ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電通」最新記事一覧

「ブラック企業大賞」に電通、佐川急便など10社ノミネート
「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表された。(2016/12/2)

長時間労働、ハラスメント問題企業が並ぶ:
「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表 電通など
“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。(2016/12/1)

「ブラック企業大賞2016」ノミネートが発表 電通、佐川、日本郵便、仁和寺など10社
2016年、大賞は一体どこの企業の手に……!?(2016/12/1)

電通が「自浄能力がない」とNHK取材に答えた社員を懲戒処分か 「やはり自浄能力がないのでは」の声多数
電通広報はノーコメントでした。(2016/12/1)

第1弾はAIRDOの搭乗手続きサポートサービス:
LINEと業務システムの連携ツール、ISIDと電通アイソバーが提供開始
電通国際情報サービス(ISID)と電通アイソバーは、電通アイソバーの統合マネジメントサービス「TONARIWA」とISIDの持つシステム構築ノウハウを組み合わせ、企業の業務システムと連携したメッセージングソリューションの提供を開始すると発表した。(2016/11/29)

「電通鬼十則のどこがダメ?」:
モーレツ社員こそ、働き方改革が必要だ
「電通鬼十則」が批判を浴びているが、「正直、どこが悪いんだろう」と思っているモーレツ社員は少なくない。働き方改革に乗り切れない社員たちに、“働きやすい企業”で知られるサイボウズはどのように対応したのか?(2016/11/22)

電通、「鬼十則」社員手帳への掲載取りやめへ 《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》
「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな」などの言葉が記されている電通の「鬼十則」について、社員手帳への掲載取りやめが検討されている。(2016/11/18)

電通、VRビジネス開発専門の新組織を発足
電通は、幅広い業界へのVRビジネス導入に重点的に取り組むグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を発足する。(2016/11/2)

電通、「子育てサポート企業」認定を辞退 新入社員の自殺問題の影響で
東京都労働局は、女性新入社員の自殺問題を受けて、電通による「くるみん認定」辞退の申し出を承認した。(2016/11/2)

電通、「子育てサポート企業」の認定を辞退
仕事と育児を両立しやすい「子育てサポート企業」の認定を受けていた電通が、同日付で認定を辞退した。(2016/11/2)

「IT化・メディアの多様化で業務量激増」 電通社員の過労自殺受け、広告労協が声明
広告労協は10月31日、電通社員の女性の自殺が過労死と認定された問題を受け、声明を発表した。(2016/11/1)

時代は「特捜部」から「かとく」へ “ブラック企業”対策チーム 電通女性社員失い「鉄槌」へ
電通に厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチームだ。(2016/10/27)

目を光らせる7人の精鋭:
時代は「特捜部」から「かとく」へ 電通女性社員失い、過重労働撲滅に向け
東大卒の新入社員を自殺に追い込んだ、広告大手代理店の電通に厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチーム。長時間労働が美徳だった時代は既に終わった。(2016/10/26)

「遺書メールに誰を入れるか考えていた」 過労自殺の電通社員「苦悶の叫び」 壮絶「鬼十則」が背景か
電通に勤めていた高橋まつりさんが、過労を苦に自殺したことが波紋を広げている。高橋さんは直前の2カ月、友人や母親らに、「過労」をうかがわせる50通以上のメッセージを発信していた。(2016/10/17)

新人記者(応援団長)が行く:
「残業(長時間労働)は仕方ない」はもうやめよう
電通の新入社員が過労自殺するという事件が起こり、話題になっている。政府はいま「働き方改革」を進めて長時間労働の是正に取り組んでいるが、繰り返されてきたこの問題を本当に解決できるのだろうか。労働問題の専門家、常見陽平氏に話を聞いた。(2016/10/17)

デジタルマーケティングを強化:
電通、イベント部門再編と新会社設立を発表
電通と電通テックは、2017年1月に事業再編と新会社の設立を行うと発表した。(2016/10/14)

車種を自動判別、最適な屋外広告を表示 AI活用 電通、クラウディアンなど4社が開発
クラウディアン、電通、スマートインサイト、Quanta Cloud Technology Japanの4社は、屋外広告(デジタルサイネージ)にAIを活用し、車種ごとに最適な広告を配信することを可能にしたと発表。(2016/10/13)

過労自殺の電通社員のアカウント、「電通の圧力」で非公開に? 「ありえない」とTwitter
自殺した元電通社員・高橋まつりさんのTwitterアカウントが非公開に。「電通がTwitterに圧力をかけたのでは」とのうわさも流れたが、Twitterは「ありえない」と否定した。(2016/10/12)

“残業100時間で過労死は情けない”発言で武蔵野大学が謝罪 「事実関係を調査の上で然るべき対応をとる」
武蔵野大学教授が電通女性社員の自殺について持論を展開し、炎上していました。(2016/10/12)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
電通とFacebookの不正業務から考える ネット広告の問題点とは?
電通とFacebookが全く同じタイミングで広告の虚偽報告について謝罪した。この一連の不祥事はネット広告市場が拡大する過渡期の現象とも捉えることができる。今後、業界全体としては、どのような対策が求められるのだろうか。(2016/9/27)

電通、ネット広告で過剰請求など「不適切な業務」 広告主111社・約2億3000万円
電通は、ネット広告を掲載しなかったり、過剰請求するなどの不適切な案件が633件あったと発表した。広告主数は111社・該当金額約2億3000万円に上るという。(2016/9/23)

電通、ネット広告で不適切業務 約2億3000万円 運用実績など虚偽報告、過剰請求も
電通がネット広告で不適切な業務をしていたことが発覚。(2016/9/23)

デジタル広告費の比率は2017年に30.2%へ:
電通海外子会社が世界の広告費成長率予測を改訂
電通グループのCarat(カラ)は、世界の広告費の成長予測を発表した。デジタル広告費の構成比率は2017年に30%に達する見込み。(2016/9/9)

運用型広告のクロスチャネル化を効率化:
電通、オーディエンスデータマネジメントの米Accordant Mediaを子会社化
電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、米国のオーディエンスデータマネジメント会社Accordant Mediaの株式100%取得で同社株主と合意した。(2016/9/5)

「能」をテクノロジーで拡張する「テク能プロジェクト」電通が始動 ライゾマ演出の「ダリ能」披露へ
電通は、伝統芸能「能」の可能性をテクノロジーで拡張する「テク能プロジェクト」を立ち上げた。第1弾として、「ダリ展」開会式で、「ダリ能」を披露する。(2016/8/25)

顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを加速:
電通デジタルとPwCコンサルティング、デジタル変革推進プログラムを共同開発
電通デジタルは、経営コンサルティングファームのPwCコンサルティングと共同で顧客企業のデジタル変革を包括的に支援するプログラムを開発し、提供を開始した。(2016/8/25)

ビジネス情報プラットフォーム「HANJO HANJO」内で:
電通とイード、FinTechを活用した中小企業経営支援サービスを提供開始
「HANJO HANJO」で共同事業運営を行う電通とイードは、新たにクラウドキャストを協業先とし、FinTechを活用した中小企業経営支援サービス事業を開始すると発表した。(2016/8/15)

セールスフォース・ドットコム、インティメート・マージャー、wizpraと共同展開:
電通、企業の対面型営業活動をデジタルで高度化する支援サービスを開始
電通は、セールスフォース・ドットコム、インティメート・マージャー、wizpraの3社と共同で、企業の対面型営業活動を高度化するデジタルトランスフォーメーション支援サービスを提供開始した。(2016/8/12)

モバイルでブランディング施策を:
電通がスマホに特化したPMPを提供――GoogleやTeads Japan、Supershipと連携
電通は、「電通PMP」の新たなカテゴリーとして「Premium Smartphoneシリーズ」をローンチしたと発表した。(2016/8/9)

アクセルスペースと協業:
電通宇宙ラボ、「宇宙ビッグデータ」を活用したビジネスを始動
電通の社内横断組織「電通宇宙ラボ」はアクセルスペースとの協働により、宇宙ビッグデータを活用した事業開発やマーケティング活動への応用を提案していくと発表した。(2016/8/8)

オフラインとオンラインをつなぐ統合マーケティングソリューションの開発を推進:
電通とインティメート・マージャーが資本業務提携
DMP専業のインティメート・マージャーは電通と資本業務提携を締結。電通グループの統合マーケティングプラットフォーム「Dentsu.io」を通じてパブリックDMPを提供していくと発表した。(2016/8/1)

全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が調査:
最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結果を発表した。(2016/7/26)

データアナリティクス領域のグローバル対応に向けた国内グループ横断組織:
電通と電通デジタル、Data2Decisions Japanを設置
電通と電通デジタルはデータアナリティクス領域のグローバル対応に向け、電通イージス・ネットワークの協力の下、国内グループ横断組織「Data2Decisions Japan」を設置した。(2016/7/11)

B2Bマーケティングにも意欲:
電通デジタルが設立発表会を実施、「マーケティングの世界で“新幹線”を作る」と宣言
電通デジタルは設立発表会を実施。代表取締役社長 COO 丸岡吉人氏が今後の戦略についてのプレゼンテーションを行った。(2016/7/9)

高速PDCAに貢献:
電通、サイト解析ツールに調査モニターの属性データをリアルタイム連係する新サービスを提供
電通は、電通マクロミルインサイトと共同で新サービス「Agile Audience Analytics」の提供を開始した。(2016/6/28)

「電通宇宙ラボ」発足 社外にノウハウ提供、「宇宙に関する相談窓口」に
電通が宇宙開発技術のビジネス活用を目指す社内横断組織「電通宇宙ラボ」を設立。(2016/6/20)

より精緻な情報配信やコンテンツレコメンドを実現:
電通など4社、スマホ利用者のオン/オフラインの行動履歴をMarketoに反映させるCRMを提供
電通など4社は、CRMソリューション「Growth Edge」を共同で開発、2016年6月16日より提供開始した。(2016/6/17)

企業の広報活動や企業広告、リクルーティング活動などの指針策定に:
電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」を共同で開発したと発表した。(2016/5/31)

3つの共同プロジェクトを推進中:
電通とリクルートホールディングス、訪日外国人向けマーケティング領域で協業開始
電通とリクルートホールディングスは、訪日外国人向けマーケティング領域での協業を開始する。(2016/5/27)

「8つの広報力」を分析:
電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報力調査」の結果を発表した。(2016/5/26)

スピン経済の歩き方:
なぜ大手マスコミは「電通の疑惑」を報じないのか 東京五輪の裏金問題
英・ガーディアン紙が東京五輪の裏金疑惑を報じ、電通の関与を指摘した。しかし、国内の大手マスコミがこの報道を引用する際、きれいさっぱり「電通」をカット。ネット上では「マスコミの配慮がハンパない」といった声が出ているが、真相は……。(2016/5/24)

屋外デジタル広告の成長をグローバルで加速:
電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社を完全子会社化
電通イージス・ネットワークは、英国のデジタルOOH専門の広告会社であるLiveposterを完全子会社化することを発表した。(2016/5/6)

スマートロック「246Padlock」サービス終了 7月以降は解錠不可能に
電通ブルーが提供する“スマートロックサービス”「246Padlock」が6月末で終了。終了日を過ぎると解錠ができなくなる。(2016/4/28)

ディープラーニングを活用:
電通、クラウディアンら4社で屋外デジタル広告におけるターゲティングの実証実験
電通はクラウディアンなどと屋外広告実証実験プロジェクトを発足させ、ディープラーニングを活用した先進的な屋外広告の実証実験に取り組むことを発表した。(2016/4/20)

電通、デジタルマーケティングの新会社「電通デジタル」設立
電通は、デジタルマーケティング事業を手がける新会社「株式会社電通デジタル」を7月1日付けで設立する。(2016/4/19)

電通イーマーケティングワン、ネクステッジ電通も合流:
電通、デジタルマーケティング専業新会社を7月に設立へ
電通は、2016年7月1日付でデジタルマーケティング専門の新会社「電通デジタル」を設立すると発表した。(2016/4/19)

クラウド型のマーケティング統合分析ソリューションの開発・推進へ:
電通、統計分析ベンチャーのサイカと業務・資本提携
電通と電通の100%子会社である電通デジタル・ホールディングスは、統計分析ベンチャーのサイカに出資し、業務提携することで合意した。(2016/3/23)

今後3年間、国内唯一の代理店に:
電通が「TETRIS」の日本国内商品化権・広告利用権を獲得
電通とThe Tetris Companyは、「TETRIS」の日本国内における商品化および広告利用に関するライセンス契約を締結した。(2016/3/16)

電通、「テトリス」グッズ商品化権取得 DJイベントやバーなども?
電通がゲーム「テトリス」の国内商品化権や広告利用権のライセンスを取得した。(2016/3/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。