ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「福島県」最新記事一覧

無償で草むしりも:
清水建設の執行役員辞任 取引先に実家の雪降ろしさせる
清水建設の執行役員が辞任。福島県で除染工事を請け負っていた業者に、無償で実家の雪降ろしや草むしりをさせていたという。(2017/12/11)

“バーチャルろくろシステム”爆誕 インタビューを受けながら使いたい一品
Web業界ではインタビューを受けながらろくろを回すのは常識。(2017/12/8)

日本ワイン 140年の真価:
造り手の情熱は等しく 進化続ける日本ワインの未来
日本のワイン業界が活性化している。個人事業主など新規参入が相次ぐ一方で、大手メーカーも積極的な投資を行なっている。日本ワインの未来に向かって――。(2017/12/4)

黒字転換なるか:
ラーメンからステーキへ 幸楽苑、立て直しへの3つの戦略
上場以来初の赤字決算が見える幸楽苑ホールディングス。「既存店対策」「出店戦略」「新業態転換」で立て直しを狙う。(2017/12/1)

熱電素子から下水監視の展示まで:
ここまできた!日本のエネルギーハーベスティング
「Embedded Technology 2017(ET2017)/IoT Technology 2017」で、エネルギーハーベスティングコンソーシアムがブースを出展。エネルギーハーベスティング技術を持つ国内企業、団体が共同展示を行った。(2017/12/1)

美しい…切るごとに絵柄が移り変わる羊羹が芸術的 福島の老舗菓子店の技とアイディアに感嘆の声集まる
外国の方にも人気。(2017/12/1)

これは想像以上 「ガリットチュウ」福島のダレノガレ明美モノマネが本人公認のクオリティー
品川祐「器でけえ」。(2017/11/27)

ピラミッドや原子炉、火山も“透視” 素粒子観測の意外な使い道
名古屋大などの国際研究チームが、クフ王のピラミッド内部に未知の巨大空間を見つけたと発表した。大発見をもたらしたのは、上空から降り注ぐ素粒子の「ミュー粒子」だ。(2017/11/24)

製造マネジメントニュース:
揺らぐ日本の信頼性、三菱マテリアルも子会社2社で検査不正
三菱マテリアルは、連結子会社である三菱電線工業と三菱伸銅において、検査記録データの改ざんなど検査不正を行い、基準値に満たない製品を出荷していたことを公表した。(2017/11/24)

立憲民主党「Twitterで躍進」は本当か? 支えたのは「シルバー世代」
立憲民主党の根幹を支えたのはSNSを使いこなす若者層ではなく、むしろ高齢層であることが浮き彫りになっている。(2017/11/20)

なぜ“北九州監禁殺人事件の息子”に取材できたのか 「ザ・ノンフィクション」チーフプロデューサーが語る、踏み込める理由
最近は「北九州連続監禁殺人事件」の加害者の息子を取り上げて大きな話題に。(2017/11/15)

Microsoft Focus:
IoT、AI、セキュリティ、FinTech――次々とコンソーシアムを立ち上げる日本マイクロソフトの狙いは
IoT、AI、セキュリティ、FinTechと、次々にコンソーシアムを立ち上げている日本マイクロソフト。この取り組みを通じて、どのような形で企業のIT活用を支援しようとしているのか。(2017/11/15)

日本ワイン 140年の真価:
メルシャンが独自技術をライバルに教える理由
ワインメーカー大手のメルシャンの特徴は「オープン性」だ。画期的な取り組みをしたかと思えば、そこで得た知見や技術などをほかのワイナリーにも惜しみなく伝える。なぜそうしたことをするのだろうか。(2017/11/9)

「誕る」の読み方、分かります? 「誕」という漢字の意外な意味
「誕」の「生まれる」以外の意味とは?(2017/11/8)

サウジで太陽光発電開始:
「日本の電力会社は意地悪」 ソフトバンクが海外電力事業に注力する理由
ソフトバンクグループの孫正義社長が、11月6日開いた2017年4〜9月期の決算会見に登壇。サウジアラビアなど海外で電力事業を推進する理由を語った。(2017/11/7)

協働ロボット:
九州製造業の生産性向上へ、福岡市で協働ロボット体験会
九州経済産業局は、次世代ロボットの普及促進を目的として、最新の協働ロボットなどを体験できるイベントを開催。九州地域でのロボット活用の促進と生産性向上への取り組みを紹介した。(2017/11/7)

小型機が空中分解、「引き返す」と連絡直後に何が……レコーダーなく原因究明難航
奈良県山添村の山中に8月、八尾空港を飛び立った小型機が墜落し、搭乗していた夫婦が死亡した。空中分解したとみられるが、フライトレコーダーが設置されていなかったため、原因究明は難航している。(2017/11/2)

「巨大ジェットコースター」作り、高校に広がる 尼崎の理科教員、設計図を全国に提供
兵庫県立尼崎北高校の文化祭で、高低差約1.3メートル、全長約20メートルの手作りの巨大ジェットコースターが登場、話題を集めた。(2017/10/30)

フランチャイズ契約:
ラーメンの幸楽苑、「いきなり!ステーキ」展開へ
幸楽苑が、ステーキ店を展開するペッパーフードサービスとフランチャイズ契約を締結すると発表した。(2017/10/27)

工場ニュース:
福島県に新生産棟建設、無線通信機器などの生産規模を約2倍に増強
三菱電機は、福島県郡山市の「コミュニケーション・ネットワーク製作所郡山工場」に生産棟を建設する。これにより、今後需要拡大が見込まれる光通信/無線通信機器や、映像監視システムの生産規模が約2倍に増強する。(2017/10/27)

ZOZOTOWNの「送料自由」、利用者はいくら払った? 都道府県別ランキングも発表
ワースト5は関西勢。(2017/10/24)

ZOZOTOWNの送料、「自由化」でどうなった? “ケチった”のはあの県のユーザー
「ZOZOTOWN」で行われている「送料自由化」の実験。「0円」に設定された注文は、約3週間で43%あり、設定された送料の平均は96円だったという。(2017/10/24)

「0円」は43%:
ZOZO「送料自由」、平均は96円
ファッションECサイト「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイが、「送料自由」の利用状況を発表した。(2017/10/24)

震災から約6年半ぶり JR常磐線の富岡駅〜竜田駅間が運転再開
Twitterには現地の様子や再開を喜ぶ声が。(2017/10/21)

「(憧れの)アムロ・レイに一歩近づいた」 レッドブル・エアレース年間王者・室屋義秀が語った栄光と挫折
決して順調なパイロット人生ではなかった。満足な練習環境ではなかった。それでも彼は世界一のパイロットになった。(2017/10/19)

だれの足跡かにゃ……? 福島武家屋敷に土足で踏み入った犯人の正体がかわいい
犯人が残した意外なものとは(2017/10/19)

再び食卓に:
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
市町村別で日本一の鯉の生産量を誇る福島県郡山市。かつては地元にも食文化として根付いていたが、今では一般家庭で調理する機会はほぼないという。そうした郡山に再び鯉を定着させようとする取り組みが始まった。(2017/10/17)

協働ロボット:
ロボットがたどる生物の進化の道、カギは視覚とコミュニケーション
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催された。WRSの実行委員会諮問会議 委員であるトヨタリサーチインスティテュート 最高経営責任者(CEO)のギル・プラット氏が登壇し「ロボティクスの未来」をテーマに、ロボットと人との関係性の変化などについて講演した。(2017/10/16)

被害生徒が学んだこと:
前代未聞6県20校で硬式球など大量盗難、なぜ起きた?
「一体何に使うのか」。捜査員も首をかしげていた高校野球部からボールやバットが大量に盗まれた事件。被害は関東地方を中心に6県20校に及び、ボール約9300個など計約284万円相当が盗まれた。(2017/10/10)

野球部のボール大量盗難、「メルカリ」転売か 被害生徒は「人間万事塞翁が馬」学ぶ
関東地方の高校でボール約9300個などが盗まれた。盗んだボールは「メルカリ」などを通じて売却していたとみられる。盗品ビジネスに走ったとみられる男らも、実は野球少年だったのだが……。(2017/10/10)

空から「からあげクン」を配送 楽天とローソン、福島県南相馬市で移動販売とドローン配送を開始
試験的に半年間運用される予定です。(2017/10/7)

ドローン×移動販売で、空飛ぶ「からあげクン」お届け 楽天とローソンが連携
ドローンと移動販売を組み合わせた商品配送で楽天とローソンが連携。買い物困難者のサポートを目指し、10月31日から半年間、南相馬市で試験運用を行うという。(2017/10/6)

被災地の高齢者を支援:
空飛ぶ「からあげクン」届けたい 楽天・ローソンがドローン配送開始
楽天とローソンが、ドローンを活用した商品配送を開始する。ローソン南相馬小高店(福島県南相馬市)の商品を「小谷集落センター」に届ける。高齢者の買い物を支援する狙いで、実施期間は10月31日から半年間。(2017/10/6)

「エネルギーテック」のこれから:
「ブロックチェーン」がエネルギー業界にもたらすインパクト
新しいビジネスモデルを実現する持つ技術基盤として、エネルギー業界でも注目されはじめている「ブロックチェーン」。具体的には業界にどのようなインパクトをもたらす可能性があるのだろうか。(2017/10/3)

ニッポンの議論:
どうする「部活」 「学校教育から切り離せ」vs.「教員に『指導』の教育を」
中学高校の部活で教員の過重労働が課題になっている。(2017/9/25)

特技は穴掘り「ミミズ型ロボット」 都市や月面で活躍へ
ミミズ型ロボットは牽引力が強く、内部にカメラなどを挿入できる利点もあり、医療や宇宙など多くの分野で実用化が近づいている。(2017/9/25)

協働ロボット:
ロボットの将来像は「背中を見て仕事を覚える」世界へ
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催された。WRSの実行委員会諮問会議 委員であるカリフォルニア大学サンディエゴ校 コンピュータ理工学部 教授のヘンリック・クリステンセン氏が登壇し「ロボティクスの未来」をテーマに、自律型ロボットの将来像などについて解説した。(2017/9/21)

ポテチに「芋煮味」「あごだし味」など カルビー、47都道府県のポテトチップス開発企画の第1弾発売
全部食べてみたい……!(2017/9/17)

北朝鮮ミサイル発射、Jアラート発令「不審物発見の際は通報を」 破壊措置の実施はなし
(追記)引き続き警戒を。(2017/9/15)

協働ロボット:
人ができないことを支える、それがハピネスなロボット
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催。WRSの実行委員会諮問会議 委員長であるカーネギーメロン大学ワイタカー冠全学教授の金出武雄氏が登壇し、将来に向けた「幸せのためのロボット」の在り方を訴えた。(2017/9/15)

「ルマンドアイス」の販売エリア拡大 北海道と東北で10月2日から取り扱い開始
北海道・東北勢「うおぉぉぉ」。(2017/9/14)

「Jアラート」が受信できず ドコモの無線設備不具合で
ドコモのエリアメールが一部地域で受信できていないことが判明。北海道をはじめとする12都道府県でJアラートを受信できなかった。ドコモの無線設備の不具合が原因。(2017/9/12)

エコカー技術:
内燃機関が生き残るために、広島で研究進む「次世代燃料」
広島大学で開催された「ひろしま自動車産学官連携推進会議」、通称「ひろ自連」のシンポジウムを聴講した。ひろ自連は、広島地域の自動車産業を発展させていくための協働を目的に、広島の自動車産業と環境関連の政府関係法人、大学などの共同研究プロジェクトとして2017年2月に設立された。シンポジウムを開催するのはこれが初めてのことだ。(2017/9/11)

ねとらぼレビュー:
脅威 は「北」からやってくる ――「新感染 ファイナル・エクスプレス」
韓国アニメ界で活躍するヨン・サンホ監督による初の実写映画。韓国版シン・ゴジラとも言えるクオリティになっていた。(2017/9/9)

KDDI、沖縄で“IoTごみ箱”試験導入 ごみの量をリアルタイム把握、収集を効率化
KDDIと沖縄セルラーが、ごみ収集を効率化する“IoTごみ箱”の実証実験を沖縄県で実施。IoT向けの新通信規格「LTE-M」を活用している。(2017/9/8)

エネルギー分野の中核事業に:
村田製作所、ソニー電池事業買収を完了
村田製作所は2017年9月1日、ソニーグループの電池事業の買収が完了したと発表した。(2017/9/1)

Jアラート、非対応のスマホもあるの? どういうときに届くの? この機会に再確認
備えあれば憂いなし。(2017/8/29)

北朝鮮ミサイル発射でJアラート発令 不審物を見かけた際には絶対に近寄らないで
現在までに船舶や航空機の被害は確認されていません。(2017/8/29)

“仮想通貨詐欺”横行 「特別な情報」誘い文句に……
「来年には5倍になります」――仮想通貨をめぐる詐欺が横行している。(2017/8/25)

「被ばくで被害」:
「トモダチ作戦」157人が米で東電を提訴 50億ドル基金要求
東京電力ホールディングスは、福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人から提訴された。(2017/8/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。