ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KART」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Koozyt AR Technology

「Switch」販売台数、19年度上期は507万台 ソフト好調
2018年4〜9月の「Nintendo Switch」の全世界販売台数は507万台(前年同期比3.7%増)だった。任天堂は18年4月〜19年3月で2000万台の販売を見込んでいる。(2018/10/30)

流入経路ごとにアプリ内メッセージを最適化:
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。(2018/6/20)

「芽が出ている事業」へ80億円投資 DeNA、勝負の1年
DeNAは、2018年度はゲーム事業の減益傾向に歯止めをかける一方、オートモーティブを中心に「芽が出ている事業」へ先行投資を強化する。(2018/5/10)

本気のカートが超楽しそうでウズウズする トヨタが「TAKERU SATOH MEETS GAZOO」第3弾動画を公開
「クルマと人間がひとつになる」 佐藤健さん、すごくうまくなってる。(佐藤健さんオフショット画像18枚)(2018/2/16)

「Mario Kart Tour(マリオカート ツアー)」:
任天堂、スマホに「マリオカート」投入 19年3月までに配信
任天堂がスマホアプリ「Mario Kart Tour(マリオカート ツアー)」の開発を発表。19年3月までに配信する予定。(2018/2/1)

「Nintendo Switch」と欧米版スーファミ、10月の米ゲーム機販売で1、2フィニッシュ
「Nintendo Switch」がNPDによる米ゲーム機販売調査で4カ月連続トップを獲得。10月は9月に発売した欧米版スーファミが2位に付けた。ゲームソフトでは、10月27日発売の「Super Mario Odyssey」がトップだった。(2017/11/17)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(1):
クルマも機械も面白いよね! 女性リーダーも活躍する学生フォーミュラ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! さて第1回はどの大学が登場するでしょうか。(2017/11/2)

ベルばらかな? 城田優のガチ女装がゴージャス&エレガント「毎日ブラしてました」
城田優がヒロイン(錯乱)。(2017/8/30)

城田優、突然のスギちゃん化 Twitterのアイコンが入れ替わるカオスな展開に
ワイルド君の名は。(2017/8/24)

任天堂、欧米版「スーファミ」手のひらサイズで発売へ
米Nintendoが欧米版「スーパーファミコン」こと「SNES」を小型化した「SNES Classic Edition」を9月29日に発売する。(2017/6/27)

手のひらサイズスーファミが海外で発表 未発売の「スターフォックス2」など21タイトル収録
マリカーやFF3、ロックマンX、MOTHER2など21タイトルを収録。(2017/6/27)

米大手スーパーが「リアル・マリオカート」状態に?
米大手スーパーマーケットのTargetが、ショッピングカートをマリオカート風に改装したようだ。(2017/5/1)

CEATEC JAPAN 2016:
「ビーム! はいバリアー、ききませーん!」 子どものころ夢見た世界がARで実現 新感覚スポーツ「HADO」
ARを使ったスポーツアトラクションが楽しめるプラットフォーム「HADO」がCEATEC JAPAN 2016で体験できる。(2016/10/3)

Web接客の「KARTE 」が過去最大のアップデート:
プレイド、サイト外での接客を実現する「KARTE TALK」を提供開始
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外の顧客とのコミュニケーションを可能にする「KARTE TALK」の提供を開始した。(2016/3/17)

どういう謎技術だよ! 101キャラで「マリオカート」をやってみた動画が大乱闘すぎる
ネタを挟まないと死んじゃう病(海外編)。(2016/3/5)

来訪者の特徴をリアルタイムに可視化しWeb上で個別の接客を実現:
ネットショップ構築サービス「MakeShop」とWeb接客プラットフォーム「KARTE」が連係
GMOメイクショップとプレイドは提携し、ネットショップ構築サービス「MakeShop」と、Web接客プラットフォーム「KARTE」との連係を2015年9月10日より開始したと発表した。(2015/9/11)

サイト訪問者の行動履歴をリアルタイム解析:
Web接客プラットフォーム「KARTE」、1900店が導入する定番ショッピングカートASPと連係
プレイドは2015年5月18日、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」とフューチャーショップが提供するECサイト構築プラットフォーム「FutureShop2」の連係を開始したことを発表した。(2015/5/19)

サンダンス参加映画「HITS」、価格を購入者が決める「BitTorrent Bundle」で公開へ
コメディアンのデビッド・クロスは初監督映画「HITS」をサンダンス映画祭で上映し、幾つかのオファーがあったものの“ぱっとしなかった”ため、視聴者が自分で支払額を決められるBitTorrent BundleのPWYWでの映画公開を決めた。(2015/1/8)

渋谷で「リアルマリオカート」する外国人集団出現 楽しそうだなおい!
※バナナやスターはありません(2014/3/16)

実際に乗って運転できるリアル「マリオカート」発売
実際に乗って運転できる電動「マリオカート」が発売される。(2014/2/21)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2013(3):
優勝校の京大も取材! 若者の熱気があふれるピットエリア
学生フォーミュラレポート、最終回である今回は、80校を超える参加校のテントが並び、若者の熱気があふれるピットエリアでのインタビューをお伝えする。(2013/12/11)

出張版吉本新喜劇に会場もニコ生も大盛り上がり! 大阪なんばで開催されたニコニコ町会議レポート
大阪なんばのニコニコ町会議には、坂田利夫や今いくよ・くるよなどのよしもと芸人が登場した。(2013/11/13)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2012(2):
大丈夫。その失敗は必ず来年へつながるよ!
お待たせ! 「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント 関伸一氏の学生フォーミュラ観戦記の2回目をお届け! さて今回の4校はどこ? シンクフォーの山下祐氏もまた登場。(2012/12/21)

【連載】ARをマーケティングに応用する:
第2回 拡張現実を実現する技術――プラットフォーム編
前編「拡張現実を実現する技術――ハード/ソフト編」に引き続き、後編ではAR関連のプラットフォームを解説する。(2012/10/11)

日々是遊戯:
「マリオカート」ならぬ「モールカート」のコピーぶりが酷い。任天堂が動画を消すくらい酷い
「マリオカート」にそっくりなゲームは以前にもありましたが、この「モールカート」は今までの作品がかわいく見えるほどの酷さ。(2012/1/14)

ニンテンドー3DS、米国での販売台数が400万台突破
ニンテンドー3DSの米国での販売台数が、発売から9カ月で400万台を突破した。2011年のWiiの販売台数は450万台だった。(2012/1/4)

Perfume初のスマホ向けアプリ「PerfumeAR」登場、ツアーパンフレットと連動
アミューズから、Perfume初となるスマートフォン向けアプリ「PerfumeAR」が登場。ARマーケティングサービス「GnG」をベースに、Webサイトやツアーパンフレットと連動したコンテンツを楽しめる。(2011/12/20)

PerfumeのARアプリ「PerfumeAR」 ツアーのパンフや配布品と連動
クウジットとアミューズが、Perfume初となるスマホアプリ「PerfumeAR」を共同開発。ツアーのパンフレットや配布品にカメラをかざすと、動画をはじめとするさまざまなコンテンツが眺められる。(2011/12/20)

Perfume公式アプリ「PerfumeAR」登場 ツアーパンフと連動、衣装を360度眺めることも
Perfume公式のiPhone/Androidアプリが登場。ライブツアーのパンフレットなどに掲載されたARマーカーにカメラをかざせば、限定動画などを楽しめる。(2011/12/20)

UEI、Androidアプリ開発環境「enchant PRO」SDKのβ版公開
ユビキタスエンターテインメントが、HTML5ベースのオープンソースゲームエンジン「enchant.js」の拡張版「enchant PRO」SDKのβ版を公開している。(2011/10/25)

UEI、Androidアプリ開発環境「enchant PRO」をTGSで披露
ユビキタスエンターテインメントがHTML5/JavaScriptベースのAndroidアプリ開発ミドルウェア「enchant PRO」を東京ゲームショウで披露する。(2011/9/14)

スマホで新聞広告を拡張――クウジットの動画広告配信サービスがAndroidに対応
スマホのカメラで新聞広告内の専用画像を読み取ると、動画を視聴できる――。こんな宣伝を可能にする「A-CLIP」が、Androidに対応した。(2011/9/6)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その42):
E3 2011に行ってきた(後編)――復習してみるソニー&任天堂
くねくねハニィの「最近どうよ?」第42回目、先日の「E3 2011に行ってきた(後編)」を前置きもなく書いてしまおうかなと。長いけど、よろしこ。(2011/6/29)

「App Storeはほとんど死んだ」――UEI清水氏らが考えるスマホ時代の稼ぎ方
スマートフォンの普及でアプリビジネスへの期待が高まる一方、UEIの清水氏はサードパーティーが置かれた状況の厳しさを指摘する。「App Storeはほとんど死んだ」と語る同氏が考えるスマホ時代の稼ぎ方とは?(2011/6/14)

ワイヤレスジャパン2011:
会場案内やセミナー情報をARアプリで取得――「GnG」で情報提供
ワイヤレスジャパン2011の会場には、iPhoneやAndroid搭載スマートフォンで手軽に会場案内やセミナー情報が取得できるARマーカーが用意されている。(2011/5/26)

iPhoneユーザー必見、“おもしろiPhoneケース”集めてみました
焼きそばからゲームボーイ、サイボーグ風まで。世界の“おもしろiPhoneケース”を集めてみました。(2011/5/13)

成田空港でARスタンプラリー、クウジットが技術提供
成田国際空港が4月25日から実施するARスタンプラリーに、クウジットが技術を提供した。(2011/4/20)

東急ハンズ梅田店のデジタルPOPにAR――クウジットが技術提供
東急ハンズ梅田店がデジタルPOPにARを活用。クウジットがAR技術を提供する。(2011/4/19)

プロ野球中継広告にAR クウジットが提供
クウジットのAR技術が日本テレビの2011年プロ野球中継のプロモーションに採用された。新聞広告や球場で配布されるクリアファイルなどにARマーカーが仕込まれる。(2011/4/12)

ゲームロフトが2月14日まで「バレンタイン大感謝セール」を開催中
ゲームロフトがバレンタインデーに合わせたiPhone/iPad向けゲームのセールを実施中だ。前15タイトルが115円で販売されているほか、2月14日のみ値下げするタイトルのユーザー投票もFacebookで受け付けている。(2011/2/10)

クウジットの屋内測位技術、横浜の位置情報サービス体験イベントに採用
クウジットの屋内測位技術が、横浜で開催されるG空間プロジェクトの体験イベント「クイーンズ探検隊」に採用された。(2011/1/31)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その39):
2010年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
くねくねハニィが年末にドカンとお送りする「2010年Top10ニュースランキング!」。ええ、ハニィの独断と偏見ですが、何か? 1年を振り返って今年をしみじみと振り返りたい方必見。来年もよろしく特集ってことでよろしこ。(2010/12/29)

クウジット、「pin@clip ピナクリ」の実証実験にAR技術を提供
クウジットが、渋谷で実施している位置情報連動型サービスアプリ「pin@clip ピナクリ」の実証実験に、AR(拡張現実感)技術を提供する。(2010/11/16)

クウジット、PlaceEngine対応のデバイス「屋内外行動分析用データロガー」を開発
クウジットが、GPSや無線LAN、加速度センサー、ジャイロセンサー、気圧センサーなどを搭載したデータロガーを開発。同社の位置推定技術を組み合わせ、屋内外での行動解析に役立てる考え。札幌でプロトタイプを使った調査を実施する。(2010/10/15)

クウジットのARソリューション「GnG」がAndroid対応 「G空間EXPO」でβ版公開
クウジットのARマーケティングサービス「GnG」のβ版Androidアプリが「G空間EXPO」で披露される。屋内測位技術「PlaceEngine」を組み込み、会場のナビゲーション実験を行う。(2010/9/10)

ARで観光プロモーション――旅行誌「じゃらん」がクウジットの技術を採用
ARで奈良の魅力を堪能――。クウジットのARマーケティングサービス「GnG」が、旅行情報誌「じゃらん」に採用。誌面にiPhoneをかざすと奈良の映像を楽しめる。(2010/8/31)

誠 Weekly Access Top10(2010年8月7日〜8月13日):
世界のAmazonのロングセラーランキングを調べてみた
先週、Amazon.co.jpのロングセラー商品を調べた筆者。日本以外ではどうなっているのか気になったので、今度は米国、英国、ドイツ、フランスのAmazonのロングセラー商品を調べてみた。(2010/8/20)

クウジット、グッドデザインエキスポ 2010でARイベントを展開
グッドデザインエキスポの会場内にARマーカーが配置され、カメラをかざすとAR映像やリポート番組を楽しめる。(2010/8/19)

「AR Commons Summer Bash 2010」リポート【3】:
ARに必要な“プラットフォーム”は何か
位置情報や画像認識技術を使ったモバイルARサービスが徐々に増えてきた2010年。今後、ARならではの体験性を作り出すにはどんな土台が必要なのだろうか。(2010/8/16)

「AR Commons Summer Bash 2010」リポート【1】:
「空間を理解するAR」が到来する?――見えてきたARの課題と次の姿
「ARで重要なのは“見えること”ではなく“理解できる”ことだ」――見えないものが見える体験性が注目を浴びたAR。今後は端末をかざした対象物を高度に把握する技術が、サービスを次のステップに進めるという。それは遠い未来の話ではなさそうだ。(2010/8/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。