ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電通」最新記事一覧

スピン経済の歩き方:
なぜ大手マスコミは「電通の疑惑」を報じないのか 東京五輪の裏金問題
英・ガーディアン紙が東京五輪の裏金疑惑を報じ、電通の関与を指摘した。しかし、国内の大手マスコミがこの報道を引用する際、きれいさっぱり「電通」をカット。ネット上では「マスコミの配慮がハンパない」といった声が出ているが、真相は……。(2016/5/24)

屋外デジタル広告の成長をグローバルで加速:
電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社を完全子会社化
電通イージス・ネットワークは、英国のデジタルOOH専門の広告会社であるLiveposterを完全子会社化することを発表した。(2016/5/6)

スマートロック「246Padlock」サービス終了 7月以降は解錠不可能に
電通ブルーが提供する“スマートロックサービス”「246Padlock」が6月末で終了。終了日を過ぎると解錠ができなくなる。(2016/4/28)

ディープラーニングを活用:
電通、クラウディアンら4社で屋外デジタル広告におけるターゲティングの実証実験
電通はクラウディアンなどと屋外広告実証実験プロジェクトを発足させ、ディープラーニングを活用した先進的な屋外広告の実証実験に取り組むことを発表した。(2016/4/20)

電通、デジタルマーケティングの新会社「電通デジタル」設立
電通は、デジタルマーケティング事業を手がける新会社「株式会社電通デジタル」を7月1日付けで設立する。(2016/4/19)

電通イーマーケティングワン、ネクステッジ電通も合流:
電通、デジタルマーケティング専業新会社を7月に設立へ
電通は、2016年7月1日付でデジタルマーケティング専門の新会社「電通デジタル」を設立すると発表した。(2016/4/19)

クラウド型のマーケティング統合分析ソリューションの開発・推進へ:
電通、統計分析ベンチャーのサイカと業務・資本提携
電通と電通の100%子会社である電通デジタル・ホールディングスは、統計分析ベンチャーのサイカに出資し、業務提携することで合意した。(2016/3/23)

今後3年間、国内唯一の代理店に:
電通が「TETRIS」の日本国内商品化権・広告利用権を獲得
電通とThe Tetris Companyは、「TETRIS」の日本国内における商品化および広告利用に関するライセンス契約を締結した。(2016/3/16)

電通、「テトリス」グッズ商品化権取得 DJイベントやバーなども?
電通がゲーム「テトリス」の国内商品化権や広告利用権のライセンスを取得した。(2016/3/16)

芋洗坂係長も出演:
Yahoo! JAPANと電通、都営大江戸線六本木駅のデジタルサイネージでリアルタイムコンテンツの配信実験
ヤフーと電通は共同で、ヤフーが自社サービス上で提供する生活者に関心の高い旬なコンテンツを、ほぼリアルタイムでデジタルサイネージに自動配信する実証実験を開始した。(2016/3/14)

米サンデースカイと協業:
電通、パーソナライズド動画の制作・配信サービスを提供開始
電通と電通テックは2016年3月8日、米サンデースカイと協業し、顧客エンゲージメントを高めるパーソナライズド動画の制作・配信サービスを提供すると発表した。(2016/3/8)

マスメディアとWeb広告の相乗効果を最大化する:
電通が「STADIA(β版)」を開発、ユーザーのマスメディアへの接触行動を特定して最適な広告配信
電通は2016年3月4日、マスメディアとウェブ広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(β版)」(スタジア・ベータ版)を開発したと発表した。(2016/3/4)

グローバル化する日系企業のマーケティング活動を支援:
電通がLinkedInと協業、B2Bコミュニケーション上の課題解決に向けビジネス開発を推進
電通はLinkedInとの協業で合意。世界で4億人以上が登録するビジネス特化型のSNS「LinkedIn」が保有するユーザーデータを活用した新しいビジネスを開発していくという。(2016/3/1)

ロンドンを含む世界6都市に営業拠点:
電通、海外でB2B専門のグローバルブランドを展開
電通イージス・ネットワークは、新たにB2B専門のグローバルブランド「Interprise」(以下、インタープライズ)を英国ロンドンに設置した。(2016/2/24)

総広告費は6兆1710億円:
電通「2015年 日本の広告費」、インターネット広告費が2桁成長でけん引
電通は2016年2月23日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2015年 日本の広告費」を発表した。(2016/2/23)

2015年の日本の総広告費は? 電通発表
電通が2015年の日本の広告費を発表。前年とほぼ横ばいの6兆1710億円となった。(2016/2/23)

電力自由化、“認知”は進むも“理解”はこれから――電通調査
電通が第2回「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を発表した。電力自由化を「知っている」人は6割を超えたが、内容についても知っている人は少数だった。(2016/1/22)

東京銀行協会ビルに:
FinTechのスタートアップ企業を支援、電通国際情報サービスが拠点を開設
電通国際情報サービスは、FinTech関連のスタートアップ企業の成長を支援する産業拠点「The FinTech Center of Tokyo Fino Lab」を開設する。有望なスタートアップ企業を発掘し、それらの企業がサービス開発に集中できる環境やリソースを提供する。(2016/1/15)

東京・大手町にFinTech産業拠点が開設 スタートアップ企業などの集積地に
電通国際情報サービスが三菱地所および電通と協業してFinTechの産業拠点を大手町に開設する。2月1日を予定。(2016/1/15)

インタラクティブ動画の制作・配信プラットフォーム:
動画内の商品をタップして購入できるビデオコマース機能など、電通ダイレクトフォースが提供開始
電通ダイレクトフォースは2015年12月10日、インタラクティブ機能を実装できる動画プラットフォーム「EICHI」β版の提供を開始した。(2015/12/14)

カメラアングルごとの視聴率計測も:
電通、新日本プロレスのサイトで「マルチアングルキャッチアップ配信」とそれを活用した広告を提供
電通と電通国際情報サービスは2015年12月1日、「マルチアングルキャッチアップ配信」と、それを活用した広告配信「Viewpoint Release Ad」を行うと発表した。(2015/12/2)

電通グループなどを対象に第三者割当増資を実施:
フロムスクラッチが10億円の資金を調達
フロムスクラッチは2015年11月30日、電通デジタル・ホールディングスが運営する投資事業有限責任組合他、既存株主を割当先とする第三者割当増資を実施したと発表した。(2015/11/30)

第1弾はホテルオークラ東京の家具を出品! “リユース”活用のクラウドファンディングサービス、ヤフーと電通がスタート
モノや資源の循環を通して人の夢を応援できる社会に。(2015/10/27)

スマートデバイスの特性を生かした多彩な広告表現を実現:
電通とアクセルマーク、スマートデバイス向け広告サービス「BRAND SCREEN」の提供を開始
電通はアクセルマークと共同で、スマートデバイス上での新たなブランド体験を実現する広告サービス「BRAND SCREEN」の提供を開始した。(2015/10/26)

データ×テクノロジーで企業のマーケティング課題を解決:
電通グループ横断のデータ専門集団「Dentsu Data Driver」が発足
電通イーマーケティングワンは2015年10月20日、ネクステッジ電通および電通のデータ・ソリューション領域専門チームと連携し「Dentsu Data Driver」を立ち上げたと発表した。(2015/10/21)

製造ITニュース:
PTCと電通国際が提携、製造業向けIoTやSLM事業の強化へ
PTCジャパンは電通国際情報サービス(ISID)とIoTおよびSLM(サービスライフサイクル管理)の分野におけるパートナーシップ契約の締結を発表。ISIDの顧客に対しPTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」や「PTC Servigistics」をはじめとするSLMソリューションの提供を開始する。(2015/10/14)

「妖怪ウォッチ」アニメ、米国進出 電通とレベルファイブが共同出資会社
電通とレベルファイブが海外展開へ米国に新会社。第1弾として「妖怪ウォッチ」のアニメ放送が米国で始まる。(2015/10/1)

より高度なリードナーチャリン グが実現:
電通イーマーケティングワン、「Marketo」と「Googleアナリティクス」のデータ連係を簡易に実現
電通イーマーケティングワンは、マルケトが提供するマーケティングオートメーションソリューション「Marketo」と「Googleアナリティクス」のデータ連携を簡易に実現するソリューションを開発し、9月28日より提供開始した。(2015/9/29)

日本市場は前回予測より上方修正:
世界の広告市場に占めるデジタル広告費比率、2015年は24.3%――電通海外子会社が予測
電通の海外子会社Caratは2015年9月24日、世界の広告費成長率予測の定期改訂について発表した。(2015/9/25)

コミュニケーションロボット用AIや会話エンジンの開発を推進:
電通、ロボット開発分野でワン・トゥー・テン・ロボティクスと業務提携
電通は2015年9月11日、ワン・トゥー・テン・ロボティクスとの業務提携を発表した。両社は、最先端のコミュニケーションロボット用AI(人工知能)や会話エンジンの開発を推進していく。(2015/9/14)

ロボットAI:
電通が1-10Roboticsと提携、ロボットAIや会話エンジン開発を推進
電通と、Pepperの人工知能開発に携わったワン・トゥー・テン・ロボティクス(ワン・トゥー・テン・デザインのロボット事業を継承した新会社)が業務提携。ロボットAIと会話エンジンの開発を推進する。(2015/9/11)

プッシュ配信の最適化や個別のオムニチャネル施策を実現:
電通ダイレクトフォースとブレインパッド、「DMP for O2O」の提供を開始
電通ダイレクトフォースのO2Oソリューション「App Scale Manager」とブレインパッドのレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」が連係した新サービス「DMP for O2O」の提供開始を両社が発表した。(2015/9/2)

オンラインストアをブランディングするサービス:
電通とネットコンシェルジェ、「eコマース・ブランディング」を提供
電通とネットコンシェルジェは2015年8月31日、企業が運営するオンラインストアをブランディングするサービス「eコマース・ブランディング」の提供を開始すると発表した。(2015/8/31)

クリエーティブ・メディア・PR各領域の専門家が結集:
電通、オンライン動画制作のグループ横断専門チーム「鬼ムービー」を発足
電通は2015年8月28日、オンライン動画関連のプロフェッショナルメンバーを集めたグループ横断組織、チーム「鬼ムービー」を発足させた。(2015/8/31)

独自データベースで効果的なメディアプランニング:
電通、テレビCMとデジタル広告の出稿を最適化する「クロスメディア・プランナー」を開発
電通は2015年8月19日、テレビCMとオンライン動画・ディスプレイ広告を統合したテレビ×デジタル広告出稿最適化ツール「クロスメディア・プランナー」を開発したと発表した。(2015/8/21)

デジタルテクノロジー領域の製品開発を総合的に支援:
電通など4社、企業のイノベーション創発を支援するタスクフォース「DSquad」を立ち上げ
電通、電通国際情報サービス、米btrax、インフォバーンの4社は2015年8月18日、企業のイノベーション創発を支援するタスクフォース「DSquad」の立ち上げを発表した。(2015/8/18)

製造マネジメントニュース:
IoT時代のイノベーション創出を支援、電通など4社が新組織
電通、電通国際情報サービス、btrax(ビートラックス)、インフォバーンの4社は企業のイノベーション創発を支援するタスクフォース「DSquad(ディー・スクアッド)」を立ち上げを発表した。(2015/8/18)

「できれば働きたくない」若者の約3割 電通総研調査
「働くのは当たり前」と思っている割合は約4割。(2015/8/14)

「働きたくない」若者3割、「モーレツ社員」「企業戦士」という言葉を知らない――電通総研の就労意識調査
現代の働く若者は「モーレツ社員」「企業戦士」という言葉を知らない――電通総研は8月13日、働く若者の就労への意識を調べた「若者×働く」調査の結果を発表した。(2015/8/13)

KDDI、家庭用ロボ「Jibo」を開発するMIT発ベンチャーに出資
KDDIが家庭向けアシスタントロボット「Jibo」を開発するMIT発の米企業Jiboに出資。電通のベンチャーファンドも同日、Jiboに出資した。(2015/8/6)

Jibo:
家庭向けロボット「Jibo」開発元にKDDI、電通が相次ぎ出資
家庭用コミュニケーションロボット「Jibo」を開発する、MIT発のロボットベンチャーにKDDIと電通がそれぞれ出資した。(2015/8/6)

「Apple Watchより目覚まし時計の方が面白い」――“やんちゃ”な電通ブルーが起こすイノベーションとは
電通の子会社として2014年10月に設立された「電通ブルー」は、設立から数カ月で矢継ぎ早に製品やサービスを投入してきた。そもそも電通ブルーってどんな会社? 課せられた使命とは? 吉羽一高社長に話を聞いた。(2015/7/16)

テレビとスマートデバイスが切り開く新事業を支援:
電通が日本テレビとバスキュールの合弁会社に1億2000万円を出資
電通は2015年7月15日、日本テレビ放送網とバスキュールの合弁会社として2015年5月に設立したHAROiDが行う第三者割当増資を引き受け、1億2000万円の出資を行った。(2015/7/15)

有料放送領域における広告事業発展に向けて:
電通グループとアニマックス、「アニマックスPLUS」で広告事業を開始
電通とサイバー・コミュニケーションズは2015年7月3日、アニマックスブロードキャスト・ジャパンと共同でインターネット動画配信サービス「アニマックスPLUS」で広告事業を開始することを発表した。(2015/7/3)

日本の富裕層世帯女性300人の意識・消費行動:
富裕層女性のお小遣いは月20万円以上、電通とハースト婦人画報社が共同調査
電通とハースト婦人画報社は2015年6月24日、世帯資産1億円以上もしくは世帯年収2000万円以上の富裕層世帯の女性300人を対象に共同で行った「意識・消費行動調査」の結果を発表した。(2015/6/24)

世帯純資産1億円以上:
日本の富裕層女性って、どんなタイプが多い?
富裕層女性(世帯純資産1億円以上、世帯年収2000万円以上)はどんなタイプが多いのだろうか。一般女性と富裕層女性に、1カ月当たりの自由に使えるお金を聞いたところ……。電通とハースト婦人画報社調べ。(2015/6/24)

伝統文化、食、自然:
外国人が好きな日本は? 電通が「ジャパンブランド調査2015」を実施
電通は2015年6月22日、「クールジャパン」関連事業で今年4月に実施した「ジャパンブランド調査2015」の結果を発表した。(2015/6/22)

Spotifyに電通デジタルが出資
定額制音楽配信サービスを提供するSpotifyに電通デジタルが出資した。(2015/6/15)

電通が「ギャルラボ@」発足 女子視点で地域の「逆にカワイイ」発信
電通がプランニングチーム「ギャルラボ@」を発足。地方創生に特化し、女子の視点で地域の魅力を発見・発信するという。(2015/6/8)

「東京一極集中」「人口減」どう思う?
近年、地方から東京圏への人口流入が続いているが、東京一極集中についてどのように感じている人が多いのだろうか。全国の10〜60代の男女に聞いた。電通調べ。(2015/6/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。