ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

破産・倒産 に関する記事 破産・倒産 に関する質問

「破産・倒産」最新記事一覧

債権総額3000億円超:
スカイマーク再生計画案、29日までに提出へ 「借金減額」「経営自由度の確保」課題
民事再生手続き中のスカイマークの再生計画案が、29日に東京地裁への提出期限を迎える。再建の行方次第では、わが国の航空市場から第三極は消滅し、運賃やサービスの競争が後退する恐れもある。(2015/5/26)

『美術手帖』の美術出版社、事業再生に向けCCCグループ企業をスポンサーに
美術出版社は2014年3月末時点で約19億6300万円の負債を抱えており、2015年3月11日には民事再生手続きを開始していた。(2015/5/20)

民事再生の美術出版社、CCC子会社がスポンサーに
民事再生手続き中の美術出版社は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ子会社のカルチュア・エンタテインメントをスポンサーに選んだ。(2015/5/20)

「セブンスドラゴン」など手がけたゲーム会社・イメージエポックが破産
帝国データバンクによると、ゲーム開発会社のイメージエポックが、東京地裁から5月7日に破産手続き開始決定を受けた。(2015/5/13)

ゲーム開発のイメージエポックが破産
1カ月前、アイディアファクトリーが「イメージエポック御影社長と連絡が取れない」と公式Twitterで呼びかけていた。(2015/5/13)

疑惑浮上の家電通販サイト「まいど」運営会社が破産 負債75億円
家電通販サイト「まいど」運営企業が自己破産を東京地裁に申し立て、破産手続き開始決定を受けた。(2015/4/30)

スカイマーク、ANAとインテグラルが共同支援 出資総額180億円
民事再生手続き中のスカイマークを、ANAHDとインテグラルが共同支援する。5年以内の再上場を目指す。(2015/4/22)

「CRうる星やつら」を手がけたパチンコメーカー奥村遊機が倒産
苦しい資金繰りが続いていた。(2015/4/15)

Solarisでの仮想化を進める配信プラットフォームの裏側:
日本初「4K映像配信」のNTTぷららが“Solaris好き”な理由
NTTぷららは2012年から同社の事業基盤である「配信プラットフォーム」をSolarisによる仮想化で取り組んでいる。社内はそもそもSolarisファンが多いようだが、破たん寸前の現場を救い、社内説得の材料にもなった“決め手”とは。(2015/4/14)

出版社の倒産、14年度は5割増 消費税引き上げが影落とす 帝国データバンク
帝国データバンクによると、14年度に倒産した出版社は前年度から5割増と大幅に増えた。(2015/4/8)

最大倒産はスカイマーク:
円安倒産、14年度は2.2倍に急増 大半は中小企業
帝国データバンクが円安関連倒産の調査結果を発表した。円安が急速に進んだ2014年度は倒産件数が大幅に増加した。(2015/4/6)

ANA次期社長、スカイ支援は企業防衛の意味も……「競合他社に主導権移れば大打撃」
民事再生手続き中のスカイマークの共同スポンサーに名乗りを上げたことについて、片野坂氏は「全日空との共同運航の活用で互いに増収になり、(双方にメリットがある)ウィンウィンの関係ができる」と語った。(2015/3/31)

秋葉原でPC店経営「ニッシンパル」が破産
東京商工リサーチによると、秋葉原でPC店「パソコン激安ショップ ニッシンパル」を経営していたニッシンパルが東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。(2015/3/18)

「うどんミュージアム」京都・大阪ともに閉店 運営法人が破産を申請
最近オープンしたのに……。(2015/3/11)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年3月第1週
『美術手帖』を刊行する美術出版社が民事再生法の適用を申請したことなどが話題に。(2015/3/9)

美術出版社が民事再生法の適用を申請 「美術手帖」など出版、100年以上の歴史
「美術手帖」は近年“攻め”の特集でネットをざわつかせていました。(2015/3/5)

美術出版社が民事再生申し立て 「美術手帖」など出版の老舗
帝国データバンクによると、「美術手帖」など美術・芸術関連の雑誌・書籍を出版する美術出版社が民事再生法の適用を申請した。(2015/3/5)

最悪のタイミング:
頼みのスカイマーク破たんで、神戸“廃港”も現実味
神戸空港がピンチに陥っている。赤字体質から抜け出せないなか、発着枠の7割を占めるスカイマークが経営破たんに伴い減便を決定、再建途上で完全撤退の事態になると致命傷となりかねないのだ。(2015/3/4)

自業自得だけではない:
スカイマーク経営破たん、政治や役所の過剰介入が遠因に
スカイマークが経営破たんした理由は自社の事業戦略の見誤りにあるのは言うまでもない。しかし、それがすべてだったとも言い切れないという。(2015/3/2)

UPSのユタカ電機製作所が民事再生 営業は継続
無停電電源装置(UPS)などで知られるユタカ電機製作所が民事再生手続きの開始決定を受けた。(2015/2/26)

巨乳グラビアアイドルを数々輩出したイエローキャブ 自己破産申請の準備に 負債額は4億
所属していたタレントは、小池栄子さんや佐藤江梨子さん、MEGUMIさんなど。(2015/2/13)

グラビアアイドル輩出した芸能プロ「イエローキャブ」自己破産へ
グラビアアイドルの活躍で知られた芸能プロダクション「イエローキャブ」が事業を停止し、自己破産申へ。(2015/2/13)

ソフトバンク傘下のSprint、破産した大手家電チェーンRadioShackの1750店舗をブランドショップに
ソフトバンク傘下のSprintが、チャプターイレブンを申請した米老舗家電チェーンRadioShackが全米で展開する店舗の一部、1750店舗をSprintブランドショップにすると発表した。これでSprintショップは従来の2倍以上になる見込みだ。(2015/2/6)

プロバイダーと関係が破綻!
ワケありサーバ移行を成功させたVeeamの仮想マシンバックアップソフト
契約解除を機にプロバイダーとの関係が破綻し、支援が受けられない。この状況下で国をまたいだサーバ環境の移行は成功するのか? 教訓に満ちた事例を紹介する。(2015/2/2)

経営破たんの謝罪も:
スカイマーク新社長が会見 2月以降は16%減便など経営改善策を説明
民事再生法の適用を申請して経営破たんしたスカイマークの有森新社長が会見。2月以降の収益改善計画などを説明した。(2015/1/30)

スカイマークが民事再生法申請、上場廃止に 運航は継続
支援を受けながら事業再生に取り組んでいく。(2015/1/29)

家電の「REAL LIFE JAPAN」が円安倒産
小型液晶テレビなどを販売していたREAL LIFE JAPANが自己破産の準備に。(2015/1/26)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :クラウドプロバイダーとの関係が破綻したら?
関係が破綻し、一切のサポートを提供しなくなったクラウドプロバイダーから自社システムを移行するはめになった事例を紹介。移行成功の決め手となったのは? 他に、Googleに分社化を迫る欧州の動向、基礎から分かるフラッシュストレージ、MicrosoftのAzure戦略分析をお届けする。(2015/1/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年1月第3週
帝国データバンクが発表した2014年の出版業者の倒産件数などが話題に。(2015/1/19)

ビットコイン、不正操作で9割超消失 破たんしたMt.Gox、社内システム精通の人物が流用か
仮想通貨「ビットコイン」の取引所Mt.Goxが大量のビットコインを消失したとして経営破綻した問題で、警視庁が解析した結果、9割以上が、社内システムの不正操作によって消失した可能性が高いことが分かった。(2015/1/5)

「Shade 3D」全製品、開発元がサポート 改めてユーザー登録要請へ
Shade 3Dは、民事再生を申し立てたイーフロンティアとの販売代理店契約は終了しており、「Shade 3D」シリーズのサポートは同社が引き受けていると改めて説明した。(2014/12/18)

民事再生のイーフロンティア、営業は継続 出荷・サポートなど従来通り
民事再生法の適用を申請したイーフロンティアは、営業を継続しながら再建を目指し、従来通り商品の受注・出荷とサポートを行う。(2014/12/16)

PCソフト販売のイーフロンティア、民事再生申し立て
クリエイティブ系ソフトを多く扱うPCソフト販売のイーフロンティアが民事再生法の適用を申請。負債総額は約23億5000万円。(2014/12/15)

「小悪魔ageha」出版のインフォレストが破産
4月から事業を停止していた。(2014/12/12)

「小悪魔ageha」のインフォレストが自己破産
「小悪魔ageha」で知られるインフォレストと関係会社2社が自己破産した。(2014/12/12)

DJミキサー・ターンテーブルの「Vestax」破産
「Vestax」ブランドでDJ用ミキサーやターンテーブルを手がけるベスタクスが破産手続き開始決定を受けた。(2014/12/10)

フランス映画社が破産 「勝手にしやがれ」「ベルリン・天使の詩」など配給
欧州の作品を中心に映画配給を手がけてきたフランス映画社が破産。(2014/11/19)

ヨーロッパ映画配給で知られるフランス映画社が破産開始決定 「ベルリン・天使の詩」「勝手にしやがれ」など配給
近年は業績が低迷していたそう。(2014/11/19)

窪田順生の時事日想:
法改正で課税対象者2倍! もはや他人事ではない「相続破産」を避ける方法
「相続税」と聞くと、多くの人は「自分には関係がない」と思われるかもしれないが、法改正によって、あなたも相続税の課税対象者になるかもしれないのだ。そうなったら、あなたはどうする?(2014/11/18)

「痛タク」で話題になった長栄交通が破産
負債額は2億5396万円。(2014/10/31)

文藝春秋、連載に大幅加筆した真山仁『売国』の単行本&電子書籍を同時発売
電子版では本編のほかに著者インタビューや、デビュー作の『ダブルギアリング 連鎖破綻』試し読み版などを収録。(2014/10/31)

経済破綻はなぜ起こったか? デトロイト編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、デトロイトでの事例を紹介。(2014/10/23)

経済破綻はなぜ起こったか? ギリシャ編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、ギリシャでの事例を紹介。(2014/10/21)

経済破綻はなぜ起こったか? スペイン編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、スペイン編での事例を紹介。(2014/10/14)

経済破綻はなぜ起こったか? タイ編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、タイでの事例を紹介。(2014/10/7)

日本が経済破綻した時に起こる異常事態
(2014/10/2)

「こびとづかん」は「今後もシリーズを展開」 前版元の破産受け現在の版元が説明
「こびとづかん」などを手がけた長崎出版の破産について、同書の現在の版元であるロクリン社が、「一部報道で『こびとづかんの出版社が破産』という誤解を招く表記があった」と声明を発表。シリーズは今後も続くという。(2014/10/1)

「こびとづかん」シリーズを手がけた長崎出版が破産手続き
負債は17億4001万円にのぼる。(2014/9/30)

ad:tech tokyo 2014 レポート:
米国企業の平均寿命は61年から18年へ……、生き残る企業の条件とは
存続する企業と倒産する企業に明暗が分かれるのはなぜか? モバイルデバイスにおけるマーケティングの限界に立ち向かうにはどうするべきか? ad:tech tokyo 2014で行われた2名の起業家によるキーノートをレポートする。(2014/9/24)

自然エネルギー:
出資企業が倒産しても大丈夫、20年間動く太陽光
東洋ケミカル機工は茂原市の市有地を用いた太陽光発電所の運転を2014年8月に開始したと発表。特徴は「倒産隔離」手法を用いて、出資会社と発電事業者を切り離したこと。発電が続く限り、地代や固定資産税の支払いが滞ることがなく、地方自治体にとっても有利な取り組みだという。(2014/9/16)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。