ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GMOインターネット」最新記事一覧

IaaSを主軸に、ビジネスに必要なバックエンド業務までワンストップで提供:
GMOインターネット、企業向けクラウドプラットフォーム「Z.com Cloud」を刷新
GMOインターネットが、企業向けクラウドプラットフォーム「Z.com Cloud」を刷新。IaaSを主軸に、ドメイン取得からSSLや決済機能、バックエンド業務など、GMOインターネットグループが提供する、ビジネスの躍進に必要なサービスもワンストップで提供する。(2016/8/8)

効率的に統合監視するための基盤整備を急いでいた:
GMOインターネットのIaaS「ConoHa」が監視統合ツール「Hatohol」を採用
GMOインターネットは、同社のクラウドサービス「ConoHa」の統合監視に、オープンソースの運用統合ソフトウェア「Hatohol」を採用した。(2016/8/5)

初年度は99円で登録可能:
「お名前.com」が「日本語.site」「日本語.website」の一般登録を開始
GMOインターネットは「お名前.com」において「日本語.site」「日本語.website」の一般登録(先願制)の受け付けを開始した。 (2016/8/1)

テンプレートを利用して簡単で安価にコンテンツ作成:
GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動画作成プラットフォーム「VideoCraft byGMO」の提供を開始した。(2016/7/29)

データを活用してLINEコミュニケーションをより効果的に:
「GMO MARS Powered by LINE ビジネスコネクト」がプライベートDMPと連係
GMO NIKKOは「GMO MARS Powered by LINE ビジネスコネクト」をプライベートDMP「GMO MARS DMP」と連係開始した。(2016/7/19)

「GMOとくとくBB」に最大5枚のSIMカードでデータ通信量を分け合える「シェアSIM」提供開始
プロバイダーサービス「GMOとくとくBB」で、1契約につき最大5枚のSIMカードでデータ通信量を分け合える「シェアSIM」がスタート。まずは「GMOとくとくBB SIM スタンダードプラン」向けに提供開始する。(2016/7/13)

企業は「IoTのセキュリティ」にどう取り組めばよいのか?:
PR:グローバルサイン証明書×HULFTのタッグで実現──IoTセキュリティ対策の“具体的”なヒントとは
既に、車やドローン、組み込み機器などへの脅威も──。IoTに対する企業の取り組みが活発化する中、今、「IoTセキュリティ」の必要性と需要が急速に高まっている。そんな中で注目されるのが、GMOグローバルサインとセゾン情報システムズによる協業だ。2016年6月に開催されたIoTセキュリティフォーラムの講演から今後企業が考えるべき、IoTセキュリティ対策のヒントを探ろう。(2016/7/12)

人工知能応用した「なめらかなシステム」実現へ、「ペパボ研究所」設立
システム自体がサービスを自律制御する「なめらかなシステム」の実現をコンセプトにした研究開発を行う組織「ペパボ研究所」をGMOペパボが設立した。(2016/7/4)

中華圏に向けたプロモーションをサポート:
GMO TECH、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービスを提供開始
GMO TECHは、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス「AsiAD byGMO」を2016年6月21日より提供開始した。(2016/6/22)

2年前に発生した「GMOメイクショップ」の情報漏えい件数、実際は6倍の62万件だったことが判明
警察からの情報提供により判明。(2016/6/22)

実店舗へのO2O販促を強化:
「GMOチェックイン」に機能追加、ビーコンに加えてWi-Fiも利用可能に
GMOコマースは、「GMOチェックイン」において、東日本電信電話と連携し、Wi-Fiでの自動チェックイン機能を追加したと発表した。(2016/6/21)

非アダルト事業者のブランド・社名保護を目的:
「お名前.com」が「.sex」ドメインの一般登録受付を開始
GMOインターネットは「お名前.com」において、非アダルト事業者のブランド保護を目的に、アダルト専用ドメイン「.sex」の一般登録受付を開始した。 (2016/6/10)

無駄なインプレッションを抑えてコンバージョン改善:
スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告向けの不正対策機能を導入したと発表した。(2016/5/31)

YouTuberの募集や効果測定がWebから可能に:
GMO TECH、YouTuberを起用した動画プロモーション支援「C-clip」専用サイトをオープン
TECHは、Bizcastとの協業で提供しているYouTuberを起用した動画プロモーション支援サービスの「C-clip(シークリップ)」において、一連の作業がWeb上で完結する専用サイトをオープンしたと発表した。(2016/5/13)

「購入アシスト機能」を追加:
人工知能が迷う訪問者を自動検知しクーポンを表示、マーケティングプラットフォーム「MakeRepeater」に新機能
GMOメイクショップは、MakeShopのプレミアムプランを利用するネットショップ運営者向けに、人工知能を利用した「購入アシスト機能」の提供を開始した。(2016/5/11)

SIM通:
GMO、BIGLOBEと提携して新たに音声通話付き格安SIMを開始
GMOインターネットは、GMOとくとくBBとBIGLOBEのダブルブランドとして提供する格安SIM「GMOとくとくBB SIM接続サービス スタンダードプラン powered by BIGLOBE」を6月1日より開始すると発表した。(2016/5/11)

「EC」「ブログ」「アプリ」をワンストップで提供:
GMOメイクショップとアパレルウェブが業務提携
GMOインターネットグループは、GMOメークショップと、アパレルウェブが、アパレルに特化したITソリューションの共同事業展開で業務提携を行うことに合意したと発表した。(2016/5/2)

ぶっ飛んだ新卒説明会でおなじみのGMOペパボ、2016年は社長自らV系メイクでヘヴィメタ熱唱 「今日はおれたちのライブに来てくれて本当にありがとう!」
おれの知ってる新卒説明会と違う。(2016/4/23)

SIM通:
GMO、データ通信/SMS対応の格安SIMサービスを開始
GMOとくとくBBは、SIMフリースマホ向けの「SIM接続サービス」を開始した。「データSIM」と「SMS SIM」の2種類、1GB〜10GBまでのデータ容量が用意され、月額630円から利用できる。(2016/4/19)

「MakeShop」と連係も:
リターゲティング広告のAdRoll、日本進出1年で652%成長と発表
AdRollは記者発表会を実施。日本進出1年を迎えた現状を報告するとともに、同社のリターゲティング広告とGMO メイクショップが運営するネットショップ構築サービス「MakeShop」の連係を発表した。(2016/4/15)

「GMOとくとくBB」で格安SIMの取り扱いを開始――1GB・630円から
プロバイダーサービス「GMOとくとくBB」で、NTTドコモの回線を利用した格安SIMの取り扱いがスタート。「データSIM」「SMS SIM」の2種を用意し、データ容量は1GBあたり630円(税別)から。(2016/4/1)

無駄な費用を掛けずにアクティブユーザー獲得を実現:
GMO TECH、スマートフォン向けに視聴インセンティブ型動画広告配信を開始
GMO TECHは2016年3月15日、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に視聴インセンティブ型動画広告配信機能「GMO SmaAD Video」を追加したことを発表した。(2016/3/16)

アンケート回答者の興味関心をランキングデータ形式で把握可能に:
インティメート・マージャーのDMPがGMOリサーチのリサーチパネルと連係
DMP事業大手のインティメート・マージャーは、同社が提供する「AudienceSearch(オーディエンスサーチ)」とGMOリサーチのリサーチパネル「Cloud Panel for Audience Tracking(CPAT)」との連係開始を発表した。(2016/3/9)

GMOリサーチが訪日外国人に調査:
日本の企業サイト「母国語対応すれば利用」の意向、各国平均91%
GMOリサーチは、中国、韓国、台湾、フィリピン、香港の各国・地域で訪日経験のある人を対象に「Webサイトの多言語化に関する調査」を実施した。(2016/2/17)

Web集客最適化ツール:
ユーザー属性や行動履歴をWebプロモーションに活用「GMO Audience Optimizer」
GMO TECHは2016年2月1日、ユーザーの属性やWeb行動履歴を取得/蓄積し、簡単にセグメント化できるツール「GMO Audience Optimizer」の提供を開始した。(2016/2/2)

2016年秋ごろにPaaSで提供予定:
GMO、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドを開発
GMOインターネットはテックビューロと業務提携し、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドエンジンを共同開発する。運用コストを従来比2分の1未満に削減できる上、ダウンタイムも抑えられるとしている。(2016/2/1)

「お名前.com」などGMOの14サービスで障害 24時間続く
「お名前.com」などGMOの14サービスで、約24時間にわたって障害が発生した。(2016/1/18)

投票による特典入手も:
GMO TECH、アプリ予約サービスに「投票キャンペーン機能」を追加
GMO TECHは、新作アプリ事前予約プロモーションサービス「激レアゲッター byGMO」において、キャラクター選挙が行える「投票キャンペーン機能」などを追加、2015年12月15日より提供を開始した。(2015/12/16)

太陽光:
低コストに太陽光設備を“見える化”、センサー不要のクラウドサービス
設置数が増えた太陽光発電設備の運用保守関連サービスが続々と登場している。GMOクラウドは出力50キロワット未満の低圧設備向けに、シンプルで低価格なSaaS型の発電設備の“見える化”サービス「エナジーモニター エア」の提供を開始した。(2015/12/8)

ユーザーの参加率向上と店舗への集客、ゲーム運営会社の収益増に向け協業:
ゲームユーザーと実店舗をつなぐ新しいO2Oサービス、GMOコマースとセガネットワークスが提供開始
GMOコマースとセガネットワークスは2015年11月25日、ゲームアプリユーザーを実店舗へ送客する新しいO2Oアプリ「ショップラウンド」の提供を開始した。(2015/11/26)

企業が保有するデータとYahoo! JAPANのマルチビッグデータを掛け合わせて活用:
「GMOプライベートDMP」が「Yahoo! DMP」と連係
GMO NIKKOが提供するプライベートDMPサービスとYahoo! JAPANが提供するDMP「Yahoo! DMP」が2015年12月9日より連係開始する。(2015/11/24)

サービス基盤を「adcloud」に移行:
GMOアドマーケティングのスマホ向けアドネットワークサービスがネイティブアド領域に特化してリニューアル
GMOアドマーケティングは スマートフォン向けアドネットワークサービス「ADResult for SmartPhone」をリニューアル。名称を「AkaNe byGMO(以下、 AkaNe)」と変更したことを発表した。 (2015/11/17)

ストレージ専用OS「NexentaStor」でVPSからクラウドサービスに転身
GMOインターネット「ConoHa」、性能大幅改善の鍵はSDSとSSD
GMOインターネットが2015年5月にリニューアルしたクラウドプラットフォーム「ConoHa」。ストレージ基盤にSSDを全面導入してパフォーマンスを格段に向上させた。その取り組みを紹介する。(2015/11/17)

大和証券とGMOクリックが提携検討 資本参加も
大和証券とGMOクリックが提携を検討。(2015/10/30)

行動履歴を分析し最適な施策を:
「GMO AppCapsule」がユーザー情報分析機能を搭載
GMO TECHは、O2Oアプリ作成ASPサービス「GMO AppCapsule」において、行動履歴を基に実施したマーケティング施策の効果を分析できる「ユーザー情報分析機能」を、2015年9月29日から提供すると発表した。(2015/9/29)

来訪者の特徴をリアルタイムに可視化しWeb上で個別の接客を実現:
ネットショップ構築サービス「MakeShop」とWeb接客プラットフォーム「KARTE」が連係
GMOメイクショップとプレイドは提携し、ネットショップ構築サービス「MakeShop」と、Web接客プラットフォーム「KARTE」との連係を2015年9月10日より開始したと発表した。(2015/9/11)

行動解析に基づきタイムリーにオファーを提示:
購買を迷うユーザーにクーポンを自動表示、GMOメイクショップとEmotion Intelligenceがサービス連係
GMOメイクショップとEmotion Intelligenceは提携し、ネットショップ構築サービス「MakeShop」と購買行動解析・販促サービス「ZenClerk」の連係を開始した。(2015/9/3)

GMOペパボ、リワード広告への出稿脱却を宣言 まずはアプリ「minne」で 出稿側にも「脱リワード」の動きか
決算説明会でも、他社に先がけて「リワード広告」からいち早く脱却したと説明しました。(2015/8/7)

タイムリーで効果的なWeb接客を実現:
GMOメイクショップ、スマートフォン向け販促プラットフォーム「Flipdesk」と連携
GMOメイクショップは2015年8月5日、ネットショップ構築サービス「MakeShop」とSocketのスマートフォン向け販促プラットフォーム「Flipdesk」の連係を開始したと発表した。(2015/8/6)

公的資金完済のあおぞら銀、GMOとネット銀行の共同運営を検討 
あおぞら銀が公的資金を完済。GMOインターネットとネット銀行の共同運営について検討を開始した。(2015/6/29)

各国600人の女性に調査:
ネットスーパーを利用する理由 日本は「荷物が重い」、中国は「時間の節約」
GMOリサーチは2015年6月16日、日本と中国のモニターを対象にした「ネットスーパーに関する利用実態調査」の調査結果を発表した。(2015/6/17)

6万店舗利用のネットショップ運営サービスと連係:
Web接客のKARTEがカラーミーショップからワンクリックで利用可能に
Web接客プラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドは2015年6月16日、GMOペパポとの業務提携を発表した。(2015/6/16)

「Cisco Data Center Forum 2015」レポート:
PR:GMOクラウド、ビデオリサーチが採用、次々に具体化するCisco UCS、Cisco ACIのビジョン
シスコシステムズ(以下、シスコ)は2015年4月17日、パレスホテル東京で、次世代データセンター向けソリューションを紹介するイベント「Cisco Data Center Forum 2015」を開催。同社のサーバー、ネットワーク製品が新たな段階に入っていることを印象付けた。その模様を詳しくリポートする。(2015/5/25)

エネルギー管理:
電流センサーとパワコンが発電量を監視、メガソーラーの出力制御も遠隔から
太陽光発電の稼働状況を遠隔から監視するサービスが増えてきた。インターネットを使ってエネルギー管理事業を展開するGMOクラウドは電流センサーとパワーコンディショナーを組み合わせた遠隔監視サービスを開始した。通信機能を生かして太陽光発電の出力を制御することもできる。(2015/5/21)

特集:OpenStack超入門(5):
NTTコム、GMO、楽天が語る「僕らがOpenStackを使う理由」
2015年2月3〜4日、OpenStackのユーザーコミュニティによるイベントが日本国内で開催された。会期二日目のキーノートセッションは、OpenStackを採用したサービス提供や自社内ITインフラ基盤構築を目指すユーザー企業三社が登壇、アイティメディアのエグゼクティブエディター、三木泉がインタビューを行う形式で講演が行われた。本稿ではその模様を紹介する。(2015/3/2)

GMOインターネットが「不採用通知」2万3000人に誤送信
GMOインターネットが、不採用通知のメール2万3397件を誤送信した。採用担当者の研修中の作業ミスが原因という。(2015/3/2)

GMOインターネット、「不採用通知」を誤送信で謝罪
身に覚えのない“お祈りメール”なぜ届いた?(2015/2/28)

閲覧後に購入は5割:
ファッションアプリが人気、利用目的は何? GMOメディアが調査結果を発表
GMOインターネットグループのGMOメディアは2月16日、10代〜60代の女性889人を対象にしたインターネット調査「ファッションアプリに関する調査」の結果を公開した。(2015/2/16)

GMOペパボ、異例の「利益ゼロ」予想 ハンドメイド市場「minne」拡大へ積極投資
堅調なGMOペパボの今期利益見通し「ゼロ」。ハンドメイド作品を売買できる「minne」が拡大しており、チャンスとみて積極投資に打って出るためだ。(2015/2/4)

動画やアニメで訴求も:
GMO TECH、スマホ広告配信サービス「GMO SmaAD」にリッチ広告制作ツール導入
GMO TECHは2月3日、同社が提供するスマートフォン向けCPI(cost-per-install)型広告配信サービス「GMO SmaAD」で、Aarki(アーキ),Inc.(以下、Aarki)が提供するリッチメディア広告制作ツール「Aarki Encore(アーキ アンコール)」を導入した。(2015/2/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。