ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「現代用語の基礎知識」最新記事一覧

関連キーワード

今年も「新語・流行語大賞」候補語50語が発表 「ラブライバー」「エンブレム」「シールズ(SEALDs)」など
大賞はどれに!(2015/11/10)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ロゴヴィスタ、PC用電子辞書「現代用語の基礎知識 2015」を発売
ロゴヴィスタは、同社製の電子辞典「LogoVista電子辞典シリーズ」のラインアップに「現代用語の基礎知識 2015」を追加した。(2015/2/17)

「ゴーストライターが暴露」「ありのままの」など、「新語・流行語大賞」とコラボした「人生ゲーム オブザイヤーII」発売 タカラトミーから
号泣・増税・シェアハウス婚……あぁ、あれか。(2014/11/12)

「バカッター」も! 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補語が発表 「倍返し」「じぇじぇじぇ」など
「ふなっしー」「お・も・て・な・し」「今でしょ」など豊作ですね。(2013/11/20)

タブレットとPCの“イイトコ取り”!:
PR:今こそ、Windows 8タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi QHシリーズ WQ1/J」を選ぶべき3つの理由
タブレットは欲しいが、PCならではの高生産性も捨てがたい――。そんな方におすすめなのが、Clover Trailこと「インテル® Atom™ プロセッサー Z2760」を搭載したWindows 8タブレットだ。特に富士通の「ARROWS Tab Wi-Fi QHシリーズ WQ1/J」は、同CPUによる高性能と省電力の両立に加えて、防水・防じんの薄型軽量ボディを備えるなど、独自の魅力にあふれている。(2013/7/8)

「ユーキャン新語・流行語大賞」候補語が発表 「いいね!」「ステマ」「うどん県」も
候補の1つ「ネトウヨ」って今年流行ったんだっけ……?(2012/11/8)

バッチリお風呂テレビ:
「防水」、やはりいいものだ──10.1型タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」検証
ドコモのXiタブよりXi機能を省き、代わりに内蔵ストレージ増強+指紋センサーを新設した「ARROWS Tab Wi-Fi」が登場。「家族用」そして「お風呂テレビ」として使えるかを中心に検証する。(2012/2/10)

計測技研、iPhone/iPad用アプリ「現代用語の基礎知識2012年版 for iOS」を発売
計測技研が、「ONESWING辞書シリーズ」の新タイトルとして「現代用語の基礎知識2012年版 for iOS」をリリースした。幅広いジャンルの用語を2万7000語収録し、2011年に流行した言葉やものごとを写真付きで解説する。(2012/2/2)

2012年PC春モデル:
“お風呂テレビ”対応の防水10.1型タブレット、セキュリティ強化のWi-Fi版──「ARROWS Tab Wi-Fi」
ARROWS Tabより、LTEの代わりに指紋センサーを内蔵した防水タブレットが登場。10.1型サイズでデュアルコアOMAP 4430、防水性能、軽快動作「サクサクタッチパネル」などを継承して採用する。(2012/1/12)

「ユーキャン新語・流行語大賞」年間大賞は「なでしこジャパン」 「スマホ」「こだまでしょうか」もトップテンに
ユーキャン新語・流行語大賞が発表。年間大賞は「なでしこジャパン」。トップ10には「スマホ」のほか、「3.11」「帰宅難民」など震災関連の言葉が入った。(2011/12/1)

「計画停電」「ぽぽぽぽーん」「あげぽよ」も 「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語発表
「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。「計画停電」から「ぽぽぽぽーん」「あげぽよ」まで60語ある。(2011/11/10)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです」の銚子電鉄は今どうなっているのか?
5年前、「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」という前代未聞のフレーズをWebサイトに掲載し、副業で製造販売している「ぬれ煎餅」の購入を広く呼びかけて経営危機を乗り切った銚子電鉄。一時のブームが過ぎた今、どういう状況になっているのか小川文雄社長に尋ねた。(2011/10/7)

ドコモ タブレット:
Xi対応、ワンセグ搭載の防水Androidタブレット――「ARROWS Tab LTE F-01D」
「ARROWS Tab LTE F-01D」は、NTTドコモの高速データ通信サービスXiに対応する富士通製のAndroidタブレット。10.1インチのボディにIPX5/IPX7防水機能やワンセグを搭載するなど、日本市場向けのアレンジを施しているのが特徴だ。(2011/9/8)

App Town レファレンス:
日本を代表する辞書をまるごと収録した「ウルトラ統合辞書2011+類語新辞典」
計測技研は、20コンテンツ(14辞書+6分野別検索)を収録したiPhone/iPad用の辞書アプリ「ウルトラ統合辞書2011+類語新辞典」を発売した。価格は1万4000円。(2011/4/7)

本田△からAKB48まで――2010年流行語大賞候補発表
世相を反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「流行語大賞」。ノミネートされた60語が発表されたが、小沢一郎前民主党幹事長やサッカー南アフリカW杯に関わる言葉が多く選出されたようだ。(2010/11/12)

フルHDにデュアルディスプレイ:
“圧倒的な破壊力”を備えたハイエンドノートPC「FMV-BIBLO NW/G90T」を満喫する
富士通のコンシューマー向けノートPCで最高峰に位置する「FMV-BIBLO NW/G90T」。AVもゲームも仕事もOKな万能ぶりをさまざまな角度からチェックした。(2010/4/13)

Linux搭載の超小型MIDが高機能辞書に――シャープ「NetWalker PC-Z1J」
シャープのNetWalkerに辞書機能を搭載した新モデルが登場。12月下旬には電子書籍販売サイトを立ち上げ、電子ブックの販売も開始する。(2009/11/19)

ふぉーんなハナシ:
ソフトバンクがピックアップした“オススメiPhoneアプリ”
9月17日から、ソフトバンクモバイルが何度か新聞にiPhoneの全面広告を打っている。その内容が、多数のiPhoneアプリの紹介というちょっと変わった形だったので、見られなかった方にも簡単にアプリがダウンロードできるよう、リンク集を用意してみた。(2009/9/22)

松村太郎のiPhone生活:レファレンス:
第26回 10キロ単位の辞書を、ワンタッチで──「ウルトラ統合辞書2009」
電子辞書は、その利便性の高さと価格の値ごろ感から非常に人気のコンテンツの1つだ。iPhoneアプリにも、こうした便利な辞書アプリが多数登場している。今回ご紹介する「ウルトラ統合辞書2009」は、市販の電子辞書端末並みの機能を実現したアプリだ。(2009/7/2)

仕事耕具:
「バブル崩壊 」から「アラフォー」まで――19年分の「現代用語の基礎知識」をUSBメモリで
ロゴヴィスタは「現代用語の基礎知識1991〜2009 19年分特別パック」をUSBメモリ版で発売する。「バブル崩壊」から「アラフォー」まで、時代を映す19年分の言葉を収録した。(2009/2/18)

仕事耕具:
ロゴヴィスタ、「漢字源」「現代用語の基礎知識」のUSBメモリ版
ロゴヴィスタは、USBメモリ版の「漢字源」と「現代用語の基礎知識2009」を順次発売する。(2009/2/6)

「あなたとは違うんです」は「候補者辞退」 新語・流行語大賞
毎年恒例の新語・流行語大賞が発表された。「あなたとは違うんです」がトップ10に入ったが、「受賞候補者が辞退したため」として該当者なしだった。(2008/12/1)

今日から使えるITトリビア:
「流行語大賞」の発表は12/1――通信用語の受賞暦を振り返ってみた
2008年、「新語・流行語大賞」の発表が迫る。過去の受賞暦を振り返ると、IT業界に関するものもちらほら。これまでどんな言葉が選ばれてきたのか振り返ってみた。(2008/11/29)

今年の流行語大賞は何になる? ノミネート60語が発表に
世相をうまく反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「流行語大賞」。ノミネートされた60候補が発表になったが、12月の発表を待たずに前評判が高いのは「サブプライム」と福田首相の“あの言葉”のよう。(2008/11/11)

「ローゼン麻生」「キター!!」「アキバ系」 流行語大賞候補に
「ローゼン麻生」「キター!!」「アキバ系」「あなたとは違うんです」――今年の流行語大賞候補60語が決まった。(2008/11/11)

仕事耕具:
「ローゼン麻生新総裁」のパスケース 秋葉原に限定ショップも
漫画やアニメなどのサブカルチャーにも造詣が深いとされる、麻生太郎自民党新総裁。総裁に選出されたタイミングに合わせて、麻生氏をモチーフとしたパスケースとクリアファイルが登場した。(2008/9/22)

新語にマナーにスピーチも――ビジネス向け電子辞典セット
ロゴヴィスタは、ビジネス向け電子辞典ソフト「ビジネスセット2008」を発売する。最新版の「広辞苑第六版」や「現代用語の基礎知識2008」など、7つの辞典を収録した。(2008/5/20)

News Weekly Access Top10(2007年12月30日−2008年1月5日)
ニコニコ的「あけおめ」
年賀状の代わりに年賀メールを送る人も多いが、今年はニコニコ動画でも、新年のあいさつや「初詣で」が行われていた。(2008/1/7)

オルタナブログ通信:
2007年、オルタナブロガーをにぎわせたよもやま話
2007年も終わり、2008年へ。国会では、UFO論争が勃発。電子マネーの普及が進む中で、パスネット廃止も発表された。そして、「初音ミク」と「JASRAC」……オルタナティブ・ブロガーは、そんなIT関連ネタから世相にいたるまで、独自視点で発信していく。(2007/12/31)

こんな言葉も流行りました 07年ネット用語大全
「スイーツ(笑)」「ずっと俺のターン」「自重」――07年に流行したネット用語を、はてなダイアリーキーワードのアクセス上位から40ピックアップした。(2007/12/28)

ITmedia News 年間アクセストップ50(07年1月1日〜12月26日)
“守る”と“創る”は対立するのか――07年のネット界
「Second Life」がポシャり、「ニコニコ動画」が急成長。何の前触れもなく降臨した「初音ミク」が創造を加速する。ネットの創造は既存の著作権の枠組みと矛盾し、対立する――その先には、何が見えるだろうか。07年のアクセス上位の記事から振り返る。(2007/12/27)

News Weekly Access Top10(2007年12月16日−12月22日)
「初音ミク作品」騒動から考える、「次の著作権のかたち」
「ダウンロード違法化」に「初音ミク作品」騒動。先週は著作権とネットの関係がクローズアップされた1週間だった。(2007/12/25)

News Weekly Access Top10(2007年12月9日−12月15日)
日本人にはTwitterよりハイク?
週末に正式公開した「はてなハイク」が楽しい。Twitterに似たサービスだが、タイトルがあることによって、Twitterより気軽に投稿できるように感じる。(2007/12/17)

ネット流行語大賞に「アサヒる」
「アサヒる」「スイーツ(笑)」「ゆとり」――2ちゃんねるやブログなどでよく使われた言葉がネット流行語大賞上位にランクイン。(2007/12/14)

News Weekly Access Top10(2007年12月2日−12月8日)
Vistaを使う勇気がなく、XP機を探し回った週末
Windows XPマシンが壊れた。Vistaに移行する勇気はなく、新しいXPマシンを探し回ったが、なかなか見つからず困ってしまった。(2007/12/10)

自分が「ギャルゲーキャラ」化される日が来るとは……
「初音ミク」関連の話題に注目が集まった先週、初音ミク曲をオープニング、エンディングに使ったテレビ番組が放映された。(2007/12/3)

オルタナブログ通信:
アマゾンは書籍を変えるか――Amazon Kindleの挑戦にブロガーは?
ネットが重要なインフラとなって久しい。しかし、いざという時の通信手段としてはどうだろうか? そして、本はネットやデジタル形態に取って代わるのか。それらの頂点にはGoogleの存在が?――オルタナティブ・ブロガーは、ITの時事ネタを追いながら、今後の行方を探っていく。(2007/11/30)

ニコニコ動画を「まとめサイト」のように楽しむ
ニコニコ動画の「マイメモリー」機能はまるで「まとめサイト」のよう。進行中の「祭り」に参加できなくても、後から盛り上がりを追体験できる。(2007/11/26)

News Weekly Access Top10(2007年11月11日−11月17日)
鏡音リンの「元ネタ」は?
初音ミクに次ぐボーカロイドシリーズ第2弾「鏡音リン」の全身像が公表された。ミクと同様、シンセサイザーの名機をモチーフにしているようだ。(2007/11/19)

「アサヒる」「初音ミク」「ローゼン麻生」、現代用語の基礎知識に
「『アベする』は流行っていたので流行語大賞に」という声が一部にあった一方、とりあえず「アサヒる」が「現代用語の基礎知識」入り。「初音ミク」や「ググレカス」などおなじみの言葉も(2007/11/14)

「イミダス」「知恵蔵」休刊 ネットに移行
イミダスと知恵蔵が休刊する。ネットで手軽に用語検索できるようになった影響などから発行部数が減少していた。PC・携帯サイトの運営は続ける。(2007/8/31)

「ネカフェ難民」「ギザカワユス」も一発変換 ATOKにはてなキーワード
「ATOK 2007」に、ユーザー参加型辞書「はてなダイアリーキーワード」辞書を追加できる機能がネットで公開された。「ネカフェ難民」「ギザカワユス」「タグクラウド」などを一発変換できる。(2007/6/19)

News Weekly Access Top10(2006年11月12日-11月18日)
縦書きスパムメールが来た
先週はVista関連の記事がアクセスを集めた。それとはまったく関係ないが、最近のスパムメールは何とか読ませようという工夫がすごい。(2006/11/20)

「mixi」「YouTube」「ツンデレラ」流行語大賞候補に
今年の「新語・流行語大賞」の候補になったあんな言葉やこんな言葉。「ツンデレラ」は一体どこで流行したのか……。(2006/11/16)

「ヲタ芸」も「ハルヒダンス」も「現代用語」に載っていた
現代用語の基礎知識には、「ようつべ」「mixi疲れ」だけでなく「ヲタ芸」や「ハルヒダンス」も載っている。(2006/11/13)

金融・経済コラム:
新しい火災保険?! 炎上保険はいかが?
企業が口コミマーケティング活動として利用するブログでの「炎上」が増えているようです。そした企業の「炎上リスク」をカバーする保険というのを考えてみたのですが……(2006/11/13)

「ようつべ」「mixi疲れ」も はてなキーワード、今年も「現代用語」に
はてなダイアリーキーワードが今年も「現代用語の基礎知識」に掲載される。今年は「mixi疲れ」「ようつべ」「炎上」「急にボールが来たので」などが収録されている。(2006/11/8)

【お知らせ】はてなで「ネット流行語大賞」
2005年にネット上で流行した言葉を決める「ネット流行語大賞」を、はてなと自由国民社、ITmedia Newsが協力して実施します。(2005/11/24)

「はてなキーワード」から流行語大賞ノミネート
「現代用語の基礎知識」に収録されたはてなダイアリーキーワードから、流行語大賞の候補が生まれた。(2005/11/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。