ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ICANN」最新記事一覧

Internet Corporation for Assigned Names and Numbers

初年度は99円で登録可能:
「お名前.com」が「日本語.site」「日本語.website」の一般登録を開始
GMOインターネットは「お名前.com」において「日本語.site」「日本語.website」の一般登録(先願制)の受け付けを開始した。 (2016/8/1)

非アダルト事業者のブランド・社名保護を目的:
「お名前.com」が「.sex」ドメインの一般登録受付を開始
GMOインターネットは「お名前.com」において、非アダルト事業者のブランド保護を目的に、アダルト専用ドメイン「.sex」の一般登録受付を開始した。 (2016/6/10)

世界初のカタカナドメイン「.コム」先行登録開始
お?(2015/12/17)

DNS Tips:
グルーレコードで付加する情報とは
グルーレコードとはどのような役割を果たし、どのような情報を記載すべきなのかを説明する。(2015/8/27)

DNS Tips:
自前のネームサーバーに正しくアクセスしてもらうには
外部から自前のネームサーバーに正しくアクセスしてもらうために注意すべきポイントを解説する。(2015/8/27)

Google、TLD「.app」を史上最高額の2500万ドルで落札
Googleが、ICANNのドメインオークション史上最高額の2500万1000ドルでgTLD「.app」を落札した。アプリストア「Google Play」で使うのかもしれない。(2015/2/27)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(6):
至高のネットワークアドレッシング方式学習法
CCENT/CCNA取得に向けて猛勉強中の新米ネットワークエンジニア。今週はクラスレスアドレッシングを用いてサブネット化したネットワーク構築について調べました。(2015/1/15)

CCENT/CCNA 試験対策 2014年版(5):
究極の入門 プライベートIPアドレスとパブリックIPアドレス
プライベートIPアドレスとパブリックIPアドレスの操作と必要性について、新米ネットワークエンジニアが調べました。(2014/12/25)

ICANNに不正アクセス、ユーザー情報が流出
スピアフィッシング攻撃で職員数人のメールのパスワードなどが流出し、そのパスワードを使ってICANNの他のシステムにも不正アクセスされた。(2014/12/18)

そのドメインで本当に大丈夫?:
PR:トップレベルドメインの大幅増加で見直される企業ドメインのあり方
「.com」や「.jp」にあたる部分であるトップレベルドメインに「.xyz」「.club」「.company」など新しいトップレベルドメインが大幅に追加されつつある。しかし、個人と異なり、企業には気をつけなければならない点もある。詳しく解説しよう。(2014/9/8)

なぜ希望するセカンドレベルドメイン名が取れないか:
名前衝突問題――その意外な影響と対策
一見、自分とは無関係の問題に見えながら、意外と広範囲に影響を及ぼす「名前衝突(Name Collision)」の問題。「新gTLDで自分が欲しい名前が登録できない」という問題も、名前衝突問題と関係している。その背景をJPNICとJPRSに尋ねてみた。(2014/7/25)

「.moe」の取得から活用まで:
PR:“萌えドメイン”の一般登録がついにスタート! 急げー!!
日本発トップレベルドメインである「.moe」の一般登録が7月22日11時に始まった。早い者勝ちだよ!(2014/7/23)

gTLD急増で「名前衝突」のリスク発生 JPNICが注意呼びかけ
トップレベルドメイン(gTLD)の急増に伴い、DNSで「名前衝突」と呼ばれるセキュリティリスクが広範囲に発生する可能性があるとし、JPNICが注意を呼びかけている。(2014/6/9)

サービスが使えなくなったり、意図しない通信先にアクセスしたり:
増えるgTLDで高まる「名前衝突」のリスクに注意を、JPNICが呼び掛け
新たなgTLD(generic Top Level Domain)の追加によって名前衝突(Name Collision)に起因するセキュリティリスクが飛躍的に高まる恐れがあるとし、日本ネットワークインフォメーションセンターは2014年6月9日、注意を呼び掛けた。(2014/6/9)

「.tokyo」「.みんな」――激増するドメイン、インターネットはどこに向かうのか 管理団体ICANNのCEOに聞く
2013年末ごろから世界中で続々と新たなドメイン(gTLD)が誕生している。インターネット環境はどのように変わり、人々にどんな影響をもたらすのか――ドメイン管理団体ICANNのCEOに聞いた。(2014/4/25)

「.tokyo」運用開始 都道府県ドメイン初 「東京の魅力を世界に」
全国の都道府県で初となる地理的名称トップレベルドメイン(gTLD)「.tokyo」の運用が始まった。(2014/4/7)

情報交換の場となるコミュニティに:
日本から海を越えて発信を、「CODE BLUE」開催
2月17日、18日の2日間に渡って、日本を含む、非英語圏の優れたセキュリティ技術者を発掘し、世界に発信していくことを狙いとしたセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」が開催されている。(2014/2/18)

ICANN、初の非ラテン文字gTLDをルートゾーンに追加
アラビア文字、キリル文字、中国文字のgTLD(汎用トップレベルドメイン)4件が利用できるようになった。(2013/10/24)

「1973年当時は32ビットアドレスで十分だと思った」
「インターネットの父」ヴィントン・サーフ氏が語るインターネット40年と未来
インターネットの父であり、Googleのチーフインターネットエバンジェリストのヴィントン・サーフ氏に、ハッキング、プライバシー、IPアドレスなどの問題について話を聞いた。(2013/10/8)

スターバックス、シリコンバレーの店舗で無線充電サービスを開始
米Starbucksが、ボストンでテストしてきたPMA規格の無線充電サービスをシリコンバレーでも開始した。(2013/7/29)

トップレベルドメイン名をめぐる争い――Amazonの動きに業界が懸念
.book、.author、.readといった幾つかの新トップレベルドメイン名の取得に動くAmazonだが、業界は反発を強めている。(2013/3/15)

DNSDAYレポート:
ネットワークオペレータなら知っておきたい新gTLDの影響
2012年11月19日から11月22日の4日間にわたり社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が主催した「Internet Week 2012」の中から、「DNSDAY」の内容をレポートする。(2012/12/14)

「.docs」はGoogleとMicrosoftの対決に――新gTLDの申請リストが公開
ICANNが、申請された一般トップレベルドメイン(gTLD)の一覧を公開した。Googleはカタカナの「.グーグル」を含む101件を申請。「.doc」はMicrosoftと、「.drive」はAmazonと争うことになる。(2012/6/14)

Google、トップレベルドメイン「.youtube」や「.lol」を申請
2013年にはYouTubeのURLの末尾は「.youtube」に、Google Docsの文書は「.docs」になるかもしれない。(2012/6/1)

「.tokyo」ドメインの管理事業者、都がGMOドメインレジストリを支持
「.tokyo」の管理運営事業者として、都はGMOドメインレジストリを支持すると発表した。(2011/11/21)

アダルト専用ドメイン「.xxx」、登録申請始まる
GMOインターネットのお名前.comでは、非アダルト企業による商標保護のためのドメイン名登録申請を受け付けている。(2011/9/8)

移行のポイントを説明
IPv6への移行は、なぜ厄介なのか
企業のネットワークの管理者にとってIPv6への移行は優先課題である。IPv6への移行を適切に行うためのステップを解説する。(2011/7/8)

ねっと知ったかぶり β版(6/20〜6/24) 「京」世界一獲得から最新Xperiaまで
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週は、国産スーパーコンピュータ「京」が世界最速になったという嬉しいニュースがありました。(2011/6/24)

「.tokyo」を東京都が活用へ
トップレベルドメイン(gTLD)の自由化を受け、東京都は「.tokyo」を活用していく方針だ。(2011/6/24)

トップレベルドメイン名が自由化 企業名など可能に
現在は「.com」など22ある一般トップレベルドメイン(gTLD)が自由化され、企業名や地名などが使えるようになった。(2011/6/21)

「.apple」「.disney」も可能に ICANNがドメイン自由化承認
ICANNがトップレベルドメイン自由化を承認。キヤノンが「.canon」を使うといったように、企業が社名をドメインにすることが可能になる。(2011/6/20)

DNSSEC再入門(3):
キャッシュDNSサーバのDNSSEC対応
インターネットの重要な基盤技術の1つであるDNSに対して新たな攻撃手法が公開され、その安全性が脅かされている。DNSにセキュリティ機能を提供するための技術であり、普及が進んでいるDNSSECについて、仕組みと運用方法を紹介する。(編集部)(2011/6/1)

アダルト専用ドメイン「.xxx」が稼働
xxx.xxx、sex.xxx、porn.xxxなど、既に「.xxx」ドメインのサイトもできている。(2011/4/18)

アジアのIPv4アドレス在庫が枯渇
日本のIPアドレスを管理するJPNICは、IPv4アドレスの通常割り振りを終了した。(2011/4/15)

アダルトサイト用ドメイン「.xxx」が正式に承認
.xxxドメインの登録は第2四半期に可能になる見込み。既に登録予約は31万件を超えている。(2011/3/22)

IPv4アドレスの中央在庫が完全に枯渇
最後に残っていたIPv4アドレスの中央在庫の割り振りがすべて終了した。(2011/2/4)

IPv4アドレス枯渇問題に関する「重要な発表」 ICANNなど4団体が共同会見
IPv4アドレス枯渇問題が注目されるなか、5つのRIR(地域インタネットレジストリ)を取りまとめるNROやインターネットドメインを管理するICANNなど4団体が記者会見。次世代インターネットアドレスへの移行について「重要な発表」を行う。ライブ配信はNROのページで、2月3日23時30分〜。(2011/2/2)

せかにゅ:
Chrome OS搭載マシン、使ってみた感想は?
「起動は10〜15秒」「Chromeブラウザと変わらない使用感」「Caps Lockキーがない」――Chrome OSを搭載したテスト機を使ってみたレビュアーが第一印象を語っている。(2010/12/13)

セキュリティ対策は“攻撃的”であるべし――McAfeeの年次レポート
「サイバー犯罪が高度化、巧妙化しており、セキュリティ対策を積極的かつ戦略的に実施していく必要がある」とMcAfeeは提起している。(2010/8/10)

アダルト専用「.xxx」ドメイン、ICANNが承認
ポルノサイトのためのトップレベルドメイン「.xxx」が、早ければ来年初めに誕生する。(2010/6/28)

2011年に新gTLDの運用開始、ベリサインが導入支援の新サービス
2011年後半から新たなgTLDが運用されるのに合せて、日本ベリサインが新gTLDの導入を支援する企業向けコンサルティングサービスを開始した。(2010/6/18)

キヤノン、gTLD「.canon」を申請へ GMOドメインレジストリと提携
キヤノンが新gTLD「.canon」の取得に向け、GMO傘下の申請代行会社と提携した。(2010/5/11)

せかにゅ:
iPad、初日の予約台数は推定12万台
AppleがiPadの予約を開始したが、最初の数時間は「1時間に2万〜2万5000台」のペースで予約されたという。(2010/3/15)

せかにゅ:
Apple、ライバルの端末メーカーに訴訟を“警告”か
AppleはHTCを特許侵害で訴える前に複数の携帯電話メーカーに警告しており、そのせいで製品計画を変えた企業もあったという。(2010/3/11)

ICANN、「.日本」などアルファベット以外のトップドメイン導入を承認
IDN ccTLD(国際化国コードトップレベルドメイン名)の導入が承認された。11月16日から承認プロセスが開始される。(2009/11/2)

スパムの87.9%をボットが送信、メッセージラボ調べ
スパムメールの大部分が新規に台頭したボットネットから送信されていると、メッセージラボは指摘する。(2009/10/7)

ICANNが米政府と新たな合意 独立性高まる
米政府の影響を受けているとの批判もあったICANNだが、新たな合意で独立性が高まることになる。(2009/10/1)

GMO、新gTLDでレジストリ参入 申請代行新会社を設立、「.shop」運用へ
新会社「GMOドメインレジストリ」は、自由化されたgTLDの申請・運用を代行。新gTLDとして「.shop」を申請する。(2009/7/28)

ものになるモノ、ならないモノ(34):
検索全盛の時代だから、ドメインの有用性を考えよう
ドメインは、情報にたどり着くための基本中の基本の仕組みだ。トップレベルドメインが自由化されると、現状の250個が5倍になるという(2009/7/27)

ICANNの新CEOに、政府の元サイバーセキュリティ専門家
新CEOのロッド・ベックストロム氏は米国家サイバーセキュリティセンターの局長を務めていた。(2009/6/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。