10/19)

MacromediaがFlash Lite1.1のリファレンスサイト
(2005/9/9)

マクロメディア、Flash Platform構想で飛躍狙う
Flex BuilderをEclipseベースの統合開発環境「Zorn」へ移行。エンタープライズを強調するマクロメディアは、サーバプロダクトの強化とともに、ケータイ向けのFlash Lite、Flash MMIも新たなバージョンへとアップデート予定している。(2005/7/11)

「モバイルプロジェクト・アワード2005」の受賞結果を発表
最優秀賞に、3キャリアの「災害用伝言板サービス」「Flash Lite」。そしてNECの「N900iL」など。(2005/7/5)

Samsung携帯にもFlash搭載
米Macromediaは1月24日、韓Samsungとのライセンス契約を発表した。Macromedia Flash Lite 1.1 が、同社の携帯に搭載される。(2005/1/24)

MAX 2004:
Macromediaのモバイル向け「多方面戦略」
Macromediaがモバイルデバイスへの進出を狙っている。Flash Liteを初めとする同社の戦略を、同社副社長に聞いた。(2004/11/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。