ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「破産・倒産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「破産・倒産」に関する情報が集まったページです。

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(4):
PR:Excel勤怠管理からの脱出――人事の専門家がグループウェアで進めた「働き方改革」
ツールの導入が目的になってしまい、運用で破綻してしまう――IT導入のよくある失敗例だ。特に「働き方改革」ではこの傾向が強く表れる。プラントエンジニアリングを手掛ける「東洋ハイテック」では、人事の専門家がシステム導入を先導する珍しい体制で、この問題を突破している。(2018/11/5)

ゲーム会社アスペクトが倒産 公式Twitter「昨日をもって倒産いたしました」突然の投稿でお知らせ
なんてこった。(2018/11/2)

債務超過に陥っていた:
アニメ制作会社「drop」が破産 「クリオネの灯り」など
アニメ制作会社の「drop」が東京地裁から破産開始決定を受けた。(2018/10/31)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
両親亡くした一人娘の挑戦 元ラジオDJが「自己破産」覚悟でめっき会社社長に
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/10/31)

米小売り大手Sears、破産法適用申請
1880年代に創業され、かつては全米最大の小売りチェーンであったSearsがChapter 11を申請した。(2018/10/15)

着服を否定:
私的支払い「問題ない」 ビットコイン消失事件、CEO被告人質問
仮想通貨「ビットコイン」(BTC)取引所運営会社「マウントゴックス」(東京、民事再生手続き中)のBTC消失事件で、顧客から預かった資金を着服したなどとして、業務上横領などの罪に問われた最高経営責任者(CEO)、マルク・カルプレス被告(33)の公判が10日、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれた。カルプレス被告は被告人質問で、マウント社からの貸付金で私的な支払いをしたことを「問題ないと思った」として、着服を否定した。(2018/10/11)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法
神奈川県秦野市にある鶴巻温泉。閑静な住宅街の中に、働き方改革の先端を走る老舗旅館「陣屋」がある。業界では珍しい週休3日を実現するなど注目を集めているが、10年前は10億円の借金を抱え、あと半年で倒産というところまで追い詰められていた。(2018/10/1)

無計画な運用がもたらすリスク
御社のファイルサーバ運用が必ず破綻する理由
ビジネスに必要なデータは爆発的に増え続けている。ファイルサーバの容量や快適性に対する現場の要求も厳しくなる一方だが、「安易にサーバ増設」は避けるべきだ。(2018/9/14)

リンダパブリッシャーズ:
「おっぱいバレー」原作本を手掛けた出版社、破産 ヒット作が続かず
映画「おっぱいバレー」の原作となった同名小説を手掛けた出版社、リンダパブリッシャーズが破産。ドラマ「恋する日曜日 私。恋した」の原作本も手掛けていた。近年はヒット作に恵まれていなかった。(2018/9/14)

「かぼちゃの馬車」「TATERU」でも……:
顧客から集めた資金、家賃保証に 安易な不動産戦略の大きな問題点
女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻に端を発したスルガ銀行の不正が大きな社会問題になっている。さらに、東証1部の不動産会社「TATERU(タテル)」でも、預金残高データの改竄(かいざん)や市価の3倍近い価格で物件を販売していたことが発覚。土地活用とアパートローン、提携ローンを行ってきた他の銀行にも問題が波及する可能性が高い。(2018/9/12)

負債総額1053億円超:
破産したケフィア事業振興会が声明文 「新規事業が苦戦した」「深くおわびする」
ヨーグルトなどの通販サービス「ケフィアカルチャー」を運営するケフィア事業振興会とその関連会社3社は9月3日、同日付で東京地裁から破産開始決定を受けたこと公式Webサイト上で公表した。(2018/9/3)

Computer Weekly日本語版
「ネット対店舗」はトイザらス破綻の原因ではない
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/26)

破たん相次ぐP2P金融:
中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻急増
中国で、個人投資家から資金を集め、小規模な企業や個人の借り手に融資して高いリターンを約束するP2P金融業者の破たんが相次いでいる。(2018/8/21)

自然エネルギー:
太陽光関連の倒産は底打ちか、電力事業者の新設が3年ぶり増加
東京商工リサーチは2017年に設立された電力事業を手掛ける法人についての調査結果を公表。全体では3年ぶりに前年を上回る増加数に。再生可能エネルギー関連では太陽光関連の事業者数が同じく3年ぶりに増加した。(2018/8/13)

中国、P2Pネット金融破綻が急増 全国でデモ拡大 業者は「夜逃げせず」声明発表
中国で高利回りをうたって個人から投資資金を集めるP2Pネット金融の破綻が相次ぎ、損失を被った個人投資家が各地で抗議の声を上げている。(2018/8/10)

上半期だけで6社が倒産:
「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発
スシローGHDが、通期業績を上方修正すると発表。主力のすしのほか、スイーツ類が好調という。一方、地方では、大手の寡占や原価高騰の影響で倒産する企業が増えている(2018/8/8)

コンサルは見た! オープンソースの掟(8):
GPLに違反したから、わが社は経営破綻するしかない
フリーソフトウェアの権利監視団体から警告を受けた「プレミア電子」。「ジェイソフト」さえ何とかすればと楽観視する木村に、社長の武田は重大な事実を告げる――わが社はもうカーナビを作れない!(2018/7/26)

村山モータースが破産 ハーレーダビッドソンの老舗ディーラー
「ハーレーダビッドソン新宿」は他社が営業を継続しています。(2018/7/25)

業界内では有数の老舗:
ハーレーダビッドソン老舗ディーラー「村山モータース」が破産
帝国データバンクによると、ハーレーダビッドソンの老舗ディーラー「ハーレーダビッドソン新宿」を経営していた村山モータースが、7月18日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2018/7/25)

Computer Weekly日本語版
トイザらス破綻の原因はAmazonではない
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/7/25)

トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(前編)
トイザらス破綻の原因はAmazonではない
2017年に米トイザらスが経営破綻した。この原因をAmazonの存在に求める意見もあるが、事はそう単純ではない。小売りコンサルタントたちは、「Amazonが原因ではない」と言う。(2018/7/19)

太陽光:
太陽光関連企業の倒産は「底打ち」か、2018年上期は44件
帝国データバンクが2018年上期における太陽光関連企業の倒産状況を発表。これまで増加傾向にあった倒産状況は「ピークアウト感も出ている」とした。(2018/7/12)

出演依頼が減少:
「ガンダム」ガルマ役・森功至氏の声優事務所が破産
東京商工リサーチによると、テレビアニメ「マッハGOGOGO」の主人公・三船剛などで知られる声優、森功至氏が経営する声優事務所「オフィスもり」(東京都中野区)が、6月27日に東京地裁より破産開始決定を受けた。(2018/7/4)

90年代以来:
Gibson、破産法適用脱却へ祖業回帰とウクレレに活路=CEO
米大手楽器メーカーのGibsonは年内に破産法適用から脱却することを目指し、伝統的なギター製造への回帰やウクレレ販売の復活などに活路を見出す考えだ。(2018/6/28)

「かぼちゃの馬車騒動」スルガ銀行員の“ローン偽装”指示LINEを入手  黒幕は計画倒産詐欺師と銀行か
行員が送った不正指示LINEを入手。銀行からとは思えない指示が明らかに。(2018/6/27)

ICO投資は控えるべき:
ビットコイン、ついに6000ドルを下回る マウントゴックスは民事再生手続き開始
ビットコインは6月22日に6000ドルを下回った。ただ、米CNBCに出演した米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は、1年前の水準が2500ドル前後だったことを考えれば、今の弱気相場はビットコインの終わりを意味するものではないと語った。(2018/6/25)

「Mt.Gox」民事再生決定 破産手続きは中止
「Mt.Gox」が東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。破産手続き中だったが、ビットコインの価格が破産時から大きく上昇し、債権者に100%配当が実現できる見通しになったため、破産手続きから民事再生に移行する。(2018/6/25)

「気付いたら数十万円課金してた……」 ゲーム課金で破産しないために 健全に遊ぶための”5か条”
ゲームも課金も悪いことではありませんが、何事もほどほどに……。(2018/6/23)

市況の長期低迷:
日本海洋掘削、会社更生手続き申し立て 負債約904億円
日本海洋掘削が会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京地裁に受理された。(2018/6/22)

ギブソン、サカエ……楽器の老舗が破綻 良い楽器も売れない時代、「けいおん!」も効果なし
世界的な老舗楽器メーカーの経営難が相次いでいる。米老舗ギターメーカー、ギブソンが破産法の適用を申請したほか、ドラムメーカー、サカエリズム楽器も債務整理手続きを開始。楽器が売れない時代になったのだろうか。(2018/6/19)

経済インサイド:
スルガ銀行処分のXデーはいつ 業務停止? 捜査機関も注視
スルガ銀行の金融庁による行政処分の「Xデー」に注目が集まっている。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ(東京)が破産した問題で、スルガ銀による大半の所有者(オーナー)に対する建設資金などのずさんな融資実態が浮かび上がったためだ。(2018/6/19)

ビジネスの裏側:
ギブソン、サカエ……ドラム、ギターの老舗が破綻 良い楽器を作っても売れない時代か……
世界的な老舗楽器メーカーの経営難が相次いでいる。「レスポール」で有名な米老舗ギターメーカー、ギブソン・ブランズは5月、破産法の適用を申請。(2018/6/19)

「なるたる」など手掛けたアニメスタジオ「九魔」関連会社が破産 2017年末の九魔代表急逝に伴い
九魔もなくなっていたのか……。(2018/6/13)

プロダクションアイムズが経営破綻 「ハイスクール・フリート」「いなり、こんこん、恋いろは。」など手掛ける
一部関係者に代理人からの通知が届き始めたことで話題になっていました。(2018/6/11)

「はいふり」制作・プロダクションアイムズが債務整理 「破産手続き念頭に」
「ハイスクール・フリート」(はいふり)などで知られるアニメ制作会社・プロダクションアイムズが、弁護士に一任する形で債務整理を始めた。「破産手続きを念頭に置いた法的整理を視野に入れて対応する」という。(2018/6/11)

「日本一高い、日本一うまい」:
「ぬれ甘なつと」の老舗・花園万頭が破産申請
東京商工リサーチによると、「ぬれ甘なつと」などで知られる和菓子製造販売の花園万頭(東京都新宿区)が5月31日に東京地裁に破産を申し立て、保全管理命令を受けた。(2018/6/1)

小説「家族輪舞曲(ロンド)」がヒット:
作家・椎名桜子氏の個人事務所「オフィシャル・タブー」破産
椎名桜子氏が代表を務める編プロ「オフィシャル・タブー」が破産。椎名氏は小説「家族輪舞曲(ロンド)」のヒットで知られる。以降はヒット作に恵まれなかった影響で経営が悪化していたという。(2018/5/30)

スルガ銀行:
「かぼちゃの馬車」めぐり私文書変造罪で告発状 ずさん融資で
不動産会社「スマートデイズ」(東京都、経営破綻)が運営していた女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」向けのずさんな融資問題で、物件のオーナーがスルガ銀行(静岡県)から融資を受ける際に行員らが審査書類を改竄(かいざん)した疑いがあるとして、オーナーの弁護団が22日、有印私文書変造などの罪で告発状を提出するため警視庁を訪れた。(2018/5/23)

「初音ミク -Project DIVA-」「フォトカノ」のゲーム会社ディンゴが破産
残念……。(2018/5/9)

競争激化:
「初音ミク―Project DIVA―」など開発 ディンゴが破産
東京商工リサーチによると、ゲーム「初音ミク―Project DIVA―」(PSP向け)などの企画開発を手がけたディンゴ(東京都渋谷区)が4月25日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約3億4000万円。(2018/5/9)

「初音ミク-Project DIVA-」開発のディンゴが破産
ゲームソフト「初音ミク −Project DIVA−」などを企画開発したディンゴが、東京地裁から破産開始決定を受けた。(2018/5/9)

Facebookの個人情報不正流用のCambridge Analytica(CA)が破産申請
Facebookの個人情報を不正に入手して大統領選でのトランプ陣営活動に流用したとして公的調査を受けている英調査会社Cambridge Analytica(CA)が破産申請した。(2018/5/7)

医療技術ニュース:
筋肉の再生促進に必要な、新しいタンパク質を発見
九州大学は、マウスの骨格筋の再生促進に必要となる新しいタンパク質「H3mm7」を発見した。筋再生などの機能破綻によって引き起こされる疾患の発見や治療法の開発、再生医療への応用が期待される。(2018/5/7)

資本・運営面で独立:
ギブソン破たんでオンキヨー、ティアックは「業績に影響なし」
米Gibsonが破産を申し立てたのに対し、Gibson子会社のティアックと、過去に提携していたオンキヨーが「業績への影響はない」などとコメントした。(2018/5/2)

ギブソン破産、ティアックやオンキヨーへの影響は
Gibson Brandsが5月1日付で米国連邦破産法第11章(チャプター11)申請を行ったという。これを受け、ギブソン子会社のティアック、業務資本提携を行っていたオンキヨーが相次いで声明を発表した。(2018/5/2)

ギターメーカー「ギブソン」が経営破綻
今後は楽器製造事業に集中し再建を図るとのこと。(2018/5/2)

大手楽器メーカーGibsonが倒産法適用を申請
コアビジネスに注力し再建するというGibsonの子会社であるティアックは通常どおりの事業運営を継続するという。(2018/5/2)

「&・BLUE」:
クールビズの影響でネクタイ需要激減 業者が破産
東京商工リサーチによると、ネクタイやかばんなどの企画販売を主力事業として展開してきた「&・BLUE」(大阪市)が4月17日、大阪地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は1億2000万円。(2018/4/27)

太陽光:
太陽光関連の倒産が過去最高に、原因の1位は「販売不振」
東京商工リサーチが2017年度の太陽光関連事業者の倒産数を発表。過去最高を14件上回る82件の倒産があった。(2018/4/16)

負債総額60億3500万円:
シェアハウス「かぼちゃの馬車」が民事再生 入居者は生活インフラ寸断の恐れ
女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開するスマートデイズが東京地裁に民事再生法の適用を申請。3月末現在で債権者は911人、負債総額は60億3500万円。入居者の生活インフラ確保が困難になる恐れもあるという。(2018/4/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。