ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「堀江貴文」最新記事一覧

賞金1000万円を熊本に寄付! AbemaTV「坊主麻雀」で高須クリニック院長が優勝 ホリエモンは坊主頭に
貴族の遊び。(2016/8/2)

マネーの達人:
「ベーシック・インカム」は日本を元気にする秘策になるか
社会保障の1つに「ベーシック・インカム」という考え方がある。ベーシック・インカムとは、政府が全国民に最低生活保障として一定の現金を支給する政策のこと。今回は、日本を元気にする秘策として堀江貴文氏も提唱していたベーシック・インカムについて説明しよう。(2016/7/14)

ホリエモンも携わる事業! 国産ロケット「モモ」の打ち上げ費用を募集中 リターンには「発射スイッチを押す権利」も
国産宇宙観測ロケットを、高度100キロまで低コストで打ち上げろ!(2016/6/3)

総監督ホリエモン! 岡田斗司夫とコラボしたSFアニメ企画がクラウドファンディング 目標の150万円を集める
声優、主題歌、監督、絵コンテ、アニメーター、キャラクターデザインのオーディション権が得られる。(2016/5/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
あなたが何もできないのは「時間がない」からではない
「もっと時間があったらできるのに」……。さまざまな事業に取り組んでいる堀江貴文氏は、そんな言葉に疑問を感じると話す。本音で生きるために必要なこととは?(2016/2/4)

経営者と経営学者の違い、B'zとAKBの違い
ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、大学の教授が否定コメントをしたことで、堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係を見ていこう。(2015/12/17)

ホリエモンが吠える:
AI社会に“働かざるもの食うべからず”は非常識?
AIやロボットは私たちの働き方を、生活をどう変えるのか。堀江貴文氏(実業家)、林要氏(ロボット開発者)、中野信子氏(脳科学者)が語る近未来の姿とは……?(2015/9/17)

スピン経済の歩き方:
「安保反対デモ参加者は頭が悪くて仕事ができない」は本当か
堀江貴文氏がTwitterで、安保反対デモに参加したことをカミングアウトしたら採用しないとツイートしたところ、ちょっと話題になった。いろいろな意見があったが、本コラムの窪田氏は「経営者として極めてノーマルな反応」だという。その理由は……。(2015/8/18)

いったい何が始まるんです? Jリーグアドバイザーに夏野剛氏と堀江貴文氏が就任
わくわくどきどき!(2015/7/22)

堀江貴文氏と夏野剛氏、Jリーグのアドバイザーに
Jリーグは、堀江貴文氏や夏野剛氏など5人とアドバイザー契約を締結すると発表した。(2015/7/22)

堀江貴文、うめ・小沢も運命の一冊に出会えた、マンガサロン「トリガー」がオープン
マンガコンシェルジュが一人一人に合ったお勧めのマンガを提供するマンガサロン「トリガー」が6月17日オープンした。オープンに先駆け、堀江貴文やマンガ家のうめ・小沢らを招いたトークイベントが開催された。(2015/6/17)

由来は「ホリエモンの囚人番号」 CM大量出稿で話題のトークアプリ「755」とは
「AKBとも話せる時代になった。新世代のトークアプリ755」――こんなテレビCMを年末年始に見た人も多いだろう。「755」は、堀江貴文氏と藤田晋氏が企画したトークアプリ。著名人と気軽に交流でき、ユーザー数が急増しているという。(2015/1/6)

なぜ人は“動く”のか:
開始から10カ月で購読者数1万人突破――ホリエモンのメールマガジン
「1万人コンサート」「1万人動員!」など、大人数を象徴する数字として頻繁に登場する1万人。では、実際に1万人を動かすにはどのような条件を満たす必要があるのだろうか? 今回は、ホリエモンこと堀江貴文氏の有料メールマガジンを例に考えます。(2014/9/5)

夏野剛さんと「神の雫」原作者がほろ酔いトーク ゲストは堀江貴文さん
「神の雫」の原作者・亜樹直さんとドワンゴ夏野剛取締役がほろ酔いトークでワインの素晴らしさを伝える番組。今回のゲストはホリエモンこと堀江貴文さん。配信は7月14日20時0分〜。(2014/7/9)

誰が業務アプリを殺すのか:
「もう政治に興味はない」堀江貴文氏が語る世の中がメンドくさい理由
「スマホがあれば、紙もプラスチックカードもいらない。ニーズがあれば法律も変えられる。政治なんて時間の無駄、技術でそうせざるを得ない状況に追い込め!」――8年ぶりにITの世界に帰ってきたホリエモンこと堀江貴文氏は、会場を埋め尽くすフリーエンジニアたちをギロリとにらみ、せきを切ったように話しだした。(2014/6/26)

ホリエモン×ロンブー淳 「今、世の中で起こっていること」語る
堀江貴文さんとロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、今、世の中で起こっていることについて語る特別番組。配信は6月7日20時0分〜。(2014/6/6)

ホリエモン×「カイジ」福本伸行×「ドラゴン桜」三田紀房トークイベント テーマは「金」と「欲望」
ホリエモンが福本さんや三田さんに「金と欲望の描き方」ついて迫る。(2014/6/6)

ニコ生「山本一太の直滑降ストリーム」 ゲストは堀江貴文さん
山本一太参議院議員のニコニコ生放送チャンネル「山本一太の直滑降ストリーム」に堀江貴文さんが出演する。配信は5月20日21時45分〜。(2014/5/19)

ホリエモンが登壇、マンガHONZがマンガの電子書籍化を考えるトークライブを開催
マンガHONZは、トークライブ「春の電子書籍祭り with マンガHONZ」を開催する。同イベントでは、堀江貴文氏がメインスピーカーとなり、鈴木みそ氏・うめ氏らゲストとともに、マンガの電子書籍化について話し合う。(2014/4/10)

力士VSユーザーのわんぱく相撲、ニコニコ超会議で ホリエモン・ひろゆき氏参戦 デーモン閣下も登場
腕に自信のあるネットのわんぱくたちよ、出番だぞー!(2014/4/8)

書評付きで紹介:
ホリエモンらが薦める、新社会人が“読むべき”マンガ
新社会人のビジネスライフに役立つマンガを選んでオススメするという書評連載「新社会人はこれを読め!」がマンガ書評サイト「マンガHONZ」で始まった。堀江貴文氏や編集者の佐渡島庸平氏らが日替わりでマンガを選出していく。(2014/4/3)

ホリエモンとサイバーエージェント、有名人の公開チャットが見られるトークライブアプリ「7gogo」提供開始
ホリエモンら著名人の公開トークライブを閲覧できる。(2014/2/13)

家入一真さん「インターネッ党」立ち上げ 東京23区すべての区長選に候補者擁立へ
ホリエモン、田村淳さんらも賛同者に。(2014/2/10)

東京都知事選:
家入一真さんはなぜ出馬するのか 会見に堀江貴文さんも出席 選挙活動は「ネットを使い切ります」
「居場所がある街・東京を作る」など政策を語りました。(2014/1/22)

センター試験解いてみた! 堀江貴文さんら有識者が挑戦(1日目)
「有識者たちはセンター試験を突破できるのか?」――大学入試センター試験に各分野の有識者が挑戦する。解答者は堀江貴文さん、弁護士のよこくめ勝仁さん、書評家の大森望さん、認知科学者の苫米地英人さん。配信は1月18日19時0分〜。(2014/1/16)

ニコニコ生放送で「センター試験特番」放送決定 ホリエモンやひろゆきによる「センター試験解いてみた」も
東大赤門前からの定点中継も。(2014/1/15)

焼肉を“言い訳”に新たな出会いを “ソーシャル部活動”アプリ「焼肉部」、堀江貴文さんプロデュース
堀江貴文さんがプロデュースする、焼肉仲間を探すサービス「焼肉部」がオープンした。希望地域や予算に応じて、1日1組ずつペアが紹介される。(2014/1/14)

ホリエモン『刑務所わず』電子版と同時発売
1年9カ月の刑務所生活を送った元ライブドア社長・堀江貴文氏による『刑務所わず。塀の中では言えないホントの話』が文藝春秋から紙と電子版で同時発売される。(2014/1/10)

ホリエモンも驚いた“東大ブランド”のすごさ
自分の幸せを生み出す「打ち出の小槌」とは? あなたが本当に望む生き方ができるようになる一歩を踏み出すためのヒントとなる書籍を紹介します。(2013/12/25)

7年後の「働く」を考えよう 米大使館×クーリエ・ジャポン、一夜限りのネット企画
「アメリカ大使館」と「COURRiER Japon」編集部による、「働く」について12人の有識者が提言する一夜限りのネット企画。東京オリンピックが開催される2020年に焦点を当て考える。堀江貴文さんらが参加するセッション「2020年→誰もが就活し続ける時代の到来―これから失敗しない仕事のデザインとは―」など。配信は12月14日18時30分〜。(2013/12/12)

ホリエモンがCAMPFIREでビッグプロジェクト立ち上げ 目標金額なんと5300万円!
気になるプロジェクトの中身は……。(2013/12/10)

ゼロになることを怖れるな ホリエモン話題の新刊の“原点”を発見
ライブドアの社長として成功を収め、そこから一転し逮捕、懲役2年6カ月の実刑判決を受けた堀江貴文氏。氏の最新作である『ゼロ』の原点とも言える著作を紹介。(2013/11/28)

「働く」ことを真剣に考える人は今すぐ買うべき:
堀江貴文氏が初めて語った本心、働く人に伝えたいこと
刑期満了を迎えた前夜、堀江貴文氏は都内で「出版記念講演会」を開催した。新刊『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』で伝えたかった本心とは?(2013/11/10)

ミシュランを超える――堀江貴文さんプロデュースのグルメアプリ「TERIYAKI」がリリース
美味しいものだけを雑音なく画像と少ない文字数のテキストで伝える。日本発のグルメ紹介アプリが登場した。(2013/11/4)

岡田斗司夫×堀江貴文のアニメ企画 pixivでアイデア募集中
“みんなが自分の作りたいアニメを作れる”プロジェクトだそうです。(2013/6/17)

堀江貴文氏がファウンダー、藤田晋氏が社長の新会社 著名人のグループトーク閲覧アプリ開発
サイバーエージェントの藤田晋社長が社長を務め、堀江貴文氏がファウンダーとして参加する新会社が設立。著名人の公開グループトークが見られるアプリを開発する。(2013/6/3)

ホリエモンとサイバーエージェントが新会社 スマホアプリ開発
新会社「7gogo」は著名人同士のやり取りを見られるアプリを開発する。(2013/6/3)

石破カレーにライス定食、ホリエモンプロデュースのお弁当――「ニコニコ超会議」はフードも“ニコ厨”仕様
「ニコニコ超会議」はフードコートに並ぶ商品もニコニコ動画にまつわる元ネタがあるものばかり。(2013/4/30)

ニコニコ超会議2:
「皆さん、ホリエモンが通りまーす!」 ホリエモンが馬車で会場をぐるり
会場をぐるぐる回る乗り合い馬車にホリエモンが登場! 明日は兄貴やデヴィ婦人が乗るらしい。(2013/4/27)

ニコニコ超会議2:
収監前・収監中・シャバ――3バージョンのホリエモンと一緒にパシャリ 「ホリエモンと超記念撮影ブース」
やっぱりニコニコ超会議2は容赦なかった。(2013/4/27)

ニコニコ超会議2:
腹が減っては戦はできぬ ホリエモン弁当、ホモォムライス、石破カレーで進撃せよ
楽しそうなメニューがそろってます。(2013/4/27)

誰得:
ホリエモン、イチゴパンツで「復活ヌードグラビア」披露 「ホモホモしい」「気持ち悪い」など一部で好評な様子
ホリエモンがガリエモンになってしまった……。(2013/4/25)

「赤字額もどんどん増える」──「ニコニコ超会議2」 米軍にホリエモン、“ラスボス”小林幸子さんも
4月27〜28日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2」に関する追加情報が発表された。(2013/4/12)

ニコニコ超会議2にホリエモン参加決定! 馬車に乗って会場を視察する「ホリエモン・クルーズ」など
今年は等身大パネルじゃないよ。(2013/4/11)

「ホリエモンの満漢全席」最終回 堀江貴文さん本人が登場
堀江貴文さんが自身のニコニコ生放送番組「ホリエモンの満漢全席」に出演。最終回となる今回は「塀の中のあんなこと、塀の外に出てからのこんなこと」を語る。そのほかの出演者は茂木健一郎さん。配信は4月14日23時0分〜。(2013/4/9)

「ニコニコ超会議2」発表会 ホリエモンもゲストで登場
ニコニコ超会議2についての発表会をニコファーレで開催。その模様をライブ配信する。登壇者は、ドワンゴ川上量生会長、夏野剛取締役、ニワンゴ杉本誠司代表のほか、先日仮釈放されたばかりの堀江貴文さんも登場予定。配信は4月11日17時30分〜。(2013/4/2)

「ネットを使ったニュース批評を事業化したい」 仮釈放の堀江貴文氏、次の事業の展望は
「ITの仕事はもう、おなかいっぱいと思っていたが……」――仮釈放された堀江貴文氏がIT事業に再び意欲。「ネットを使ったニュース批評を事業化したい」という。(2013/3/27)

ホリエモン、仮釈放に「万感の思い」 宇宙開発にニュース批評……今後の活動を語る
仮釈放されて初めて食べたモノはマックのてりたまセットだそうです。(2013/3/27)

堀江貴文さん、仮釈放を受けて記者会見 ライブ配信
3月27日朝に仮釈放された堀江貴文さんが記者会見。その模様をライブ配信する。会見には顧問弁護士の古畑恒雄さんも出席する。配信は3月27日19時0分〜。(2013/3/27)

ホリエモンの仮釈放記者会見、ニコ生でライブ配信 午後7時から
niconicoのアカウントがなくても視聴できる。(2013/3/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。