ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「堀江貴文に聞く」最新記事一覧

堀江貴文に聞く【採用編】:
「新卒採用」はしない――安易なリストラはしたくないから
社員の採用で重視していたことは「新卒採用」をしないこと。即戦力でもない人間に、卒業の1年前から内定を出すことはリスキー。最悪リストラを宣告せざるを得なくなることもあるからです。(2010/6/3)

堀江貴文に聞く【iPad、iPhone、Twitter編】:
秘かに期待、iPad――iPhoneでできないこと
iPhoneでは、メールの送受信やTwitter、ブログリーダーの使用がほとんど。電話機能は使っておらず、ドコモのケータイと2台持ちです。おサイフケータイの機能がないのも痛い。iPadが出たらソフトウェアキーボードを表示して、文字入力もやりやすくなるようなので、PCを持ち歩かなくてよくなるのではないかと秘かに期待しています。(2010/5/28)

堀江貴文に聞く【ベンチャー編】:
マネーゲームに勝つことよりもやりたいこと
多くのベンチャー企業が経営に苦労しているようですが、まず“商売選び”ができていないんだと思います。「少ない資本で立ち上げられて、利益率の高い商売をやりなさい」というのが僕の提言。僕自身はマネーゲームに勝つことよりも、未知なる分野に挑戦して、世界を一変させるようなムーブメントをつくり上げるプロセスに注力したいですね。(2010/5/21)

堀江貴文に聞く【就職編】:
「ビジネスで成功する=正社員」ではない
日本ではまだ、正社員であれば安心だ、という幻想が根強いと思います。しかし、終身雇用・年功序列という構造が崩れた今、正社員も派遣やフリーターも、大きな差はありません。そもそも、今の時代に「会社」という仕組みに依存して就職する必要があるのでしょうか。(2010/5/19)

堀江貴文に聞く【社内人脈編】:
友人と会社をつくるのは止めた方がいい
会社は出会いと別れがあるし、社内で意見が対立することも往々にしてあります。仕事だから妥協はしたくないし、金の問題だからこじれるとややこしい。例えば体育会系の会社だと「仲間であり、社員であれ」という関係性を求めることがありますが、僕はそれは違うと思う。もっと言えば、それは気持ちが悪いとすら思います。(2010/5/18)

堀江貴文に聞く【行動編】:
最先端技術を使う習慣があれば「先見」なんてなくても成功する
携帯電話を使わないと意地になっていた人がいますが、携帯電話の普及が加速度的に進んだために、公衆電話はどんどん撤去されています。すると意地になってた人も否応なしに使わざるを得なくなる。使ってみて初めて便利さに気付くわけですが、「だったら初めから使ってみればよかったのに」と思ってしまいます。(2010/5/14)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
ホリエモンの天敵は?
スタンスがはっきりしない、上から目線、アポなしで来る、強引――。ホリエモンこと堀江貴文さんはこんな人が苦手のようです。(2010/4/26)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
2ちゃんのひろゆきとは馬が合う、三木谷さんとはお互い遠慮
2ちゃんねるのひろゆき。彼とは馬が合います。知識や考えていることのレベルが似ていて、議論がよく噛み合います。一方、三木谷さんはそんなに会っていません。何度かお会いしていますが、顔を合わせて一言交わすくらいで、二人で会食したことはまだありません。(2010/4/23)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
孫正義より面白い? 同業の経済人でホリエモンが一番面白かった人とは
堀江貴文さんが、人生の節目節目であってきた人物――メディア王ルパート・マードックや村上ファンド・村上世彰氏などなど。今回登場するのは、彼がこれまで出会った同業の経済人で、一番面白かった人です。(2010/4/22)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
当時の僕に会おうと思うなんて、メディア王のアンテナは大したもの
「人生のステージが変わるごとに、人間関係も常にリセットしてきました」という堀江貴文さん。そんな彼が、人生の節目節目であってきた人物を語ります。(2010/4/21)

堀江貴文に聞く【人脈編】:
メールを無視せざるを得ない気持ち、女性の「キモいよ」と一緒
人生のステージが変わるごとに、人間関係も常にリセットしてきましたが、メールやケータイの普及によって、過去の人間関係が思わぬ時に復活するケースも増えてきたと思います。その一方、興味のない相手のかわし方は難しくなって来たかもしれません。(2010/4/20)

堀江貴文に聞く【人脈編】:
信頼していたビジネスパートナーに裏切られたら
元ライブドア社長の堀江さんが答える連載「堀江貴文に聞く」。今回は、会社の同僚やビジネスパートナーについての回答です。(2010/4/19)

堀江貴文に聞く【人脈編】:
人脈作りのノウハウ? 僕にはありません
新連載「堀江貴文に聞く」。元ライブドア社長の堀江貴文さんがどのようにビジネスを考えているか、社会を考えているかの“答え”を明らかにしていきます。まずは人脈編から。(2010/4/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。