ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外国人」最新記事一覧

長時間労働や賃金未払いなど:
「外国人技能実習生」受け入れ企業、7割で労基法違反
外国人技能実習生の労働環境はどうなっているのか?――厚労省調べ。(2017/8/10)

訪日客の増加が後押し:
空港は最先端技術の発信地、羽田空港で公開実証
訪日外国人が年々増加する中、羽田空港の国際線旅客ターミナルは、誰もが使いやすい空港を目指して、ユニバーサルデザインの採用に積極的に取り組んできた。その一環として、NTTとパナソニックがそれぞれ開発した技術の実証実験を2015年末より行ってきたが、実際に利用客に使ってもらう公開実証をいよいよ開始した。(2017/8/9)

みずほ銀、エアビーと提携 使われていない社宅を民泊に活用
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、増加が見込まれる訪日外国人客の民泊需要の拡大につなげる狙い。地域経済活性化や空き家対策にも貢献する。(2017/7/26)

待ったなしの課題
IT人材不足解消の切り札「外国人エンジニア採用」という選択
ITエンジニア不足が深刻化する中、アジア圏を中心とした海外からの人材登用に注目する企業が増えている。成功のため、押さえておくべきことは何だろうか。(2017/7/26)

「AIサムライ」浅草駅に見参 甲冑姿で観光案内
甲冑姿のマネキンが外国人観光客の質問に答える――その名も「AI-SAMURAI」が、東武浅草駅に登場する。(2017/7/21)

ドコモの訪日外国人向け「Japan Welcome SIM」は何が新しい? 使ってみて気付いたこと
急拡大する訪日外国人向けプリペイドSIM市場にNTTドコモが参入。7月に「Japan Welcome SIM」の販売を開始。日本人でも購入できるので、実際に使ってみた。(2017/7/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
仮想通貨のマイニング需要続く 購入層は外国人から日本人へ
PCIe x1スロットを12基備えるH110マザーが登場後即売り切れるなど、マイニング需要は止まるところを知らない。しかし、購入層は徐々に変化している様子だ。(2017/7/10)

「恥ずかしいです……」→女学生が服をシュルッ→ってまたかーい! 全男の期待を裏切る「変形少女」第3弾公開
外国人「Why」(2017/7/7)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが広告視聴でデータ通信量がもらえる訪日外国人SIMカード投入――GSMAの水面下で進む「ローミング料金撤廃」の動き
TTドコモが訪日外国人旅行客向けのプリペイドSIMカードを発売した。広告を視聴したりアンケートに答えたりすると“0円”で入手することもできる。その裏で、世界では「ローミング」に対してメスが入りつつある。(2017/7/7)

「楽天LIFULL STAY」とExpedia系民泊サイト「HomeAway」が業務提携 インバウンド民泊需要を喚起
楽天LIFULL STAYが持つ民泊物件をHomeAwayに提供することで、インバウンド(訪日外国人)向けを含む民泊需要全体の喚起を図る。(2017/7/3)

ドコモ、富士山頂で「PREMIUM 4G」を提供 外国人登山者の急病時対応も
NTTドコモは、7月10日から富士山頂での「PREMIUM 4G」のエリア化を実施。外国人登山者の急病時対応としてリアルタイム映像サービス「みえる通訳forビジネスプラス(医療通訳プラン)」のトライアルも行う。(2017/6/26)

ドコモが訪日外国人旅行客向けプリペイドSIMを発売 リワード式の無料プランも用意
NTTドコモが、訪日外国人旅行客向けのプリペイドSIMカードを7月に発売する。利用期間は15日間で、広告動画の視聴やアンケート回答などを条件とする“完全無料プラン”や高速通信容量のチャージサービスも用意する。(2017/6/26)

「プロ意識低い」デリヘル嬢に激高……初風俗で料金26万奪った都立高教諭の怒りの沸点
50歳を過ぎて初体験した風俗に、過度な期待を抱いてしまったのか――デリヘルに勤務する40代の外国人女性を殴り、支払った料金を奪って逃げたとして強盗致傷容疑で、高校教諭の男が逮捕された。(2017/6/26)

4月比で伸び率鈍化も:
訪日外国人5月は21.2%増の229万人、韓国が大幅増
政府観光局(JNTO)によると、5月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比21.2%増の229万4700人だった。(2017/6/21)

孫社長「訪日外国人向けの無料Wi-Fiはなくすべき」
(2017/6/21)

広島市の観光情報発信でWi-Fiとカード利用促進 NTT西日本と三井住友カードが協働
西日本電信電話(NTT西日本)と三井住友カードは、広島県に来訪する外国人旅行者向けに、Webメディアでの情報発信を通じて、無料Wi-Fiサービスとクレジットカードの利用促進を図り、効果をAI分析などで見える化する。(2017/6/20)

「五円玉」に漢数字しかないのはなぜ? 外国人に分かりづらいのではと話題に 造幣局と財務省に聞く
きっと何かのごえんがあるよ(言いたいだけ)。(2017/6/18)

東京メトロ、初の外貨両替機を導入 訪日外国人のニーズに対応
東京メトロの明治神宮前駅(千代田線)で、外貨自動両替機が使えるように。(2017/6/15)

「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」発表 3位は広島平和記念資料館、2位はフクロウカフェ、1位は……?
トリップアドバイザーによる2016年度分の口コミランキング。(2017/6/9)

国交省、規制検討:
「2つの法の隙間」で事故・迷惑運転多発の公道カート
外国人観光客らに人気がある公道でのカート走行の安全対策強化のため、国土交通省は道路運送車両法の保安基準を改正する方向で検討を進める。(2017/6/5)

Tレックス20頭とニワトリ1万羽が戦ったらどうなるのっと 質vs量の謎シミュレーションに外国人大盛り上がり
すごい勢いで食われていくニワトリたち。(2017/6/5)

レジで待たせず安心・快適に 「キャッシュレス決済」で訪日外国人取り込み
クレジットカードや電子マネーによる支払いが多い訪日外国人を取り込むため、現金を使わないキャッシュレス決済を導入する商業施設・店舗が増えている。(2017/6/5)

集客力はあるが……:
外国人が多いのになぜ? 渋谷区が観光施策に注力する事情
東京を訪れる外国人観光客は2015年で約1189万人に上った。そして彼らの多くは渋谷に足を運んでいる。にもかかわらず、渋谷区には観光に関する大きな悩みがあるという。それは……。(2017/6/1)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(13):
機械の稼働率より人の作業の効率化、優秀な人材は国外からもどんどん呼べ
東大阪市にある町工場で、ミャンマー、ベトナム、タイ、ネパールなど8カ国の外国人が働いている。1929年(昭和4年)に給湯器メーカーとして東大阪で創業した三共製作所だ。3代目社長の松本輝雅氏は、中量多品種の製造を効率よく行う独自の工夫と営業力で安定経営を続けている。今回は同社 松本社長の経営哲学を取材した。(2017/5/30)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
高速LTEとWi-Fiスポットが使えるプリペイドSIMが韓国で登場
韓国ではプリペイドSIMが売っていますが、これまでは3G回線しか使えませんでした。しかし2017年の春先から、ようやくLTEが使える外国人向けのプリペイドSIMが登場しました。早速購入して試してみました。(2017/5/29)

スピン経済の歩き方:
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
関西国際空港の近くにある病院を目指して、わざわざ海外からやって来る人が増えている。病院名は、IGTクリニック。がん治療専門のクリニックに、なぜ外国人の患者が増えているのか。その理由は……。(2017/5/23)

日本人と外国人とでは観光スポットの評価が違う 日本の観光地に寄せられた口コミを分析
口コミ数は増加傾向にあり、外国語については1.5倍。(2017/5/13)

JR東日本、祈祷室を東京駅に開設 イスラム教徒の訪日外国人旅行者増加を受け
ほかにも新幹線に車内荷物置き場を設けるといったインバウンド戦略を発表。(2017/5/10)

JR東では初:
JR東京駅に「祈祷室」 訪日外国人向けに
JR東日本は、東京駅構内にイスラム教徒などが利用できる祈祷室を開設する。(2017/5/9)

実は米国人の雇用保護には効果なし?
トランプ政権が意気込むH-1Bビザ審査見直し、IT企業の外国人採用はどうなる?
トランプ米大統領はH-1Bビザ審査見直しを指示する大統領令に署名した。H-1Bビザ利用企業は次のニュース対象にならないように対策が必要だと専門家は警告する。(2017/5/9)

1泊3000円前後:
「ディープ大阪」新世界に星野リゾートが熱視線
星野リゾートが「ディープ大阪」のど真ん中ともいえる大阪・新世界の隣接地に大規模ホテルを平成34年春に開業させると発表。一帯は近年、労働者の街から外国人旅行者が集う観光の街へと変ぼうしつつある。(2017/4/26)

週刊「調査のチカラ」:
お財布に相談してみた結果――2017年春の「消費」関連調査まとめ
訪日外国人の旅行消費額に子育て世帯のゴールデンウイークの予算、クーポンの利用形態から世界のオンラインショッピング利用状況まで、人々の消費にまつわる調査データを集めました。(2017/4/22)

IC乗車券「関西ワンパス」は2000円:
大阪好きやねん 関西訪日外国人の滞在時間断トツ
近畿運輸局と関西経済連合会などは18日、2016年4月から試験販売した訪日外国人向けIC乗車券「関西ワンパス」の利用状況の分析結果を発表した。利用者は大阪や京都で1〜3泊する一方、兵庫や奈良は日帰りしている実態が浮き彫りになった。(2017/4/20)

「無法地帯だ」 京都で“花見狂騒曲”……ライトアップ中止に
外国人を中心とする観光客の急増に伴う安全面やマナー違反への懸念があるようだ。(2017/4/19)

金正恩氏も出席:
北朝鮮発表の「重大イベント」は街路の開設式
北朝鮮当局が外国人記者団に伝えた「大規模かつ重要なイベント」は、新たに整備された街路の開設だった。(2017/4/13)

詳細は不明:
緊迫する北朝鮮情勢、外国人記者に「重大イベント」通知
北朝鮮当局は、国内で取材中の外国人ジャーナリストに対し「大規模かつ重要なイベント」に備えるよう伝えた。(2017/4/13)

観光案内ブースなど設置:
ローソン、銀座に訪日外国人向け店舗を開店
ローソンが、都内で開業する大型商業施設の「GINZA SIX」内に、訪日外国人向け店舗を出店する。(2017/4/11)

リアルタイムで発声してくれる「Skype翻訳」を試してみた 外国人と会話はできる?
(2017/4/8)

「世界が驚くニッポン!」炎上 あまりの持ち上げぶりに日本人が驚いた!?
外国人向けに日本の魅力を発信するために経済産業省がまとめた冊子に非難が集まっている。(2017/4/4)

倍以上の値段でも売れる:
「爆買い」はどこに消えたのか 探ってみると
訪日外国人は増加傾向にある一方、かつての「爆買い」はどこに消えたのか――。探ってみると、新たなルートが見えてきた。(2017/3/22)

1位韓国、2位中国:
訪日客、2月も好調の203万人超 航空便の増加など影響
2月の訪日外国人数は、203万6000人だった――日本政府観光局(JNTO)調べ。(2017/3/16)

地方部の伸びが影響:
16年の訪日外国人宿泊者数が過去最高に
観光庁によると、2016年の外国人宿泊者数は7088万人で、過去最高を更新。(2017/3/6)

SIM通:
訪日外国人に無料SIMカードを提供 その背景は?
2017年に入ってから、無料のSIMカードを用いたさまざまな訪日外国人向けサービスが登場。どういったサービス内容になっているのか紹介します。(2017/2/28)

言語や嗜好に応じた「おもてなしサービス」を実現 IoTプラットフォーム「OPaaS.io」
ジェピコ、NEC、富士通らが、ユーザーが登録した属性情報とサービスを仲介するIoTプラットフォームを開発。2020年に向けた訪日外国人観光客向けサービスの利便性向上を目指す。(2017/2/23)

「放射能を浴びているから光ると思った」 関西学院大・外国人講師が福島出身女子学生に差別発言で減給
講師は「冗談のつもりだった」と発言を認め、学生に対して謝罪したい意向を示したとのこと。(2017/2/21)

史上初の外国人女流棋士が誕生! ポーランド出身のカロリーナさん 「NARUTOで将棋に出会った」
おめでとうございます!!(2017/2/20)

松本零士の世界が浮世絵に! メーテルやハーロックらが斬新なアート作品に
新撰組風のヤマトクルーにあでやかすぎるメーテル。これには外国人もニッコリ。(2017/2/16)

突然の発表 外国人は中国入国時に指紋採取が必要に
まずは2月10日から深セン空港で開始。(2017/2/11)

Wi2、Wi-Fiで訪日観光客行動データをクラウド分析
Wi2が提供する訪日外国人向け無料Wi-Fi「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のデータ集約基盤として、IBMのクラウドDBを採用。訪日外国人観光客のさまざまな情報を迅速に把握する仕組みを構築した。(2017/2/7)

ITで“おもてなし”はどこまで可能? 業界の垣根を越えて実証実験
訪日外国人に自ら登録してもらうパーソナルデータと交通系ICカードを連動させ、ホテル・レストラン・小売などで各人に適したサービスを提供する仕組みなどを検証する。(2017/2/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。