ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「飛行試験」最新記事一覧

屋内でドローンが安定の自動飛行、リコーらが開発
リコーは東京大学と同社、ならびブルーイノベーションと共同で、非GPS環境下でも自動飛行するドローンの飛行システムを開発した。慣性計測装置とステレオカメラを利用する。(2016/3/16)

MRJ、強気の見通し崩さず 主翼部分が強度不足、納入を1年程度延期
三菱重工業と三菱航空機は24日、愛知県春日井市で記者会見を開き、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」のANAホールディングスへの初納入が2017年4〜6月から1年程度遅れると発表した。(2015/12/25)

ソニックブーム低減を実証、コンコルドなら半減 JAXAが超音速飛行試験で確認
JAXAが超音速機の飛行試験でソニックブーム低減を実証。コンコルドに適用すれば半減できるという。(2015/10/27)

製造マネジメントニュース:
MRJ初号機納入まで残り2年、正念場に向け開発体制を強化
三菱航空機は米国ワシントン州シアトルに「シアトル・エンジニアリング・センター(SEC)」を開設した。航空機産業が集積するシアトルに開発拠点を設けることで、国産旅客機「MRJ」の開発を加速させる。(2015/8/5)

国産ジェット「MRJ」、地上走行試験スタート
国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行を前に、地上で走行(タキシング)試験をスタートした。(2015/6/8)

半世紀ぶりの国産旅客機の実現へ:
初飛行を延期するMRJ、生産体制は大丈夫か
三菱重工業とMRJの設計開発を担う三菱航空機は開発状況について説明を行い、初飛行を2015年9〜10月ごろに延期すると発表した。ただ、初号機の納入時期は変更せずに維持した。“納期維持”を実現する量産体制はどのように構築するのか。(2015/4/24)

メカ設計ニュース:
初飛行近づくMRJ、初号機の右舷エンジン試運転開始
三菱航空機が開発する小型ジェット旅客機MRJの各種試験が本格的に開始された。エンジンの初運転や主翼の上曲げ試験などを順調に進めているという。(2015/1/16)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
エアバスの最新鋭旅客機「A350XWB」搭乗レポート
11月19日、エアバスの中型旅客機「A350」が、デモツアーのために初めて日本にやってきた。JALが導入したことでも話題のA350は、ゆとりのあるボディ&新素材を生かして乗客にも優しい機内環境を実現したという。その実際の乗り心地は……?(2014/11/25)

CAEニュース:
MRJ完成式典「メイドインジャパンの旅客機、夢から現実へ」
国産リージョナルジェット機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の完成式典が行われた。2017年の就航に向けた区切りの一歩となる。(2014/10/21)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
夢の国産旅客機が世界の空を舞う
MRJ(三菱リージョナルジェット)の離陸が間近に迫っている。予定している初飛行は、2013年の第3四半期。多くのファンが待ち望んだ国産旅客機の実用化に向け、これからの半年間はまさに正念場だ。(2013/7/19)

ホンダジェット、量産開始
米ホンダ エアクラフト カンパニーは10月29日、小型ビジネスジェット機「Honda Jet」の量産1号機の生産が始まったことを発表した。(2012/10/31)

石橋謙一のボックスアート6点を厳選――「ガンプラボックスアートコレクション」第2弾の予約受付開始
ガンプラのボックスアートを原画から複製した「ガンプラボックスアートコレクション」の第2弾が予約受付を開始する。各点100枚限定なので、予約はお早めに!(2012/5/23)

300円では買えません:
「ガンプラ」のパッケージ原画がアート作品に
バンダイは、ガンプラパッケージの複製原画をアート作品として販売する。エディションナンバー入りの額装仕様だ。(2012/2/29)

ホンダの航空事業テクノロジー:
小型ビジネスジェット機「HondaJet」の飛行試験用量産型3号機が初飛行に成功
ホンダ エアクラフト カンパニーは小型ビジネスジェット機「HondaJet」の飛行試験用量産型3号機が初飛行に成功したことを発表。降着装置、高揚力装置などの性能試験、機体の操作安定性試験、データシステム、着陸システム試験など基本性能やシステムの確認などが行われたという。(2011/12/21)

ビジネスニュース フォトギャラリー:
写真で巡る宇宙航空開発の拠点、米モハーヴェ空港・宇宙港を訪ねる
商業宇宙輸送の研究開発の拠点として注目を浴びる、米カリフォルニア州のモハーヴェ空港・宇宙港の様子を、写真で紹介する。(2011/8/31)

物欲全開! 俺が欲しいものをもっと作ろう(3):
また大空を飛びたい! わが青春のグライダー
今回は筆者が学生時代に開発したグライダーを40分の1スケールで再現してみた。まずは、古い設計図の確認からだ。(2011/4/13)

HondaJet、量産型初号機が最高速度425ノットを記録
ホンダの小型ビジネスジェット機「HondaJet」の量産型初号機が目標性能値を超える425ノット(時速約787キロ)を記録した。目標性能値は420ノット(時速約778キロ)だった。(2011/3/30)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787“ドリームライナー”は空の旅をどう変える?
開発の遅れが懸念されていた次世代機787について、ボーイングは今年1月に「初号機納入は2011年第3四半期(7〜9月)」と発表した。1号機を受領するのはANAだ。スケジュール通りに進行すれば、いよいよ年内にも日本の空でデビューすることになる。787は、これからの空の旅をどう変えるのか?(2011/2/9)

岡村勝弘のフレームワークでケーススタディ:
フレームワークを超えたHonda Jet――新規事業参入の分析法「トラフィック・ライト」
新規事業選択の審査基準のフレームワークである「トラフィック・ライト」。4つのポイントから参入が成功するかどうかを分析するのだが、時にはそのフレームワークを超えてしまう企業もある。それがホンダの航空機事業、Honda Jetの開発だ。(2009/2/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。