ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電通」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

インフルエンサーのセンスを生かした動画広告:
「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューション「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始した。(2018/9/20)

ブランド広告とレスポンス広告のギャップを埋める:
電通デジタル、デジタル広告の効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model」を提供
電通デジタルは、デジタル広告における広告効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model」を開発し、提供開始した。(2018/9/13)

今日のリサーチ:
会社で健康に働くためには?――電通が全国1万人調査
電通が「健康に働くための指標」を開発するため、全国1万人の会社員を対象とした調査を実施しました。(2018/9/13)

「Future Focus 2018」を読む:
いつでもどこでも購入が可能な世界――顧客のインスピレーションとコンバージョンの距離が近づきつつある
電通イージスグループのiProspectによる未来予測「Future Focus 2018」から、次世代のマーケターが向き合うべきテーマについて解説する。(2018/9/13)

プレミアムな動画媒体とコンテンツのみを配信対象に:
電通など3社、「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズのグループ3社は、プレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始した。(2018/9/7)

マーケティング支援にパーソナルデータを仲介:
電通テックが「情報銀行」新会社を設立
電通テックは、生活者のパーソナルデータを活用したマーケティング支援サービスを提供する新会社の設立を発表した。 (2018/9/4)

「Adobe Analytics」を活用:
電通アイソバー、B2Bサイト特化のWeb行動データ分析サービスを提供
電通アイソバーは、アドビ システムズのデータ管理基盤である「Adobe Analytics」のB2Bサイトへの導入から運用・活用に特化した「Quick Win for Analytics BtoB」の提供を開始した。(2018/9/3)

「多様性」の中身を知る:
電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これにより何が見えてくるのか。担当者に聞いた。(2018/8/17)

今日のリサーチ:
AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。(2018/8/17)

意思決定の迅速化などが狙い:
電通、純粋持ち株会社体制に移行へ 20年1月めどに新会社
電通が純粋持ち株会社体制への移行を検討すると発表。時期は2020年1月を予定する。意思決定の迅速化などが狙い。(2018/8/9)

2位株主に:
KDDI、カカクコムに資本参加 電通が株式売却
カカクコムはKDDIと資本・業務提携すると発表した。(2018/8/2)

今日のリサーチ:
現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディアライフスタイル(メディア接触習慣)に分類しました。(2018/7/23)

導入パートナーとしてISIDを選定:
住友ゴム工業がソーシャルメディア分析に「NetBase」を採用
電通国際情報サービス(ISID)は、住友ゴム工業のソーシャルメディア分析システムとして、クラウド型ソーシャルメディア分析ツール「NetBase」を提供し、本格稼働を開始したことを発表した。(2018/7/20)

イベント運営、放送権ビジネスも展開:
電通・スカパーが音楽番組制作で新会社 社長は「BAZOOKA!!!」プロデューサー
スカパーJSAT、電通など4社が、音楽ライブ番組の制作会社「THReee entertainment」を設立。資本金は2億円で、出資比率は非公開。国内外への放送権・配信権の販売も手掛ける。(2018/6/26)

業務提携契約を締結:
ウォンテッドリーと電通、名刺管理アプリ「Wantedly People」における広告商品の共同開発へ
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、電通と広告商品などの開発において業務提携契約を締結した。(2018/6/21)

デジタル広告がけん引し、世界の総広告費6135億ドルへ
電通イージス・ネットワークが年2回発表している「世界の広告費成長率予測」によると、2018年の成長率は3.9%に上方修正され、総広告費は過去最高となる6135億ドルに達する見込み。成長著しいデジタル広告がけん引する格好で、そのシェア率も38.4%が見込まれ、初めてテレビ広告を抜く予測となっている。(2018/6/19)

今日のリサーチ:
世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」を取りまとめました。(2018/6/19)

電通、VRを活用したスポーツ観戦ツール「fanglass」を開発 ゴーグルを通して様々なアングルから楽しめる
サッカーをゴール裏から見たり、野球を打者の目の前から見たり。(2018/6/19)

8社のメディアパートナーと連携:
電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点でコンテンツマーケティングを統合・高度化するサービス「People Driven Content Marketing」を提供する。(2018/5/25)

電通、広告バナーをAIで自動作成 1枚当たり5秒以内
電通が、AIを活用したバナーの自動生成ツール「アドバンストクリエイティブメーカー」(β版)を開発した。1枚当たり平均5秒以内でバナー候補を作成でき、クリック率が高いと推測されるものを選別、最後は人間が仕上げて完成させる。(2018/5/23)

短時間で1000枚以上のバナーを生成:
AIがバナー広告を自動生成、電通グループ3社が「ADVANCED CREATIVE MAKER」(β版)を開発
電通と電通デジタル、データアーティストの3社は、AIを活用したバナー自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」を共同開発した。(2018/5/17)

WPPグループ持ち株を取得:
電通、電通ヤング・アンド・ルビカムと電通ワンダーマンを完全子会社化
電通は、WWPグループとの国内における合弁会社である電通ヤング・アンド・ルビカムと電通ワンダーマンの2社について、それぞれのWPPグループの持ち株を取得し、完全子会社化すると発表した。(2018/5/1)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ジャパンブランドは圧倒的に「高性能」だが「人気がある」イメージでは中韓との差はわずか――電通調査
電通が20カ国・地域で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。日本や日本産品の海外でのイメージはどう変わってきているのでしょうか。(2018/5/1)

テレビ×ネット+OOH:
電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能を拡張し、OOH(屋外・交通)広告をも統合するツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発した。(2018/4/26)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
ルネサス子会社の過労死事件から読み解く、「労働基準法」の病理
半導体大手ルネサス エレクトロニクス子会社で工場勤務の男性が2017年1月に過労死していたことが判明。電通で新入社員が過労自殺した事件以来、長時間労働の危険性がこれほど世間で騒がれているにもかかわらず、なぜ痛ましい事件は繰り返されるのだろうか。その答えは、労働基準法による規制の甘さにあると考える。(2018/4/18)

脱「ブラック企業」に向け新たな取り組み:
電通が月1で「週休3日」 “ポジティブ心理学”応用して社員の健康把握
電通は週休3日制を毎月1回、試験導入する。また、同社が独自に開発したシステムで従業員の健康把握を進めていく。(2018/4/17)

電通、月に1回全社一斉休暇 6月から「インプットホリデー」導入
「コンディションを整えたり、自己啓発に打ち込むなどして、より良いアウトプットのために自分にインプットする日」としています。(2018/4/17)

電通、月1回の平日休業 全社で6月から試験導入
電通が、平日に全社一斉の休業日を6月から試験導入する。コンディションの調整、自己啓発に打ち込むために利用してもらうという。(2018/4/16)

電力供給サービス:
電力・ガス自由化、認知広がるも“理解”は進まず――電通調査
消費者への認知は進むも、内容の理解については伸び悩みが続く――。電通が実施した調査から、電力・ガス自由化に対する消費者の理解状況に関する課題が見えてきた。(2018/4/9)

メガバンクは大幅ランクダウン:
「電通」人気が復活か 19年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」は4月6日、2019年卒予定の学生を対象に調査した就職人気企業ランキングを発表した。航空会社や食品・消費財メーカーが人気だった一方、メガバンクなどのランクダウンが目立った。(2018/4/6)

「タウンWiFi」電通と提携 位置情報に基づき広告配信
電通と、公衆無線LANサービスに自動接続できるアプリ「タウンWiFi」が資本業務提携したと発表した。提携を通じ、位置情報に基づく広告配信につなげる。(2018/4/4)

「Salesforce Marketing Cloud」を活用:
電通デジタルとトランスコスモス、LINE向けマーケティング支援サービスを共同で提供
電通デジタルと電通デジタルドライブおよびトランスコスモスは共同で、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Marketing Cloud」を活用した、LINE向けマーケティング支援サービスを提供開始した。(2018/3/23)

会話に欠けた言葉をAIが補足:
推論や表現の意味解析で「人間的」な会話を実現――電通が日本語AIチャットbot「Kiku-Hana」発表
電通は、AIを応用した自然対話サービス「Kiku-Hana」を発表した。会話中の言葉を補ったり、推論したりする機能などによって、従来のAIチャットbotサービスよりも精度の高いコミュニケーションを実現するという。(2018/3/23)

ユーザーエクスペリエンスをスコアで判定:
電通デジタルとトライベック、「デジタルエクスペリエンス診断」を提供開始
電通デジタルは、デジタルマーケティング支援を行うトライベック・ストラテジーと共同で、「デジタルエクスペリエンス診断」を提供開始した。(2018/3/20)

音声サービス領域でLibalent、ビービットと業務提携:
電通デジタル、企業の対話型音声サービス構築支援へ「Voice Experience Innovation」を提供開始
電通デジタルは、Libalentおよびビービットと業務提携し、対話型音声サービスの開発を支援する「Voice Experience Innovation」を提供開始した。(2018/3/19)

ブランド価値毀損リスクを軽減:
電通と電通デジタル、Twitter広告の配信先として不適切アカウントを除外する「ツイベリ」を開発
電通と電通デジタルは、企業および商品ブランドの価値毀損リスクを軽減するサービス「ツイベリ」を開発し、β版の提供を開始した。(2018/3/16)

東京から寿司を“テレポーテーション” 味をデータ化、“ピクセル寿司”に
東京から寿司のデータを転送し、米国のイベント会場で出力する――そんなプロジェクト「SUSHI TELEPORTATION」を、電通や山形大学などが計画。(2018/3/16)

「People Driven Marketing」をさらに強化:
電通、ロケーションベースマーケティングのGroundTruthと資本業務提携
電通は、位置情報マーケティングのGroundTruthと資本業務提携したと発表した。(2018/3/15)

VR空間で用語検索やニュース閲覧も可能:
ブレーンストーミングをVR空間で――電通が支援ツールを開発
電通は仮想現実を応用した発想支援ツール「COMOLU」を開発した。収集した画像や動画を、3次元空間に自由に配置し、閲覧したり整理したりする。(2018/3/15)

電通、VRを使った発想支援ツール開発 「HMD装着時に気になる口元まで覆う」専用ウエアも
VR空間に画像や動画を自由に配置することで、ビジネスの発想などを支援ツール「COMOLU」を電通などが開発。COMOLU空間に没入するための専用ウエア「COMOLU WEAR」も。(2018/3/14)

電通、ブロックチェーン活用の社内横断組織発足
電通は3月1日付で、社内横断組織「電通ブロックチェーンコミュニティー」を発足させると発表した。(2018/2/28)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
インターネット広告は4年連続2桁成長、運用型の比率は4分の3以上に――電通調査
ITmedia マーケティングの姉妹サイト「調査のチカラ」より、マーケターが押さえておきたい調査レポートを1日1題、厳選してお届けします。本日のお題は、「日本の広告費」です。(2018/2/26)

スピン経済の歩き方:
大東建託が「ブラック企業」と呼ばれそうな、これだけの理由
電通、NHK、ヤマト運輸など「ブラック企業」のそしりを受ける大企業が後を絶たないが、ここにきて誰もが名を知る有名企業がその一群に加わるかもしれない。賃貸住宅最大手の「大東建託」だ。なぜこの会社がブラック企業の仲間入りするかもしれないかというと……。(2018/2/20)

ワンストップで複数のSNSに同時配信:
「企業魅力度」をベースにPRイベントのハイライト動画配信、Candeeと電通PRが共同開発
Candeeと電通パブリックリレーションズは、記者発表会などをライブ配信する動画配信ソリューション「TRUE-POST」とハイライト動画ソリューション「HIGHLIGHT-POST」を共同で開発した。(2018/2/13)

429社に:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 電通本社はリスト外に
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。掲載企業数は429社となった。事業主が元従業員の給与を着服した土木建設請負業者などが追加された。(2018/1/17)

「ベアブリック」をテレビアニメに 電通とDreamWorksが共同製作
電通はDreamWorksと、クマ型フィギュア玩具「BE@RBRICK」(ベアブリック)を原作としたアニメの共同企画開発契約を結んだ。(2017/12/25)

Merkleと知見を融合:
電通が米DWAの株式100%取得、グローバルB2Bマーケティング事業を強化
電通の海外本社である電通イージス・ネットワークは、グローバルに展開する米国のB2Bデジタルマーケティング専業会社 David Wood & Associatesの株式100%を取得した。(2017/12/20)

電通時代のセクハラを告発された広告クリエイター・岸勇希さん 刻キタルの代表を辞任・退職
ライター・作家のはあちゅうさんからセクハラ・パワハラ行為を告発されていました。(2017/12/19)

リアルタイム効果測定が可能に:
電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラクティブ機能を実装した人工知能型OOH広告の提供を開始すると発表した。(2017/12/14)

「ユーザグラム」を活用:
電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援するメソッドを開発し、提供開始した。(2017/12/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。