ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

破産・倒産 に関する記事 破産・倒産 に関する質問

「破産・倒産」最新記事一覧

70年の歴史に幕か:
山水電気、破産手続き開始決定――負債は約3億5000万円の模様
帝国データバンクは7月16日、元東証1部上場の音響映像機器メーカー山水電気が7月9日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債総額3億5000万円の模様。(2014/7/17)

山水電気が破産へ 老舗オーディオメーカー
「SANSUI」のアンプで知られた山水電気が東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2014/7/16)

アパレル「TETE HOMME」が民事再生申し立て 「あぶない刑事」で舘ひろしが着用
「TETE HOMME」などのアパレルブランドで知られるテット・オムが民事再生を申し立て。(2014/7/10)

もう味わえない:
室町創業550年、老舗和菓子「駿河屋」の歴史は波乱万丈
寛正2年(1461年)の創業で、江戸時代には紀州徳川家御用達だった和菓子メーカー「駿河屋」が5月、民事再生法に基づく再建を断念した。企業として設立されたのは昭和19年(1944年)、その後の歴史は波乱万丈で……。(2014/6/26)

ソフトウエア興業が破産へ
ソフトウエア興業が東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。11年6月に創業者らが法人税法違反で逮捕されていた。(2014/6/18)

再生請負人が見る製造業(1):
迫る破綻のカウントダウン! その時、企業再生のプロはこうやって企業を再生する
グローバル競争が過熱する中、製造業でも競争に敗れ苦境に立たされる企業は数多い。毎年のように企業決算で叫ばれる「構造改革」や「経営再建」の舞台裏は果たしてどうなっているのか。ゼネラルモータースや日本航空、ライブドアなど多くの企業再生を手掛けてきた企業再生のプロであるアリックスパートナーズが、各業界の状況について解説する。初回となる今回は企業再生の手法について紹介する。(2014/6/18)

インデックス落合会長・社長夫妻逮捕 粉飾決算の疑い
経営破たんしたインデックスの粉飾決算疑惑をめぐり、落合会長・社長夫妻が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。(2014/5/28)

大阪“いわくつき”の地:
「日韓関係冷え込み」で撤回された“韓流テーマパーク”の顛末
パチンコ国内最大手のマルハンが、大阪市の事業で破たんした「フェスティバルゲート」跡地に「韓流」をテーマにした複合施設を建設する計画を見直し、パチンコ店を中心とした施設にすることを表明した。理由は……。(2014/5/23)

窪田順生の時事日想:
大阪市の“しょぼい給食”問題、どうすれば解決する?
大阪市の給食が「少なすぎる」というクレームが生徒や親から上がっている。財政破たん寸前の大阪市が給食を導入するのは、そもそも厳しい話なのだ。では、どうすればいいのだろうか。(2014/5/20)

インデックスが破産手続きへ
民事再生手続き中だったインデックスが破産手続きに入る。(2014/5/7)

ビットコイン、故意消失も 疑惑渦巻くマウント社、金銭トラブル抱え詐欺の可能性
ビットコインの取引所で、2月に破たんしたMt.Gox。社長は破綻会見以降沈黙を続けており、さまざまな臆測を呼んでいる。同社が故意や過失で消失させたとの見方も出始めている。(2014/4/25)

ビットコイン「本当に盗まれたのか」 警視庁、事件の構図描けず Mt.Gox破綻
破たんしたビットコイン取引所・Mt.Goxをめぐっては、警視庁がデータの分析を進めているが、事件としての構図を描き切れていないのが実態だ。(2014/4/18)

モノづくり最前線レポート:
韓国企業の4分の1が破綻寸前、日本は“生ける屍”が懸念――破綻予測調査
アリックスパートナーズは、独自の企業破綻予測モデルに基づく日本や韓国市場における調査内容を発表した。韓国企業は上場企業の26%が破綻危機とされるなど、危機的な経済状況となっていることが明らかになった一方、日本企業に対しては“生ける屍”問題が懸念されるという。(2014/4/4)

Mt.Goxに20万ビットコインの残高 再スキャンで判明
破たんしたビットコイン取引所・Mt.Goxに約20万ビットコインが残っていたことが再スキャンで確認された。(2014/3/21)

お茶でも飲みながら会計入門(90):
3分で分かる株式入門
会社の株を買うと、どんないいことがあるの? 会社が倒産したら負債を背負わなくちゃならないの? そんな株式の基礎知識を、公認会計士の吉田さんが分かりやすく解説します。(2014/3/17)

電気自動車:
PHEVベンチャーのフィスカーが中国企業傘下で新生、新型車「Atlantic」投入へ
破綻した米国のプラグインハイブリッド車(PHEV)ベンチャーFisker Automotive(フィスカー)。2014年3月、フィスカーの再出発を知らせるWebサイトが開設された。その名も「The New Fisker」である。(2014/3/14)

Mt.Goxの顧客情報をハッカーが売り払う? 「消してほしいなら1人0.25ビットコイン払え」
破たんしたビットコイン取引所Mt.Goxの顧客データベースを売り払うという告知がネット上に投稿されている。消してほしい顧客は1人0.25ビットコイン支払え、という。(2014/3/12)

Mt.GoxのCEOのブログをハッカーが乗っ取り、“残高情報”などを投稿
民事再生を申し立てたビットコイン取引所、Mt.GoxのCEOの個人ブログが乗っ取られ、残高情報や関連するデータベースファイルが投稿された。同社は85万ビットコインが消失したと発表したが、この投稿によると残高は95万ビットコインだったという。(2014/3/10)

騒動との関連は否定:
ビットコイン生みの親は日系人「サトシ・ナカモト」!? 米誌が直撃
大手取引所の「マウントゴックス」が経営破綻し、ハッキングによる取引中止が広がるビットコイン。その考案者が米国で発見されたという報道が流れ、自宅に報道陣が押しかけるという騒ぎに発展している。(2014/3/7)

破たんしたMt.Goxのソースコードや銀行との会話音声がネット上に流出
破たんしたビットコイン取引所、Mt.Goxのシステムのソースコードや、経営者と日本の銀行関係者との会話とみられる音声がネット上に投稿されていることが分かった。(2014/3/4)

ビットコイン破綻「Mt.Gox」は被害者か? 資金ずさん管理 「過失ある」の指摘も
ビットコインの取引所を運営するMt.Goxの破綻問題。同社は被害者の立場を強調するが、専門家からは「システム上の過失責任も免れない」との指摘が出ている。(2014/3/3)

民事再生手続き中のMt.Goxが渋谷にコールセンターを設置
民事再生手続き中のビットコイン取引所、Mt.GoxのWebサイトに、コールセンター設置の告知が日本語と英語で掲載された。(2014/3/3)

Mt.Goxが民事再生を申請 「ビットコインがなくなり迷惑かけた」とCEO
世界最大規模のビットコイン取引所「Mt.Gox」が民事再生を申請。サイバー攻撃を受け、ユーザーが預けていたビットコインほぼすべてがなくなっていることが判明したという。(2014/2/28)

ビットコイン取引所「Mt.Gox」民事再生申し立て 負債約65億円
マルク・カルプレスCEOが記者会見。(2014/2/28)

平川大輔さんら所属の声優プロダクションが自己破産申請へ 平川さんはフリーに
平川大輔さんはフリーとして活動することになったと報告している。(2014/2/25)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
社員のSNS発言リスクに企業はどう備えるべきか
社員やアルバイトなどの安易なSNSでの発言から“炎上”が起きると、最悪の場合に倒産などの事態も起こりかねない。今回は「バカッター」のリスクから組織を守る視点で解説したい。(2014/1/24)

ドイツ書店チェーン最大手「Weltbild」が破産、有望な売却先が見つからず
「Weltbild」「Hugendubel」などドイツ語圏に450店舗を展開する書店チェーン最大手Verlagsgruppe Weltbildが破産申請手続き。(2014/1/14)

40代からのリストラに備える方法
解雇や倒産などに対する備えが必要と言われる昨今。そんな中で40代のビジネスパーソンはどう準備をすればいいのでしょうか。『40歳からの会社に頼らない働き方』の著者柳川範之さんにお話をうかがいました。(2014/1/7)

作家J.A.コンラス氏が今年を大予想「図書館は個人作家から直接作品を購入する」「Barnes & Nobleは破産する」
10の予想、どれくらい当たるか。(2014/1/6)

クラウドファースト時代の運用ベストプラクティス:
VM1000台を1人で管理できますか? クラウド前にやるべきこと
企業内で増殖し続ける仮想サーバの管理が破綻しかけはいないだろうか。クラウドも加わるとなると、もはや絶望的かもしれない……。ガートナー 主席アナリストの長嶋裕里香氏に、ユーザー企業の現状や課題を克服するための方法を聞く。(2013/12/18)

伊吹太歩の時事日想:
倒産寸前だった「LEGO」が世界2位のおもちゃ会社に返り咲いた理由
LEGOといえばブロック玩具の代名詞。子供のころに遊んだ読者も多いことだろう。だが、同社がほんの数年前に倒産目前まで追い込まれていたことは知られていない。そして、近年復活した理由も……。(2013/12/12)

東芝、OCZのSSD事業資産取得へ契約締結
東芝は、破産を申し立てた米OCZのSSD事業関連資産を取得する契約を結んだ。SSD事業の強化に活用する。(2013/12/3)

ビジネスニュース 企業買収:
東芝、破産申請したOCZを買収へ
東芝は、OCZ Technology(以下、OCZ)と同社のSSD事業に関する資産譲渡契約を2013年12月2日(米国時間)に締結したと発表した。(2013/12/3)

「ルーンファクトリー」など開発のネバーランドカンパニーが破産申し立てへ
「ルーンファクトリー」シリーズの開発などで知られるネバーランドカンパニーが事業を停止し、破産手続き開始申し立てへ。(2013/11/29)

東芝、破産申請するSSDメーカーOCZの資産買収を申し入れ
SSDメーカーのOCZ Technology Groupが、東芝から資産買収の提案を受けたと発表した。合意がまとまり次第、破産申請する。(2013/11/28)

電気自動車:
プラグインハイブリッド車「カルマ」の米フィスカーが破産申請、投資会社が買収
プラグインハイブリッド車「Karma(カルマ)」を展開する米国のベンチャー企業Fisker Automotive(フィスカー)は、投資グループのHybrid Tech Holdingsによる買収と、連邦破産法11条の適用申請を発表した。(2013/11/25)

「よんどしい破産」→まとめ「STUDIO4℃破産!」→STUDIO4℃「ピンピンしているんですけど」
またデマかよ。(2013/11/20)

消費者理解コトハジメ:
新聞市場を眺めてみた――消費者データから見るブランドポジション
2013年8月、Amazonのジェフ・ベゾスCEOがワシントンポストを買収したというニュースがありました。デジタル・ネットワークの時代になり、パッケージメディアのビジネスモデルの転換期にありますが、日本の新聞社が吸収合併や倒産したという話は聞こえてきません。そこで今回は、「新聞市場」をテーマに取り上げてみます。(2013/10/24)

店員が食洗機に入った画像をTwitter投稿のそば屋、倒産 不謹慎画像、書類送検も相次ぐ
アルバイト店員が食洗機に入った画像をTwitterに投稿したとして営業停止に追い込まれていたそば屋が倒産。夏のTwitter炎上事件が警察沙汰になるケースも相次いでいる。(2013/10/21)

気になる会社をチェック:
倒産度が測定できるスマートフォンアプリ「倒産度チェック」
リスクモンスターは、倒産度が測定できるスマートフォンアプリ「倒産度チェック」をリリースした。(2013/9/26)

お茶でも飲みながら会計入門(85):
100万円の出どころは? 投資はこうして破綻する
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2013/9/20)

Kodak、破産脱却し、企業向けイメージング企業として再出発
2012年に破産法適用を申請したKodakが、消費者向け事業の売却や終了を経て、デジタルプリンティングやタッチスクリーンセンサーにフォーカスするイメージング企業として再生する。(2013/9/4)

心技隊流「未来を創るヒント」:
大企業に入社できれば御の字ですか? ホントに?
大企業は倒産しづらい? 中小企業は危ない? 実は、そんなことはないかもしれない。少し違う見方をしてみよう。就職活動に悩む学生に向けたメッセージも。(2013/8/30)

バックアップ/リカバリの課題を一気に解消!
間違ったバックアップ運用が企業システムの破綻を招く
現在、企業のバックアップ/リカバリ環境の多くが、データ量の急激な増加や仮想化環境への対応などに追い付かずリスクを抱えながら稼働している。その解決策として注目を集めている製品を紹介する。(2013/8/27)

クラウドを真に使いこなす
勝手クラウドが招く“サイロ化の悪夢”を避けるために、今考えるべきこと
クラウドの浸透はリソースの調達を手軽にした。だがその手軽さが、無秩序なクラウド利用というITガバナンスの乱れを招く原因にもなっている。IT環境を破綻させないために、今なすべきこととは何か?(2013/8/1)

藤田正美の時事日想:
投資一辺倒の中国経済は砂上の楼閣
世界経済をリードしてきたBRICsの先行きが怪しい。特に中国の場合、GDPの半数以上を投資が占めており、限界に突き当たり始めている。中国経済が破たんしたとき、日本経済も無傷ではいられない。(2013/7/31)

父さんの会社が倒産! そして家族は……?
多くのサラリーマンに降りかかる可能性のある「勤め先の倒産」。あまり我が身のこととして考えにくいそうした状況をどう過ごすのか、実話から学べる書籍を紹介する。(2013/7/17)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の銀行に経営破たんのきざし
欧州の銀行のPBRは1を割っている。割安というよりも投資家が怖くて手を出せないともいえる。日本の銀行がバブルがはじけて以来、不良債権処理が大変だったのと同じ状況だ。(2013/7/17)

「アトラスは永久に不滅クマ!」 人気ブランドの行方にネット騒然、公式アカウントに声援も
人気ゲームブランド「アトラス」を擁するインデックスの経営破たんにネットは騒然。そんな中、「アトラスは永久に不滅クマ!」とペルソナ公式アカウントは宣言している。(2013/6/27)

インデックスが民事再生申し立て 負債約245億円
アトラスブランドのゲーム事業などを展開するインデックスが民事再生申し立て。スポンサーのもと事業譲渡で再建を目指すという。(2013/6/27)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。