ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「グラフ」最新記事一覧

Computer Weekly製品ガイド
グラフデータベース技術の進化
3世紀前から知られていた数学に基づくグラフデータベースは、FacebookやTwitterなどの企業を越えてビジネスバリューをもたらしつつある。(2016/9/28)

福田昭のデバイス通信(90):
「SEMICON West 2016」、7nm世代以降のリソグラフィ技術(imec編)
imecは次世代のリソグラフィ技術を展望するフォーラムの講演で、半導体デバイスの微細化ロードマップを披露した。このロードマップでは、微細化の方向が3つに整理されている。シリコンデバイスの微細化、シリコン以外の材料の採用、CMOSではないデバイスの採用だ。imecは、CMOSロジックを微細化していく時の課題についても解説した。(2016/9/27)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:それでもAzureを選ぶべき理由
今回は、AWSに完敗しているMicrosoft Azureを特集。それでもAzureを選ぶべき理由とは何か。第2特集は、注目度上昇中のグラフ型データベースを基礎から分かりやすく解説。他に、Watson IoTを活用したインテリジェントビルで実現できること、ブロックチェーンやDevOpsの落とし穴について解説する。(2016/9/26)

Computer Weekly製品ガイド
点と点を結び付けるグラフデータベース
ソーシャルネットワーキングからオフショア金融詐欺防止まで、グラフデータベースの成長がデータベース市場の新たな方向性を指し示す可能性を探る。(2016/9/16)

Computer Weekly製品ガイド
異なるデータセット間のパターンを引き出すグラフデータベース
データセット間の関係性を表現することを可能にするグラフデータベースは、データ分析の洞察に革新をもたらす。(2016/9/14)

グラフ型データベースとは?
今さら聞けないグラフ型データベース基礎の基礎
グラフ型データベースとは何か。何ができて、どのようなメリットがあるのか。グラフ型データベースについて、一から分かりやすく解説する。(2016/8/31)

個人練習が捗る Googleで「メトロノーム」と検索すればメトロノームが即使える
換算、電卓に、翻訳、グラフ化まで……グーグルさんつよい。(2016/7/3)

日系電子部品メーカーの世界シェアは38%か:
2015年度の日本の電子部品をグラフで振り返る
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年度の「日本メーカーによる電子部品の世界出荷額」に関する統計結果について説明を行った。スマートフォン向け高周波部品がけん引したとみられる。(2016/6/17)

新連載:立ちどまるよふりむくよ:
Omoidoriで想い出のフォトグラフが帰ってきたら
過去を振り返りまくる新連載第1回は、話題のフォトアルバムスキャナー、PFU「Omoidori」。さっそく過去への旅に出た。(2016/6/6)

Google、Androidの各種センサー利用の自由研究用アプリ「サイエンス ジャーナル」
Googleが、子ども向け研究アプリ「サイエンス ジャーナル」をリリースした。Androidの各種センサーで記録したデータをリアルタイムでグラフ化する。オプションのキットで研究の幅を広げられる。(2016/5/23)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
特集は、企業がやりがちなアクセス制御に関する間違いを分かりやすく解説。また、グラフ型データベースの珍しい事例、PC市場で今まさに生まれているイノベーションの現状など、5つの記事をお届けする。(2016/5/9)

LSIの低消費電力と高速動作を両立:
グラフェンに勝る!? 新二次元材料でトランジスタ
東京工業大学(東工大)の宮本恭幸教授らによる共同研究チームは、新しい二次元材料である二硫化ハフニウムを用いたMOSトランジスタを開発した。二硫化ハフニウムが、電子デバイスを高速かつ低消費電力で動作させることが可能な新材料であることを示した。(2016/4/28)

なぜNeo4jを選んだのか
グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開発事例
NoSQLの1ジャンルであるグラフ型データベースで何ができるのか? Artfinderはグラフ型データベースを使ってレコメンデーションエンジンを構築した。(2016/4/27)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(7):
集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の作り方
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。今回は、ピボットテーブルの集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の基礎と応用を解説する。(2016/4/12)

Java、Pythonでのグラフデータ処理が簡単に:
GraphXよりも使いやすいグラフデータ処理ライブラリ「GraphFrames」
「Apache Spark」のグラフデータ処理ライブラリ「GraphFrames」がリリースされた。米Databricks、米カリフォルニア大学バークレー校、米マサチューセッツ工科大学がSparkの「DataFrame」をベースに共同で開発したもの。(2016/3/7)

特集:Forguncy 2新機能詳説:
Forguncy 2のグラフ機能を使ってみる
ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール「Forguncy」の最新バージョンにはどんな機能が追加されたのかを見てみよう。(2016/2/5)

VBA/マクロ便利Tips:
ExcelグラフをPasteSpecialメソッドでWordに貼り付ける
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、Excelで作成したグラフを、Selection.PasteSpecialメソッドでWordに取り込んで表示させる方法と、ParagraphFormat.Alignmentプロパティを紹介。(2016/2/1)

アンパンマンがドラえもんになるグラフに「あのネズミ」が写り込んでいて身の危険を感じる
限りなくアウトに近いアウト。(2016/1/24)

Excelライクの帳票作成ツールがバージョンアップ、40以上の機能を強化
Excel方眼紙のような感覚でWebアプリを開発できる「Forguncy」の新バージョンではグラフ作成やデータ連携がより簡単になった。(2016/1/21)

iOS版「Googleマップ」でもお店の混雑時間帯表示が可能に
iOS版「Googleマップ」がバージョン4.13.0にアップデートされ、ショップやレストランの検索結果でそのお店の混雑時間帯を曜日別にグラフ表示する機能が追加された。米メディアによると、オフラインナビ機能も利用できるようになるという。(2015/12/15)

登録不要で、けっこうキレイ:
サクッと棒グラフが作れるWebツール「Chartico」
数値を入れていくだけでサッと棒グラフを作成できます。(2015/12/8)

Design Ideas ディスプレイとドライバ:
マイコンのI/Oポート1個でバーグラフを制御
バーグラフは状況を直感的に理解しやすいメリットがあるが、多くのマイクロコントローラが必要になったり、種類が限定されてしまったりする。今回は、その2つの欠点を回避する回路を紹介する。ポート数を節約したい場合や子基板を追加するといった改修を行う場合に適している。(2015/11/12)

サンワサプライ、スマホと連携するBluetooth内蔵の体重計を発売
サンワサプライは専用アプリで体重を記録でき、自動でグラフ化するBluetooth内蔵の体重計「Bluetooth対応体重計(Androidスマホ対応ヘルスメーター・Bluetooth接続・自動グラフ化) 400-HLS004」を発売する。(2015/11/10)

折れ線グラフの中に棒グラフが!? 「デレステ」が売れすぎてサイバーエージェントの決算資料の秩序がゆがむ
斬新すぎて一瞬表の見方が分からなかった。(2015/10/29)

「データ駆動型ビジネス」の課題を整理
突っ込みどころ満載の“おかしな分析グラフ”はなぜ生まれるのか
大量のデータをビジネスに生かす「データ駆動型ビジネス」。その推進に当たり、データ分析者の焦りや先入観が思わぬ落とし穴になりかねない。(2015/9/24)

3次元構造のナノ多孔質グラフェンを応用:
EVの走行距離が500kmに!? 新リチウム空気電池
東北大学の陳明偉教授らは、3次元構造を持つナノ多孔質グラフェンを用いることで、大容量の蓄電と耐久性の向上を可能とする「リチウム空気電池」の開発に成功した。実験結果から試算すると、1回の充電で電気自動車(EV)が走行できる距離は500km以上とみられている。(2015/9/4)

SEMICON West 2015リポート(6):
ASMLがEUVリソグラフィ開発の最新状況を公表(3)〜EUV露光装置の開発史
今回は、EUV(極端紫外線)露光装置の開発の歴史を振り返ってみたい。ASMLが顧客向けに初めてEUV露光装置を出荷したのは2006年のことである。その後の約10年で、光源の出力やスループットはどのくらい向上しているのだろうか。(2015/8/28)

SEMICON West 2015リポート(5):
ASMLがEUVリソグラフィ開発の最新状況を公表(2)〜開発の進ちょく状況
本稿では、EUVリソグラフィ開発の進ちょくをお伝えする。ASMLの開発用露光装置「NXE:3300B」は、1日当たりのウエハー処理枚数が1000枚を超え、以前に比べるとかなり進化した。また、7nm世代のロジック配線を解像できるようになっている。(2015/8/26)

キーサイト・テクノロジー U5856A/U5857A:
650℃/1200℃まで対応可能な赤外線サーモグラフィ
キーサイト・テクノロジーは、赤外線サーモグラフィのラインアップに、高温まで対応可能な「U5856A」「U5857A」を追加した。ファインレゾリューション機能により、カメラ本体上で320×240ピクセル相当の解像度を可能にしている。(2015/8/7)

初めてのガントチャート(3):
Excelガントチャート作成の基本&関数とグラフで負荷状況を「見える化」する
プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いる表「ガントチャート(Gantt chart)」の作成を通じて、プロジェクトマネジメントのABCを学ぶ本連載。今回は、Excelを使ってガントチャートを作り、工数を積算したり、プロジェクトの負荷を分散させたりします。※サンプルデータ付き(2015/8/5)

モバイルGoogle検索でお店の曜日別混雑時間帯を表示
Google Nowで例えば「ブルックリンのブルーボトルコーヒー」と音声入力すると、ショップカードに曜日別の混雑時間帯がグラフで表示されるようになった。(2015/7/29)

Database Watch(2015年7月版):
グラフデータベースはどんな用途に向いている?
関係性を表現するのが得意なNoSQL「グラフデータベース」。通常のリレーショナルデータベースでは複雑になるデータモデルを扱える理由と適用領域などを「Neo4j」を題材に紹介します。(2015/7/29)

これが“4096”の性能だ:
“Fiji”と“HBM”の実力を「Radeon R9 Fury X」で知る
AMDの新世代GPU“Fiji”を搭載したグラフィックスカードの最上位モデルでベンチマークテストを走らせる。AMDの新技術は“GTX 980 Ti”を圧倒できるのか?(2015/6/30)

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(4):
Swift 2.0とオープンソース化が発表されたSwiftの制御構文――比較演算子、条件分岐(if、else、switch)、繰り返し(for、while)&Playgroundのグラフで確認
本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。今回は、Swiftの制御構文として、比較演算子や条件分岐(if、else、switch)、繰り返し(for、while)について解説し、Playgroundのグラフで確認してみます。(2015/6/10)

エネルギー管理:
発電・売電・消費量がひと目でわかる、出力制御にも対応できる家庭用モニター
太陽光発電を実施する家庭のエネルギー管理が進化してきた。住宅内の壁に設置したカラーモニターに発電量や売電量を表示しながら、電力会社による出力制御にも対応することができる。タッチパネルで部屋別の電力消費量をグラフで表示するほか、発電中の異常履歴を記録して保守にも生かす。(2015/5/25)

Microsoftの「Office Sway」に“フォーカスポイント”などの新機能
シンプルな操作でWebコンテンツを作成できるMicrosoftの「Office Sway」に、どんな表示でも画像の重要な部分を表示させるようにする「Focus Point」、インタラクティブなグラフ作成機能、OneDrive上のWordやPDFファイルを貼り付ける機能などが追加された。(2015/4/20)

顧客、従業員、企業、取引の関係を分析
あの金融不正を防げ、ゴールドマン・サックスが自社開発した“グラフ分析”の威力
米Goldman Sachsでは、自社開発のグラフ分析プラットフォームをコンプライアンスと不正検出に役立てている。不正行為も社会的な活動と捉えることができ、グラフ分析を適用可能だという。(2015/4/1)

FAニュース:
銅板の3分の1の質量で剛性は損なわず。高剛性軽量樹脂シート
積水化学工業は、グラフェンライクカーボンを配合した「高剛性軽量樹脂シート」を開発した。強化樹脂シートを外層、ポリオレフィンフォームを中間層にした3層積層シートで、軽量性と高剛性を両立した。(2015/3/22)

BOOK☆WALKER、読書情報をグラフ表示する機能「読書ノート(β)」公開
購入した書籍のレーベル別所持率など7つのデータを確認できる。(2015/3/19)

虹色の輪っかは何を意味する? Apple Watchのアクティビティ機能
Apple Watchの機能を紹介する際によく出てくる、ピンクと緑と水色の円グラフ。虹のようにも見えるこの画面は、Apple Watchのヘルスケア機能、アクティビティアプリのものです。ユーザーに運動を習慣付ける機能がいろいろ用意されています。(2015/3/14)

ソフトニック:
ネコと一緒に睡眠記録できるアプリでぐっすり♪――「ぐっすり〜ニャ」
「ぐっすり〜ニャ」は、かわいいネコのキャラクターと一緒に毎日の睡眠を記録できるアプリです。睡眠の状況はグラフで確認できます。(2015/1/30)

村上春樹やモーツァルトの創作時間は? 有名な文化人の1日の過ごし方をグラフ化したサイト「The Daily Routines」
小説家や音楽家、画家、研究者、哲学者など、各ジャンルの著名人26人のスケジュールが一目瞭然。(2015/1/8)

「先を読む」予測分析力をビジネスの最前線に:
PR:ビッグデータは製造現場で分析・判断できる時代に突入した
データの中から何か役に立つ情報を見つけることは、目新しいことではない。自分のPC上でデータをグラフ化して、傾向や状態を可視化するのは、誰でも経験があるのではないだろうか。近年取りざたされる「ビッグデータ」は、単にデータ量が桁違いに膨大であるということだが、それゆえに得られる情報も無限に近い。今、その巨大な情報源を製造業の現場でも扱えるソリューションが、日本アイ・ビー・エムと日立ソリューションズ東日本のコラボによって提供されている。(2014/12/25)

Facebook、キーワードでの投稿検索もできる「Facebook Search」を発表
Facebookがサービス内検索を「グラフ検索」から「Facebook Search」に改称し、ようやくキーワードでの過去の投稿検索機能を追加した。まずは米国で利用できるようになった。(2014/12/9)

ジバニャンの方程式がついに発見される グラフに書くとかわいい姿がよーでる!
数学って楽しい(小並感)。(2014/11/12)

電子書籍利用数、2013年に比べ56%増加――サイファー・テック調査
DRMサービスなどを手掛けるサイファー・テックが、電子書籍の利用動向を発表。月別、曜日別、時間別などのデータをグラフとともに掲載している。(2014/11/10)

App Town ヘルスケア/フィットネス:
ナビタイム、ウォーキングをサポートするiOS向けアプリ「ALKOO」提供開始
ナビタイムジャパンは、iOS向けアプリ「ALKOO」(あるこう)をリリース。歩数のカウントや移動軌跡の記録、消費カロリーや歩行距離のグラフ確認などウォーキングをサポートするさまざまな機能を搭載している。(2014/10/10)

VBA/マクロ便利Tips:
折れ線グラフで特定のデータを目立たせるためにマーカーを付けたり、線の太さを変えたり、滑らかにしたりする
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、特定のグラフを指定するChart.SeriesCollection.Itemメソッド、折れ線グラフの線の太さを設定するLine.Weightプロパティ、折れ線グラフを滑らかにするSmoothプロパティなどの使い方を紹介する。 (2014/10/9)

VBA/マクロ便利Tips:
Excelグラフで特定のデータの色、透明度、テクスチャ、パターンを変更したり、戻したりする
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、透明度を設定するTransparency、テクスチャを設定するPresetTextured、パターンを指定するPatterned、書式をクリアするClearToMatchStyleなどの使い方を紹介する。 (2014/10/7)

App Town ヘルスケア/フィットネス:
食事の写真を撮るだけのシンプルなダイエットアプリ「Dietカメラ」
シャッター音の小さいカメラで簡単に食事を記録できるダイエットアプリ「Dietカメラ」が登場。グラフでチェックできる体重入力機能も備えている。(2014/10/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。