ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゴジラ」最新記事一覧

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

日本リスペクトがハンパない! 映画「レディ・プレイヤー1」日本版&開田裕治描き下ろしポスター公開
スピルバーグ監督のゴリゴリの日本愛を感じる。(2018/4/5)

ゴジラが目の前に迫りくる! 日比谷シャンテでHoloLens活用のアトラクションなど――東宝と日本マイクロソフトが共同開催
東宝と日本マイクロソフトが、MR(複合現実)を使ったゴジラのアトラクションや、AIとIoTを活用した“近未来の店舗”を体験できるイベント「HIBIYA 2018」を2018年5月下旬に開催。ゴジラのアトラクションでは「Microsoft HoloLens」を装着し、日比谷の街に現れる巨大なゴジラに対峙する体験ができる。(2018/3/28)

aibo「貴方が、私のマスターか?」 ソニー×FGOが特別協賛の「AnimeJapan 2018」を写真でチェック
「AnimeJapan 2018」で大々的にコラボするソニーと「Fate/Grand Order」を取材。その他見どころも写真で紹介していく。(2018/3/24)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「生まれてきてくれてありがとう」その言葉を心待ちにしていた誕生日 凍結されたTwitter画面がシュールすぎる
よりによって、なぜ今日なのか。(2018/3/23)

3メートルの大迫力に「今にも動き出しそう!」 日比谷“新・ゴジラ像”除幕式に沢口靖子、浜辺美波出席
台座には矢口蘭堂のセリフ「人類は、ゴジラと共存していくしか無い」。(2018/3/22)

「寿司を食わないと殺される」 謎すぎる“殺人寿司ゲーム”映画「ゲームマスター」DVD化プロジェクトが見事目標達成
監督は「ウルトラマンギンガS」の石井良和さん(2018/3/19)

公開中の米映画が「ウルトラQ」そっくり ヒロイン演じた桜井浩子さんもびっくり
人間を14分の1に縮小する技術が発達した世界を描いた公開中の映画「ダウンサイズ」が、懐かしのSF特撮テレビ「ウルトラQ」の一編と設定がそっくりで、半世紀前、ウルトラQに出演していた女優の桜井浩子さんもびっくりしている。(2018/3/19)

突如起き上がった大仏が全国を徘徊 戦前の特撮映画「大仏廻国」復活計画がクラウドファンディングで進行中
戦前の着ぐるみ特撮が80年の時を経て復活!(2018/3/6)

日比谷に新たなゴジラ像 「シン・ゴジラ」ベースに3月23日誕生
旧ゴジラ像は「TOHOシネマズ日比谷」へ。(2018/3/1)

ドワンゴとカラー、新会社「バカー」設立 インディーゲームなど開発支援
ドワンゴと映像会社のカラーが、新会社「バカー(βακα)」を設立。インディーゲームなど個人コンテンツの開発を支援する。(2018/2/23)

4Dで見る「劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢」 最高のアクションを最高の空間で体験してきた
コナンこそ4D系で見るべき。(2018/2/14)

悟空やルフィがiPhoneにガブッ ジャンプの人気キャラがスマホにかみつく充電ケーブル用アクセサリー
iPhoneにかみつく悟空やルフィがゆるかわ。(2018/2/10)

「TOHOシネマズ 日劇」が本日ついに閉館 ハッシュタグ「さよなら日劇」で多くの感謝を伝える声上がる
ありがとう日劇!(2018/2/4)

【マンガ】緊急地震速報に、「ゴジラ」映画音楽が使われる可能性があった
確かに緊急事態っぽさはある。(2018/1/16)

70歳の妻が「妊娠しました」 マンガ『セブンティウイザン』には出オチで終わらない“出産のリアル”がある
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第87回。70歳で妊娠という奇抜設定が妊活・子育ての普遍性を教えてくれる作品。(2017/12/17)

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー
満を持して登場したシリーズ最新作。(2017/12/16)

熊本城の天守を特撮美術の技で再現・展示 「シン・ゴジラ」で活躍した三池敏夫氏が監修
熊本出身の特撮美術監督・三池敏夫氏の監修で、熊本城天守を20分の1スケールで再現。(2017/12/13)

“武者ゴジラ”とビオランテの迫力! ゴジラデザイナー・西川伸司が武者絵展で神業生パフォーマンス
こんな豪華なワンドロ見たことない……!(2017/12/17)

スタジオカラー新Twitter「(株)カラー2号機」爆誕 募集した質問を庵野監督にザクザクぶつける神対応
ありがたや。(2017/12/8)

「シン・ゴジラ」ロケ地も訪問 東京都福生市のPRアニメに映画監督・樋口真嗣さん出演
監督たちによる魅力たっぷりな福生市解説!(2017/12/7)

『バットマン・ビヨンド』のライアン・ベンジャミン“激レア原稿入り福箱”に行列……! アメコミ界の巨匠がそろい踏みの東京コミコン、編集部厳選アーティスト特集
アメコミ版『ゴジラ』のマット・フランク先生はデスゴジを描いてくれました……!(2017/12/3)

「GODZILLA 怪獣惑星」ネタバレレビュー 実質“まどか☆マギカ1〜3話”だった
ネタバレ注意。(2017/11/24)

アニメ映画「GODZILLA」、第2章は「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に メカゴジラの姿も
三部作の長編アニメ。第2章は2018年5月公開。(2017/11/17)

怖くないニャ テレビの中のゴジラをジッと見つめる茶トラのネコちゃん
やっつけてやるニャ。(2017/11/14)

ねとらぼレビュー:
「シンクロナイズドモンスター」は最高のゴジラ映画になったかもしれない
「ゴジラ」と「シンクロナイズドモンスター」のあんな関係性やこんな関係性。(2017/11/12)

ネットの“バズ数”でゴジラを倒す特設サイト登場 リツイートやハッシュタグでド派手にダメージがドーン!
動くわ光るわ。(2017/11/9)

黒柳徹子アンドロイドの「トットの部屋」にゴジラが出演する謎展開 背中から熱線放ってて会話できる気がしない
超大物ゲスト(物理)。(2017/11/7)

スター・ウォーズからジブリ、エドガー・ライト作品まで レアなポスターが集結「MONDO映画ポスターアート集」発売
MONDOのポスターを眺めながら、あの映画に想いを馳せる。(2017/11/7)

泉役の松尾論がイルミネーションゴジラを点灯 「ゴジラ・フェス」の様子をフォトレポート
高橋一生さんへの生電話など、サプライズにファンは歓喜!(2017/11/4)

シン・ゴジラ第2形態「蒲田くん」がLINEスタンプに登場 キモかわいくて使いやすい!?
映画のシーンが思い出されます。(2017/11/3)

11月3日を「ゴジラの日」に制定! 花澤香菜が認定セレモニーに出席
1954年11月3日に映画第1作目が公開されたことにちなんで。(2017/11/3)

AbemaTVで「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ一挙放送 旧劇場版もネット無料初配信
10月28日から一挙放送開始。(2017/10/27)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「伊豆大島」の取材をレポートする
感想「ブ○タモリでやってくれないかな、伊豆大島回」(2017/10/27)

「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」のCD化が決定! 初回限定盤のジャケットに夢の対決イラストも
待望のCD音源化……!(2017/10/21)

ヤシオリ作戦の陰にベテラン整備士の複雑な思いが……? 「シン・ゴジラ」の二次創作漫画が涙なしでは読めない
未見のかたは、ぜひ映画を見てからご覧ください。(2017/10/19)

「これよりイシノモリ作戦開始!」 ライダー不在の世界で巨災対メンバーがショッカー軍団と戦う漫画がなるほど「シン・ゴジラ」
安田「ごめんなさい」(2017/10/5)

「一般アニメの製作費の数十倍」はホント? Netflixはアニメ制作会社にとっての“黒船”になるのか 担当者に聞いた
アニメ作品においての新たなプラットフォームになるかもしれません。(2017/10/8)

「シン・ゴジラ」が11月に地上波初登場! 虚淵版「GODZILLA」公開直前で、ゴジラ尽くしな1週間が過ごせそう
日曜日「シン・ゴジラ」 → 金曜日「GODZILLA 怪獣惑星」。(2017/10/1)

クマとハチミツで「くまのプーさん」、炎と親指で「ターミネーター2」 ハッシュタグ「好きな作品を絵文字だけで」が大盛況
ネズミとトラとボウズ頭で「ねとらぼ」は……苦しいな。(2017/9/28)

放射熱線でお部屋を潤す「加湿王ゴジラ」
シャインは、ゴジラ型の加湿器「加湿王ゴジラ」を11月に発売する。ゴジラが放射熱線を吐く様子を青いLEDと加湿器のミスト噴射で再現した。(2017/9/22)

「細菌で文字を描く作品」に「画像圧縮アルゴリズムを物語にした作品」も メディア芸術祭に行ってきた
今年のメディア芸術祭でビビッときた作品を紹介する。(2017/9/19)

ねとらぼレビュー:
脅威 は「北」からやってくる ――「新感染 ファイナル・エクスプレス」
韓国アニメ界で活躍するヨン・サンホ監督による初の実写映画。韓国版シン・ゴジラとも言えるクオリティになっていた。(2017/9/9)

ゴジラ史上初のフェスイベント開催決定! 歴代8体の立像、ゴジラにちなんだメニュー「Gフード」など登場
開催日は、第1作が公開された11月3日。(2017/9/6)

「GODZILLA 怪獣惑星」予告編映像を初公開 ついにゴジラの“顔”が明らかに
これは勝てない。(2017/8/16)

初代ゴジラスーツアクター・中島春雄さん逝去 関係者から哀悼の声
(追記あり)“ミスター・ゴジラ”中島さんのご冥福を心よりお祈りいたします。(2017/8/8)

スタジオカラー10周年記念作品「おおきなカブ(株)」がYouTubeで公開 某宮崎監督風おじいさんも登場
じんわり良いおはなし。(2017/7/29)

蒲田くんはぬいぐるみに進化した! 東宝のエイプリルフールネタ「ゴジラ 第2携帯」がまさかの商品化
蒲田くんを撫でるようにスマホを操作できるケース。(2017/7/29)

「残業を乗り越えるサントラ」がAmazonの人気プレイリストに ゴジラが残業の到来を告げE.T.が帰宅をうながす神構成
「帝国のマーチ」など、苦境を思わせる曲を挿入するメリハリのつけかたも秀逸。(2017/7/28)

最もリーチしたのは「君の名は。」:
エンタメ市場で最も支出を生み出したのは「嵐」 2年連続1位
「コンテンツビジネスラボ」がコンテンツファン消費行動調査2017年版の結果を発表。最も人々にリーチしたのは「君の名は。」、最も支出を生み出したのは「嵐」だった。(2017/7/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。