ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インターホン」最新記事一覧

スマートシティ:
「ネット・ゼロ・エネルギー」の街が誕生、3つの電池で実現
大和ハウス工業が富山県富山市の小学校跡地を活用し、一次エネルギー消費量が差し引きゼロになる「ネット・ゼロ・エネルギー・タウン」の開発に着手する。分譲住宅全戸に太陽光発電システムと蓄電池、家庭用燃料電池を設置し、HEMSも導入する。2017年後半に完成する予定だ。(2016/5/2)

ホラッチョばりの経歴詐称 京大卒、博士号取得……名門企業を手玉にとった男の正体
国内屈指の大企業を、子会社の派遣社員が手玉に取り、架空発注で約1億5000万円をだまし取るという仰天の事件が発覚した。(2016/4/28)

被害総額は約4億7000万円?:
ホラッチョばりの経歴詐称 屈指の名門企業を手玉にとった男の正体
国内屈指の大企業を、子会社の派遣社員が手玉に取り、架空発注で約1億5000万円をだまし取るという仰天の事件が発覚した。偽りの経歴と巧みな話術を駆使し、不正を繰り返していたという。(2016/4/28)

インターフォンやリモコンでの活用を想定:
ST、BLEで双方向音声通信できるシステムをデモ
STマイクロエレクトロニクスは、Bluetooth SIGが行った2016年の技術ロードマップに関する発表会で、Bluetooth Low Energy(BLE)による双方向音声通信「BlueVoice」のデモと、BLEとマイコン機能を統合した車載対応ネットワークプロセッサ「BlueNRG-1」の展示を行った。(2016/4/1)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニーの「マルチファンクションライト」は「つながる家電のプラットフォーム」だ!
AVライター山本敦氏による新連載。初回は、今年ソニーが発表した「マルチファンクションライト」を取り上げる。シーリングライトにスピーカーやマイクなどさまざまな機能を持たせ、スマートフォンと連携する新しいデバイスだ。(2016/3/18)

フロア温めますか? “ファミマ入店音ディスコリミックス”が激アツでFamilyHotになる
コンビニエンスフロア。(2016/3/8)

蓄電・発電機器:
発電効率が50%を超えた燃料電池、余剰電力の買取も4月に開始
大阪ガスは従来よりも高効率の燃料電池を搭載したエネファームを4月に発売する。発電効率はエネファームで初めて50%を超えて、最新鋭の火力発電所に匹敵する水準だ。価格は170万円台で、現行の機種から20万円以上も値下げした。家庭で使い切れない余剰電力を買い取るサービスも開始する。(2016/2/26)

キラリと光るLINEスタンプを探せ! 連載「スタンプクリエイターズ・ファイル」をおさらい
LINEクリエイターズスタンプの紹介連載「スタンプクリエイターズ・ファイル」がスタートして1年半。どれもおすすめ……なのですが、その中からピックアップして紹介します。(2016/2/3)

2016 CES フォルクスワーゲン 基調講演レポート:
新世代のフォルクスワーゲンを進める「4つの柱」と「3つの段階」
「2016 International CES」の基調講演に、フォルクスワーゲン乗用車ブランドの取締役会長を務めるヘルベルト・ディース氏が登壇した。ディース氏は、新世代のフォルクスワーゲンを進める「4つの柱」と「3つの段階」を説明。それらを明示するコンセプトカーとして「e-ゴルフ タッチ」と「BUDD-e」を披露した。(2016/1/22)

LED照明:
ソニーが照明事業に参入、“ソニーらしい明かり”を模索した3年間
ソニーは照明市場に参入することを発表した。照明の展示会「ライティングジャパン」において、2016年春の発売を目標に開発する「マルチファンクションライト」を披露した。(2016/1/14)

通話や防犯も:
ソニーが提案する多機能シーリングライト「マルチファンクションライト」
ソニーは1月13日、住宅用LEDシーリングライトに独自の機能を付加した「マルチファンクションライト」を発表した。ライトには赤外線発光部、スピーカー、マイク、各種センサーを搭載。3月下旬に発売する予定だ。(2016/1/13)

「ここが違法だったなんて」 京都府警、「民泊」を捜査 相次ぐ近隣トラブルに不安の声も
自宅やマンションの空き部屋を有料で貸し出す「民泊」で違法営業が横行しており、近隣住民らとの間のトラブルも相次いでいる。(2015/12/25)

アプリ開発コンテスト「家CON-2015」:
人工知能/自動化が家庭を変える――IoTとしての「家」は開発者にとってのフロンティアか
「スマートハウス」が持つ機能と、他のさまざまなデータを組み合わせることで、新たなサービスを生み出そうというコンテスト「家CON-2015」が開催され、10月下旬に審査結果が発表された。(2015/12/24)

鍵のいらない世界はすぐそこに?:
スマートロック「Akerun」が自動ドアにも対応へ
スマートロック「Akerun」を提供するフォトシンスは、Akerunで使用しているモジュールを自動ドア内部に搭載し、認証されたスマートフォン(以下、スマホ)を持って近づくだけで、人の操作を必要とせずに自動ドアを解錠できる「Akerun Entrance」を発表した。(2015/12/7)

24時間いつでも買える!!:
真夜中の「ヨドバシAkiba」で買い物をしてみた
家電から新作フィギュアまで、あふれ出る物欲に24時間対応するヨドバシさんがすごい。(2015/10/31)

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(6):
PR:カラーLED照明がIoTに?「Hue(ヒュー)」がつなぐ無限の可能性
家庭のWi-Fiにつないで、アプリで操作できるLED照明システム「Philips Hue」。“照明で生活シーンを演出する楽しさ”を提案しているこの話題の商品は、インターネットにつながることでさらなる可能性をもたらす。家庭内IoTを具現化するHueの魅力を探ってみた。(2015/8/27)

ドコモの「家のあんしんパートナー」が機能拡充――「おるすばんカメラ」も提供開始へ
ドコモの「家のあんしんパートナー」に4つの機能を追加。留守中に部屋を見守る「おるすばんカメラ」の提供も開始する。(2015/8/3)

高校生も選出、日本の未来を担う7人の“スーパークリエイター”
ITでイノベーションを生み出す若い人材を発掘する「未踏事業」。同事業を主催するIPAが、2014年度に優れた成果を上げた「未踏スーパークリエータ」7人を選出した。彼らが生み出した“未踏”のサービスとは?(2015/7/27)

フリースケール開発者会議(FTF)レポート(3):
感電しないコンセントと伝説の元クラッカー
今回は、「FTF 2015」の基調講演から、感電のおそれのないコンセントと、伝説の元クラッカーの話を紹介する。コンピュータやネットワークなどのセキュリティにおいて、「今後、最も脅威となり続けるものは何か?」と問われた元クラッカー。さて、何と答えたのだろうか。(2015/7/2)

電波利用環境シンポジウム:
FMトランスミッターを使って電波法違反に? 技適マークと同じく重要な「ELPマーク」
FMトランスミッターやワイヤレスマイクなどの微弱電波を発する機器を使う際、その製品は総務省が定めた基準値を満たしている必要がある。基準外の製品を使うと電波法違反になり、ほかの無線通信を妨害してしまう恐れもある。基準に合った製品を見極めるには?(2015/6/12)

ファミマの入店音「♪ちゃらららららーん、ちゃららららー」の曲名は「大盛況」 デイリーポータルZの記事で正式決定
その名もメロディーチャイムNO.1 ニ長調 作品17「大盛況」!(2015/5/28)

ビジネスニュース 企業動向:
IoTは機器が自律してこそ価値がある――自律型IoTソリューションに投資するルネサスの狙い
半導体デバイスやソフトウェアを組み合わせた“ソリューション”の提供に注力するルネサス エレクトロニクス。5月に開催された「第18回 組込みシステム開発技術展」(ESEC2015)でもモノのインターネット向け“ソリューション”を具現化した大規模なデモシステムを披露した。なぜ、ソリューションにこだわるのか。IoT向け製品戦略などとともにインタビューした。(2015/5/27)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
「いいね」の代わりにピンポン 思わず連打したくなる「インターフォンラブリー」
思わず連打したくなるインターフォンのスタンプ。顔はないのに表情豊かです。(2015/5/25)

アイデア・ハック!! TWE-Liteで家庭内M2M計画(6):
人感センサーで留守宅を監視!電気の気持ちになって回路を考える
無線内蔵マイコン搭載モジュール「TWE-Lite DIP」で「庭内M2M」を目指すこの連載、今回は、人感センサーを使って、留守中に訪問者があったことを監視するシステムを試作します。(2015/4/24)

マイケル・ポーターの「IoT時代の競争戦略」(前編):
製造業に襲い掛かる第3次IT革命の波
経済学者マイケル・ポーター氏と米国PTCの社長兼CEOであるジェームズ・ヘプルマン氏の共著でるIoTに関する論文「IoT時代の競争戦略」が公開された。PTCジャパンでは、同論文の内容を解説する説明会を開催した。(2015/4/9)

MVNOに聞く:
IoT時代の主役になり、さまざまなモノをネットにつなげる――パナソニックがMVNOに参入した理由
パナソニックがMVNOに参入し、コンシューマー向けと法人向けの両方で通信サービスを提供している。パナソニックはMVNOで目指すのは、IoT時代の主役だという。その意図を聞いた。(2015/3/20)

ちょっとした気づかい:
小さな声でボソボソと話すのは失礼なこと
日常の中で、声を出す訓練をしよう。(2015/2/20)

PTC Live Tech Forum 東京 2014:
IoT時代にメーカーが考えるべき3つの選択肢
PTCはユーザーイベント「PTC Live Tech Forum 東京 2014」を開催。基調講演には米PTC IoT,SLM製品部門エグゼクティブバイスプレジデント ロブ・グリムリー氏が登壇し、IoT(モノのインターネット)によって変わる製造業の姿と同社の戦略について語った。(2014/12/9)

薄くなりゆく物語、「NAZO」に注がれた物語編集力――松岡正剛ロングインタビュー
サイバードが9月にリリースしたジグザグ・シアターオペラ「NAZO(ナゾ)」。その開発に携わった知の巨人・松岡正剛氏。物語性や編集工学といった氏の“哲学”がふんだんに盛り込まれたこのアプリの知られざる物語をひもといていこう。(2014/11/14)

身体を張って検証しました:
毎日配達「セブンミール」で無理なくダイエットは可能か?
健康重視の食事を配達するサービスが続々と始まっている。ネットで簡単に注文できるのでダイエットに最適かも? そこで実際に試してみることに。だが、そう都合よくはいかなかった……。(2014/10/24)

ひとり暮らしの家にいるときに、ついやってしまうこと
ひとり暮らしをしていると「食事代」や「光熱費」などいろいろな出費が増えてくるが、節約をしている人はどのくらいいるのだろうか。全国のひとり暮らしをしている男女に聞いた。レオパレス21調べ。(2014/8/8)

開業【パーフェクト】マニュアル(6):
定額法と定率法を使い分ける〜減価償却の手続き
PCは4年、インターホンは6年――備品の減価償却費は毎年固定とは限らず、償却にかかる期間も決まっている。(2014/8/7)

エネルギー管理:
古くて新しいインターホン、電力見える化に役立つ
中央電力は高機能インターホンをマンションエネルギー管理システム(MEMS)と連携させる電力見える化サービスを開始、2014年7月には大阪府で全国初の導入が始まる。PCなどのIT機器を用意しなくても、節電につながる気付きが得られる。(2014/6/24)

実家暮らしのライターが「ぼっちてんと」で母ちゃんの目から逃れてみた結果
聖域をゲットし、家族の大切さを知る。(2014/6/23)

PTC Live Global 2014:
IoTがもたらす“月の陰”でもつながる価値――「戦略転換が必要」とPTC CEO
米PTCはユーザーカンファレンス「PTC Live Global 2014」を開催。基調講演に立ったPTC社長兼CEOのヘプルマン氏は、製品の形が“スマートコネクテッドプロダクト”となることにより、IoT(Internet of Things)やサービス化が進み、製造業の形が大きく変わることを訴えた。(2014/6/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iOS 8は「箱庭の解放」でさらに支持を高めるか
ウワサされた新ハードウェアが一切登場しなかった「WWDC 2014」の基調講演。しかし、WWDC本来の目的においては、今後に期待を持たせる内容だった。発表された次期モバイルOSの「iOS 8」から、アップルの狙いを探る。(2014/6/4)

注目製品/蓄電・発電機器:
電気料金をインターホンに表示するサービス
オリックス電力、2014年4月発売(2014/4/30)

スマホで来客に応対できる「どこでもドアホン」 パナソニックが発売
スマートフォンで来客を確認して応対できる「どこでもドアホン」をパナソニックが発売する。(2014/4/3)

喪黒福造が”ホームセーフティのスキマお埋めします”
いつもは”ココロのスキマ”を埋めている喪黒福造が”ホームセーフティのスキマ”を埋める役としてパナソニックのCMに抜擢された。(2013/11/5)

エネルギー管理:
PR:コストアップの時代に何を捨て何を残すか、耐震性と省エネに対する要望が強い
顧客満足度を高めるために、10の設備を導入したい。しかし、コストアップを吸収できない。そこで、顧客の要求を最も満たす3の設備を導入する。これはごく普通の考え方だ。しかし、企画から入居までに時間がかかるマンションで実行するのはかなり難しいという。どうすればよいのか。東京を中心にマンションを開発・販売するジョイント・コーポレーションの担当者に聞いた。(2013/11/5)

思うように人の心を動かす話し方:
「お隣のAさんもBさんも」――“まわりの人”を利用する
例えば、生命保険の契約をしようと思うとき、はたしてどのくらいの額の保険に入るのが妥当なのか分からない。明確な基準というものがないからだ。そこで「お隣のAさんもBさんも」というように、判断に迷っている相手には“まわりの人”を利用して提案するのが効果的。人は不安なときほど、他人の行動が気になるものなのだ。(2013/10/8)

思うように人の心を動かす話し方:
説得は、はじめは小さく、徐々に大きく
セールスパーソンが「これ、買ってください」といきなり言っても、買う人はまずいない。しかし「話だけでも聞いてください」としつこく言ううちに、「じゃあ話だけでも聞きましょうか」となることもある。実はこのとき、すでにさらなる要求を受け入れる心理状態になっているのだ。(2013/9/12)

【短期集中連載】ドングルPCが実現するスマート社会(2):
「Chromecast」とは何か? 世界で動き出したドングルPCビジネス
2013年6月に開催された「COMPUTEX TAIPEI 2013」では、ドングルPCの扱いは非常に小さなものだった。まさかそれが、たった一夜にして世界中の注目の的になろうとは――。Google(グーグル)が同年7月のプレスイベントで発表した新製品「Chromecast(クロームキャスト)」。なぜ、GoogleはChromecastを市場に投入したのか。本稿でその狙いと、Chromecastが開くドングルPCの未来について解説する。(2013/8/29)

ドアホンを常時稼働の監視カメラに:
アイホンのONVIF規格対応ドアホンに、図研エルミックのミドルウェアが採用
図研エルミックは、同社の通信プロトコルミドルウェア製品群がドアホン/インターホンなどの製造販売メーカーであるアイホンの最新カメラ付きドアホン/インターホン端末「IX」に採用されたことを発表した。(2013/6/4)

常時接続で遠隔コラボ:
PR:回線料金に悩むオホーツクの司法書士事務所をLync Onlineが救えた理由とは?
(2013/5/31)

東急不動産、スマホで応答できるインターフォンをマンションに導入
日本初、スマートフォンと連携して応答や解錠が手元から行えるデジタルインターフォンを導入したマンションが登場する。HEMSシステムとも連携する高機能インターフォンだ。(2013/4/25)

24時間の来訪者をチェックできる――アイホン、IPネットワークに対応したインターフォン「IX」を10月発売
通常、押した直後だけ映像が流れるドアフォンに、24時間の監視カメラ機能を追加した製品が、アイホンから発売される。(2013/3/13)

ミクがピザ切る! ミクが踊る! ドミノ・ピザの初音ミクアプリで注文してみた
ドミノ・ピザと初音ミクのコラボキャンペーンは、ピザを注文してから食べ終わるまで、過剰なほどの“ミク尽くし”を楽しめる。(2013/3/7)

5分で絶対に分かる:
5分で分かるユーザーエクスペリエンス(UX)
ユーザーエクスペリエンス(UX)とは何か? ユーザーに愛されるWebサイトには、UXが貢献しています。UXとUI、IAを混同している方、必読です(2013/3/5)

タブレットを家庭用電話機に 「ホームスマートフォン」、パナソニックが発売
タブレット型の子機で通話できる家庭用電話機「ホームスマートフォン」をパナソニックが発売。(2012/12/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。