ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iButterfly」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iButterfly」に関する情報が集まったページです。

【連載】ARをマーケティングに応用する:
第3回 仮想空間で試着できる時代――拡張現実技術のマーケティング応用事例
実物と見間違うほどのAR腕時計「TISSOT」、帰宅途中のビジネスマンが地下鉄のホームで商品を購入できるTESCO(テスコ)のAR事例……。今回は主に海外の拡張現実導入事例を紹介する。(2012/12/14)

AR活用のソーシャルゲーム「iButterfly Plus」、電通などが世界展開
エアタグとしてカメラ越しに見えるARのチョウをコレクションしていくソーシャルゲーム「iButterfly Plus」を電通などが配信。(2011/5/30)

世界各地に潜むARな蝶を捕まえる――スマートフォン向けソーシャルゲーム「iButterfly Plus」配信開始
iPhone向けに2010年に配信された位置情報とARを組み合わせて各地で蝶を捕まえるゲーム「iButterfly」が、ソーシャルゲームにパワーアップして配信をスタート。Android版の配信も行われる。(2011/5/30)

エアタグの「ちょう」をコレクション:
iPhone/Android向けARソーシャルゲーム「iButterfly Plus」配信開始
AR空間にエアタグとして表示される「ちょう」を捕まえてコレクションするiPhone/Android向けARソーシャルゲーム「iButterfly Plus」の配信を開始した。(2011/5/30)

ARの世界を飛ぶチョウをつかまえるコミュニケーションアプリ「iButterfly Plus」
チョウが情報やクーポンを運ぶiPhoneアプリ「iButterfly」で実証実験を行っていた電通とバタフライが、新たにソーシャルゲーム「iButterfly Plus」を開発した。(2011/2/25)

ふぉーんなハナシ:
汐留に「綾波ちょう」が飛来――「iButterfly」
モバイル表現研究所が提供するiPhoneアプリ「iButterfly」の拡張現実空間に、「EVAちょう」が登場。汐留博覧会2010会場には「綾波ちょう」が飛ぶ。(2010/7/30)

D2C、「第9回モバイル広告大賞」の受賞作品を発表
ディーツー コミュニケーションズが「第9回モバイル広告大賞」の受賞作品を発表。優秀賞を受賞した3作品のうち、2作品がiPhone向けだった。(2010/6/9)

“コラボちょう”集めて映画の特典画像を――iButterfly
モバイル表現研究所は、iPhoneアプリの「iButterfly」で、映画『タイタンの戦い』とのコラボちょう3種を公開。 すべて集めると、「聖闘士星矢」の作者である車田正美氏が描き下ろした特典画像を入手できる。(2010/4/22)

「iButterfly」に取り寄せグルメが当たる“ラッキーグルメちょう”
iPhoneを虫取り網に見立てて“クーポンちょう”を捕獲するiPhoneアプリ「iButterfly」に、新種の“ラッキーグルメちょう”が登場。“大当たりちょう”を捕まえると人気の取り寄せグルメがプレゼントされる。(2010/4/15)

ふぉーんなハナシ:
萌えパッチョ!
つい尻に目がいきがちだけど、じつは顔がすごい……。(2010/4/9)

ふぉーんなハナシ:
拡張現実空間に、あの菌がプカプカ――ARアプリ「iButterfly」と「もやしもん」がコラボ
A・オリゼーやB・ナットー、S・セレビシエが拡張現実空間を漂うらしい……。(2010/3/25)

ふぉーんなハナシ:
ソフトバンクショップ付近に、新種の蝶が出現?――「iButterfly」
iPhoneを虫取り網に見立てて“クーポンちょう”を捕獲するiPhoneアプリ「iButterfly」。ソフトバンクショップ付近に、新種の蝶が飛んでいる模様だ。(2010/3/2)

「S-1」グランドチャンピオン」M-1、R-1王者も参加、お笑い芸人の頂点を決める
「S-1バトル」の頂点に立つお笑い芸人を決める大会が日本テレビ系列で生放送される。「M-1」「R-1」の王者も登場し、「お笑いの総合格闘技」を目指すという。Ustreamで裏舞台配信も。(2010/3/1)

“紙の絵本×iPhone”で、新たなエンタメ体験を――「PhoneBook」の世界観
さまざまなiPhoneアプリが日々登場する中、“新たなエンタメ体験”を模索する動きが活発化している。紙の絵本とiPhoneを組み合わせた「PhoneBook」も、そんな試みの1つだ。(2010/2/19)

ちょうを捕まえクーポンゲット 電通、電子クーポン+ARのiPhoneアプリ
電通は、電子クーポンにAR技術や位置情報ゲームを組み合わせたiPhoneアプリ「iButterfly」を公開した。(2010/1/21)

“AR+位置ゲー”でクーポン獲得――電通がiPhoneアプリ「iButterfly」を開発
iPhoneで“クーポンちょう”を捕まえろ――。ARや位置情報を活用し、ゲーム感覚でユーザーにクーポンやコンテンツを届けるiPhone 3GS向けアプリ「iButterfly」を電通が開発。実証実験サービスを開始した。(2010/1/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。